村雨庵 茶の湯日記

日々是茶の湯

幾山河

2018-08-09 20:11:17 | Weblog
幾山河さすらふよりもかなしきは
都大路をひとり行くこと
芥川竜之介

午後から茶友カヤマ様が
お見舞いに来て下さった
用件もあり
ひと通りのお喋りを終えると
バックから包みを取出され
お抹茶と茶筅
それに彫唐津の茶箱用茶碗
「お茶を点てましょうか」と
久しぶりに聞く言葉
でもここお湯がないんだ
残念
で写真だけ
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 雨中天 | トップ | 道の辺に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事