夢の実現へ きむら社会福祉士事務所

独立型社会福祉士事務所を続け、地域&在宅医療の重要性を訴え、あきらめず!岩手県の医師充足度ワーストワン汚名を返上したい!

勉強会&懇親会!

2017-05-26 12:35:40 | Weblog


事の真実に迫る勉強会と本音で語る懇親会!
ひさびさの熱いトークに元気パワーをもらいました。
ヤマヤさん!ありがとう(^人^)
コメント

妻の通院付き添い!

2017-05-24 16:30:17 | Weblog



定期通院付き添い日でした。これまでより1時間早まり10時30分から。
宮古を8時30分に出発しギリギリ間に合いました。
国道106号線は道路工事中が多く、余裕持って到着するためには、早く宮古を出発するしかない。
その分、診察は早く終わり、道の駅やまびこ館で昼食タイムに。帰宅も早くなります。当面は、これで慣れていくしかない。

“ものがたり診療所もりおか”の「カレンダー」と「通信第2号」を頂きました。

妻がますます元気になっていきます。本当に有難いことです。

松嶋先生、皆さま!今日もありがとうございました。
コメント

本当のものがたりの話をしよう!

2017-05-21 11:10:18 | Weblog



演題は、~在宅医療と福祉の明日を考える~

講演会の講師は、佐藤伸彦氏、永森克志氏、伊藤伸一氏。3人の医師です。

「在宅医療」の奥の深さが、伝わってきました。

それぞれ地域によって、取り組みの違いがあり、“いのち”のものがたりをつむぐことを実践したい!といった
共通した理念があります。
深く、広く、大きく、無限な気がします。

「おわりよければすべてよし」そんな風に言える生き様を目指したいものです。

この講演会へ参加されると聞いて、再会を楽しみにしていた村上智彦先生!
残念なことに、
5月11日逝去されました。参加者全員で村上智彦さんに黙祷を捧げました。ご縁に感謝します。
コメント

誤診だらけの認知症!

2017-05-19 23:20:55 | Weblog
誤診だらけの認知症
座間 清
幻冬舎



今日は、認知症介護・家族の集いの定例会に参加。
皆でフリートーク・・・実弟の現状をお話できて気持ちがリラックスできました。

この例会への参加を誘ってくれた友人が「是非読んでみて!」と上記の本を貸してくれました。
ありがとうございます。
コメント

超ハードな後見活動!

2017-05-18 23:12:54 | Weblog

ターミナルケア期に入った特養ホームのAさんに面会しました。
延命治療もやりましたが力尽きてきたように思います。
自力で呼吸できず、在宅酸素療法など・・残りの命のある限り、懸命のケアが続きます。
有難いです。ご苦労様です。
一方では、
遠方から駆け付けた親族、お近くの親族などが集合し、Aさんが亡くなった後についての相談、話し合いに参加しました。
後見活動は、本人様の死亡によってその役割・任務を終了するのですが、いくら説明しても理解していただけません。
いや親族様は、概ねの理解はしているのでしょうけど、例えば、葬儀代とか、兄弟等にかかる経費の支出はしたないものです。気持ちはよくわかります。
でも、家裁から監督されている私の立場もわかってほしいと訴えますが・・・ダメでした。この瞬間が一番疲れ、むなしくなります。

結局は、
Aさんの預貯金から葬儀等にかかる経費を支出して対応する方法しかありません。
急遽、家裁へ報告、相談し承諾を得る形で進めることになりました。
本人様の死亡後も支援活動は続きます。立派に親族、法定相続人となる方々がいても、そうなってしまうのです。これは明らかにおかしいです。
改善点として課題になっていますが・・・いい方法は見つからないようです。

親族にしてみれば、
大歓迎、助かった気分だと思います。
後見人である私は、きついです。用立てたお金を清算し、家裁に報告し、終了報告を作成していかなければなりません。
いつ終わるのか、わからない見通しの持てない活動が始まるのです。年々ハードな役目だと考えるようになりました。
出来れば、
ここの時点で役割を、他の方へ移してやってもらう方法はないでしょうか。相続代行とか、代理人さんとか・・・そうなればとても助かります。
家裁の責任でやっていただきたい気もします。
でも、こうなったら最後までやりきるしかないです。
Aさんの命が消えようとしている時間とともに、考えなければならない現状に矛盾を感じながら頑張ります。
コメント

弟の状況について!

2017-05-16 21:22:31 | Weblog

実弟の落ち着き先を探して奔走しています。
昨年末、脳出血の大病から緊急入院し、急性期から回復期へ。トータルした入院期間も5ヶ月目になりました。
現在の回復期リハビリー病院からは6月末の退院を目途に、その先の行き場を検討してほしいと言われています。
昨日は、担当のケアマネに同行を願い「老人保健施設」への入所申し込みをしました。
今日は、私一人で「特別養護老人ホーム」への申込申請を。
1人暮らし、右側の手や足に麻痺があり、座位の保持も短時間、ADLは全面的な介助が必要、歩行も、ベッドから車椅子等への移乗も出来ません。
借家アパートは2階で、昇降もままならず、自宅アパートへの復帰は困難です。
食事も嚥下障害の後遺症がみられ、左手を使って自力で食べているようですが、食事内容も配慮しなければならず、栄養士等の支援が必要です。
現在、おかず類、飲み物等に「とろみ」をつけて食している状況です。
現状が6月末までに劇的に改善するとは思えないのが正直な気持ちです。
しかし、入院はいつまでも、期限なしというわけにもいかず、困った状態が刻々と迫ってきます。
コメント

中島みゆき・21世紀ベストセレクション『前途』!

2017-05-13 21:49:23 | Weblog
中島みゆき・21世紀ベストセレクション『前途』
クリエーター情報なし
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
コメント

宮古市民主委員児童委員協議会総会&講演会!

2017-05-12 21:17:10 | Weblog



午後から標記の会合に参加。民主委員児童委員制度発足して100年記念!この節目に役割を担っていることは光栄です
自分の仕事と民主委員児童委員の任務と重複するところが大きいですが、つなぎ役に徹して邁進し たい。
コメント

後見活動で隣の市へ!

2017-05-11 21:39:03 | Weblog




宮古市千徳から三陸道路を金浜へ。
国道45号に合流する地点で渋滞。信号機待ちです。
いつも裏道を行くのですが、今日は回避していい道を来たら・・トホホです。

まだ、至る所で復興工事中!ダンプを避け、安全運転。
月に1~2回程度しか通行しない自分ですが、気持ちは複雑になります。
ちょうど6年2ヶ月前、あの大津波さえなければ・・・!
東日本大震災がなければ、この道も、運転も、仕事も、心も、人との関わりも、全く違ったものだったのではないか。
前向きになり切れない自分になります。

しかし、行動は、
支援会議に参加、後見制度利用の相談、面会、重篤な病状の方の状態確認など多彩な後見活動で充実の一日です。生きていてよかった!
往復120キロ、中島みゆきのCD聞きながら、眠気を粉砕して頑張りました。
コメント

家庭菜園の準備中!

2017-05-05 15:04:32 | Weblog



5月5日は「子どもの日」。

ミニ鯉のぼり🎏がなびく、青空の下、“畝づくり”です。
4本作りました。
毎年、恒例のミニトマト、キュウリを栽培予定!
元気よく頑張ります。
コメント