銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で8周年。2500作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

銀幕大帝αを知る為のTOP記事

2016年09月24日 13時43分24秒 | 管理人より御挨拶
08年6月開設16/09/24更新Blog内只今全2529作品UPちゅ~
09月の優秀作品

ちはやふる -上の句-

管理人のヒロ之です

2016年09月第4週、鑑賞23本目は『ファンハウス』

※コメント欄閉鎖。再開の予定はありません。
gooブログ様へのTB&コメントは相変わらずポンコツパソコンからは不可能状態、ホントすみません。

多忙につき、更新&映画鑑賞怠っておりまする。


~レヴューに関して~
極力ネタバレにならないように書いているつもりなのですが、管理人の性格上、どうもネタバレ批評になっている事が多々あるようです。
無意識でそうなってしまうようでして、こればかりはどうしようもありません
どうぞ御理解して下さいませ

09月のこれぜったい観たい!新作リリースDVD一覧
09/02『ヒットマン:エージェント47』~評価予想★★★☆~評価結果★★★~
09/02『ヘイトフル・エイト』~評価予想★★★★~評価結果★★★☆~
09/02『マギー』~評価予想★★★☆~評価結果★★★~
09/14『尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48』~評価予想★★★☆~評価結果★★★★★~
09/14『道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48』~評価予想★★★★~評価結果★★★★☆~
09/14『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』~評価予想★★★☆~評価結果★★★~
09/16『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』~評価予想★★★☆~評価結果★★★★~
09/21『エンド・オブ・キングダム』~評価予想★★★☆~
09/21『ちはやふる -上の句-』~評価予想★★★☆~評価結果★★★★~

10月のこれぜったい観たい!新作リリースDVD一覧
10/05『映画 暗殺教室~卒業編~』~評価予想★★★☆~
10/05『スノーホワイト-氷の王国-』~評価予想★★★☆~
10/05『デッドプール』~評価予想★★★☆~
10/05『ノック・ノック』~評価予想★★★~
10/12『ちはやふる -下の句-』~評価予想★★★★~
10/20『10 クローバーフィールド・レーン』~評価予想★★★☆~

=その他気になる作品=
○『ザ・ボーイ~人形少年の館~』(10/05)
○『名もなき復讐』(10/05)
○『オオカミ少女と黒王子』(10/19)

当ブログの評価は10段階となっております。
・・・駄作(一覧
・・・愚作(一覧
★☆・・・珍作(一覧
★★・・・迷作(一覧
★★・・・迷作2(一覧
★★☆・・・凡作(一覧
★★☆・・・凡作2(一覧
★★★・・・佳作(一覧
★★★・・・佳作2(一覧
★★★☆・・・秀作(一覧
★★★☆・・・秀作2(一覧
★★★★・・・傑作(一覧
★★★★☆・・・名作(一覧
★★★★★・・・宝作(一覧

にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へにほんブログ村 映画ブログへ
レヴューにこの種類のバナーを見かけたらポチッと押してやって下さい

世界を震撼させたPOVホラー『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の続編が完成。

1作目の20年後が舞台。
消息を絶ったヘザーの弟ジェームズが真相を探る為に再び呪いの森へと入っていく。
監督は『サプライズ』等を撮ったアダム・ウィンガード。
日本では12月1日より劇場公開開始。
オフィシャル・サイトはこちら→http://www.blair-witch.jp/

劇場最新作の情報・批評は下記のサイト様へ
★前田有一の超映画批評★
コメント (106)
この記事をはてなブックマークに追加

ファンハウス

2016年09月24日 13時42分48秒 | 洋画ホラー
THE FUNHOUSE MASSACRE
2015年
アメリカ
93分
ホラー
R-15
劇場未公開



監督:
アンディ・パーマー
編集:
アンディ・パーマー
出演:
ジェレ・バーンズ
スコッティー・トンプソン
マット・エンジェル
ロバート・イングランド
チャスティ・バレステロス
クリント・ハワード
コートニー・ゲインズ
E・E・ベル
ルネー・ドリアン
ベン・ベグリー
キャンディス・デ・ヴィッサー




<ストーリー>
6人のサイコパスが精神病院から脱走し、ハロウィンで盛り上がる遊園地のお化け屋敷に入り込む。個性豊かな殺人鬼と化した彼らは、何も知らずに遊びに来た若者たちに襲い掛かり…。

-感想-


スケベ面晒して楽しそうやん!

て観てたら開始11分で殺されたんですけどww
てっきり参謀かボスかその辺の重要な役やっているのかと思ってたのに、速攻退場てどないやねんロバート・イングランド!
イングランド主役じゃねぇんだ、ジャケにはでっかく中心に写っているくせに。

という訳で精神病院から脱走した殺人鬼集団がハロウィンの夜に催しされていたお化け屋敷に潜り込み、訪れた客を片っ端から殺しまくる“だけ”のホラー映画です。
序盤かなり退屈だけど、一組のカップルが遊園地内のトイレで大声上げながらファックしまくる場面まで根気良く待っていてあげてください。
そこからは少しずつ楽しくなっていきますので。

スプラッター具合はそこそこ高く、個性豊かな殺人鬼達の暴れっぷりも場を盛り上げてくれて良いんだけど、どうやらメインとする所はそこではなく、女性警官の隠された秘密とそこから生まれる因縁の再会、惹かれ合っている若い男女が逃げ迷う中で恐怖に打ち勝ち遂に愛を結び付ける部分に重点を置いている模様。
この3人が表側の主人公であって、彼女らの活躍でハッピーエンド的に終わるのかと思いきや、予想を裏切るバッドエンドオチというホッとしてたら殺されちゃいました、そんな、えぇ!?死んじゃうかいっ!wwてのに苦笑。

そして裏側の主人公は女性警官の相棒の男性副官。

まともに標的に対して銃弾も当たらない。
(銃声の音が全部ショボいのはスルーしてあげてね)
射殺出来た途端「人を殺したの初めてなの」と嘔吐する程のヘボ警官だった彼が、ラストでは勇ましくショットガン構えて頭を粉砕。

そう本作は役立たずだった警官が多くの修羅場を潜り抜け真の男(漢)になる成長物語でもあるのだ!(てこの文章、何かの映画感想でも書いたな)。

頭粉砕されていたはずの大男が死体袋の中で生き返ってたけど、有り得なさ過ぎだろゾンビかよw

評価:★★☆
16/09/24DVD鑑賞(準新作)
バナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2016-04-06
メーカー:ブロードメディア・スタジオ

切り株画像はこちら

この記事をはてなブックマークに追加

切り株画像(映画『ファンハウス』より、精神異常殺人鬼による血噴出す首切り)

2016年09月24日 13時30分16秒 | 切り株“TV”画像(閲覧注意)
【ネタバレ注意】
殺人鬼スプラッター映画十八番首切り、首抜き切り株御覧あれ。

怪力で強引に引っこ抜く!

噴水ならぬ噴血。


女性客を押し倒し馬乗りになるとナイフを使い愉快に楽しそうに無理矢理切断。

こちらもまた噴血。

切り株度(4/5)

レヴュー:『ファンハウス』
バナーポチお願いします
にほんブログ村

この記事をはてなブックマークに追加

バチカン・テープ

2016年09月23日 14時27分51秒 | 洋画ホラー
THE VATICAN TAPES
2015年
アメリカ
91分
ホラー/サスペンス
劇場公開(2016/07/09)




監督:
マーク・ネヴェルダイン
『ゴーストライダー2』
出演:
オリヴィア・テイラー・ダドリーアンジェラ
マイケル・ペーニャロサーノ神父
ダグレイ・スコットロジャー
ジャイモン・フンスーイマーニ教皇代理



<ストーリー>
指の怪我から感染症にかかり、それが原因で奇行に走るようになったアンジェラ。彼女が悪魔に憑りつかれたと判断したロザノ牧師は、バチカンのエクソシストに悪魔祓いを依頼するが…。

真実の開示。
それが意味するのは人類に破滅――


-感想-

奇行が目立ち始め、父も彼氏も対処の仕方が分からなくなり、病院、そして精神病院へとアンジェラは検査名目で入院されられる。
しかしそこでもアンジェラの周りで次々と事故や自殺が相次ぐ。

その様子を捉えた監視カメラの映像を観たバチカンの司祭が異変に気付く。

「これは、いけない・・・」

少女に悪魔が取り憑く映画は山ほどあるけれど、少し毛色が違うのが本作。
それはアンジェラが一度心肺停止してしまうという部分に大きなポイントがある。
この描写には司祭には分かる事実があり、神が悪魔を連れて行こうとしたらしい。
だがアンジェラは息を吹き返す。
これを意味するのは即ち神の行為は失敗に終わった事を示し、解放された悪魔は今一度宿主の元へと舞い戻り、その影響で生き返ったアンジェラは最早人間ではあらず、人の形をした悪魔本体そのもの。

この展開は中々に興味深い。
今までにない斬新な発想を持った展開だ。


悪魔と成り果てたアンジェラを倒すには聖剣でもって刺し清めなければいけないと考えを固めた司祭だったが、その行為がとんでもない結果を招いてしまう。

一旦皆の目の前から姿を消し、再び現れたアンジェラの姿は煌々と輝きを放っていた。

バチカン司祭なら誰もが恐れる「反キリスト」の誕生である。

キリストに成り済まし、身体に障害を持つ等の不幸な人々に希望を与え信者を集めながら(まるで「北斗の拳」のトキみたいだ)世界へと勢力を広げつつ、最後にはこの世に災いを与える「終わりの始まり」な存在、それが「反キリスト」なのだ。

この脅威的な存在となった「反キリスト」のアンジェラの野望を誰か食い止める事が出来るのか。
それとも時間をじっくりとかけながら最終的には世界に終末を与えてしまうのか。

明確な結末を映し出さないまま映画は終わり、ただただ大変な事態になってしまったという嫌な予感とこれから待ち受けているであろう恐怖的な余韻を激しく残すので、鑑賞した殆どの方が続きが観たいと思わされるに違いない。

続編があるなら是非観てみたいけれども、色々と想像力を膨らませ「今後はこういう話になっていくんじゃないかなぁ」と個人の頭の中で内容を作り楽しませるという意味ではこの1本で終了させるのも有りかも。

これまで多くの悪魔憑きホラーは観てきたが、それら殆どが取り払うまでの内容だった。
本作もそんな感じなのかと思っていただけにまさか悪魔を超えた世界を破滅させる“存在”が誕生するまでを描いた作品だったとは予想の遥か斜め上を行っていて、描写そのものには震える程の怖さは無かったものの、光景と信じ難いストーリーの流れには味わった事の無いものばかりだったので、新鮮な気持ちで鑑賞出来て、悪魔憑きホラーでもこういう話も作れるんだと、そこに一番面白さを感じた作品だった。

これはお決まり、悪魔憑きホラー定番の海老反りシーンは本作にも健在。

オープニングにも集中して映し出されるので海老反り好きは要注目。
三位一体として喉から3つの卵を吐き出す場面は衝撃的だったが、そういう目新しい描写が複数観られるてのが本作の長所ではあるだろうね。

評価:★★★
16/09/23DVD鑑賞(新作)
バナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2016-09-02
メーカー:エイベックス・ピクチャーズ

オフィシャル・サイト(日本語)

この記事をはてなブックマークに追加

ちはやふる -上の句-

2016年09月22日 14時21分16秒 | 邦画ドラマ
2016年
日本
111分
青春/ドラマ
劇場公開(2016/03/19)



監督:
小泉徳宏
『ガチ☆ボーイ』
原作:
末次由紀『ちはやふる』
脚本:
小泉徳宏
主題歌:
Perfume『FLASH』
出演:
広瀬すず綾瀬千早
野村周平真島太一
真剣佑綿谷新
上白石萌音大江奏
矢本悠馬西田優征
森永悠希駒野勉
清水尋也須藤暁人
久家心千早(少女時代)
山田瑛瑠太一(少年時代)
加部亜門新(少年時代)
坂口涼太郎木梨浩
松田美由紀宮内妙子
國村隼原田秀雄



<ストーリー>
“競技かるた”に情熱を懸ける高校生たちの友情、恋愛、成長を描いた青春ドラマ。

強くなる――
青春ぜんぶかけて


-感想-

“机くん”の存在が本編キャラの中で一際異彩を放っている。

なんかこういう自分だけ「蚊帳の外」みたいに感じて不貞腐れる奴、好きかも。
なんでかって?
私がそういう性格だから(笑)。
けどその姿を察し駆け寄ってくれて一生懸命に励ましてくれる、頼りにしてくれる仲間が居るのよね。
「お前は絶対に数合わせじゃない。大切なチームの一員なんだ」
笑ったり泣いたり怒ったりと、ガリ勉らしい感情の浮き沈みが激しい“机くん”だけど、こいつが一員であってくれたお陰で、彼を中心にしたシーンはちょいちょい涙腺緩みましたわ。

最後の決勝戦。
あれは太一が放つ圧に相手が負けたと言っても過言ではないでしょう。
気迫で勝てた。
気迫に飲まれて負けた。
競技かるたも一種の格闘戦ではあるだろうから、向き合った人間のどちらが冷静さを保っているのか、先の先を読めているのかで勝敗も大きく変わってくる。
それを太一が取り戻せた、対戦者が持っている精神力よりも上に行った結果の決して諦めない気持ちで奪い取った勝利だったと思う。

恋敵である新に千早を奪われたくない、その千早にカッコいい姿を見せ付けたいという一心だけで幼少時から自覚はしているけど止められなかった性悪な行動。
しかし太一は気持ちを入れ替え堂々と恋に戦ってやるとようやく真っ当な「男」になる。
だが、新から電話越しで聞いた言葉は「もうかるたはやらない」。
え?何故やらない?
もう会えないのか?
そりゃ太一も戸惑うだろう。
私も戸惑った。
ケジメをきちんと付けたのに返ってきた言葉がこれだもの。
新がそう口にした意味、理由は不明のまま終幕。
答えは「下の句」で判明するのだろうが、予告で観れた全国大会で相手となる最強の敵(女性)も同時に凄く気になってきた。
早く続きを観たいと思わせる見所が多く詰まった青春映画だったなあ。
来月中旬のレンタル開始日が待ち遠しいや。

今作の顔は可愛いが性格が余り良くない女優図鑑
今メディアに引っ張りだこで良い意味でも悪い意味でも何かと話題に上っている広瀬アリスの妹、広瀬すずちゃん。
バラエティ番組とかで少しは観たことがあるけれど、こういう映画やドラマで演技しているすずちゃんを観るのは今回が初めてかも。
「どうして音声さんはこの仕事に就きたいと思ったんだろう」とか軽く言っちゃって炎上しまくってますが、まだ子供心の抜けていない思ったことは遂口に出てしまう少々天然気味な子なんだと私はそう感じています。
演技は表情豊かで台詞回しも悪くはなく、事務所が推したくなるのも分かる位に自分が持つ色んな魅力を全力で引き出せている若手女優の一人である事には間違いはないでしょう。



顔ブッサww
すぴーて鼻息鳴らしながら寝る子、実写でリアルに観た事今までないから白目のブサ顔と相俟ったのもあってか笑ってしまったw
逆に言うとこういうブサ顔すらも平気で出来ちゃうんだなと、要は褒めているんですよええ。
ほい、すずちゃんファンの為に愛らしい顔したシーンも貼っておきますよ。



広瀬すず派か橋本環奈派か。
この論争は当分続くんだろうな~。

評価:★★★★
16/09/22DVD鑑賞(新作)
バナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2016-09-21
メーカー:東宝

オフィシャル・サイト

関連作:
『ちはやふる(2011)』(アニメ版第1期)
『ちはやふる2(2013)』(アニメ版第2期)
『ちはやふる -上の句-(2016)』(実写映画版前編)
『ちはやふる -下の句-(2016)』(実写映画版後編)
トラックバック (19)
この記事をはてなブックマークに追加

ドルフ・ラングレン 処刑鮫

2016年09月21日 14時14分29秒 | 洋画アクション
SHARK LAKE
2015年
アメリカ
93分
アクション/サスペンス
劇場未公開




監督:
ジェリー・デューガン
製作:
ジェリー・デューガン
ドルフ・ラングレン

出演:
ドルフ・ラングレン
サラ・マラクル・レイン
リリー・ブルックス・オブライアント
ジェームズ・チャルク




<ストーリー>
ある湖畔の町で警官として働くメレディスは、犯罪者・クリントの逮捕に成功。それから数年後、仮出所したクリントが町に戻るのと時を同じくして湖で人々が鮫に襲われる事故が多発し…。

-感想-

うん、面白くないね、つまらんね。
こんな映画に出るようになったらラングレンも俳優としては末期に入ったと思われても仕方がないぞ。
しかもこれラングレンが主役なのか警官役の女優が主役なのかすらも分からん。
画面に映っている割合は明らかに女性警官の方が多かったですし。

適当過ぎる描写、強引過ぎる演出、そして呆気ないにも程がある鮫退治。
婆さん何故に湖を泳いでいるのよww
盛り上がりの乏しさだけが際立ち、何でこんな映画撮ったんだろう、それ以上に何でラングレンは製作に名を連ねてまでこの作品に出たかったんだろうと首を傾げたくもなる。
惹かれる要素なんて殆ど無い気がするんですけど。

ただラストで俺の最大の見せ場だ!と言わんばかりに鮫と素手で格闘するラングレンの勇姿にはちょっと笑った。

伊達に「人間核弾頭」と愛称付けられている訳じゃねぇんだよ、これが俺流の鮫退治だ!!

その心意気は褒めたくはなるが、結局鮫の方が強くてボロボロの姿で生還するのを見ちゃうと、ラングレン老いたなと特にファンでもないけど作品の出来具合も重なり悲しくはなった。

自信満々で鮫退治に挑むも速攻食われる鮫ハンター、何でか経緯説明も無くパトカーに乗せられて凹んでいるラングレンの元ボス。
そして女性警官に恋して力を貸すも最終的には鮫に食われる学者。

この3人、出演時間それなりに長いのに退場の仕方がとても残念。
出番多く与えている割には扱い方が雑じゃないですかねぇ。

今作の可愛い子役図鑑

ラングレンの娘カーリーちゃん。
どうしても父に会いたくて一人で探しに行っちゃう健気さ。
世話が焼ける子だぜ(そこが愛おしい)。

評価:★★
16/09/21DVD鑑賞(準新作)
バナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2016-08-03
メーカー:松竹

切り株画像はこちら
トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

切り株画像(映画『ドルフ・ラングレン 処刑鮫』より、鮫の餌と化す者達)

2016年09月21日 14時02分51秒 | 切り株“TV”画像(閲覧注意)
【ネタバレ注意】
突如湖に姿を現した巨大鮫(原因はラングレン)。
少しでもその湖に足を踏み入れるともう直ぐそこに切り株求めて鮫は近付いている!


ズタズタに食われまくって死ぬ爺さん。

お姉さんの足をパクッ。

片足損失、噴出す血飛沫。

学者が湖の底で発見した残りカス(腕一本)。

切り株度(1/5)

レヴュー:『ドルフ・ラングレン 処刑鮫』
バナーポチお願いします
にほんブログ村

この記事をはてなブックマークに追加

図書館戦争 BOOK OF MEMORIES

2016年09月20日 14時20分21秒 | 邦画ロマンス
2015年
日本
100分
ロマンス/アクション/サスペンス
TVM




監督:
佐藤信介
『図書館戦争 THE LAST MISSION』
原作:
有川浩『図書館戦争』シリーズ
出演:
岡田准一堂上篤
榮倉奈々笠原郁
田中圭小牧幹久
福士蒼汰手塚光
西田尚美折口マキ
橋本じゅん玄田竜助
栗山千明柴崎麻子
石坂浩二仁科巌
土屋太鳳中澤毬江
中村蒼朝比奈修二
相島一之尾井谷隊長
中原丈雄笠原克宏
相築あきこ笠原寿子
松坂桃李手塚慧



<ストーリー>
図書特殊部隊に所属する笠原郁はある日、聴覚障害のある女子高生と出会う。

-感想-

実はこれ、TV放映された際に録画して暇な時に観ようとそのままにしてたら、親父が何時の間にかその録画を観て勝手に消していたという経緯があるのです。

俺、まだ観てないのに!!

という訳で金出してレンタルする羽目になってしまった。
新作料金では借りたくなかったので旧作落ちするまで待って今ようやっとですわ。

いやぁ良い話だった。
メインは聴覚障害を持つ土屋太鳳ちゃん演じる中澤毬江と年の差離れているけど小さい時から仲が良かった彼女の近所に住む小牧教官とのエピソード。
もう一つは田舎から旅行も兼ねて職場見学に来た笠原郁の両親のエピソード。

郁は両親に嘘の部署勤めを知らせている為に、何とか最後まで誤魔化そうと一人アタフタする。
が、結局バレる。
危険な仕事に就かせる訳にはいかないと実家に連れ戻そうとする両親(主に母親)を郁がしっかりと説得できるのかどうかが見所で、その母子喧嘩に堂上が巻き込まれる。

同時進行として小牧が毬江に障害者を扱った恋愛小説を薦めた為に、「未成年の障害者を虐待する行為」だとして良化隊に拘束されてしまう。
どうにかして救い出せないかと図書隊は会議を重ねるが結論までには至らない。
そんな中、毬江が自ら彼の潔白を証明する事を申し出て、マスコミを集めて会見を開く方向へと話が進んでいく。

TV用に作られたSPドラマなので、映画版みたく派手な銃撃戦とかのアクションは一切ない。
あくまでも、家族愛と男女愛に主を置いた感動物語として作られている為に手に汗握るという事はほぼ無いが、丁寧に作られた両エピソードを上手く織り交ぜながらの大団円には誰もが心を温かくさせられるはずである。

私もどちらかと言えば突然不幸に襲われた女性には弱い人間なので、小牧の行動にはとても共感を得られるものがあった。
毬江の姿を時には近くから、時には遠くから優しい目で見守る小牧に胸キュン。

郁が両親に対してはっきりとした態度を取らない事に苛立ち、怒りに似た喝を入れる堂上の上司としての優しさにも胸キュン。
この2人が図書隊の会議中に口喧嘩を始めるのだが、これが子供の言い合いみたいで可笑しかった。



チビ呼ばわりされる堂上。
「背の高さは関係ないだろ!」

痛い所突かれて漢・堂上、動揺隠せずww
だって事実だからね。

(参考画像)
自分が低身長なのは否定出来ないわな(笑)。
心の中では「ぐぬぬぬぬ」と反論できず悔しがっていたに違いない。

ま、喧嘩する程仲が良い、て事で。
よ!お二人さん、お似合いのカップルだよ!
と茶々を入れたくなるよね。

ラストで解放された小牧が彼の無事を確認し喜びながら駆け寄り思い切り抱き付く毬江の耳元でそっと呟いた一言は男前だった。
純粋な愛を裏切らず何時までも大切にせなあかんよ、小牧教官。
その2人の抱き合う姿を後方で見ていて何故か顔を赤らめて「いやん素敵♪」風に体を悶えさせていた郁ちゃん可愛過ぎ。

面白いと思う以上に素敵な内容だったと思えるSPドラマでした。
頭をポンポン撫でられてやっぱり堂上教官が「王子様」だったんだ!と郁が確信するラストも良いよね~(ニヤニヤw)。

情報量豊富、決して騙されない先見の明を持つ柴崎さん。
流石図書隊屈指の諜報員だけのことはある、恐れ入りました。

評価:★★★★
16/09/20DVD鑑賞(旧作)
バナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2015-10-09
メーカー:TBSテレビ

オフィシャル・サイト

関連作:
『図書館戦争(2008)』(TVアニメシリーズ)
『図書館戦争 革命のつばさ(2012)』(劇場版アニメ)
『図書館戦争(2013)』(実写劇場版)
『図書館戦争 BOOK OF MEMORIES(2015)』(実写ドラマスペシャル)
『図書館戦争 THE LAST MISSION(2015)』(実写劇場版第2弾)
トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2015【作品リスト】

2016年09月19日 15時11分41秒 | 管理人より御挨拶
『青、そして少しだけピンク』
『アナーキー』2015/09/02レンタル開始
『イグジスツ 遭遇』2015/08/05レンタル開始
『イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち』2015/08/05レンタル開始
『鰻の男』2015/09/02レンタル開始
『エヴァリー』2015/07/03レンタル開始
『クーキー』
『恋するブロンド・キャスター』
『ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール』
『孤独の暗殺者/スナイパー』
『殺し屋チャーリーと6人の悪党』2015/08/05レンタル開始
『最後の1本~ペニス博物館の珍コレクション~』
『最後まで行く』2015/07/03レンタル開始
『ザ・タイガー 救世主伝説』
『ザ・ナイトメア』2015/09/02レンタル開始
『ザ・ヴァンパイア~残酷な牙を持つ少女~』
『ザ・ヴェンジェンス』2015/08/05レンタル開始
『セシボン』
『ダークウォッチ 戦慄の館』2015/07/03レンタル開始
『飛べないコトリとメリーゴーランド』
『虎影』
『ネスト』2015/10/02レンタル開始
『パロアルト・ストーリー』2015/09/02レンタル開始
『ピエロがお前を嘲笑う』2016/01/08レンタル開始
『ビデオゲーム THE MOVIE』2015/08/05レンタル開始
『プラスティック』2015/09/02レンタル開始
『フロム・ザ・ダーク』2015/06/03レンタル開始
『ベアリー・リーサル』2015/08/04レンタル開始
『真夏の夢 A Midsummer Dream』
『メガ・シャークVSグレート・タイタン』2015/07/03レンタル開始
『モンスター 変身する美女』2015/09/02レンタル開始
『優しい嘘』
『善き人に悪魔は訪れる』2015/11/04レンタル開始
『ライフ・アフター・ベス』
『リバービースト ある半魚人の憂鬱』
『リメイニング』2015/10/02レンタル開始
『Mr.タスク』2016/01/06レンタル開始
『SEX エド チェリー先生の白熱性教育』
『SEXテープ』
『WISH I WAS HERE/僕らのいる場所』

この記事をはてなブックマークに追加

フロム・ザ・ダーク

2016年09月19日 15時09分59秒 | 洋画ホラー
FROM THE DARK
2014年
アイルランド
90分
ホラー
劇場公開(2015/05/20)



監督:
コナー・マクマーン
『道化死てるぜ!』
製作:
コナー・マクマーン
脚本:
コナー・マクマーン
出演:
ニアフ・アルガー
スティーヴン・クロムウェル
ジェリー・オブライエン
ゲド・マーリー




<ストーリー>
アイルランドの片田舎をドライブ中に車が故障したサラとマークは、ある一軒家に助けを求める。だが、住人の様子がおかしいと気付いた時、マークが謎の怪物に噛まれてしまう。

-感想-

人件費削除。
予算限りなく少なめ。
舞台は郊外に建てられた古い一軒家のみ。

暗闇に重点を置いたB級ホラーです。

序盤からチラチラと何かの影が映る所がすっごく怖い。
薄明かりの中、時には遠くで、時には直ぐ傍で何かがヒロインを標的にして動いている。

あ!あそこに映っている!!
と何度一時停止させてじっと観た事か。
一瞬だけなので余計に気になる上手い演出。

この何かは土の中から目覚めた怪物なんだけれど、正体は最後まで一切明かされなかった。
人型の怪物で暗闇でしか活動出来ないてのだけ分かったけれど、何故今まで土の中で眠っていたのかの怪物に対しての詳細はなし。

当然弱点は「光」系になるて事で、こういう状況になると強さと勇気を発揮するのがヒロイン。
男は急に役立たずになる、足を引っ張る、感染して怪物化し事態をややこしくさせる等の要素はこの手のジャンルでは定番であり、それらを乗り越えながらヒロインが孤独に奮闘していく。

初め、電気スタンドを使い危険を凌いでいたものの後に使い物にならなくなり、シーンが進行するに連れてどんどん「光」系アイテムがランクダウンしていく部分は恐怖さを助長させていてハラハラドキドキ度もうなぎ上り。
終盤になると直ぐに消えるマッチ頼りでしたからね。
殆ど周りを照らさない状態での機転を利かせたヒロイン一発逆転勝利には危機を脱した達成感を味わえ、優越な朝日を鑑賞者も浴びる事が出来るのですが、ちょっと腑に落ちないのが、ヒロインも怪物の攻撃を首に食らってましたよね?
傷を負った冒頭のおっさんと、ヒロインの彼氏は当たり前の様に怪物と化してたけど、何でヒロインはそういう形にならなかったんだろう。
あっもしかしてこの怪物ってのは吸血鬼なのかな。
噛まれると変身しちゃうって事か(それならば合点がいく)。
ただラストカットは意味深ではありましたが。

ヒロインは指も噛まれて傷を負い、変身しない為に自分でその指をノミ道具使用して切断してましたけれど、思い切りぶった切った割には苦しみ方がえらい普通でした。
滅茶苦茶痛いんじゃないの?ああいうのって(良くは知らんけど)。
もっと転げ回るくらいに悲鳴上げて苦痛の顔を浮かべてもおかしくはないと思うのだが、多分彼女は精神的にも肉体的にも激しい痛みに耐えられる芯の強い女性なんだろうなあ。

少しカメラワークが変にゆらゆらと動き過ぎて巧く場面を捉えていない様にも感じましたが、一夜限定の悪夢的なダークネスホラーを予想以上に楽しめました。

評価:★★★☆
16/09/19DVD鑑賞(旧作)
バナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2015-06-03
メーカー:ブロードメディア・スタジオ

情報
<カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2015>
トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加