夢の実現へ きむら社会福祉士事務所

独立型社会福祉士事務所を続け、地域&在宅医療の重要性を訴え、あきらめず!岩手県の医師充足度ワーストワン汚名を返上したい!

障害者差別をなくす条例を!

2007-11-30 21:18:42 | 障害者自立支援法って!なに?
プロ高津(ヤ)、黒木(ロ)ら93人自由契約選手を公示厳しい世界です
岩手県内の身体、知的障害などのある当事者や精神科医らで組織する「障がい者への差別をなくするための県条例の制定を進める会」は11月29日、障害者への差別をなくすための県条例制定を求めて県議会に請願書を提出した。大信田代表ら6人が、県会議長に請願書を手渡した。請願書は、障害者への虐待や賃金の不払いなどの事例が後を絶たないことから、条例制定を求めている。全国では2006年10月に千葉県が初めて「障害もある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり条例」を制定している。
素晴らしい取組みがスタートしました
岩手県民を巻き込んで大きな議論の場が、白熱した交流の輪が広がることを期待関係者や当事者中心に簡単に”条例化”されてしまうと「空洞化」にもなりかねない重要課題です。
正に、障害がある人もない人も安心して岩手県に暮らせるような、やっぱり故郷がよかったと思えるような環境・地域・社会にしたいものです。人との関わりの温かさ、思いやりも大切です。希望を膨らませるような取り組みを期待したいです
コメント

「独立型社会福祉士養成研修」実習終了!

2007-11-30 13:46:06 | 開業社会福祉士事務所までの軌跡
中村(中)の年俸推移?5億→600万→5000万へこれも実力だ
独立型社会福祉士養成研修の実習を無事に終了しました
2日目の昨日は、関係事業所、施設などを訪問して「お客様」に接し、お話しや相談を受けながら後見活動の様子を学習させていただきました。
成年後見人として訪問活動は大切な任務です。お元気な様子を伺うことは社会福祉士として勇気や励みをいただく場にもなります。十分な会話にならない場面が多いのですが、素直に、飾り気なしに歓迎していただける点も有難い事だと感謝しています。
夜は、「実習生」と反省会も兼ねて懇親しました。若い方のパワーを少し分けてもらった気がします。地域の方々とも出会いがあり、有意義な懇親会となりました。
3日目は午前中、「まとめ」の課題があります。”後見実務の実際”をお話し、実習生からも開業への思いをお聞きできました。新鮮な感じがします

独立型への道は、決して平坦ではありませんが、本人の頑張りによって道は開けてきます。この2泊3日の実習を機会に開業へのチャンスをつかみ取って頂きたいものです。2泊3日の16時間で、私なりの4年目の歩みの成果を素直な気持ちで理解して頂きました。
「実習生」もそうした「体験が聞けてよかった」と言ってくれました。理屈ではなく、綺麗ごとではなく、生身のの実経験を受けてとめてくれた事が嬉しく思います。今後も長い付き合いが継続して、お互いに切磋琢磨していければ楽しい。と素直に思います
コメント

75歳以上の後期医療制度、保険料は平均7万2千円!

2007-11-29 09:27:33 | Weblog
薮田ロイヤルズへ
「75歳以上の後期医療制度、保険料は平均7万2千円」
 厚生労働省は27日、来年4月から始まる75歳以上の高齢者が対象の医療保険制度「後期高齢者医療制度」の各都道府県別保険料(年額)の推計を明らかにした。
 保険料が最も高いのは神奈川県の9万2750円で、最も低い青森県の4万6374円のほぼ2倍となった。全国平均は約7万2000円(月額約6000円)だった。厚労省が都道府県からの聞き取り調査と、独自の試算により、11月26日現在の保険料額を算定した。
 保険料は対象の都道府県に住む高齢者の所得水準と高齢者一人当たりにかかる医療費によって変わる仕組みだ。厚労省が想定する平均的な厚生年金受給者(年201万円)で見ると、保険料は、福岡県が8万5100円とトップだった。高齢者一人当たりの医療費が福岡県が最も高いためだ。

 後期高齢者医療制度の保険料については、当初、平均6万円程度との推計もあったため、想定より高い数字だとして、制度の運用を不安視する向きもある。

 厚労省によると、75歳以上の高齢者は約1300万人。大半が市町村が運営主体の国民健康保険に加入しているが、来年4月からは都道府県単位で運営される後期高齢者医療制度へ移行する。政府・与党は、会社員の子供らに扶養され、保険料を払っていない約200万人については、1年間、ほぼ保険料を免除することを決めている。(全国紙・2007年11月28)

日増しに関心が高まってきました。素晴らしい事です
「負担額」や「お金」のからみで切羽詰まってくると関心度がアップする悪しき状況は改善しなければいけませんが、こうした重大な関心事の情報を小出しにしてくる環境も良くないと思います。国民の理解を求めるための説明責任は国家にあります
独立型社会福祉士養成研修「実習1日目」
当然、初対面です。若さとパワーを感じます。
成年後見研修も受講中とのことで、学習意欲100%
昨日は、「独立・開業の心がまえ」、「成年後見人としての基本姿勢」、「当事務所の理念等」について、狭い事務所でパワーポイントを使用して説明し理解を頂きました。
本日は、「後見実務」について、金融機関や各事業所・施設など(4ヶ所)を訪問して学習します。
夜は。懇親会も予定しています。楽しみです。
コメント

障害児世帯などの軽減拡充?

2007-11-28 10:44:24 | 障害者自立支援法って!なに?
岡田ジャパン誕生本日から3日間、独立型社会福祉士養成研修の実習が始まります
「障害児世帯などの軽減拡充  負担、所得に応じた性格に」
福祉サービスを利用する障害者の負担軽減策を検討している与党のプロジェクトチームが近くまとめる報告の原案が23日、分かった。2008年度から障害児のいる世帯と低所得世帯を対象に現行の負担軽減策を拡充。その上で、08年度までとなっている軽減策を09年度以降も続ける。

 昨年4月に施行された障害者自立支援法は、サービス利用に応じて負担が増える「応益負担」を原則としているが、所得に応じた以前の「応能負担」の性格を強める方針。年間数百億円の財源上積みを目指すが、財政当局との折衝の決着は12月に持ち越されそうだ。

 自立支援法はサービス利用料を原則1割負担としたため、負担増でサービスを中止する例が続出。政府は昨年末、負担上限額の引き下げなど3年間で1200億円の特別対策を決めた。
 現在、障害児世帯で軽減策の対象となるのは夫婦、子1人の場合で年収600万円まで。与党は年収890万円程度まで対象範囲を広げ、障害児世帯の8割をカバーしたい考えだ。(全国紙・2007年11月23日)

「障害者自立支援法」は、小泉内閣時代に圧倒的多数を占める与党のゴリ押しで決定した経緯があります。十分な審議のないまま、財政面の抑制をする”ねらい”の印象がありました。今ここに来て、一部自己負担を軽減するための施策が提案されています。厚生労働省は、当初、障害基礎年金から原則1割負担しても「2万~3万円位残る」と言っていましたが残りません食事代の負担や光熱費・部屋代の負担も大変、次第に深刻になってきています。障害者の方5名の成年後見人をやっておりますが、施設入所利用している方は、月別収支は数千円残る程度で、地域・居宅生活を希望する方にはマイナスになります。貯金などできません。悲しい現実です
自立支援法の理念に沿った施策は、利用者である障害児・者、ご家族、関係者のご意見や要望を聞き取りながら進めることが大切だと思います。介護保険制度に似せた障害程度区分ではなく、その方にどんな支援が、サービス提供が必要なのか?、求めているものは何なのか?どこまで支援できるの?・・・様々な視点で考える必要があると思います。勇気を持って見直すべきです。
一時的な「軽減策」よりも根本的な改善が必要な状況になってきているように思います。
コメント

生活保護の補助制度悪用?

2007-11-27 17:37:21 | 介護サービス情報の公表って?なに?
タクシー会社役員が1億円詐取、生活保護の補助制度悪用(読売新聞) - goo ニュース
早朝から隣町へ
「介護サービス情報公表調査」のため出張です。
帰宅の途中で、昔の同僚らと情報交換をして貴重な時間を過ごしました
さて、「公表調査」本日で11月分は無事終了です。
12月と1月も予定されています。一段と寒いですが順調に「調査活動」も推移しています。”3名の調査員”に

11月7日開催の「講演」の正式な依頼文書を頂きました。有難い事です。
岩手県南地区は、初めて出向きます。この地域には社会福祉士会の仲間も多くおります。そうした方々に支えられている実感が涌いてきました。
お互いに、更なる前進、発展につながるように頑張りたいと思います
コメント   トラックバック (1)

厚労省:児福法大幅改正へ!

2007-11-26 10:43:43 | Weblog
白鵬12勝3敗で優勝栃の花2勝13敗
「厚労省:児福法大幅改正へ 施設内虐待の防止盛り込む」
 親の虐待などさまざまな事情から家庭で暮らせない子供の生活する施設や里親家庭の見直しをめぐり、厚生労働省は、児童福祉法を大幅改正する方針を決めた。児童福祉施設で起こる施設内虐待の防止・対応策を初めて盛り込み、子供から被害の届け出があった場合、都道府県に対応を義務付ける。また、家庭的環境での養育を目指し、少人数の新たな養育制度を創設。都道府県に施設や里親の整備計画を作成させる。来年の通常国会への改正案提出を目指す。

 改正方針は、施設や里親家庭のあり方を論じてきた同省社会保障審議会専門委員会(委員長・柏女霊峰(かしわめれいほう)淑徳大教授)が22日まとめた報告の骨子に基づく。

 施設内虐待は、逃げ場のない密室で埋もれたケースもあるとされ、早急な対策が必要とされてきた。改正案では、児童間の暴力を職員が放置すれば職員による虐待(放棄)とみなす。第三者を含む都道府県の対策チームで再発防止を図ることも検討する。

 新たな養育制度は、一般の里親家庭で6人前後の里子が暮らす「里親ファミリーホーム」を手厚くした形態などを検討する。同ホームは8都道県3政令市が独自に助成し、36家庭で153人の子供が暮らすが、里親の負担軽減などが課題だ。このほか、施設を出た子供の自立支援のため、退所児を主な対象とする施設(自立援助ホーム)の入所年齢を20歳未満まで引き上げる方向。

 3万人が暮らす児童養護施設は、被虐待児の急増などで満杯状態で、職員の配置基準見直しが現場から強く求められている。(全国紙・2007年11月22日) 

児童養護施設への「福祉サービス第三者評価」が実施されている。岩手の場合は、かなり積極的に「受審」がすすめられているように思う。「保育所」、「乳児院」、「障害児施設」も対象になる。「外部評価」は、任意のもので費用がかかる点がネックである。しかし、「施設」が利用者のためのものであり、地域や国民・県民の方々によって支えられている事を理解すれば、何らかの方法で外部評価や第三者の判断を仰がないと改善する事ができない!。より良い方向へ舵取りできない!。のではないか?と最近、特に強く思う。
自ら取組んできたことを点検し、確認し、もし改善点があれば改革していく姿勢がなければ、そこから停滞し、マンネリ化し、新しい風すら受け入れられない閉塞感の組織となってしまう。常に改革の思いを持った施設=事業所でありたい

コメント   トラックバック (1)

ただ・愛のためにだけ!

2007-11-25 09:56:50 | 歌・CD・趣味・その他
ただ・愛のためにだけ
岩崎宏美,西脇辰弥,山川恵津子,中島みゆき,松井五郎
インペリアルレコード

このアイテムの詳細を見る

大相撲千秋楽!優勝の行方は?白鵬12勝2敗、千代大海11勝3敗
11月27日は、介護サービス情報公表調査(訪問入浴事業所)
11月28日~30日は、独立型社会福祉士養成研修の”実習”があります。
後見活動の実務について学習。「お客様」が利用している施設等も訪問・面会します。
来週も頑張る~ぞ
コメント

社会福祉士は時代のパイオニア・ワーカーだ

2007-11-24 10:02:20 | 開業社会福祉士事務所までの軌跡
=社会福祉士は時代のパイオニア・ワーカーだ=

社会福祉士の先達たちは、時代のパイオニア・ワーカーだった。時代を読み、社会が求めるものを市民に与えるべく事業を創造してきた。これこそが、独立社会福祉士としての理想の姿である。
時代は、チャレンジする社会福祉士を求めている。閉塞した社会のトリックスターとして、自立した社会福祉士を求めている。時代は、パイオニアワーカーとしての社会福祉士を待っている。社会福祉士として施設や企業から独立して仕事をしていきたい。社会福祉士という資格を生かした起業をしたい。相談援助を中心に仕事をしてみたい。そんな理想を持っている若い社会福祉士のための開業講座を開催いたします。どうぞ希望を持ってお集まりください。

                    記

*日時 :12月8日(土)午前10時から午後5時30分 9時30分受付
*会場 :アンサンブル荻窪(JR中央線荻窪駅下車3分)4階会議室
*参加費:(資料代等) 5,000円 
*定員 :30名(先着)
<スケジュール(予定)>
10時:記念講演  久保田光雄氏(久保田社会福祉士事務所)
チャレンジから新時代の夜明けへ
         -新しい社会福祉士スタイルの創造-
13時:独立シュミレーション=独立・開業計画を立ててみよう
進行  斎藤弘昭(さいとう社会福祉士事務所)
15時:独立系社会福祉士事務所代表によるパネルディスカッション
=独立するとこんなに楽しい生活が待っている=
<参加予定事務所>
①きむら社会福祉士事務所 木村守男(岩手県)
②社会福祉士事務所「ぷしゅけ」代表 鳥山克宏氏
③おかの社会福祉士事務所代表 岡野範子氏
*申し込み先 さいとう社会福祉士事務所 
メール fukumane@gmail.com
FAX 03-3313-9728
*終了後、懇親会を開催いたします。

私も参加します。有難い事です
この時期に開業4年間の思いを・・、実績を?皆様にアッピールできる事は光栄です。
私も”若い・・・”年齢も?、気持ちも、チャレンジ精神も、ビジネス経験も。
逆に、参加された方々から学ぶ事の多いと思います。それも楽しみ懇親会も楽しみです。
是非、東京でお会いしましょう
コメント (2)

「福祉サービス第三者評価」2回目の連続受審?

2007-11-23 11:22:41 | 第三者評価ってなに?
宮古地方、雪はないですが寒い!風も冷たい!石井一(ヤ)→西武へ。新井(広)→阪神へ。小林雅(ロ)→インディアンズへ
昨夜、の花巻から遠野→釜石→宮古へ。無事帰還しました。
花巻→遠野間は、前日からの雪が踏み固められ、さらに気温が低いために、凍結しており最悪のコンディションでした。緊張の連続・・
でも、遠野→釜石間の「仙人トンネル」の完成のおかげで、雪が降っても快適な運転が出来るようになりました。有難さをしみじみ感じました
まだ11月なのに?紅葉を見る楽しみも吹っ飛びました

さて、「福祉サービス第三者評価」の仕事で出張した訳ですが、昨年度に続く2回目の「受審」であり、前回ご指摘させていただいた部分が、どのように改善され取組まれているのか?注目と期待を持って望みました。
4月に人事異動があり、施設長や責任者スタップが変わっていましたが、見事に改善に向って意欲的に取組まれ、今後もそのパワーを感じました。嬉しく思います。施設の建物や設備は古く、老朽化が気になりますが、その中でも職員・スタッフが一体となって頑張っておられる姿には脱帽です。
むしろ、これからが大切、重い障害を持つ方々のために、家族のために、地域や住民の理解を得ながら、いっそうのご努力と活動をお願いしたです。
コメント

2007-11-22 07:28:12 | Weblog
朝起きてビックリです。積雪です。11月なのに?
遅れないように、早めに出かけたいと思います。
コメント

藤三旅館にて!

2007-11-21 18:45:28 | 三陸の海・山・川、ラーメン食の日記
雪降る中をやって来ました。花巻南温泉峡・鉛温泉の藤三旅館です。明日の福祉サービス第三者評価に備え前泊です。事前審査の読み込みはやりましたので、今夜はリラックスし、明日は頑張ります。
コメント

後期高齢者医療?

2007-11-21 08:27:40 | 介護保険制度って!なに?
新人王に田中(楽)、上園(神)MVPにダルビッシュ(日)、小笠原(巨)
「後期高齢者医療 保険料年5万8433円 全国平均より1万5千円安く」
 75歳以上の高齢者を対象にした「後期高齢者医療制度」が来年4月から導入されるのを前に、県後期高齢者医療広域連合(連合長=谷藤裕明・盛岡市長)は19日、定例議会を開き、年間保険料を、加入者に一律で課す均等割り額(3万5800円)に、各加入者の年間所得の6・62%を合算した額にすることを決めた。月額保険料は平均で4869円となる。

 同制度の保険料は、都道府県ごとに設定され、各自治体の医療費や高齢者数によって、2年おきに改定される。

 同制度は75歳以上の高齢者に加え、65~74歳で障害を持つ人も対象。県内では約18万7500人と見られる。年平均の保険料は5万8433円となる見込みで、国平均(7万4000円)より1万5567円低額になった。

 同制度の導入で、これまで扶養家族だった高齢者も保険料を負担しなければならなくなったが、移行措置として、08年4月からの半年間は従来通り全額免除され、その後半年間も9割減額され、さらにその後の1年も5割減額される。また、2009年4月以降の加入者も加入後2年間は5割減額となる。
(2007年11月20日 )

あれ!これ何よ?と思っているうちにドンドン決まっていきます。今は75歳以上の高齢者が対象ですが、将来の不安のために「団塊の世代」が標的になっている様な気がします。お金のある方は負担すべきですが、ない方からは徴収できません。大切な議論がなされないまま、重要な制度が実施されようとしていています。第三の消費税になるような感じもします。今さらながら「後期高齢者」にしぼった点も納得できません。ストップをかけたいような法案です。国ももっと節約、節税し無駄使いを一掃した事実を見せれば、増税も納得できますが、現実は全然NOです。
コメント

旧沢内村・老人医療費無料化無視!

2007-11-20 15:45:29 | Weblog
W杯バレー男子大会日本3韓国0全国高校サッカー選手権初戦相手遠野高校江の川(島根

「旧沢内村・老人医療費無料化無視:誇りや希望を無視 」
   厚労白書抗議文持参へ /岩手◇西和賀町
厚生労働白書の老人医療費無料化の歴史の記述の中で、全国初の無料化を実施した旧沢内村(西和賀町)が無視されていた問題で、西和賀町議会は13日、全員協議会を開き、舛添要一厚生労働相あての町長・議長連名の抗議文提出を全員一致で決めた。21日に高橋繁町長と佐々木正裕議長が厚生労働省を訪れ抗議文を手渡す。
 提出する「厚生労働白書の事実を誤認した記述に対する抗議と要請」は、「当町としては看過できない記述であり、ここに強い憤りをもって抗議する」としたうえで、全国初の無料化の事実関係を指摘。さらに「理由の如何にかかわらず許されるべきではない」「自分たち住民の力で、自分たちの命を守ったという町民の誇りや希望を無視した内容」と抗議。「何らかの形で無料化の契機は西和賀町(旧沢内村)であったことを明記」することを求めた。

 高橋町長は「大変頭に来ている。報道以来全国から反響があったが1人として町の対応がおかしいという内容はなかった」と話した。(2007年11月14日)

「自分達の力で、自分達の命を守った」「生命尊重の理念」「老人医療費の無料化」「医療と保健・福祉の統合」・・・旧沢内村の実践は、介護保険制度の今日的な礎を作り出してきた素晴らしい取組みである。地方自治の原点でもある。厚生労働省のやり方には町民だけでなく、岩手県民が不愉快に思っている。直ちに改めるべきである。歴史に刻まれた取り組みや考えはキチンと評価して学ぶべきである。
コメント

孤独死防止へ福祉専門員!

2007-11-19 10:10:44 | 開業社会福祉士事務所までの軌跡
東京国際女子マラソン野口V北京当確浅田真央フィギュアスケートグランプリ5勝
      
厚生労働省は、2008年度のモデル事業として、高齢者や障害者支援のリーダー役を務める福祉専門員(コミュ二ティーソーシャルワーカー)<CSW>を全国100ヶ所の地域に配置する構想を発表しました。
①孤独死などを防止する。
②地域の町内会や民生委員などと情報を共有化することで、よりきめ細かなサポート体制をつくる。
③高齢者や障害者らの相談に応じる。
④地域の課題を把握して対応策を立案したり、ボランティア組織を育成したりする役割も担います。
このモデル事業は2年間がめどで、来年4月以降、参加する自治体を募集、選定する。効果があった地域の取り組みを厚労省が集約し、全国に紹介して共有化を図る。と目的があります。
CSWは、国家資格ではなく、社会福祉士やケアマネジャーを雇うなどして要員を確保。公立中学校の学区規模(人口約1万人)を目安に人ずつ配置。となっています。

独立・開業社会福祉士を目指す方々は、地域のソーシャルワーカーとして地元に根付いた活動を望んでいます。正にドンピシャリなCSWです。私もチャレンジしてみたい内容です。
「社会福祉士」の専門性を生かす好機ではないでしょうか
福祉を学ぶ者の一人として、長年の夢が、期待が国レベルで構想化されていきます。「嬉しい」と思う反面、これまでの「仕組みや機能」が崩壊寸前であることも現実です。バラマキ福祉に歯止めとかけ、本物の福祉施策を推進する事も大切
軒並みに人口が都市へと一極集中するような社会構造の中で、地方・田舎・地域で高齢者や障害者を支えるシステムを見直し・改善していかなければなりません。
時代は、専門職としての社会福祉士へ。期待が高まります
コメント

おかえりなさい!中島みゆき

2007-11-18 10:07:13 | 歌・CD・趣味・その他
千代大海7連勝、栃の花初白星ラグビーイースト11で釜石シーウェイブス4連勝
おかえりなさい
福井峻,後藤次利,鈴木茂,戸塚修,中島みゆき,阿久悠
ヤマハミュージックコミュニケーションズ

このアイテムの詳細を見る

中島みゆき1979年発売のCDです。地元の中古店で購入
この頃は”中島みゆき”知らなかったんです
独立・開業して4年目、中島みゆきのCDも40枚以上になりました。中古でもいいので全部収集したいものです
コメント