夢の実現へ きむら社会福祉士事務所

独立型社会福祉士事務所を続け、地域&在宅医療の重要性を訴え、あきらめず!岩手県の医師充足度ワーストワン汚名を返上したい!

後見活動でホッと安堵感!

2006-05-31 22:50:47 | 成年後見制度ってなに?
ダルビッシュ(日)、川上(中)今年の活躍は素晴らしい!
朝8時頃から隣市へ後見活動のため出かけ、夜10時過ぎに帰還しました。往復130キロの走行です。借地代金の未集金があり、私が「成年後見人」に選任された経過経緯を説明してご理解を頂いて集金したり、今後の入金・集金方法など話し合いました。不慣れな仕事でさすがに疲れました。坂道を昇り降りし汗と涙汗を・・久々に感じました。これは正に特別なケースのような気がします。詳細はブログ上では投稿できませんが、”人生模様ありき”です。成年後見人として何を学び、この経験を今後にどう生かすか。大変な試練を頂きました。それにしても「審判書抄本」は”この紋所が目に入らぬか・・”の威力です。当然、疑問を持つ方もおりましたが、ほとんどの方が理解し信頼しご協力してくれました。私も期待を裏切らないような後見活動をやっていきたいと思います
大変な日程で頑張りましたが少し安堵感、ホッとしました。これも独立開業して感じる満足感の1つだと思います。
コメント

「審判書抄本」で活動がアップ・・!

2006-05-30 21:34:24 | 成年後見制度ってなに?
住めば宮古、我が町宮古!都会へ出て良さがわかる故郷です!
東京での成年後見法学会の研修も終え、同志や友人と親しく有意義な時を過ごしすっかり心が癒されました。元気と活力を頂きました。ありがとうございました。帰宅と同時に予想していた「報酬付与審判」と「審判書抄本」が届いていました。午前中に金融機関等で手続きを済ませ、盛岡へ。岩手県社協主催の「介護サービス情報公表調査員」の会議がありました。いよいよ6月から調査活動がはじまります。2時間余りの会議で即帰宅しました。明日は、早朝から隣町へ「後見活動」に出かけます。「審判書抄本」で銀行口座開設・取引の手続きをしなければ全てが前に進みません。入金は可能ですが「払い出し」ができないと厳しいです。隣町にある銀行支店で手続きしなければならず、円滑に済むように宮古の同銀行に依頼しました。市役所はじめ不動産関係の後見支援もあり、数日通いつめるような覚悟をしています。私としては新しい任務であり、不安と期待、試行錯誤ですがしっかり取り組みたいと思います。今丁度、「相続」と「新しい後見支援のはじまり」が平行してしまい、日程調整に奔走?・・多忙なわけでもないのでマイペースで・・これが独立開業のいいところ今年度は、仕事の内容もも収入面も一人で何処までやれるか?チャレンジしています。岩手県宮古市を基点に独立型がどんなビジネススタイルでできるか?開業2年目のあくなきファイト
コメント

上野から・・?

2006-05-29 13:51:05 | Weblog
プロ野球観戦後、友人と居酒屋へ。懇親を深め再会を約してお別れ。水道橋のホテルに泊まりました。上野駅から乗ろうと思い立ち移動、アメ横や広小路界隈を散策し疲れました。当たり前ですが、東京は人間が多い。2日目ですがもう帰りたい。14;02発で盛岡16;22着、106号バスで宮古には19;00頃帰還予定。明日から仕事・・頑張ります!


コメント

東京ドームにて・・!

2006-05-28 20:24:34 | Weblog
只今、巨人対ロッテ戦を観戦中、7回福浦のホームランでロッテ先行・・?
コメント

成年後見法学会の報告

2006-05-27 23:50:58 | Weblog
千葉・流通経済大学で開催。任意後見をいかに推進するか。田山先生の講演からはじまり、専門家による学術的なパネルデスカッション。熱い議論が!田舎にいると聞くことない話。仰天!夜行バスできたので睡魔との戦いも。任意後見は判断能力のあるうちに信頼できる人に後見人を託せるメリットがある。これを説明して利用・活用に結びつける力量がない。反省しながら地元でどうするか?考え学びました。法定後見受任7件ですが、任意後見にもチャレンジしてみたい!元気をいただく学会でした。夜は、親愛なる久保田光雄さんと懇親会!初心に帰って学ぶ。
コメント

とりあえず・・7つの学び!

2006-05-26 10:33:28 | 成年後見制度ってなに?
八木(日)6勝、吉井(オ)4勝、ガトームソン(ヤ)
後見支援から学んだこと。その①「火災保険」は満期まで現状で継続し、更新の際に「成年後見人」として契約は可能である。その②「東北電力からの電柱敷地料=土地使用料」は、東北電力に連絡し指示に従って、連絡先変更や振込口座の変更等の手続きをすれば「成年後見人」の管理となる。その③「株券」については、株券があれば直接、会社に出向いて処理できる。審判書抄本や後見人の印鑑証明書などが必要なこともある。大きな会社になると「代行事務センター」等が相談に応じてくれる。株券を紛失している場合は、更に手続きと時間と手数料が必要。その④古い株券はあるが、会社の存在が不明の場合、地元の法務局で「会社の登記簿」を申請して確認する(1部1000円)。その⑤生命保険関係は、「登記事項証明書」がなければ手続き開始をしてもらえない状況がある。現時点で可能なのは「あいおい損保」だけ。「金融庁」の指導がなければ新しい制度に基づいた迅速で、円滑な処理が出来ないのではないか。その⑥施設への報告と役割分担の確認について、施設サイドから見ると「身元引受人」と「成年後見人」との役割分担は、慣れるまで非常に混乱する状況があり話し合いが必要。その⑦金融機関との調整について、施設管理分と後見人管理分を明確に説明して理解を頂く作業が必要
本人の「法定代理人」として関係事項の代理行為を淡々と実施していくわけですが、一人ひとりの顔が違うように「生き様」が浮かび上がってきます。まだ始まったばかりですがしっかり受け止めてやっていきたいと思います
今晩夜行バスで東京へ、5月27日開催の「成年後見法学会」へ参加します。学びと探究心を信条に・・。仲間や友人に会えるのが楽しみ。東京から記事を投稿しますので引き続き宜しくお願いします
コメント

できることから「後見支援」を!

2006-05-25 09:40:53 | 成年後見制度ってなに?
内海(巨)5勝、藤岡(ソ)初勝利、岩隈(楽)待ってるよ!
昨日は、市内の2カ所の銀行で「相続」に関わる面倒な手続きを行いました。事前に責任者に電話で用件をお話していたためスムースに処理をして頂きました。「審判書謄本」の提示が決め手になりますが、大変な”権限”を頂いたと肝に銘じて緊張感をもって後見支援をしていきたいと思います。急ぎ事務所に戻り、次は、各会社に電話で「株券」等の解約の手続きに関わる助言を頂きました。隣のK市2ヶ所、東京1ヶ所の計3ヶ所です。初めての体験です。出来るだけ処理してから管理した方がお客様の利益になると考えます。しかし、長い歴史と思い入れのある「株券」を手放すことは断腸の思い。親族の方と連携をとりながらすすめたいと思います
銀行も株券に関する手続きも「審判書」で可能です。家裁が審判した証明であり、これを信頼しなければ一般市民としてはどうしたら良いのでしょうか。リスクは選任された成年後見人が取るわけで、常にお客様の利益のために活動している趣旨をご理解いただきたいものです。そして、迅速に、明確に処理して利便に応えることの積み重ねが大切だと思います。まだまだ制度の理解が不十分であります。具体的な場面で「成年後見制度」が判断能力の不十分な方々の権利を擁護する選択肢の1つであることを訴えていきたいと思います
今日は母親の命日です。1周忌法要は菩提寺で済ませましたが、私は「何となく夜中に目が覚めトイレへ」。妻は「夢を見た」といいます。日頃からの先祖供養が大切だ!と思う日々です。
コメント

実際の後見事務・支援から学ぶ!

2006-05-24 10:25:20 | 成年後見制度ってなに?
桧山(神)2号、前田(広)6号、涌井(西)5勝
家裁から①審判書謄本②成年後見人の職務について③後見事務等報告書用紙④収支予定表⑤財産目録が「特別送達」で届きました。「審判が確定しますと、裁判所から東京法務局に登記申請手続きを行いますが、登記が終了するまでには申請後3週間程度かかります」となっており、「登記事項証明書」を手にするにはまだ3~4週間の期間を要します。では、この間は何もできないのか?昨年から、銀行協会等の配慮で家裁発行の「審判書抄本」があれば金融取引が可能となりました。郵便局もOKです。早速、郵送で「審判書抄本3部」(=収入印紙1部150円を)申請しました。今回の事案は地元の家裁ではなく、隣町の家裁支部が担当なので「郵送」が主になります。「審判書抄本」を持って①銀行(3ヶ所)で手続き②市役所に届出③複数の土地賃貸料の請求等の後見事務を行う予定です。「生命保険」の解約には、相続問題も関係し説明に時間がかかりそうです。昨日、金融庁、D生命保険会社本社、支社、生命保険協会などへ問い合わせましたが「登記事項証明書」を持って手続き開始とする会社規定があり改善を求めましたがご理解をいただけませんでした。第三者の成年後見人としては、財産目録の中に保険証書があり、その保険の内容・概要を知りたい思いだけなのですが・・。今後の課題です家裁への「財産目録」は、審判後約1ヶ月以内に提出することになっており、このあたりの事情は個々に異なりますが矛盾を感じます。つまり、審判は遅滞しておきながら、財産の整理に時間がかかる事情も申立の理由になっているのに1ヶ月程度で財産目録を提出しなさい。という話です。本人のために機能して気がします。この点は家裁に電話して確認をいただきました。特に生命保険関係は「登記事項証明書」が届いてからの手続き・申請となり、本当に保険金がもらえるのかどうかわからない。そんな仕事を淡々とする訳です。少額ですが「株券」等も複数あり「解約」というのでしょうか。処理する方向で検討しています。色々と学ぶことがたくさんです
コメント

元成年後見人が「業務上横領容疑で・・」!

2006-05-23 11:27:54 | 成年後見(人)関係の事件簿
Wサッカージーコジャパン人気が
「認知症の女性の口座から現金約1800万円着服!」「元成年後見人を逮捕!」読売新聞秋田版朝日新聞秋田版からです。両方の記事によりますと、元成年後見人Bは女性の親族の方で、2004年1月~2005年9月、計25回にわたり、郵便局と銀行の口座から約806万円着服した疑い。更にこの直後、女性の定期預金口座を解約し、1000万円を着服した疑い。Bは自営の焼きそば店の借金返済や生活費に困り、まず預貯金約806万円を横領。家裁横手支部から財産状況の報告を求められ、「横領が発覚するなら、いっそ負債を整理しよう」と、さらに1000万円を横領したということです。全く信じられない、親族後見の悪弊害が出たような事件です。私自身には、こんな事件は起きようもないと断言します。しかし、こうした事実、事件の真相を明らかにして報道したり、情報を公開することによって、お互いをけん制し、未然に防ぐことになると思います。

本日、やっと「審判書」が届きました。丁度、申立(12月19日)から5ヶ月かかりました。早々に「申立人」から感謝の電話を頂きました。困難な案件ですがしっかりやりたいと思います
たくさんのご声援・激励をいただきありがとうございました
コメント

新聞記事から学ぶ!

2006-05-22 10:17:36 | Weblog
白鵬初V渡辺俊(ロ)3勝、浜中(神)11号
「個人情報保護法」は、昨年2005年4月に施行された法律だが、弁護士が裁判に使うため、法令に基づいて自治体や行政機関、団体に個人情報を照会しても拒否されるケースが相次いでいることが、日弁連情報問題対策委員会の調査で分かった。岩手日報同保護法への誤解や過剰反応の様相が強く、対策委員会は問題点をまとめ、法改正などを求めていく方針という。「社会福祉士」だと認知度が低くますます”照会”は困難。個人その人を理解しないと仕事ができないソーシャルワーク。成年後見制度の利用もしかりである。同保護法を誤解して、結果として本人の権利擁護が侵害されているとしたら大変です。次に「団塊世代」の市民活動支援の記事がありました。先進的な自治体は千葉県内自治体のNPO施索の状況と聞きます。岩手県の増田知事はじめ各自治体で真剣に考えて実施していただきたい課題の1つ。次に、「ニート、フリーターは扶養控除外」の記事に愕然。私の長男も数年前から当事者?本人はそんな意識がない。もし国も地方も税金の無駄遣いを改めたなら”聞く耳”を持ちたいが、問題のすり替えの感じがする。それぞれ本人の体力・能力・力量で働ける場、社会に貢献できる、自活・自立できる仕事のできる場・環境が必要。就労=雇用の数値目標アップや業績につながらない、時間のかかる取り組みである点もご配慮していただきたい。生活保護受給者の増加と合わせ緊急課題まず、生き甲斐を持って生活する、自分を取り戻して生活している実感をもつ。社会に役立ってる実感。地域・社会とかかわって共存している実感。安心・安定した生活感・安堵感を持つ暮らし、維持・継続。お互いを認め合う関係づくりが大切。特に地方では、自然環境を生かして取り組みが出来ると思う
コメント

宮古市・閉伊川

2006-05-21 09:34:31 | 三陸の海・山・川、ラーメン食の日記
バリーボンズ714号!ベーブ・ルースと並ぶ記録
ここは太平洋・宮古湾と合流する付近。
閉伊川の上流は盛岡市?盛岡⇔宮古を結ぶルート106号に沿って流れる。
途中でいろいろな川が合流して大海へ。
冬・寒中は流れの弱いところでは氷壁が・・。雪とのバランスが素晴らしい!
しかし、台風などで洪水が発生すると大変な被害を及ぼす。
自然の恵み・・大切にしたい
コメント

「成年後見制度}を国民のためのものに!

2006-05-20 10:56:00 | 成年後見制度ってなに?
八木(日)、齋藤和(ソ)共に5勝、松坂(西)6勝
私は、「成年後見制度」に関心を持ち、関わってからすでに10年位経過しました。2000年4月の施行前より盛岡家裁・宮古支部には数回出向いてこの制度導入への状況・準備体制などをお聞きしました。当時の職員の方々も人事異動して代わっています。しかたないことです。本格的な施行になってからも、申立、受任、報告、調査面接など相当回数出入りしています。出身地元ですし宮古支部との関係はそれなりにうまくいっているものと解釈しています。しかし、地元以外の盛岡家裁○○支部になると、全く対応が違うことを思い知らされています。「家裁に限ってははそんなことはない」と思っていましたが簡単に裏切られました。「社会福祉士」が成年後見人を受任することも、まだまだ理解されいない事もあると思います。これはショック
紆余曲折を経て、独立開業している2006年5月の時点でも、盛岡家庭裁判所(本部)は、裁判員制度の普及や成年後見制度の理解・促進のために頑張っていますが、現実的に「審判の遅滞」が生じるのはどうしてなのか納得できない現状があります。私は、制度的な欠陥なのではないか?と思います。法の下の平等と言われますが、「成年後見制度」は、認知症高齢者、知的障害者、精神障害者等々(を対象に)の判断能力の程度を精査して、残存能力を生かしながら、権利擁護を念頭に、財産管理、身上看護にかかる法的な権限をもつ法定代理人が選任されるわけですが、そう考えた場合、結果の平等といいますか、まず、「審判」を早めて救済し、内容によっては変更したり、改善したりするような弾力的な運用があっても良いように思います。「審判」の重みはよく理解できますが、重大な犯罪を犯しているわけではないし、高齢や病気等々で緊急事態が明らかなのに審判が遅れるという事実は、何と説明すれば納得できるのか。お聞きしたい思いです。今後、成年後見制度の円滑な利用促進・発展のために改善した事項があれば、地元の家裁や最高裁へご意見・要望を出すべきだと思います。この制度をどうしても利用したい、しなければならない方々が迷い、困らないように導くためにより一層の努力・奮闘が必要であると感じています。今回、勇気をもって最高裁へ電話と速達を出しました。本人と申立人の「思い」を伝えたい気持ちからです。受け止めていただいたことに感謝申し上げます。

最高裁判所 事務総局広報課へ
東京都千代田区隼町4番2号 03-3264-811
コメント

最高検が担当検事を不起訴処分!

2006-05-19 09:45:49 | 盛岡・元ホームヘルパー準詐欺事件
ダルビッシュ(日)2勝、佐藤(中)、神内(ソ)力投勝利!
岩手県盛岡市内で、元ホームヘルパーA子(54歳)が2004年5月から12月にかけ、判断能力が低下していた高齢女性(故人)の銀行の預金口座から計約1億500万円をだまし取ったなどとして準詐欺容疑などで逮捕、起訴された「大事件=私はそう思います」。このブログで、繰り返し投稿してきました。未だに真相は不明、解決されていません。現在は、盛岡地裁で非公開の「公判前整理手続き」がすすめられている。事件の発覚は2005年でした。今年になって何を思ったのかA子被告は2006年1月に、担当の検事から「弁護士を代えたらどうですか。このままではいつまでもここから出られませんよ」と強要された(強要未遂)と訴え、公務員職権乱用の疑いで、「告訴状」を最高検に郵送していました。A子被告の弁護士の話で18日、最高検が検事を不起訴処分としていたことを明らかにした。(地元紙より)2006年になっても真実の究明には縁遠いようなやりとりが続き、いたずらに時間ばかり掛けて先延ばししているようにしか思えません。この事件が未解決なためにいろいろなマイナス影響が出てきている印象があります。①成年後見人への監督が財産管理面に強く厳格になった②成年後見制度の申立への「審判」が遅れる③家裁の職員の皆さんも多忙で余裕がない状況になってきた④成年後見制度全般への理解、利用の促進がすすままない⑤事件には至らないが本質的に同様の「経済的虐待」に近い相談が増えた等など。これから益々後見ニーズが増大するのに現状で対応できるのか?心配です。私だけの老婆心、独り言で終わればいいことを願っています。
コメント

小麦栗まんじゅう

2006-05-19 08:55:27 | 三陸の海・山・川、ラーメン食の日記

甘党なのです
かなり肥満気味で制限していますが、これがストレスになる。
今回から、これ以上太らない事を守りながら、好きな「まんじゅう・だんご」シリーズを勝手に提供します。関心のある方はご一報下さい。

記念の第一弾は、宮古市田老で発見。栗と小豆の混じった「あんこ」が入っているのです。
見た目、普通のまんじゅうですが、半分にして紹介しました。
2個入りで230円です。道の駅の”たろう産直組合”で購入。
コメント

事務所の活動・・・!

2006-05-18 16:36:05 | 成年後見制度ってなに?
西村(巨)3勝、楽天愛敬3勝1敗残念!成瀬(ロ)初勝利
昨日は久々に忙しい充実した1日でした。元同僚だった旧友から6月に「講演」の依頼をいただきました。事業団系の施設ですが職員の中にも契約や財産管理、後見人・・といった問題を真剣に受け止めていこうとする機運が高まってきたような印象を受け快諾しました。有難いことです。午後は、知人の来訪があり「補助開始申立」の依頼を受けました。障害をもつ兄の「補助人」を姉妹が申立人=補助人候補者として申立たいということです。制度説明を行い、諸書類の準備の手順を相談しました。依頼者は長年、障害者施設に勤務している方で全体像は理解していただけたと思います。勤務のかたわらに提出する書類を揃えながら準備を進めたいと思います。次に、市内の特養ホームの責任者からの電話があり、「相談案件がある」との依頼で明日午前に訪問を約束しました。同じ方向のお客様がおり午後に「家庭訪問」してきたいと思い連絡しました。夜は、「審判の5ヶ月遅滞」の親族から経過状況の問い合わせ電話があり、ありのままに説明し、いま少し待っていただくようにお願いしました。ご本人が高齢、病弱であり、収入状況も不透明なので急いで対応すべき案件なのに「審判の遅れ」は残念です。怒り心頭ですが仕方ありません毎日がこのようですと忙しく、収入もあると思いますが、たまにです。用件が集中して重なるからです。即、収入とならないことも多々あります。実際はまだまだ多忙ではないのです。徐々に、ゆっくりと着実に取り組みたいと思います
コメント