千代田グルメ遺産

首都東京の中心部「千代田区」内にある名店の蕎麦や寿司など、未来の世代に引き継ぐべき貴重な食物遺産を紹介しています。

KUFUKU±暮富食(外神田)の「時季のコース」「KUFUKU±ランチと前菜」「デザート」等

2019年11月17日 | フレンチ
【令和元年11月某日 調査・登録】
 こちらの店「KUFUKU±暮富食」は、東京メトロ末広町駅から徒歩3分ほどのところにある古民家フレンチレストランです。築70年とも言われる青果問屋兼住居だった古民家をリノベーションし、本年5月にオープンしました。シェフは、日本を代表する豪華客船「飛鳥Ⅱ」にシェフとして乗船し、世界中を巡った経験を持つ竹中誠治氏で、フレンチと和食のフュージョン料理を楽しめます。






 内装はこんな感じです。うまくリノベーションされています。








 フォークとナイフだけでなく、お箸も用意されています。


 さあ、料理をいただきましょう。こちらは「時季のコース」です。アミューズ+まいたけとマッシュルームのブルーテ+前菜+メイン+パン+ドリンクで構成されています。
 まずは「アミューズ」です。白味噌で和えたレバーペーストと牛蒡等を最中に挟んでいただきます。なかなか美味です


 こちらは「まいたけとマッシュルームのブルーテ」です。新潟産の舞茸がレモンビネガー等で味付けされています。


 「前菜」は、3種の中から選べます。「ブリのカルパッチョ」をチョイスしました。クランベリーやフランボワーズが添えられており華やかです


 「メイン」は2種の中から選べます。「和牛ほほ肉のワイン煮込み」をチョイスしました。柔らかく煮込まれ、とても美味です




 こちらは「パン」です。


 ドリンクは「赤ワイン」をチョイスしました。国産ワインだそうです。


 次は「KUFUKU±ランチと前菜」をいただきましょう。KUFUKU±ポテトサラダ+まいたけとマッシュルームのブルーテ+メイン+パンorライスで構成されています。
 まずは「KUFUKU±ポテトサラダ」をいただきましょう。北海道産じゃがいも「キタアカリ」が使われています。


 こちらは「まいたけとマッシュルームのブルーテ」です。


 「メイン」は2種の中から選べます。「豚フィレのパン粉焼き」をチョイスしました。パン粉には春菊が塗され、キャベツ・いしり・アンチョビのサラダも入っています。




 こちらは「ライス」です。


 アルコールは追加で「白ワイン」を頼みました。クロアチア産だそうです。


 「デザート」や「コーヒー」も追加オーダーしました。「デザート」は「メレンゲをまとったクレームダンジュと季節果物」です。甘さ控えめのヨーグルト味が美味です


 「コーヒー」も美味しく入れられています。


 ごちそうさまでした。温かみのある古民家でとても美味しいフュージョン料理をいただけました。

★KUFUKU±暮富食
 所在:千代田区外神田4-11-8
 電話:03-5244-4329
 品代:時季のコース2,300円+(和牛)500円+(ワイン)300円、KUFUKU±ランチと前菜1,600円、白ワイン600円、デザート500円、コーヒー300円

コメント   この記事についてブログを書く
« Manuel Tasca do Talho(丸の... | トップ | 「ミシュランガイド東京20... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

フレンチ」カテゴリの最新記事