夢の実現へ きむら社会福祉士事務所

独立型社会福祉士事務所を続け、地域&在宅医療の重要性を訴え、あきらめず!岩手県の医師充足度ワーストワン汚名を返上したい!

天然木折りたたみ ダイニング5点セット!

2008-08-31 10:47:07 | 歌・CD・趣味・その他
YAMAZEN 天然木折りたたみ ダイニング5点セット BTFD-5S(NA2) ナチュラル



このアイテムの詳細を見る

木田(ヤ)1勝、グライシンガー(巨)13勝、斉藤(広)1勝、山本(オ)9勝、荻野(ロ)5勝全国高校軟式大会決勝作新学院1中京1譲らず再試合へ秋季高校野球岩手県地区予選開幕
種類はダイニングセットですが「事務所専用」に購入しました。折りたたんで使うことも可能です
念願の自宅兼事務所を拡張しまして、カウンターを設置した関係でテーブルは小さいものを置きたいと考え抜いた末にインターネットで見つけて購入。
今は滅多に来ない訪問客ですが、準備だけはしっかりと

「権利擁護」を学びたい独立型の研修者や成年後見人講座の研修生、また、大学・大学院生等の実習生の受け入れを積極的にやっていきたいと思います。
是非、このテーブルを囲んで議論したいものです
午後から盛岡へ移動。宿泊して明日は「福祉サービス第三者評価」の仕事をします。今年度の初仕事。12月までの間に5回ほど予定
コメント (2)

生存権を侵害 「応益負担免除を」奥州の障害者、審査請求!

2008-08-30 10:50:32 | 障害者自立支援法って!なに?
下柳(神)11勝、高橋(中)1勝、横山(横)3勝、岸田(オ)2勝女子野球第3回ワールドカップ日本初制覇

障害者自立支援法:生存権を侵害 「応益負担免除を」奥州の障害者、審査請求 /岩手
 障害者自立支援法に基づく介護給付費などサービス利用料の応益負担を不服として、奥州市内の障害者の男性(38)が28日、県に負担免除を求める審査請求を行った。認められない場合は、応益負担が違憲として国などを相手に訴訟を起こす方針だ。

 男性は1歳の時に脳性まひを患い、日常生活をする上で、介助が必要なため、同市内の知的障害者施設に入所している。

 障害者自立支援法では、利用料が一定の基準を超えると、費用の1割に相当する額を自己負担するよう定めている。男性も7月に同市福祉事務所から月額7920円を求められた。

 請求書によると、介護給付費などは障害者の自立した生活を送るための基礎的費用で、それに応分の負担を強いることは生存権などを侵害して違憲であるとし、処分の取り消しと負担額を無料にするよう県に求めている。

 男性の父親(75)は「このままでは親が亡くなった後、障害者年金だけで、本人1人で普通の生活はできない。法制度そのものをなくさないといけない」と話している。

 同様の申し立ては大阪府や東京都、滋賀県など9都府県、計32人が行っている。10月31日に全国一斉提訴をする予定。(2008年8月29日 全国紙地方版)

全国一斉提訴の動きは理解できる。
障害者自立支援法は「応益負担」として一律に1割の負担金を強いる。サービスを利用すればするほど負担が増える仕組みであり、負担増はジワジワと生活を脅かし、切なる不満から要求が噴出し、政府・与党もやむなく軽減策を検討され、制度の見直しも具体的になってきた。
基本的な解決法は、当事者を参加させて検討することが大切である
「負担増の問題」が最大の課題だが、他に障害程度区分をめぐる問題や地域生活を希望する方が移行の際、住居や働く場などの環境整備が著しく不備なので、その対処方法。雇用をめぐる問題、専門職員の養成や確保など多々ある。今こそ、様々な膿を出して改善して頂きたい。法の理念に沿った支援法となる事を期待している。
しかし、「措置費時代の弊害」が未だに温存されていて、新体系移行すら遅滞している状況である。利用者本位の支援、サービス提供のために改革は必要なことである。国民みんなで、社会の連帯で支えていくために将来を見据えた、思い切った改善策が大切となる。立地している地域で県民・住民に見守られ、支えられていく仕組みづくり、中味の充実や実績のある運営があって、生き延びていく体制づくりが、本腰を入れて検討されることが重要な気がする
コメント

介護職確保へ支援強化…厚労省、費用の一部助成へ

2008-08-29 11:09:47 | 介護保険制度って!なに?
昨夜は強い雨が降りました。今日は蒸し暑い!
上原(巨)3勝、藤川(神)4勝32S、大竹(広)7勝、新垣(ソ)1勝、西口(西)7勝、清水(ロ)10勝岩手県水稲「平年並み」

「介護職確保へ支援強化…厚労省、費用の一部助成へ」
 厚生労働省は24日、深刻な人材難に直面している介護職を確保するため、介護福祉士養成施設や介護サービス事業者への支援を強化する方針を固めた。

具体的には、
〈1〉介護現場で働き始めた人の職場定着。
〈2〉働いていない有資格者の参入・復帰。
〈3〉介護職を希望する人材の発掘。――に乗り出した場合、費用の一部を助成する。関連経費を2009年度予算の概算要求に盛り込む。

 職場定着策では、ベテラン介護職を介護現場に派遣し、新たに働き始めた人への指導や悩み相談に当たってもらう。有資格者の参入・復帰策としては、専門学校などの養成施設での講習・研修や職場体験を通じて働く意欲を引き出すことを目指す。一方、人材発掘に関しては、事業者が高校と連携する仕組みを構築する。
(2008年8月25日 全国紙)

2009年度予算概算要求で厚生労働省関係は総額22兆9515億円(3,7%増)となっている。上記の助成金や「引きこもり相談窓口」の予算も盛り込まれているが、新聞紙上では詳しい記載がなく不明である。残念業界紙等への記載を期待したい。
全体から見れば少額になるが、現場や関係者から見ると必死である。願いが中味の充実とともに実現するようにしてほしい。バラマキ予算は必要ない。他の部署にも言えることである。解散総選挙が近づくと人気取りのために予算の分捕り合戦が卑劣になる。国民として、ムダを排除して「血税」がどう使われていくのか。監視していきたい
既成の対応策に拘らず、介護・福祉現場の魅了ある職場環境づくり、人的交流、専門職としての充実、将来性のある仕事像等々に思い切ったアイデアを注入して、人材育成に門戸を開いてほしい。
一人の篤志家だけが優遇されることなく、真面目に、正直に仕事をしている者が報われるような「仕組み」が、求められる領域であり、社会連帯の精神で、「支える、つなぐ、守る」ことのできる人材の継承が大切である
コメント   トラックバック (1)

介護と保育 同居試行!

2008-08-28 09:56:16 | 介護保険制度って!なに?
石井一(西)10勝、グリン(日)5勝、香月(オ)3勝、越智(巨)2勝、小笠原(中)8勝、館山(ヤ)8勝中村(西)34号北京五輪ホッケー女子代表・小沢(富士大大学院)次の目標は”ロンドン五輪”へ

「介護と保育 同居試行」

子どもの「ありがとうございました」のあいさつに、お年寄りたちは笑顔=可児市土田の「DOREMIみらい」

 可児市土田の認可外保育所「DOREMIみらい」が、外国人の子どもと認知症のお年寄りを一緒に預かる試みを始めた。託児と託老を兼ねる施設の新しい形態の一つだ。同市は約7%が外国人住民で、子どもの教育など多くの課題を抱える。代表の相馬清美さん(41)は「互いに見守る関係。子どもは日本語や生活習慣を覚え、お年寄りにも自分の役割が出来る」と効果を話す。

 8月上旬の正午。80代の認知症の女性2人、コロンビア国籍のヤツオ・モリベ君(3)、3人の職員が食卓を囲んだ。昼食はいつも、お年寄りの「いただきます」のあいさつで始まる。
 30分ほどでヤツオ君がはしを置いた。もっと食べたいけれど、扱い慣れないはしにてこずっている。一人のお年寄りが「疲れたら一服しや」と励まし、もう一人は「かわいいやない」と、傍らの職員に笑いかけた。相馬さんは「高齢者だけの施設でここまでの笑顔は見たことがない」。
 施設は、元看護師の相馬さんが、戸建ての民家を買い取って始めた。4月から認知症のお年寄り2人に宿泊サービスなどを始め、7月からブラジル人の生後7カ月と4歳の女の子、ヤツオ君の計3人も預かっている。料金は、週5日の預かり(昼食とおやつ付き)が月5万円。入会金1万円のほか、宿泊する場合は2食付きで1泊8千円かかる。
 相馬さんは20年にわたり病院や坂祝町の社会福祉協議会で働き、高齢者福祉に携わった。06年から今年春まで、ブラジル人が経営する保育所でボランティアをしたのがきっかけでこうした施設を思い立った。
 外国人の子を預かる保育所は認可外のケースが多い。そのため経営は厳しい。日本語や生活習慣の教育にも苦労している。相馬さんは「外国人が増え、認知症の介護も大きな問題。一緒にというのは、一種のひらめきだった」と振り返る。
 お年寄りは、数分前に食事をしたことや、着替えの仕方を忘れてしまう。子どもが来た当初は「帰る、帰る」と言って不安を訴え、「どうして私のうちに子どもがおるの」と不審がった。
 このため、子どもは部屋に入る時に「おじゃまします」とあいさつすることになった。お年寄りが立ち上がってよろけると「せんしぇー(先生)」と呼びに来る。半月ほどでお年寄りは慣れ、子どもが物を投げれば「いかんよ」としかる。子どもの様子を見ていて、職員に「おしっこしたいみたい」と伝えることもある。
 「どうして一緒に預かれるのか、世間から見ると不思議かもしれない。でも、お互いに、これはやらないかんという役割があることが良い効果につながる」と相馬さん。
 月1回ほど開く芋掘りなどのイベントの機会を通じて、施設の公開もしている。今後は、子ども20人とお年寄り5人ほどを預かる規模にしたいという
(2008年08月26日 全国紙)
    
テレビドラマ金八先生では、思春期の中学生と老人ディサービスの高齢者達との交流がとても新鮮に描かれていた。成長期にある幼児と認知症高齢者の同居・交流は素晴らしい取組みである。全国的にこうした心が動かされるような実践・取組みが展開される社会が望ましいはずだった。もっと積極的にやってほしいものである。先駆的な実践・取組みには奨励賞?を出しても良いのではないか。様々な人との触れ合いが「学びの場」になる。できることであれば、日常ありのままの生活の中に自然な方法で交流の機会を増やしていくことが大切な気がする。
コメント

西濃運輸の健保組合、解散 高齢者医療改革で負担増!

2008-08-27 10:59:57 | 長寿?高齢者医療制度・社会保障関係?
内海(巨)9勝、岩田(神)8勝、ルイス(広)12勝、岩隈(楽)17勝、スウィーニー(日)11勝宮古・さんまふるさと便の発送がスタート

物流大手、セイノーホールディングス(岐阜県大垣市)傘下の西濃運輸などグループ企業31社の従業員や扶養家族、約5万7000人が加入していた西濃運輸健康保険組合が8月1日付で解散していたことが21日分かった。今年4月に実施された高齢者医療制度の改革で、制度を支えるための負担金が大幅に増え、継続が難しくなったという。倒産以外で大きな健保組合が解散するのは珍しい。

 高齢者医療改革では、前期高齢者(65-74歳)の医療費に関する負担金が導入された。このため、負担金の増加で1500ある健保組合のうち約9割が赤字になる見通しとされ、今後、健保組合の解散が相次ぐ可能性もある。

 西濃健保の加入者はすでに、国が運営し主に中小企業のサラリーマンが加入する政府管掌健康保険(政管健保)に移った。政管健保に対しては国から補助が出ており、セイノーの健保組合と同様の動きが広がれば、国民負担の増加につながりそうだ。(2008/08/21 【共同通信】)

健康保険組合は、会社の合併とか倒産で「解散」することはあると思うが、 後期高齢者医療費の負担金の増大などの理由で「解散」となるのは驚きである。これを許したらほとんどの健康保険組合が無くなるのではないか?全国で1500ヶ所あるという。数年前に経験した事だが、健康保険組合に加入する大企業の社員の方で、会社の方針転換で父母、兄弟姉妹などの扶養家族を支えることが大変難しくなり、人数制限等がかかり、困った末に、障がいを持つ弟だけ、世帯分離して市町村の国民健康保険に加入させた事例があった。二十歳以上であり、障害基礎年金の収入もあったので単独加入は当然といばその通り。しかし、他市町村出身者であると単独加入を簡単に承認しなかった時代である。困るのは弱い立場の障がいを持つ本人なので、特別対応で加入が実現した。その後は同様の事態が頻繁に続き、むしろ前向きに処理されている。
政府管掌健康保険や市町村が運営する国民健康保険も赤字財政なので、切り替えるチャンスと見た方がいいのか?後期高齢者医療費の負担増を契機に健康保険組合つぶしが始るのか?どちらにしてもお先真っ暗な状況である。
関係者も含め、ある程度想定していたのなら仕方ないが、こうした事態は想定外!としたら、とても社会保障の行く末は任せられない。

コメント

引きこもり相談窓口設置 厚労省が予算要求へ?

2008-08-26 15:50:34 | Weblog
「引きこもり相談窓口設置 厚労省が予算要求へ」
 厚生労働省は23日、引きこもりの人や家族からの相談専門窓口となる「ひきこもり地域支援センター」(仮称)を来年度、すべての都道府県と政令指定都市に設置する方針を決めた。来年度予算の概算要求に関連経費を含め約5億円を盛り込む。

 本人も家族も悩みを抱え込んでしまいがちなため、相談を寄せてもらうことで支援の第一歩とし、社会参加や就労につなげたい考えだ。引きこもりの人たちは全国で数十万-百万人と推定され、現在も保健所などで相談を受けているが、専門的な窓口は整備されていない。

 センターは、既存の福祉関連施設などの中に置く想定で、社会福祉士や精神保健福祉士などが相談を受ける。人件費や運営費などの2分の1を国が補助し、自治体が福祉関係の事業者や特定非営利活動法人(NPO法人)に委託するなどして運営する。

 電話での相談にも乗り、本人の状態や意向に応じて外出できるように支援したり、社会参加の機会や福祉サービスなどを紹介する。(2008/08/23 【共同通信】)

スクールソーシャルワーカーは「文部科学省」で、この”引きこもり相談窓口”は「厚生労働省」である。
社会福祉士や精神保健福祉士が「相談窓口」役となり、状態・状況を把握し、本人意向を大切に、支援したり、社会資源を含めた関係期間等との連携・協力をつなぐという役割を持っている。専門性の高い任務である。
これまで社会福祉士・精神保健福祉士等はあまり重視されなかった分野でもある。その点で任用の広がりは喜ばしいが、即座にこうした大任を担える人材がいるだろうか?
しかし、関心のある方々は、今こそチャンスと思い、チャレンジ精神でアタックしてほしい
新しい分野への進出は困難さもあるが、地道に実績を積み上げていく使命もあるような気がする。
ある意味、羨ましいような仕事がドンドン増える任用の拡大は時代の潮流なのかな。
コメント

スクールソーシャルワーカーの意義語り合う!

2008-08-26 15:27:04 | スクールソーシャルワーカー?
山口(巨)7勝、安藤(神)12勝、前田健(広)5勝、小野寺(西)5勝、金子(オ)8勝中村(西)32号東北総体ソフトボール少年女子で岩手県優勝

「スクールソーシャルワーカーの意義語り合う」
子どもの不登校や暴力などの問題解決に取り組むスクールソーシャルワーカー(SSW)の意義を考えるセミナーが24日、善通寺市の四国学院大学であった。県は全国に先駆けて01年度からSSWを学校に配置。子どもの心理面に着目するスクールカウンセラーとは異なり、家庭や人間関係など子どもを取り巻く環境に着目し、様々な機関と連携しながら解決を図る存在として注目されている。
 セミナーは香川スクールソーシャルワーカー協会が開き、養成研修と市民講座に県内外から延べ約80人が参加した。行政担当者や教師らによる対談では各現場からSSW導入後の様子が紹介された。
 05年度からSSWが派遣されているという善通寺一高の教師、佐柳ゆみさんは「最初はカウンセラーとどう違うのかという声があった」と話し、教師の理解を深める必要があるとした。また、SSWに相談したことで、発達障害のある生徒を仲間として受け入れていくように周囲の生徒たちが変わったと紹介した。
 東かがわ市教育支援センターの専門指導員でSSWでもある蓮井真紀さんは「市の支援センターや担当課、民生委員、警察など活用できる地域の資源はいろいろある。SSWはそれらをつなげる役割を果たしている」と話した。
 県教委義務教育課主任指導主事の十川裕史さんは「SSWの事業は始まったばかり。SSWを中心にして周囲の人の問題を見る視点や組織が変わっていってほしい」と話した。小中学校について県教委は4人のSSWを派遣し、今年度からは三つの中学校区をモデル地区にして各1人のSSWを配置している。
 SSW導入に今年度から国の予算措置も始まった。01年に県でSSW第1号となった浜田知美さんは「こんなに早く国が動くとは思わなかった。それだけ社会の変化が大きいということ。社会の影響を最も受けるのは子どもたち。子どもだけを変えても解決できない」と、SSWの意義を話している。(2008年08月25日全国紙)

企画が発表されてから正確な情報がないと思っていたら、四国・香川県でセミナーが開催された
どうも東北では福島県で同様の「スクールソーシャルワーカー」セミナーがあったようである。
残念ながら、岩手県ではSSW関係の情報を聞くことはなかった。私だけが知らないのかも知れない。社会福祉士の任用範囲が広がる大切な時期に、関心だけは持ち続けたいと思うのだが、この時期においても、お知らせや情報をつかみきれないのは誠に残念である。
岩手県でも既にSSWの任務についている方や志したい方もいると思うが、関係者等々連携し協力して取組まなければならない点だけは確かである。
コメント

採用230人に応募10人 大阪府の看護師試験?

2008-08-25 10:25:00 | Weblog
平和の祭典北京五輪閉幕山本昌(中)10勝、小宮山(ロ)2勝、多田野(日)7勝松井(ヤ)日米通算444号
「採用230人に応募10人 大阪府の看護師試験」
 9月に実施される大阪府立の5病院の看護師採用試験で、230人の採用枠に対し、応募がわずか10人にとどまっていることが21日、分かった。

 大阪府立病院機構によると、全国的な看護師不足に加え、橋下徹知事が進める財政再建の一環で病院職員の給与がカットされるとの誤解も原因とみられる。採用担当者は「このままでは病院運営に影響が出かねない」と頭を抱えている。

 受験応募は今月26日が締め切り。大阪のほか、京都、広島、福岡など西日本9都市で試験を予定しているが、このままでは実施を取りやめざるを得ない会場も出てきそうだという。

 橋下知事は財政再建のため、警察官や教員を含む大幅な府職員の給与カットを発表したが、府立病院の看護師は対象になっていない。ところが病院機構には「給与がカットされるのか」との問い合わせが数件寄せられているという。
(2008/08/21 【共同通信】)

全国的に看護師の人材不足が伝えられているが、「これは無いだろう」と疑いたくなるような記事である。地方では医師会立や民間の看護学校などが募集しても定員不足となり廃校・縮小されている。保育士養成や介護福祉士養成校も同様な問題を抱えている。医療・福祉・介護・保健領域を支える優秀なマンパワーが確保できないのである。医師不足以上に深刻な現実がジワジワと不安を募らせている。一方では、働きたい人や若者はいるのに雇用の場が保障されない。他人のために役に立つような仕事をしながら、給料をもらい生活が成り立てば、こんなに良いことはない。人の尊厳を大切に3Kを克服して、良い人材が集まるような施策が必要である。大阪府でそのお手本を見せてほしい


コメント

清心(きよみ)!

2008-08-24 09:54:21 | 歌・CD・趣味・その他
清心(きよみ)
清心,清心,芦沢和則,Ryu,西村麻聡,高橋奈々
キング

このアイテムの詳細を見る

寒い!もう秋の様相です
「緑の中で・・・」の歌がいい。ラジオで何度も聞いている内に、になる歌・曲もある。不思議ですね

”星野ジャパン”残念期待されたメダルには届かなかったが、星野監督の「俺の責任だ」潔い態度・発言だと思う。やるべきことをやり、ベストを尽しての敗北である。たくさんの反省点があった。これを次に生かすことが大切である。
スポーツと政治(家)の世界は違うと思うが、国民のための政治や行政をやっていると自負するなら、首相はじめトップリーダーの方々は「全ての責任を取る」、そんな意気込みでやってほしい。
常にトップが責任を明確にして仕事する。部下のミスに対しても然るべき対処をしながら責任を押し付けない。
男・星野仙一氏は、日本の「管理者、経営者、社長、理事長、○○長・・・、」などリーダーのあるべき姿を示してくれた気がする。
これからが大切である
コメント

知的障害者らに暴行容疑  「いじめて何が悪い」!

2008-08-23 12:01:56 | 障害者自立支援法って!なに?
男子400リレー銅メダル50㌔競歩山崎7位女子カヤックフォア500日本6位

知的障害者らに暴行容疑  「いじめて何が悪い」

警視庁少年事件課は22日までに、暴行や詐欺などの疑いで、東京都青梅市の中学3年の男子生徒(14)ら14-16歳の少年8人を逮捕、事件当時13歳だった少年(14)を児童相談所に送致した。

 少年らは1月から6月にかけて、知的障害者や特別支援学級に通う後輩ら6人から現金を奪ったり、マイクに見立てた棒を突きつけ「痛いですか」と尋ねながら暴行したりしていた。少年らは「自分たちより弱そうな人を狙った」と供述、中学生の1人は「身体障害者をいじめて何が悪い」と話しているという。

 調べでは、少年らは1月12日、同市内を自転車で走っていた知的障害がある無職男性(20)=同市=に因縁をつけたところ障害者と分かり、公園に連れ込んで殴るけるの暴行を加え、男性のバッグから現金8万円を抜き取った疑い。

 さらに尾行して自宅を割り出し1月31日、男性を呼び出して携帯電話を奪い、2月16日に携帯電話を返すとうそを言って1万円をだまし取るなどした疑い。
(2008年08月22日 地元紙)

詳しい経緯・経過は不明だが報道から読み取る限り、ショッキングな事件である。
キチンと真相解明して頂きたい。
障がいをもつ方々や認知症高齢者の方々の地域生活がすすんでいる。
ハンディがあっても地域社会で普通に、当たり前の生活が希望である。
その際に、現実社会で起きるかも知れない様々な「リスク」についても、それなりに学習し、十分な理解はしていくように努めていると思う。周囲の方々、地域社会の住民も、その懸命な努力に共感し、協力していかなければ成り立たない
しかし、将来に夢・可能性のある少年・児童達が複数で、弱い立場の障がい者に対して暴力やいじめをして、開き直りとも思えるような「何がわるい」といった態度・考え方は、どうして生まれるのだろうか
今のすさんだ世相を反映しているのか?教育現場はどうなのか?地域や、家族関係は?取り巻く環境は?友人関係は?いじめは無かったか?・・・いろいろと考えさせられる出来事だ。加害側である児童達の周辺の事柄を心配しながら、同時に、常に社会的に弱い立場にある存在の障がい者、高齢者の権利擁護を真摯に考えなければいけない
コメント

ハンセン病差別の歴史、風化させないで!

2008-08-22 20:30:55 | ハンセン病ってなに?
ソフトボール金メダルなでしこ4位下柳(神)10勝、パウエル(ソ)2勝

「ハンセン病差別の歴史、風化させないで」
 国立ハンセン病療養施設「奄美和光園」がある奄美市の公民館図書室に、全国的にも珍しいハンセン病関連の本を集めた「ハンセン病文庫」が今月、開設した。元患者で現在は回復した森山一隆さん(60)が、他施設や知人から引き取った本や自分の蔵書、計約250冊を市に贈呈した。森山さんは「差別・偏見の歴史を風化させないためにも多くの人に読んでもらいたい」と話している。

 森山さんによると、ハンセン病関連の文庫開設は県内では初めて。全国でも鳥取や熊本などに次ぎ5番目という。
 文庫は、奄美市役所隣の名瀬公民館のロビーに設けられた。「市民が自由に出入りできる場所につくって、ハンセン病を通して人権について勉強してほしい」との思いからだ。
 国立ハンセン病療養施設「多磨全生園」(東京都東村山市)の図書館が閉館したのに伴い、国立療養所入所者の全国組織で幹部を務めたことのある森山さんがその蔵書を引き取った。それに、知人らからもらった本や、自分で集めた約50冊を加えた。
 「ハンセン病文学全集」や、01年に熊本地裁が隔離政策の違憲性を認めたハンセン病国家賠償訴訟の資料、ハンセン病の元患者が書いた自伝やエッセーなど。童話や紙芝居など子ども向けの本もそろう。医学的知識や歴史、患者が受けてきた差別の実態など、ハンセン病に関することをほぼ網羅する充実ぶりだ。
 森山さんは名瀬市(現・奄美市)に住んでいた68年、奄美和光園に入所した。20歳で健康だったが、当時のらい予防法に基づく国の隔離政策で、入所を余儀なくされた。入所後、職員から名前の変更を迫られ、よく知らない入所者の女性と結婚させられた。
 05年11月に社会復帰し、現在は回復者として奄美大島・龍郷町に暮らしながら、ハンセン病や隔離政策の歴史について研究している。ゆくゆくはハンセン病の勉強会も開きたいという。
 今年6月、全国に13ある国立療養所を地元住民に開放できるようにする「ハンセン病問題基本法」が成立し、09年4月に施行される。ただ、入所者の減少や高齢化で、施設運営の見通しは不明確だ。奄美和光園は入所者54人と全国で最も規模が小さく、森山さんは廃園の危険性はまだ去っていないと見ている。
 森山さんは「ハンセン病の差別が広がったのは国民の無関心が理由の一つだった。和光園が将来どういう形になろうとも、歴史を風化させないためにも、一人でも多くの市民に、本を手にとってもらいたい」と話している。(2008年08月20日全国紙地元版)

「差別の広がりは無関心!」「歴史を風化させない!」・・・。森山さんの「まず、できることからはじめる」姿勢には共感する。いろいろな問題に関心を持って取組む気持を養いたいものである。例え、行動を起こせなくても差別への関心を持ち続けていく中で、冷静な思考や判断が培われるものと思う。何も情報提供がないと考えるキッカケがない。これが一番困る。
「見る、読む、聞く、体験する、感じる、触れる、考える・・・・」。こうした環境が整っていないと「無関心」になっていく。同じ過ち、ミスやアクシデントは繰り返さないように歴史から学びたい
コメント

オリジナル定食

2008-08-21 14:05:17 | Weblog
フライ盛り合わせ、ご飯、味噌汁、ビール一杯サービス@780。これは安い!大好きなほっけ開き@530も。
コメント

生活保護の通院費支給、書類不備80%・不適正6%…厚労省調査

2008-08-21 10:15:21 | Weblog
小松(オ)10勝、清水(ロ)9勝、西口(西)6勝、バーンサイド(巨)5勝、岩田(神)7勝、三浦(横)6勝シンクロ鈴木・原田ペア銅メダルインターハイ・セーリング宮古女子FJ級ソロV
      
「生活保護の通院費支給、書類不備80%・不適正6%…厚労省調査」
 生活保護受給者に支給される通院交通費を巡り、北海道滝川市の元暴力団員らが約2億円をだまし取った事件を受け、厚生労働省が月3万円以上の高額支給事例を対象に支給状況を調べたところ、領収書の記載漏れなど書類に不備があるケースが80%を超えていたことがわかった。

 虚偽申請や水増し請求といった不正とみられるケースも6%余りあり、行政の支給事務のずさんさが浮き彫りになった。

 調査は、今年1月の1か月間に、全国の自治体が支給したタクシー代などの通院交通費のうち、1人当たりの支給額が3万円以上のケースを対象に実施した。

 その結果、対象となる約1100件のうち約900件で書類上の不備が判明。手書きのタクシーの領収書に乗車日が書かれていなかったり、医療機関が発行する通院証明書に通院日の記載がなかったりするなど、必要事項が記載されていない書類が審査をすり抜けているケースが目立った。また、本来、申請を受理した担当者はタクシー利用の必要性や料金の妥当性について検討しなければならないが、検討の記録が残っていないものも多かった。

 タクシーの領収書が偽造されるなど、水増し請求などが疑われるケースや、医療機関以外を訪れた際の交通費を請求したとみられる不適正なケースも約70件あった。厚労省は、不正が確認できれば、自治体側に、刑事告発も含めた厳正な対応を求める方針だ。

 通院交通費は、生活保護受給者が医療機関を受診する際、治療費とは別に支給される交通費。2006年度は延べ約130万人に43億円余が支給された。
(2008年8月18日 全国紙)

これから「お客様」の生活保護申請の手続きを行う予定である。
障害基礎年金(1級)だけの収入で在宅生活をしている。アパート代、医療費、通院のための移動・交通費、ディーサービスやヘルパー代、食費、生活費、小遣い銭などの支出で毎月の収支はマイナスである。貯金を取り崩して何とかやり繰りしてきたが限界。もし緊急入院とか?、突発的な支出が発生したら大変?誰も支援してくれない状況がある。まさに、やむなく生活保護申請にいたる事案である。資産調査を経ての受給となると思うが、これまでの生活パターンが窮屈にならないように見守っていきたい。
もう少し年金額がアップすれば生活保護に至らないケースである。残念!正直に生きていても生活は楽にならない。安心して暮らせる社会・地域ではないのかな?本当に嘆かわしい現実である
コメント

あなたは施設で暮らしたいですか?

2008-08-20 14:37:55 | 外部評価(地域密着型サービス)
レスリング男子フリー松永55㌔級銀メダル、60㌔級湯元銅メダル石井一(西)9勝、グリン(日)4勝、長谷部(楽)1勝、安藤(神)11勝、内海(巨)8勝、中田(中)7勝
       
地域密着型サービス 普及啓発特別セミナー「あなたは施設で暮らしたいですか?」のタイトルで講演会があり参加した。群馬県地域密着型サービス連絡協議会副会長の渡邊高行さんである。老人保健施設の生活相談員を長く勤められた頃の体験談から、認知症介護の歴史、医療制度や介護保険制度のこと、「地域密着サービス」の目指すもの等など丁寧に、より分かりやすい内容で、時々映像を見せながらのお話しだった。
「人生の晩年をどこで生活するか」、「私たちは自分の住み慣れた家で、地域で家族や友人に囲まれて生活したい」、「高齢になっても、たとえ認知症になっても、体が不自由になっても同様に願う」・・・私自身も、言葉として簡単に言うが、こうした「思い」は理想・夢の話だと考えてきた。が、今日の講演を通じて現実に取組むべき最大級の課題である事を学んだ。「地域密着型サービス」がそうした使命感をもって運営され、存在意義を求めていくことは大切な視点である。
渡邊さんのレジメの中で「普通の生活」のキーポイントが述べれている。
①朝、起きたら寝巻きから普段着に着替え、顔を洗い(拭き)、髪をとかし、ヒゲを剃る。
②食事をしたら歯を磨く。
③排尿・排便はトイレでする。
④外食や外出は前もってあまり計画を立てずに行く。
⑤たまには一泊旅行。
⑥たまにはやりたいことをしたい。
⑦決まったプログラムなんてない。
ノーマライゼーションが叫ばれて久しいが、知的障がい者だけでなく高齢者全般、認知症介護の分野にも導入されてきた。とても響きのある、説得力のある中味だと思う。もはや特殊なこと、特別な人の問題ではなく、全ての人間に共通した課題となりつつある事を実感した。
「普通の暮らし、生活・・」がごく普通にできることが理想であり、目標でもある。
コメント

218㌔走破!実習指導講師・・の旅?

2008-08-19 16:39:10 | 実習指導者&講師?自立支援サービス?
渡辺俊(ロ)11勝、スウィーニー(日)10勝、香月(西)2勝甲子園V大阪桐蔭高校

宿泊ホテルから実習先の施設へ。カーナビを設定して、地図上でも「大体?の場所」を確認して出向いたのですが、やっちいました。「農道」の中で迷子になってしまったのです。この「農道」が普通の道路のように広くて、舗装されたりっぱな道路なのです。沿岸地区から行くと面食らいます。雨が降ってくるし、人は通っていなし、農家の一戸建ては大きく、何処が玄関なのか?聞くにも聞けなのです。全く困惑して、しかたなく、偶然に来られた車を止め、運転していた地元の農家の方から聞いて、やっと探し当てました。農道だからできたことですが?危ない状況でした
往来する車はなく、親切に教えてくれました
私の「実習指導講師」の仕事は、こんなハプニングから始ります。
それでも予定していた時間に到着。実習担当の職員とお話をし、その後、学生と対面し、意見交換して、実習の進行状況や今後の抱負などを聞きます。
「実習指導講師」が訪問する時期は、概ね実習期間が約2週間ほど経過した頃になりますが、とても迷ったり、張り詰めた気持がゆるみ、やや方向性を見失う時期になるようです。何せ、初めて実習を経験する学生が多いし、4週間も実習するわけですので大変。自宅から実習施設等へ通う学生が主流ですが、大学での学びと実際の施設現場の違い・ギャップは大きいわけで、気持ち的にも圧倒されて滅入ってしまうのが心配です。
この時期に実習先を訪問して学生を励ます事は意義ある事だと思います。つたない私の言葉が学生の心に伝わる事を期待しての任務です。
コメント