夢の実現へ きむら社会福祉士事務所

独立型社会福祉士事務所を続け、地域&在宅医療の重要性を訴え、あきらめず!岩手県の医師充足度ワーストワン汚名を返上したい!

たらふくのラーメン!!

2015-10-29 17:13:55 | Weblog
妻のお薬を調剤薬局へ取りに行く用事と
郵便局の本局へ行って、「定額小為替300円」を購入する用事が重なりました。
急ぐのです。ちょっと段取りが悪かった。
後見事務報告の提出も迫られています。

遅めの昼食は“たらふく”のラーメン!!
妻も付き合ってくれました。
食欲は順調で、場所の変化や人混みにも適応できるように回復してきたのが嬉しい!
心地よい疲れを体験しながら、徐々に回復していけばサイコウです。
コメント

道の駅区界!!

2015-10-28 16:09:14 | Weblog

106号は復興道路の工事中です。
区界近辺は、トンネルが完成すれば“道の駅区界”も無くなるという新聞記事が発表されました。
では、JR区界駅はどうなるの!?
残念ですが、時代の流れを感じます。
コメント

かき鍋!

2015-10-27 21:10:23 | Weblog

 

今日は、久々に次男が来てくれて「かき鍋」を作ってくれました。

妻も大喜び!当然私も!

食欲旺盛で一番食べたのは長男!

上記の写真映像と少し違いますが、美味しかった!
感謝!

 

 
 

 

 

コメント

三人分の食事を調達!!

2015-10-26 21:31:36 | Weblog

夕食ですが…毎日作るのは大変!
今日は手抜きをして“ほっかほっか亭”へ!!
幕の内弁当2個&ハンバーグ弁当1個を注文。
男一人で献立⇒調理⇒味付け⇒後片付け…考えると逃げ出したくなります。
いわば、毎日の食べ物って大切ですね!!

よく妻や世の女性たちはやってきたと思います。
とにかく、今はいきのびる為に、家族を守る為に、頑張ります。
コメント

中島みゆき全歌集!(2004~2015)

2015-10-26 10:13:40 | Weblog

元気です。

一緒に頑張りましょう!

中島みゆき全歌集2004-2015
クリエーター情報なし
朝日新聞出版
コメント

認知症とともに暮らす~認知症カフェづくり~!

2015-10-24 18:06:20 | Weblog
標記の講演会がシートピアなあどであり、参加してきました。
講師は、東京都目黒区を中心に活動している
NPO法人 Dカフェまちづくりネットワーク代表理事の竹内弘道さんです。

認知症のことをD:ディメンシアと言うのだそうですが、D:誰もが、自分のこととして考える、D:Disfrict・街の交流ステーション、等からDカフェと呼んでいるそうです。
認知症カフェとは、
認知症の人と家族(介護者)、地域住民、専門家等の誰もが参加でき、集う場で、認知症の人やその家族等の対する支援を行う。

Dカフェとまちかど保健室(訪問看護ステーション)も開設される予定で、とても参考になる内容でした。
コメント

認知症になったら施設47% 政府、初の意識調査 !

2015-10-23 21:43:07 | Weblog

認知症になったら施設47% 政府、初の意識調査

2015/10/23 17:41   【共同通信】

 自分が認知症になった場合、介護施設で暮らすことを希望する人が47・7%と過半数近くに上ることが23日、内閣府が初めて実施した意識調査で分かった。一方、今まで暮らしてきた地域での生活を希望する人は43・7%と結果が二分した。

 調査は認知症に関する国民の意識を探るため、9月に全国の20歳以上の3千人を対象に個別面接形式で実施。1682人から回答を得た。

 介護施設で暮らしたい人は、「周りの人に迷惑をかけてしまうから」(27・5%)、「身の回りのことができなくなってしまうから」(20・2%)などと回答した。

 
 
 
コメント

西ヶ丘三丁目自治会の敬老会&懇親会!!

2015-10-18 17:08:56 | Weblog



今年も盛大に開催!!
77歳以上の皆さまを祝いながら、町内会の親睦を深める貴重な機会となりました。
又、来年 会いましょう!!
コメント

<終末期医療>患者と家族の「物語」尊重!

2015-10-15 17:33:51 | Weblog

<終末期医療>患者と家族の「物語」尊重

「医師と患者の壁を越えて人間同士の関係を大切にしたい」と話す松嶋さん

 盛岡市向中野の医療施設「ものがたり診療所もりおか」代表の医師松嶋大さん(40)が、終末期を在宅で過ごす末期がんや認知症患者の治療に当たっている。4月に開所し、人生のたそがれを迎えた約100人を受け持つ。「自宅で安らかな最期を迎えてほしい」。患者と家族の人生を「物語」と捉えて治療方針を決める手法で、地域の終末期医療のよりどころを目指す。

 専門は総合診療。患者の病状を初期診断して治療したり、必要に応じて専門医に紹介したりする。午前に内科外来を受け付け、午後は自宅や施設で療養する患者を診る。
 患者の人生を「物語」になぞらえる「ナラティブ・ベイスト・メディスン(物語と対話に基づく医療)」が治療の特徴。医学の常識にとらわれず、患者や家族の本意を尊重する。開所後の5カ月で患者の自宅で10人の最期をみとった。
 松嶋さんは「物語を紡ぐように対話を重ね、患者が本心から望む晩年を理解した上で治療する。医師は物語の1人の登場人物」と説明する。
 診療所と連携する形で介護支援と訪問看護の事業所も展開する。11月には24時間体制でスタッフが患者宅に駆け付ける随時対応サービスの事業所も設置する。
 松嶋さんは盛岡市出身。岩手医大を卒業後、岩手、新潟、沖縄でがんや認知症治療の緩和ケアを軸に地域医療を続けた。
 通院が困難だったり、家族が反対して在宅治療がかなわなかったりして、自宅に帰れないまま病院で息を引き取る患者を何度も目の当たりにした。
 松嶋さんは「人と関わり社会で生きるのが人間。親しんだ地域で老い、そこで最期を迎えるのが理想だと思う。残された人生を安心して過ごせるよう最高の医療で支えたい」と言葉に力を込める。

(2015年10月14日水曜日 河北新報)

松嶋大先生とご縁をいただいて、私の人生も大きく変化し成長させてもらいました。
私の「夢」は、松嶋大先生のような取り組みを岩手県宮古市で展開することです。
3・11の東日本大震災後に地域医療、在宅医療の重要性に気づきました。
誰でも人生の「ものがたり」を持っています。
”その人らしく生きることを応援すること”が私の原点です。
まだまだ、スタート台にも立てない状況もありますが、頑張ります。

とても、参考になるお手本が松嶋大先生の”ものがたり診療所もりおか”です。
私の妻の病気も、市内の病院では改善されず、困ってご相談したところ、快く引き受けて下さり、9月中旬から患者として診察していただき処方箋をもらって服薬、徐々に改善に向けて治療中です。
二人で松嶋大先生の診断、治療方針、的確な助言に感謝しています。

コメント

次男の手作り料理!

2015-10-12 21:15:32 | Weblog


妻が体調不良になって、男の手料理が続きます。
しかし、メニュや味付けが合わず、苦悩の日々が。
こんなに食事のことで悩むとは思いませんでした。
味付けが濃い、量が多い、余ると私が食べなければならない。特に食べたい希望がなく、何を作ればいいのか、献立に悩む。
何もしたくない日もあり、その時は弁当、出前にしています。

そんな時、次男が、仕事は日曜日休みなのに、時間をとって手作り料理を提供してくれます。
本当に感謝です。お陰で、少しづつ回復に。
妻だけでなく、私も助かっています。
待ち遠しい日曜日…、もう少し頼りたい!!
コメント

是非、地方で開業を!!

2015-10-10 11:43:28 | Weblog
在宅医療の拡大、充実は地方に住む住民の願いです。

住み慣れた地域で最後まで暮らすためには、在宅医療は欠かせません。

このチャンスを生かし、一緒にやっていく医師を探しています。
是非、岩手の宮古市で!
コメント

医師らが認知症薬の適量処方訴え 「増量規定で副作用」!

2015-10-08 17:21:19 | Weblog

【社会】

医師らが認知症薬の適量処方訴え 「増量規定で副作用」

2015年10月8日 17時09分

 高齢者医療に携わる医師らがつくった「抗認知症薬の適量処方を実現する会」(兵庫県尼崎市)の代表理事、長尾和宏・長尾クリニック院長が8日、厚生労働省で記者会見し「個人差を考慮しない増量規定で副作用が起きている」と処方規定の改定を求めた。

 代表的な抗認知症薬「アリセプト」(一般名ドネペジル)の添付文書では、1日3ミリグラムから開始し、5~10ミリグラムに増量することとされている。一定の減量は認められるが、規定通りの投与では、興奮、歩行障害、怒りっぽくなるなどの副作用が多くの患者で出ているという。

(共同) (東京新聞)
コメント

地域密着型サービス外部評価評価調査者員研修!!

2015-10-06 16:38:03 | Weblog


昨日は、標記の研修会で盛岡へ。
テキストも頂きました。
認知症の方々が暮らす認知症対応型共同生活介護(グループホーム)のことが中心に記載されています。
本人主体に、その人らしい要望や想いをプラン化し、支援し取り組んでいくことが事業所の任務。
調査員は、評価項目に沿って実践の事実を確認しながら、対話を通し、利用者本人のために善いサービス提供は何か、さらに質の向上を目指していくことに「気づき」を得て成長していくという内容の深さのある役割があります。いつも、新鮮な気持ちで学べるのが不思議です。
コメント

箘床しいたけ栽培!!

2015-10-03 19:33:27 | Weblog


凄い!!
コメント

遠野へ!!施設見学の研修会!!

2015-10-01 16:10:30 | Weblog



民生委員の研修会で遠野方面の施設を回って研修です。
箘床栽培の椎茸の現場!!そして、産直でその椎茸を購入しました。
石上の園、遠野コロニー、多賀の里…三ヵ所の障がい者施設を見学研修させて頂きました。ありがとうございました!!
休憩は道の駅。いいところです。
コメント