物臭狸の『花日記』

YAHOOから引っ越してきました。
色々な植物たちを紹介しています。

ミヤマエンレイソウ ~2022~

2022-05-20 07:00:00 | シュロソウ科

 ミヤマエンレイソウ(深山延齢草)
 <学名:Trillium tschonoskii Maxim.>
 シュロソウ科 エンレイソウ属 多年草

撮影日 2022.5.15: 群馬県

 独特の変わった面白い姿をしています。
 一度見たら忘れられない姿です。


  全国の山林の樹陰などに生える多年草。太く短い根茎から、
    高さ20-40cmの茎が1本伸び、
  その先端に3枚の葉を輪生する。葉は丸みを帯びたひし形、
    直径は10-20cm程度で葉柄を持たず、
   茎から直接生ずる。

  花期4~6月、葉の中心から短い花柄を出し、直径3~4㎝の花を1個つける。
  外花被片3個で緑色の披針形、先は尖る。
  内花被片3個、白く外花被片より幅が広く長い。  
  6本の雄蕊をもち、花糸は平たく、葯(やく)は花糸より長い。
  花柱の先は3つに分かれる。

  果実は6稜のある球形の液果で、緑色~紫黒色に熟す。
 
  別名、シロバナエンレイソウ(白花延齢草)とも呼ばれる。
  古くは食あ  たりの薬草として用いたことから、
  エンレイソウ(延齢草) の名があり、
  深山に生える白花から、シロバナエンレイソウ (白花延齢草)や
  ミヤマエンレイソウ(深山延齢草)の名がある。
  名は、深山に生えるエンレイソウという意味だが、
  平地にも生えている。

 
  内花被片が淡紫色を帯びるものもあり、

         ムラサキエンレイソウ
        <学名:Trillium tschonoskii Maxim. f. violaceum Makino> と呼ばれる。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

一 . 二 . 3

2022-05-14 18:00:00 | キンポウゲ科

イチリンソウ(一輪草)
<学名:Anemone nikoensis Maxim. >
キンポウゲ科 イチリンソウ属 多年草

 

本州(宮城県以南)~九州の山麓の草地や落葉広葉樹林の林床や 林縁などにに分布しています。 

撮影日 2022.5.4: 長野県


一秋の地元では見られない花です。
スミレを見に行く長野県の山で傍らに咲いているので毎年撮っています。

今年はやや早く咲いたようで痛んだ花が多かったです。

高さは20~30cm、茎葉は3個輪生し、3出複葉で、長い柄があり 
小葉は羽状に深く裂けています。
花期は4~5月、直径3~4cmの花弁状の萼片を持つ花を1個、 花茎の先端につける。

花弁はなく、白い花弁のように見えるものは萼片なんです。
白色の萼片はふつう5~6枚で裏面は紅色を帯びる。

萼片の数には変異があるようで、 枚数がいろいろなものがあります。
数の多いものは八重咲と呼ばれることもあります。
今年はこんな花を見かけました。


残念ながらチョットピンボケでした。

花の中央の雄しべが弁化しています。

萼片の多くなったものは良く見かけるのですがこのタイプは初めてでした。

このようなタイプで
ヨーロッパ原産のヤブイチゲの雄しべが弁化したものが
「八重咲きイチリンソウ」の名で呼ばれることがあり、
イチリンソウの八重とネット上で混乱がある。

イチリンソウは通常花茎の先に花を一輪しか付けないことから、一輪草と呼ばれます。
ごくまれに2輪付ける場合もあるようですが、割と安定していて一輪のものが多いです。

同じ仲間にニリンソウサンリンソウがあります。
花が2輪付くからニリンソウ、3輪付くからサンリンソウと呼ばれるのですが、


ニリンソウは変異が多く1輪から3輪以上のものまで見かけることがあります。

イチリンソウの横で3輪付けたニリンソウを見かけました。

 

 


【 サンリンソウの変異としては1輪や2輪のものが多く3輪付けているものは
あまり見ないです。名前に偽り有って感じです。・・・私がそんなものしか
見ていないだけかも 】

 

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ノジスミレ

2022-03-20 20:32:50 | スミレ科は⇒ すみれ world

いよいよ菫の季節到来です。

 

 



スミレ類の中では割と早咲きのスミレです。

撮影日 2022.03. 19: 群馬県

 

側弁には毛が生えていません。

 

良い香りがあります。

距は細長い感じです。


                                                               

  

楽天    https://books.rakuten.co.jp/rb/16849331/?l2-id=pdt_sl_pr_iname_1#20439034
amazon   https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B9%E3%83%9F%E3%83%ACworld-%E8%8A%B1%E9%87%8E-%E4%B8%80%E6%98%8E/dp/4866414227

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

セツブンソウ ★ Remember ★

2022-03-12 21:00:04 | キンポウゲ科

だいぶ暖かくなってきましたね。
皆さんいろいろと春を探して記事にされていますが、
私の方はなかなか…  そろそろ冬眠から目覚めないといけませんね。
未だあまり出かけていないので、とりあえず過去のデータから
Rememberということでいくつか記事を作ってみます。

 

セツブンソウ(節分草)
<学名:Eranthis pinnatifida Maxim.>
キンポウゲ科 セツブンソウ属 多年草

 

 

スプリングエフェメラル(春の妖精)と呼ばれ人気のある植物です。

関東地方以西に分布し、石灰岩地帯を好み落葉樹林内の斜面などに
群生していることが多い多年草。


高さ10cm、地下に球形の球根(塊茎)があり、茎頂に1個、
直径2cmの白い花を咲かせる。

 

 

高さ10cm、落葉樹林内などにまとまって自生する多年草。


埼玉県秩父には何か所か自生地が知られています。

中でも堂上の自生地は観光バスで大勢の方々が訪れるなど
沢山の花と沢山の人でごった返すほどです。

花期は2~3月、1本の花茎を出し細かく切れ込んだ総苞片
(花序全体を包む葉の変形したもの)を開き、
その先に可憐な白い花を1輪咲かせます。

総苞葉は花茎の先端につき、無柄でふぞろいに深裂し、裂片は線形。


花は茎頂に1個つき径約2cm、花柄は長さ1cm前後、
花びらに見える部分は萼で通常5枚あります。

 

 

本来の花びらは退化して、
先端が2又に分かれた黄色い蜜腺(甘い蜜を出す器官)になっており、
雄しべを囲むようにつきます。

黄色い花弁が小さくなり蜜線に変化したものが、
蕊と共に中央に固まっている。
雄しべの先端に付いている花粉が入った葯は鮮やかな紫色。
面白い造りの花です。

地下に球形の塊茎があり、花後、根生葉を出します。
根生葉は5角形で3全裂し、幅3~5cm、側小片は
さらに2深裂して、各小片は羽状に細裂する。

可憐な花は人気が高く、現在は、乱獲や自生地の
環境破壊によって希少植物になっている。
環境省レッドリストでは 準 絶 滅 危 惧 (NT)に指定されている。
          準絶滅危惧(現時点の絶滅危険度は小さいが、生育条件の
          変化によっては絶滅危惧に移行する可能性のある種)


名前は、早春に芽を出し、節分の頃に花を咲かせることから
つきました。が、秩父での盛りの時期は2月末~3月頭ぐらいです。

雪の中で咲くセツブンソウを見ることもあります。


 

通常1つの花茎に1つ花をつけますが、2つ花をつけたもの、

愕の丸いの

尖っているもの

数の変異や 色白のものなど



いろいろと変異も見られることがあります。

 

 

 

 


地下に球形の球根(塊茎)があります。

(これは栽培品を購入した鉢植えのセツブンソウを撮りました。
野生のものを掘ってきてはいません。
また埋め戻しました。)

 

花後の様子

若い果実

 

 

いろいろと個性、変異があって面白い植物ですね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

冬菫

2022-01-05 10:07:56 | スミレ科は⇒ すみれ world

11/20に撮ったノジスミレ

 

スミレの季節にはあと2~3か月ほどでしょうか。

今年はどんなスミレに出会えるでしょうか。

今年もいろいろな植物たちの観察にいそしみたいと思います。

 

 

今日は榛名神社の七福神をご紹介します。

毘沙門天(びしゃもんてん)融通招福の神として信仰されている。厄除けの役割も果たします。

 

 

寿老人(じゅろうじん)  長寿延命、富貴長寿の神として信仰されている。

 

 

山門をくぐっていくと本殿までの間、随所に鎮座されています。

 

福禄寿(ふくろくじゅ)  招徳人望の神様として信仰されている。

 

 

大黒天(だいこくてん)  財宝、福徳開運の神様として信仰されている。

 

 

弁財天(べんざいてん)  水と芸術・学問を司る神様。知恵財宝、愛嬌縁結びの徳があるといわれている。

 

 

布袋尊(ほていそん)   笑門来福、夫婦円満、子宝の神として信仰が厚い。担いでいる大きな袋は、
             堪忍袋(かんにんぶくろ)といわれ、我慢の限界をあらわす
             「堪忍袋の緒が切れる」という言葉はここからきています。

 

 

恵比寿天(えびすてん)  漁業の神で、特に商売繁昌の神様としても信仰が厚い。

 

 

七福神は7柱の神様です。(「柱」は神様を数える時の呼び方)
富と幸せの象徴であり、大変縁起が良い神様です。

七福神の信仰が始まったのは室町時代ですが、現在のような形で
親しまれるようになったのは江戸時代からといわれています。

7柱の神様のうち、純粋な日本の神様は恵比寿だけといわれ、
他の6柱はインドや中国など海の向こうからやってきた神様だとのことです。
出身地も宗教も異なる神様をひとつのグループにして信仰するのはとても稀有なことで、
日本ならではといえます。

 

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする