夢の実現へ きむら社会福祉士事務所

成年後見・福祉相談を中心とする独立型社会福祉士事務所。宮古市千徳地区に外来・訪問クリニック開院をめざして!あきらめない!

課題その1 医師不足、在宅医がいない!

2018-08-02 15:25:26 | 病院・クリニックづくりの活動!

在宅医療をすすめる際に、いくつかの課題点があるとT医師が問題提起する。
確かに1つ1つ考えてみたいことばかりである。関心がなければスルーしたい内容でもある。
すべてが解決されれば、在宅医療の世界にも光が差し、庶民の暮らし向きも明るく、素敵になる事は間違いない。

■ 課題1 ■
訪問診療に対応できる医師が量的に不足している。とくに、24時間対応できる体制が確保できない診療所が多い。
また、高齢者施設に対して訪問診療を行う医師が不足している。

【対応策・戦略等】

1)在宅医療を提供する医療機関が24時間体制を確保するため、病院と診療所(病診)、診療所同士(診診)、診療所と訪問看護ステーション、薬局等との連携を効率化する。
また、病院勤務医の訪問診療および往診への参入を促進することが求められる。
2)連携の実効性を高めるためには、どのような急変が起こりうるかを想定しておくことが重要である。かかりつけ医が、本人、家族、介護従事者に対して丁寧に説明し、(どこ
までやるかを含めて)合意形成かつ共有しておくことが望ましい。
3)介護従事者に対する発熱などの状態変化へのアセスメントと初期対応スキルを向上させることで、緊急往診の要請頻度を下げることも必要である。
4)急変時に速やかな入院が可能となる後方病床を確保するため、かかりつけ医を通して入院を希望する病院など必要な情報をあらかじめ登録するシステムを構築する。
5)高齢者に対する通院支援の体制を整備することで、訪問診療の需要を抑制することも必要である。たとえば、ヘルパー機能付きのデイケア-診療所巡回バスを市町村で準備し
たり、診療所や病院内に市町村がヘルパーを配置して待合室のケアを担当させるなどの施策が考えられる。

【宮古市の現状】

(1)宮古地区は人口10万人あたりの医師の数が88人。(10万人対155.2)。
一般診療所数は26ヶ所(10万人対45.8)。医師数は最低だが、診療所数は比較的多い。
県立宮古病院で勤務していた医師が開業しているパターンが多い。

(2)県立宮古病院は、平成28年11月から「地域医療支援病院」に認定。日中はかかりつけ医、夜間は救急外来。日曜日は、休日急患診療所へ。
紹介患者は原則紹介もとへ逆紹介。
   役割分担をして、少ない医療資源を有効に活用していくのが医師・住民が共倒れしないための道。
但し、急患は例外!(宮古病院の医師数31名<279床・救急車8台)

(3)宮古病院の救急外来は、夜間当直・週末は2人体制。平日昼間は、各診療科が救急担当当番を決めて、救急車の対応。
各診療科が24時間365日オンコール体制を維持。
当直医以外でも常に誰かが待機している(約10名)☛17時から22時の救急受診患者が多い。


(4)宮古市医療情報連携ネットワーク=みやこサーモンケアネット(ICT情報通信機器)の活用については、病院6施設、かかりつけ医17施設、薬局24施設、介護事業者
31施設、歯科診療所14施設、訪問看護事業者6施設。
☛連携の強化が必須にもかかわらず、活用が不十分である。市民への周知がされていない。
医師や事業所でのICTの操作が不得意な面もある。

(5)宮古医療圏(宮古市55、856人、山田町15,903人、岩泉町9,793人、田野畑村3,534人)<2014年6月>における問題点
1、面積が広い=移動に時間がかる。
2、介護職、看護助手等の不足。
  3、医師不足(人口約85,000人、高齢化率35%、65歳以上の人口約30,000人、65歳以上の20%が認知症=約6,000人が認知症)⇒2025年
  4、かかりつけ医も多忙で専門外の認知症患者を診ることが困難。精神科医も不足→認知症外来等の専門診療は困難⑤人口減少→在宅介護する家族も高齢化



  ・宮古医療圏には、往診・訪問を専門に診療する「在宅医」はいない。

  ・外来+訪問の開業医はいるが、限られた患者のみ診察しており、医師の過重負担となるため消極的である。

  ・医師不足は深刻である。
コメント

往診・訪問診療とは?

2018-08-01 19:57:40 | 病院・クリニックづくりの活動!
往診・訪問診療は、医療上の必要性により、在宅に赴(おもむ)いて診療する必要がある場合にに実施するもの。

往診・訪問診察は、貴重な医療資源をより多く必要とし、外来よりも診療報酬が高く設定されており、医療上の必要性にかかわらず安易に実施されるこのないよう、その実施にあたっては、一定の要件が定められている。

往診
 医師が、予定外に、患家に赴(おもむ)き診療を行うこと。
   *往診は診療上必要があると認められる場合に行うこととされている。

訪問診察
 在宅療養を行う患者であって、疾病・傷病のため通院が困難な者に対して定期的に訪問して診療を行うこと。
   *継続的な診療の必要のない者や通院が可能な者に対して安易に算定してはならないこととされている。


「16キロメートルを超える往診・訪問診療の取り扱いについて」
 
 ⁂保健医療機関の所在地と患家の所在距離が16キロメートルを超える往診・訪問診療については、当該保険医療機関からの往診等を必要とする絶対的な理由がなく、特に患家の  希望によって、行われる場合はは認められないものとされている。

 ⁂なお、当該保険医療機関からの往診等を必要とする絶対的な理由がある場合や往診距離が片道16キロメートルを超えた場合等であって「特殊の事情」があったときは16キロ  メートルを超えて往診等を行うことができる。

  
コメント

フットケアの手法とお話会!

2018-07-31 20:59:17 | Weblog

待望のフットケア施術をやっていただきました。

室内での歩行が不安定で、転倒リスクを心配していました。

初体験のフットケア施術ですが、足にかかる付加が最悪状態であり、フットケアすることで、少しでも改善の見通しが発見できてよかった!
今後も続けてフットケアし、本人の喜ぶ笑顔を見ていきたい!
コメント

オークフィールド八幡平へ!

2018-07-29 15:30:01 | Weblog




2度目のオークフィールド八幡平です。
明日午前9時から「研修会」参加のため、なんと前泊となりました。素敵な宿泊が予約!
オークフィールド八幡平の夕方の風景をゲット!
又、夕食メニューがサイコー!写真撮るのも忘れるくらい、集中してご馳走になりました。
特に、トウモロコシのスープ、手作りのソバが美味しかった。
写真は朝食です。
コメント

ビレッジハウス西ヶ丘?

2018-07-17 21:06:43 | Weblog


旧雇用促進住宅は、1983年(昭和58年)、西ヶ丘団地内に2棟(80戸)建築されましたが、現在は低調な利用状態が続いています。

やむを得ない背景もありますが、いわゆる説明責任を果たさないまま、ビレッジハウス・マネジメント株式会社(本社は東京)に買収され、「ビレッジハウス西ヶ丘」と改名しスタートしました。

入居者が増え、今よりも利用状況は改善されるのでしょうか?

住民としては少し不安な部分もありますが、見守るしかない現状です。
コメント

フットケアの学びを活かす為に!

2018-07-02 16:10:09 | Weblog



・・とある障がい施設を利用している方の両足を見せていただきました。
数ヶ月前に、
爪切り、肥厚した爪、巻き爪、指の変形、たこやうおのめ等々、フットケアは大切であることを勉強しました。
転倒防止の為にも、快適な歩行を確保していく重要性からも、取り組みたい課題です。
障がい者、高齢者のハッピーライフ目指して頑張ります。
コメント

新しいルーターが設置!

2018-06-29 21:11:06 | Weblog
固定電話が不通、メールやブログに繋がらない、インターネットの不具合等々、最悪な状況になりました。
こんな日は、落ち着いていられません。
ドコモ光へ電話➡NTT東日本の保守・修理担当者が来て、確認作業。

結局、新しいルーターに交換することになり、回復しました。
①モデムと②ルーターが
真新しい1個のルーターだけになりました。不要の配線も処分され、スッキリ感です。
相談➡報告➡連絡➡調整➡現場確認➡修理等々で、
半日以上も時間がかかり、来訪者や他の仕事にも影響が出て、ご迷惑をお掛けしました。
原状回復してよかったのですが、コリゴリ、もう勘弁してと思います。
コメント

ふるさと宮古寄付金申出書?

2018-06-28 21:11:49 | Weblog


宮古市が実施する“ふるさと納税”の案件です。
現在9つの活用希望テーマが記載されています。
ここに“在宅医療、介護、保健”のテーマも加えていただくように提案しました。
宮古市がその人らしく人生の最期まで安心して暮らせる町になる為には資金的なバックアップは重要課題です。ふるさと納税が活用されるとしたら嬉しいとお願います。
めでたく提案が承認されたら、ご協力をお願いします。
コメント

あ~ぁ~あいいろ・ぷらん!

2018-06-21 12:21:58 | Weblog
残念な報告を・・・・・。
指定居宅介護支援事業所「あいいろ・ぷらん」の看板を降ろすことになりました。
皆様、ありがとうございました。
次のチャンスの為に!
コメント

ああ~・・・大槌町役場!

2018-06-18 20:28:49 | Weblog



東日本大震災から約7年3ヶ月、大槌町役場の解体工事が始まる日に遭遇。貸し切りバスでたくさんの見学者が訪れていました。

震災前に、何度か役場を訪ね、成年後見制度の重要性を熱く訴えました。理解を示していただき勉強会の開催も実施してくれました。

あの時の、あの人はもういません。
あの日は帰ってきません。

ここ役場がなくなるのは残念ですが、「想い」は強く心に刻み込みたいと思います。
コメント

コールドプレスジュース!

2018-06-10 17:55:25 | Weblog


名称もやっと覚えました。
今日は、お疲れモードだったので2種の“コールドプレスジュース”を注文。
HARUー2はニンジン。
HARUー4はビーツ。
飲む点滴!確かに美味しゅうございます。
元気回復しました。
コメント

おおぞら村!

2018-06-09 21:18:00 | Weblog







盛岡市津志田にある宇宙 村に来ました。
今日は、レストラン&カフェ☕でランチを頂くことが目的です。
つい、村民(従業員)募集中!のポスターに注目!

おおぞら村のコンセプトは、子どもから高齢者まで・・・・分け隔てなく受け入れいく姿勢が特徴で、共同体のようなイメージ。

もし、ココデ人生の最後まで過ごせ、エンジョイできるとしたら安心でしょう。

人生の後半期に、ひとりになっても、淋しさ、孤独感をスルーして暮らすことができたらサイコーです。
人間って勝手な存在だと思う日々ですが、こうした施設も必要だと感じます。

でも、妻はまるで無関心であり、目的だけ果たし満足感。よかった!
コメント

妻の通院!

2018-06-08 17:14:02 | Weblog



“なないろのとびら診療所”へ!
お蔭様でかなり症状も良くなり、活動的で、会話も饒舌に・・・!私より元気になっている気がします。

でも、本人しか分からないところもあるので、完治するまで、本人が納得できるまで、見守り付き添っていきたい。

“診療所”は、全くクリニックじゃない独特な空間が満載!。
専門書、小説、児童書、絵本、絵、駄菓子屋あり、手芸の作品、江見さんの繭細工、ピアノ等々、待合室で飽きることがありません。

お帰りには、一杯の優しいコーヒーとコールドプレスジュース求めました。
癒やしの空間が患者さんだけでなく、家族や介助者の気持ちも安らげてくれます。これは大切なこと。

私が、クリニックのあるべき姿=夢の実現に描いた?そのもののイメージに近くなっていきます。嬉しい!ワクワク感が止まりません!
コメント

じょうないクリック開院!

2018-06-04 14:43:52 | Weblog

社会福祉法人 尽誠会(理事長 鈴木修)で、洋野町種市城内地区にクリックを開院しました。

林 彰仁院長の熱い思いと鈴木理事長の考える「住み慣れた地域で、安心や快適な暮らしやすさの提供」の願いが花開いた取組です。
おめでとうございます!

・社会福祉法人でもクリックが開設できること。
・地域医療、在宅医療に情熱を燃やす若い医師がいること。
・行政の理解、後押しが大切なこと。
・地域住民の下支えが大切なこと。

すべてが教訓です。私の夢実現につながるヒントも。
最大級の勇気を頂戴しました。
あきらめないで継続しかない!
コメント

イン宮古 野村豊子先生!

2018-06-03 21:54:18 | Weblog

“三陸思い出パートナーの実際”との演題で野村先生等4名の研究者の皆さんから報告がありました。
地元の宮古を中心に活動する「もやいの会」との共同研究の印象でした。
回想法を学び、実践し、取り込んでいるところが凄い!
平成23年から平成30年6月まで、実践が5回、研修が14回。その都度、アンケートを実施。今回は、そのアンケートを集約し結果を報告する内容でした。
回想法は、ゆるく、静かに浸透しているように思います。しかし、その方の“ものがたり”を聴いて、広げていくことの先に、何を見いだすのか?
ただひたすら聞く、話し合うだけでいいのか?
他人と関係性を作る、保つ、展開することは難しいのですが、しかも、性別や年代や育つ環境の違う中での“かかわりあい”も難しい気がします。
まだまだ情報収集する大切さを感じ、コミュニケーション能力の低さを痛感した懺悔の日々です。
コメント