気ままな思いを

何気ない日々のこと 感想 思いなどを
綴る雑日記です 

一日遅れの「土用の丑の日」でした

2014-07-31 | 飲食物


昨日30日、一日遅れでしたが、うなぎを食べてきました。

29日の丑の日には、外出せずに、カーテン洗いを繰り返していたのです。
レースのカーテン、布地のカーテンと何回洗濯機を回したでしょうか。
まだ、大きい布地のカーテン4枚が残っていますが、後日にする予定です。




華屋与兵衛(はなやよへい) 土浦真鍋店にて

日本で暑い時期を乗り切るために、栄養価の高いうなぎを食べる習慣があります。

由来として、平賀源内説。
商売がうまくいかないうなぎ屋が、夏に売れないうなぎを何とか売るため、平賀源内のところに相談に
行き、源内は「本日うしの日」と書いて、店先の貼ることを勧め、そのうなぎ屋は大変繁盛した。
他のうなぎ屋もそれをまねるようになり、土用のうしの日に、うなぎを食べる習慣が定着した。

「うしの日」にうの字がつくものを食べると、夏負けしないという風習があるとされる。

                        検索にて



白玉クリームあんみつ・・・前回のときに、プレゼント券をいただきましたので、券を使いました。
冷たくて、美味しかったです。

 

 

 

 


 

コメント

枝を切ったコリウスを、鉢植えに・・・

2014-07-30 | 雑感想


鉢植えのコリウス、横に飛び出していた枝を切って、コップに入れておきました。



気がつきましたら、根が出ているではありませんか。



これだけ出ていれば、鉢植えにしても大丈夫?・・・と思って。



7月28日、鉢植えにしてみました。
枝が少しカーブしたままでしたが・・・・・。



7月30日、少し姿勢がよくなり、真っ直ぐの状態になってきました。
根が、土になじんできたのでしょうか。
枯れませんようにと、願っていますが・・・育ってくださ~~い。。。

コリウス=シソ科  和名=金襴紫蘇(キンランジソ)、錦紫蘇(ニシキジソ)
             さし芽も出来るそうです。

通常では一年草として扱うが、原産地では宿根草である。
このため、冬に暖かい室内などに入れておけば、越冬できるそうです。
        ( 検索にて )

 

 

 

 

コメント

芥川賞「abさんご」を読んで

2014-07-28 | 読書


黒田 夏子さん、史上最高齢75歳にて、
「abさんご」で第148回芥川賞を
受賞された方です。

「abさんご」は横書きで書かれた作品で、横書き作の小説による受賞は、
芥川賞史上初とのことです。

戦前から戦後まで生きてきた黒田さんの、自伝的小説ともいわれ、登場人物の
名前や性別をあえて明らかにしないなど、特徴のある作風。
(この部分は検索にて)








「abさんご」は横書きで左側から、「毬・タミエの花・虹」は縦書きで右側から読む、
前代未聞のリバーシブル本です。(リバーシブル表紙にも書かれていますが)

「abさんご」は、私には難しい作品でした。
カタカナやカギカッコを一切使っていない、ひらがなをたくさん使った文体で、
どこで区切って読んだらいいのかと、戸惑うことの多い作品で、一度読んで
理解できれば、幸いではないかと思うくらい、私の読む力不足を感じた作品でした。

読んでから検索してみましたら、
「昭和の知的な家庭に生まれひとりの幼子が成長し、
両親を
見送るまでの美しくしなやかな物語が隠されています。
幼少から後年までの
記憶を15の断章でおりなした抒情性豊かな物語。」
と出ていました。


文中より
蚊帳を「へやの中のへやのようなやわらかい檻」と。
傘を「天からふるものをしのぐためのもの」と記しています。

なかがきに、
とりわけこの、ともすれば読みにくいをして、のっけから排除されがちな
異相の作品を、なんのじょうけんもつけずにまるごと受けとめてくださった・・・・」
と黒田さんは、感謝の意を表していました。

検索で得た知識をかてに、もう一度じっくり読んでみようと思っています。

 

 


 

コメント

霞が浦総合公園・花ハス園へ

2014-07-27 | 植物・花


昨日、霞が浦総合公園の水生植物園・花ハス園に行ってみました。
暑い中でしたが、今年は地植えにしたということで、行ってみたのですが・・・。

昨年まで、鉢の中に植えられたハスを、鉢ごと囲まれた池の中に入れたもので、
生長がよくなかったようです。

今年は、地植えにしたということを新聞で知り、開花を楽しみにしていました。

昨年と今年の開花の様子です。



昨年の開花の様子・・・鉢ごと池の中に・・・。



今年の開花の様子・・・鉢を取り除いて、地植えにした開花の様子です。
鉢の中では、根が自由に伸びずに、地植えにしたら伸び伸び根をはらして、元気な様子です。

↓ クリックにて、大きな画像にてどうぞ!!

    

↓ ツボミのハスもどうぞ!!

      


    




水車も元気に回っていました。

周りの湿地には、アサザ、ミソハギ、アヤメなど。。。。。

 

 

 

コメント

カラスウリの花です

2014-07-26 | 植物・花


毎年楽しみにしているカラスウリの花・・・昨日ウオーキングの途中で、
ツボミを取ってきました。

カラスウリの実のなる場所が、ウオーキングしていて分かっていますので、
テイッシュ何枚かを湿らせて、ナイロン袋に入れて用意していきました。

少し時期的に、遅かったのでしょうか。
すでに実がなっているものもあり、何本かツボミを取ることが出来ました。
ツボミは、湿ったテイッシュに包んで、持ち帰りました。




22:29に写したものです・・・もう少し開いてくれるとよかったのですが・・・。

    

13:59~20:25~21:31~22:28~23:18=時間を追って写したものです。
クリックにて大きな画像にてどうぞ!!




日没後に開花しますが、外の自然な状態と違いますので、レース状の広がりも
少なかったようです。

雌雄異株で、ひとつの株には雄花か雌花かのいづれかの実がつきます。
朱色のカラスウリの実の花が、このようなレース模様の繊細な花には、驚きでした。

名前の由来は、この赤い実を鳥が好んで食べることから「カラスウリ」。

今年も、レース状の広がりは少なかったですが、部屋の中で見ることが出来ました。

 

 

 

コメント

風土記の丘・大賀ハスを・・・

2014-07-22 | 植物・花


昨日、石岡市風土記の丘に、大賀ハスを見に行ってみました。
花数は少ないのですが・・・。



クリックにて大きな画像にてどうぞ!!

      
                                               ガマの穂です



大賀ハスとは、今から200年以上前の古代ハスの実から、発芽開花したハスです。


 

 

コメント

なぜ正座で足がしびれるの?

2014-07-20 | 言葉の意味は


正座していて、立ち上がるときに足がしびれて・・・という経験は
沢山の方が、お有りかと思います。

************************************

どうしてしびれるのでしょうか?。

人間の体には温度や振動、痛みなどを脳に伝える「感覚神経」と、
筋肉を動かす脳からの指令を伝える「運動神経」が張りめぐらされている。
脳の指令や痛みは、電気信号の形で伝わるんだけど、正座すると、
この信号がおかしくなります。

正座すると、血流が悪くなり神経細胞に栄養が足りなくなると、電解質の
バランスが保てなくなり電気が起こり、これがジンジンしたしびれとして
脳に伝わります。

正座をやめた後のほうがかえって痛いのは、
正座をやめて血液が一気に戻ると、今度は元のバランスに戻そうとポンプが
動き過ぎて、いつもは電気が生まれない神経の場所にも電気が発生します。
そうすると、異常な信号が生まれて、ピリピリしたしびれを感じます。


*** 朝日新聞・DO科学より抜粋にて ***

しびれない方法は?
足に行く血液を止めないことが大切だそうです。
体重を前にかけるようにして、背筋を伸ばし、ひざの裏に少しでも
すきまをあ
けるようイメージする、とよいそうです。



フラワーパーク・温室内の花です・・・・・

 

 

コメント

フラワーパークの「やまゆりまつり」へ

2014-07-18 | 植物・花


昨日、時々の晴れ間を利用して、午後フラワーパークに出かけてみました。

やまゆりは山頂に咲いていますので、山登りをかねてのいい汗をかきました。
と言っても、途中で何回か足をとめて、水分補給しての散策でした。



河津桜の木の下に、咲いています。

クリックにて、大きな画像にてどうぞ!!

         

やまゆり~別名=鳳来寺百合(ほうらいじゆり)
和名は山中に生えることから、付けられたそうです。
夏に咲く、大型の日本特産の百合、赤い斑点があり、いい香りがします。

一年に一つずつ花を増やすといわれ、長年たった株は沢山の花をつけ、見事です

温室内にも入ってみました。 ↓
温室内の草花も、見ていただければと思います。

         

         



フラワーパーク内よりの筑波山・・・曇っていて残念でした・・・・・。

やまゆりまつりは、7月27日まで開催されています。

 

 

 


コメント

博士「はくし」と博士「はかせ」

2014-07-16 | 言葉の意味は


博士=「はかせ」と読んでいますが、「はかせ」と「はくし」は
どのように違うのでしょうか・・・と辞書で調べてみました。

博士「はかせ」は、学問やその道に詳しい人。
博士「はくし」は、専門の学術論文の審査に、合格した者に与えられる学位。
ふつう大学院で五年以上研究し、論文を提出したものにさずけられる。

三省堂国語辞典より

*******************************************

でも博士って、どうやったらなれるのでしょうか?。

文部科学省によると、博士とは大学が与える学位のひとつで、
正式には「はくし」と読みます。

学位には「学士」「修士」「博士」の三つがあり、4年間の学部を卒業すると「学士」、
大学院で2年間の修士課程を終えると「修士」、さらに3年間の博士課程を終え、
審査に合格すると「博士」になることができます。

医師や弁護士のような国家試験はありませんが、過程を終えただけではなれません。

自分の研究をまとめた論文が、教授から「博士にふさわしい」と認めてもらう必要があります。
社会人になってからでも、研究して論文を書き上げれば、博士になることができます。

ただ、博士制度に詳しい近畿大学医学部の榎木英介講師は「審査の基準はあいまいで、
大学や学科、分野によってもまちまちです」といいます。


*** 朝日新聞・今さら聞けないより抜粋にて ***

博士は英語ででは、「ドクター・オブ・フィロソフィー(Ph.D.)といいます。
フィロソフィーは「哲学」の意味。
自然の成り立ちや仕組みを考える、古代の哲学に由来しているそうです。




7月13日の朝に、写したものです・・・・・。

 

 

 

コメント

ホオズキの花?

2014-07-15 | 雑感想


パソコンのインターネットが表示できませんで、12日に表示出来て、ブログの
アップをしましたが、13日にまた、インターネットが接続できませんでした。

J-COMに連絡して、14日に来ていただき、モデム他の機器を点検して、
直していただきました。
何日か来ていただき、J-COMさんには、大変お世話になりました。


ホオズキの花を見たことがありませんが、エッ「ホオズキの花?」と思って
写してみましたが、画像を見て、見たことのある花・・・と思って、庭に行って
確かめてみましたら、ヒルザキツキミソウの花が、ホオズキの葉の間から
顔を出していたのです・・・。



これでは間違えても・・・なんて、自分で納得していますが・・・早とちりの私でした。


 

 

コメント