夢の実現へ きむら社会福祉士事務所

独立型社会福祉士事務所を続け、地域&在宅医療の重要性を訴え、あきらめず!岩手県の医師充足度ワーストワン汚名を返上したい!

助成事業!

2015-03-30 22:22:33 | Weblog
新年度からの助成事業の応募について、悪戦苦闘!!
5月中に申請できる事業をチェック。

有り難い!!チャンスがあります!!

事業実施内容とどうマッチさせていくか!?
エントリーしないと何も始まらない。

葛藤も続きます。

頑張ります!!
コメント

すき家!!

2015-03-29 20:59:35 | Weblog
中途半端な時間ですが、カレーが食べたくなりました。
すき家で牛丼ではなくカレーライス!!
カレーの味はいろいろ…好みもいろいろ…。
本当に脱帽!!のカレーに会うのはいつかな!?
コメント

河野和彦先生!!

2015-03-27 20:29:52 | Weblog
コウノメソッドの提唱者!!

河野和彦先生です。

また、講演を聞きたい!!
コメント

ものがたり診療所もりおか!!

2015-03-26 21:00:01 | Weblog



盛岡市向中野にたどり着きました。
松嶋大先生が開設する“ものがたり診療所もりおか”です。
新しいクリニックの診察は4月6日から。
ステキな“ものがたり”が始まる予感がします。
松嶋先生!応援しています!!
コメント

宮古・はなふく!!

2015-03-25 20:46:00 | Weblog
久々にラーメンの“はなふく”へ!
昔の味と比べてしまいますが…?
今は…今でOK!
コメント

研修会&懇親会!

2015-03-22 12:18:04 | Weblog





昨日は、社会福祉士会沿岸ブロックの研修会&懇親会でした。
「税理士の使命」と題して、岩間税理士さんより講演を頂きました。
“気軽に相談できる町の税理士”を目指して奮闘中!!
いい学びでした。今後もネットワークの広がりを期待いきたいと思います。
夜は懇親会!! 皆な~元気で良かった!!
コメント

久々にくつろぎタイム!!

2015-03-18 21:41:11 | Weblog
同級生の経営するスナック!?
年1~2回…訪ねて飲んでいます。
初めは、穏やかに意見交換していますが、次第に激論へ?
門限なしで語り合うことも大切!!
宮古の未来のために!!
コメント

名刺を作りました!!

2015-03-16 19:50:39 | Weblog
新しい名刺を作りました。

夢をあきらめず、思いを名刺(裏面)に刷り込みました。

地域医療をすすめる医師!!

開業志向の医師を探しています!!
コメント

570》 アリセプトが効く期間、どれくらい?

2015-03-15 16:18:30 | 認知症ってなに?


570》 アリセプトが効く期間、どれくらい?

「認知症なんでも相談室」から (2014年8月 4日)

【Question32、93】
 「認知症はよくなることはないって本当ですか。」
 「アリセプト®は服用後2年が有効だと聞いていますが、有効期間はどれくらいでしょうか。」

【Best Answer】
アルツハイマー病や、老化のスピードより神経が早く死んでいく脳の病気(神経変性疾患といいます)では、基本的に脳の縮み(萎縮といいます)がよくなることはありません。
しかし、脳の萎縮を遅らせたり、残った神経細胞を活性化させたりして、現状を維持することは可能です。現在使うことのできる薬によって1年間、運動や脳トレなどのリハビリテーションでも1年間はよくなる期間があることが知られています。
これらを上手に組み合わせると、2年間は、よい状態を保てるようです(国立長寿医療研究センターもの忘れセンター、杏林大学もの忘れセンター)。
アリセプト®は発売当初、「服用開始してから半年間、認知機能低下を遅らせる」と言われていましたが、この「半年間」というのは、おそらくアリセプトの効果を検証した臨床試験(新薬承認のための治験)の期間が6カ月だったためであり、「服用後2年」というものも、また、長期投与に関するデータの研究期間が1~2年ということによるものでしょう。「半年や2年で効果がなくなる」という意味ではありません。
実際の臨床の場では、アリセプトを飲んで効果がある患者さんについては、途中でやめずに飲み続けることが推奨されています。ちなみに研究期間が長いものでは、「アリセプトは約5年間にわたり有効であった」とする報告もあります。

【監修/鳥羽研二 編集/武田章敬、清家 理:認知症なんでも相談室 メジカルビュー社, 東京, 2014, p39、98】

【私からのコメント】
 2014年4月19日にグランドプリンスホテル新高輪にて開催されました「アルツハイマー病研究会・第15回学術シンポジウム」の開会の辞におきまして、東京都健康長寿医療センターの松下正明理事長先生が「『アリセプト特定使用成績調査(Japan-Great Outcome of Long term trial with Donepezil;J-GOLD)中間報告』において、ADAS-Jcogの平均値の推移をみますと、ほぼ18カ月でbaselineに戻ります。詳細は近々、本間 昭先生から論文報告されます。」と述べられました。

 すなわち、投薬によって改善する期間は約1年程度というのがこれまでの成績でしたが、ADAS-Jcogを用いて評価しますとその期間が半年程度長くなり約18カ月であることが示されたわけです。

(つづく)


笠間睦 (かさま・あつし)

 1958年、三重県生まれ。藤田保健衛生大学医学部卒。振り出しは、脳神経外科医師。地元に戻って総合内科医を目指すも、脳ドックとの関わっているうちに、認知症診療にどっぷりとはまり込んだ。名泉の誉れ高い榊原温泉の一角にある榊原白鳳病院(三重県津市)に勤務。診療情報部長を務める。
 認知症検診、病院初の外来カルテ開示、医療費の明細書解説パンフレット作成――こうした「全国初の業績」を3つ持つという。趣味はテニス。お酒も大好き。
 お笑い芸人の「突っ込み役」に挑戦したいといい、医療をテーマにしたお笑いで医療情報の公開を進められれば……と夢を膨らませる。もちろん、日々の診療でも、分かりやすく医療情報を提供していくことに取り組んでいる。


昨年の活動から認知症に強い関心も持つようになりました。
今後も、注視していきたいと思います。
コメント

「地域を守ろう!包括ケアの現状と未来」

2015-03-14 21:08:46 | Weblog
シンポジウムで標記のテーマで開催。
平成27年3月21日(土)13:00から。
場所はホテルメトロポリタン
パネルディスカッションと基調講演は増田寛也氏です。
同日に、地元で研修会&懇親会があり、そちらへの参加予定!!
コメント

クリニックを中心とした町づくり!

2015-03-12 23:11:09 | 病院・クリニックづくりの活動!
中学校区のエリアにクリニック(診療所)がある。

気軽に通院できる町医者がいる。

みんなで支えあう心優しい医師がいる。

高望みはしません。どうか、地域にクリニックを開業して下さい。

一緒にやっていきましょう!
コメント

東日本大震災から丸4年です!

2015-03-11 22:34:11 | Weblog
みなさま、ごきげんよう!
宮古地方、風が強く、寒い日々が続いています。昨晩は良く眠れず、体調もイマイチの生活を過ごしています。
皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。
2011年3月11日の東日本大震災から丸4年です。
14:46分 黙祷。
テレビ番組も東日本大震災関連の特集で、胸打つ場面を見て、あの日の出来事が思い出されました。

大津波被害の悲惨な現状をブログやFBで訴え、ありのままの事実を知って頂きたい気持ちでした。
直接的な被害を受けていない自分にできることは、何か?
現状で何ができるのか?
身近な地域を巡回しながら、地域で困っている方々のために支援物資の提供をお願いするメッセージを発信しました。

見知らぬ多くの皆様から、たくさんの支援の物資を輸送して頂き、本当にありがとうございました。
必要な時に、必要なものを、本当に必要な方に届けることができて嬉しく、楽しく活動ができました。
あの時の感謝の気持ちは忘れることなく心に刻んでいます。
あの時の、あの行動や皆様からの支えが無ければ、どうなったか?
現在は、住まい環境も大幅に変更して、時々お目にかか程度の関係ですが、今も頑張っている姿や笑顔に出会うとき、”良かったな”と思う日々です。

あらためて、皆様に感謝申し上げます。
そして、引き続き温かく見守って、ご支援いただきますようお願いします。
コメント

3地区民生委員・児童委員交流研修会!!

2015-03-07 17:52:43 | Weblog



年1回、3つの地区の民生委員・児童委員が集まり研修会を開催します。
今回は、宮古市地域包括支援センター所長の山崎氏の講演。
センターの仕事の内容と取り組みの説明がありました。
地域包括ケアシステムをどのように取り組んでいくのか!?
まだまだ、てさぐりの状況のようです。

研修会終了後は、恒例の懇親会!!
歌ったり、踊ったり…楽しい時間を過ごしました。
コメント

症例DVD付 認知症の正しい治し方!

2015-03-05 15:19:03 | 認知症ってなに?
症例DVD付 認知症の正しい治し方
河野 和彦
現代書林


河野和彦先生の著書です。

「コウノメソッドにより劇的に改善!」

「河野先生は治すことを前提に診てくれる。一緒に治しましょうと言ってくれる。それだけで、大きな希望になりました」~患者家族~


患者や家族の立場になって・・・認知症治療を一緒に考えていく医師など、本当に居るのだろうか?

それが居るのです!

岩手県盛岡市には松嶋大先生が・・・!愛知県名古屋市には河野和彦先生が・・・・! 全国各地にコウノメソッド実践医が・・!

勇気をいただきます。

社会福祉士には、限られたことしかできませんが、やれることを見つけてやりたいです!
コメント

医者を選べば認知症は良くなる!

2015-03-04 14:15:59 | Weblog
医者を選べば認知症は良くなる!: 患者も介護者も救うコウノメソッド
河野 和彦
東洋経済新報社


コウノメソッドの提唱者・河野和彦先生の著書!

河野先生の講演を聞いた後で読んだためか、帰路の新幹線の中で読破!とても解り易く納得でした。
今後も、何度も繰り返して読み、認知症の中核症状、周辺症状、お薬のこと・・・学びたいと思います。

数多くの認知症の講演会で勉強しましたが、よく理解できませんでした。
問題行動のところばかり強調され、対応の困難さを知れば知るほど、拒否反応があったように思います。

松嶋大先生から、初めて「コウノメソッド」の話を聞き、興味が湧いてきました。
とてもわかり易く話をしてくれるので、さらに関心度が高くなります。

今回、東京で、元祖「コウノメソッド」の河野和彦先生の講演を聞き、本当に感動的でした。
お二人に出会えて、コウノメソッドを知り、ハッピーに思います

私も認知症をしっかり学び、一緒に考えていけるように精進したい!。
新たな目標ができました。
コメント