銀幕大帝α

切り株推奨映画感想ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で10周年。3500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ラスト・サバイバーズ

2016年02月26日 20時14分00秒 | 洋画アクション
THE WELL/THE LAST SURVIVORS
2014年
アメリカ
95分
アクション/サスペンス/SF
劇場未公開



監督:
トム・ハモック
脚本:
トム・ハモック
出演:
ヘイリー・ルー・リチャードソン
ブーブー・スチュワート
マックス・チャールズ
ジョン・グライス
ニコール・フォックス
マイケル・ウェルチ
マイケル・マッシー
レナ・オーウェン
レオ・リー
バーバラ・クランプトン




<ストーリー>
見渡す限り荒野が広がる不毛の谷で、いつ枯れるとも知れない井戸を守る少女・ケンダル。水を狙う一団によって仲間たちを殺されたケンダルは、日本刀を片手に決死の逆襲を試みる。

"2016年2月3日 『ラスト・サバイバーズ』 予告篇" を YouTube で見る


-感想-

ストーリーの概要だけだと「北斗の拳」でのバットの村みたいな映画なのかと勘違いしそう。

ジャケットだけだと何やら荒廃した世界で日本刀を主人公が振り回しながら、敵を斬りまくる壮絶なソードアクションだと思いがち。

ダルい。
この一言に尽きる。

主役のお姉ちゃんが可愛いからまぁいっか、とは決してならない相当に残念な作品。
だってさ、日本刀を手に入れるまでに70分弱も掛かるのよ?
それまで何をしているのかを簡潔に書くと、逃げ回って隠れているだけ!
病弱の彼氏に戦わせて、テメェは何やってるんだよ、てやっぱり隠れてるんだけどね。
その彼氏が殺されてようやく主人公は動き出します。
おっせぇよ。

日本刀とショットガンを装備して、敵陣に乗り込み敵討ち開始。
ズバズバッと斬り味鋭い日本刀が宙を舞・・・舞わね~~。
全然斬れないじゃないかこの刀。
スパッ!スパッ!!と腕が飛んだり、首が飛んだりするのかとそこのシーンに入った時はちょっと期待するも、出てくる描写は中途半端に刃が肌に食い込むのみ。
折角切り株量産型である日本刀を持たせているのに、さっぱりグロシーンが出てこないのには俺様お怒りであらせられまするぞ。

ハイライトにはマチェーテ女VS日本刀女という、構図的にはバッチリな場面が用意されております。
が、用意万全にも関わらず監督に盛り上げる力量が無かったのか、カチカチ刃を数回合わせただけで即タイマンバトル終了。

逃げる、隠れる、たまにズドーン、最後はカチカチ。
監督に敢えて聞く。
見てくれシーンは何処ですか?

評価:★★
16/02/26DVD鑑賞(新作)
バナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2016-02-03
メーカー:クロックワークス
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« ジュラシック・ワールド | トップ | インシディアス 序章 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今晩は (morkohsonimap)
2016-02-27 03:13:33
しかし、まぁ小娘がチョロチョロと荒野を歩いているだけの映画でしたねぇ
プロットはちょい面白くなる映画でしたけども
作り手のセンスがなかったようですね

そうですねぇ、日本刀の斬れ味は相当あかんかったですね、首ひとつチョンパしないとはねぇ
もっとマチェーテとの闘いが見たかったですね
小娘がかわいいだけが救いでしたけども
>morkohsonimapさんへ (ヒロ之)
2016-02-27 15:13:13
こんにちは!
コメント&TBありがとうございます。
何時面白くなるのかと、ちっともそういう雰囲気にならないものですから、どんどんダルくなってきました。
折角日本刀を持たせているのだから、最低限のグロさは見せて欲しいです。
最後の対決も呆気なくて、なんだねこれは、と思うような作品でした。

洋画アクション」カテゴリの最新記事

トラックバック

ラスト・サバイバーズ (5385 (ごみばこ))
日本刀を持ったお姉ちゃんのジャケットにつられてレンタルしてきました この主人公と言うかヒロインのお姉ちゃんはどっかで見たことあるなと思いながら見てましたが アサイラムテ ...