Sunday Song Book #1323

2018年02月18日 | Sunday Song Book

2018年02月18日プレイリスト
「棚からひとつかみ+リクエスト」
1. ヘロン / 山下達郎 '98
2. WHO LOVES YOU BETTER / THE ISLEY BROTHERS '76
3. HEY LITTLE GIRL / THE FLYING MACHINE '70
4. DON'T LOOK ANY FURTHER / DENNIS EDWARDS feat. SIEDAH GARRETT '84
5. CLOSE YOUR EYES / THE RONETTES "BIG HITS & UNRELEASED TRACKS" '17('6?)
6. FEBRUARY BRINGS THE RAIN / JULIE LONDON "CALENDER GIRL" '56
7. SAVE THE LAST DANCE FOR ME / THE DRIFTERS '60
8. GET BACK IN LOVE / 山下達郎 '88
---------------------------------------------------
■内容の一部を抜粋
・近況
「雪で大変だというお便りたくさんいただいております。お見舞い申し上げます。オリンピックのほうは日本勢が活躍してるようですけれども。私、曲書きがようやく一段落しまして、今週からまた違う曲書きに入ります。どこが一段落かわかりませんですけれどね(笑)。一難去って一難じゃない、そんなこと言っちゃあいけない。一個終わってまた次がはじまる。仕事しております。相変わらずがんばってます」と達郎さん。

・棚からひとつかみ+リクエスト
今週はいつものレギュラー・プログラム「棚からひとつかみ」。それにリクエストをちょいとまぶして先週に引き続いて「棚つか+リクエスト」。

・ヘロン
今は冬季オリンピック真っ最中。冬季オリンピックの季節になると「ヘロン」へのリクエストが増えるそうだ。「まっ、20年ほど前にそういうことがありまして」と達郎さん。

・WHO LOVES YOU BETTER
「唯一無二。比類なきアイズリー・ブラザーズ。仕事が一段落したときには景気のいいやつが聴きたくなる」と達郎さん。1976年のアルバム『HARVEST FOR THE WORLD』からのシングル・カット「WHO LOVES YOU BETTER」。

・HEY LITTLE GIRL
和歌山市の超常連のリスナーからのリクエスト。ザ・フライング・マシーンはイギリスの4人組のヴォーカル・インストゥルメンタル・グループ。名プロデューサー、ソングライターのトニー・マコーレの「笑ってローズマリーちゃん」の大ヒットで人気が出た。このリクエストの「HEY LITTLE GIRL」は後期の作品で1970年のシングルのB面としてリリース。

・DON'T LOOK ANY FURTHER (feat.Siedah Garrett)
デヴィッド・ラフィンの代わりにテンプテーションズのリード・ヴォーカルになったデニス・エドワーズが2月1日に亡くなった。享年74歳。1984年のソロ・アルバム『DON'T LOOK ANY FURTHER』からシングル・カットされた「DON'T LOOK ANY FURTHER (feat.Siedah Garrett)」は全米ソウル・チャート2位。プロデュースはデニス・ランバート。

曲をかけおえて。達郎さんはブロデューサーのデニス・ランバートの特集を計画中で、曲のリストは作ってあるけれど、レコードを出してきてリマスタリングする時間がないとか。夏までにはやってみたいそうだ。

・CLOSE YOUR EYES
突然、昨年末にロネッツの未発表曲を含むCDが出た。『EVERYTHING YOU WANTED TO KNOW ABOUT... THE RONETTES BUT WERE AFRAID TO ASK』というタイトルで『ファビュラス・ザ・ロネッツ(Presenting The Fabulous Ronettes Featuring Veronica)』のステレオ・ヴァージョンが入っていて(あまり音はよくない)、ヨーロッパ盤のブートレッグのようなものらしい。このCDに未発表曲が入っていたので達郎さんは購入したとか。けれども何のデータもないそうだ。「PADRE」と「CLOSE YOUR EYES」と「SOMEDAY」の3曲。この中から「CLOSE YOUR EYES」。「まぁ、これ'60年代の当時の録音だと思われます。たぶんバリー/グリニッチの曲のような気がしますがわかりません。でもゴールドスターの音がしております」と達郎さん。

・今後の予定
来週は曲書きのためスケジュールが詰まってるので番組は前倒しして収録とのこと。新年度に向けてリクエスト大会を行うつもりなのでリクエスト、お便りを募集中。

■リクエスト・お便りの宛て先:
〒102-8080 東京FM
「山下達郎サンデー・ソングブック」係

・BRUTUS SONGBOOK リクエスト特集
サンデー・ソングブック25周年の企画で雑誌の「BRUTUS」とサンデー・ソングブックがコラボした「特集 山下達郎のBrutus Songbook 最高の音楽との出会い方」が2月1日に発売された。記事の中で取り上げられてる曲のリクエスト、記事の中でよくわからないことについての質問等を受け付けて3月4日に特集をする。題して「BRUTUS SONGBOOK リクエスト特集」。BRUTUS SONGBOOKリクエストに応募したリスナー25名に、BRUTUS「特集 山下達郎のBrutus Songbook 最高の音楽との出会い方」の表紙をB2のポスターにしてサイン入りでプレゼント。いつものようにハガキでのリクエスト、お便りに加えて、今回はメールでのお便り、リクエストも受け付ける。
tatsuro@tfm.co.jp

・FEBRUARY BRINGS THE RAIN
先週、二月の歌はあまり大したことがないと言ってジャイアント・フラワーをかけたら、長崎県諫早市のリスナーからジュリー・ロンドンの「雨降る2月」(「FEBRUARY BRINGS THE RAIN」)にリクエストが来た。1956年のジュリー・ロンドンのアルバム『CALENDAR GIRL』は、大瀧詠一さんの『NIAGARA CALENDAR』の、たぶんアイディアの元ネタと思われる。

・SAVE THE LAST DANCE FOR ME
ゴルフで怪我をしたという24歳のリスナーからのリクエストでザ・ドリフターズの「SAVE THE LAST DANCE FOR ME」。1960年に全米NO.1を3週続けたミリオンセラー。日本では越路吹雪さんの「ラストダンスは私に」というシャンソンで知られている。ザ・ドリフターズのオリジナルはドク・ポーマス、モルト・シューマンの共作でロックンロール。プロデュースはジェリー・リーバーとマイク・ストーラー。ベンE.キングはこのもう一作後で、ドリフターズから脱退してソロに転身する。作詞のドク・ポーマスは小さい頃に小児麻痺を患い、ダンスができなかったので、そこからこの歌を発想したという逸話がある。

・スティービー・ワンダーのハーモニカについて
宇都宮市の超常連のリスナーはスティービー・ワンダーの「HAPPY STREET」にリクエスト。「間奏のハーモニカはスティービー自身の演奏でしょうか?」という質問。
アネットの映画『ビキニ・ビーチ』にスティービー・ワンダーが登場してじぶんでハーモニカを吹いているそうだ。

・GET BACK IN LOVE
東松山市のリスナーから、2017年の初頭から白血病で入院して、退院できたらハガキを書こうと胸に秘めて闘病し、暮に無事退院したというお便り。リクエストは「GET BACK IN LOVE」。
1988年のアルバム『僕の中の少年』からのシングル・カット。今年は『僕の中の少年』30周年なのでリマスター盤を出したいと思いますと達郎さん。

・番組の終わりに
「来週は前倒しですのでお天気の話申し上げられません。本当に雪が大変でございます。北の方々、くれぐれもお気をつけて」と達郎さん。

2018年02月25日は、「リクエスト特集」
http://www.tatsuro.co.jp
『ラジオ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Sunday Song Book #1322 | トップ | Sunday Song Book #1324 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Sunday Song Book」カテゴリの最新記事