気ままな思いを

何気ない日々のこと 感想 思いなどを
綴る雑日記です 

吉祥草が開花し始めました

2018-11-03 | 植物・花

 

鉢植えの吉祥草が開花し始めました。



 ユリ科の常緑多年草

この草は稀にしか開花しない。もしこれを植えている家に吉事があると

花が開くという言い伝えから、名付けられた。

庭に植えますと、どんどん増えていきます。





iPadから投稿してみましたが、画像が ↑ このようになってしまいます。
画像を直してやり直しましたが、駄目でピクチャーに「名前を付けて保存」で、
上の画像を入れてみましたが、どうして画像が横になってしまうのか
前にも投稿して画像が横になり、削除してしまい何日かして投稿しましたら
また同じ状態で、先生に聞いてみないと分かりませんので、
次回のパソコン教室で聞いてみることにします。

iPadとパソコンの共同制作のアップになります。

 今日(17:14)パソコンを開きましたら、上と同じに縦長の画像になっていました。
画像アップロードの画像は、縦長でしたのでアップしたところ、記事には横長に
なっていて、その画像が縦長の正常に直っていましたので吃驚です。
どういうことなのでしょうか?。
削除せずに、このままにしておきます。(11/5記)

 

 

 

 

コメント (2)

庭の草花にて

2018-10-02 | 植物・花


庭の草花の簡単なアップです・・・。
キンモクセイが珍しく沢山の花を咲かせていました。
木ばかり大きくなって、ほとんど咲くことがありませんでした。


  

キンモクセイ                   シロシキブ
キンモクセイの花は4つに深く裂けていて、4枚の花びらに見えるものは
全部つながっている。桜やバラのように花びらがひらひら散ることはなく、
十字形の形を保ったまま花は地面に軸ごと落ちるそうです。



コムラサキシキブです。

シロシキブです・・・枝ばかり伸びるので切ってしまったら、また出てきて
実をつけてくれて、邪魔扱いしてごめんなさいの心境です。

 

 

 

コメント (4)

開花していたコルチカム

2018-09-26 | 植物・花


庭を眺めることもせずにいましたら、コルチカムが開花していました。
垂れ下がったりしていますが、気づくのが遅くて、気の毒でした。
球根は少ないのですが、毎年の開花を楽しみにしていました。




コルチカム=ユリ科コルチカム属  イヌサフランとも呼ばれます。

葉をつけずに地面から現れることから、「裸の貴婦人」とも呼ばれます。
コルチカムには毒性の強い化学物質コルヒチンを多く含む。
これは動物からの食害を防ぐ自衛手段とか・・・。

 

 



コメント (2)

ヤブランの花って?

2018-09-24 | 植物・花


長い年月、庭のヤブランを見てきましたが、ヤブランにも
花が咲くことを初めて知りました。



花期になると葉の間から花径を延ばし、小さな藤色の花を穂状に咲かせます。
花は4~7mm程度で6枚の花被片を持ち、中央には淡い黄色の葯(やく)を持つ
雄しべが六本と雌しべがあります。
花は花序に数輪ずつが束になって咲きます。

黄色いのは、雄しべと雌しべなのですね。
今までこのように開いた中を見たことがありませんでしたので、
このように黄色の雄しべなど見られて、花が開いた様子を見たわけですので
初めてのことで嬉しいですし、花が開くことも知った次第です。
この後にヤブランの黒い実が出来ていきます。

左下の方に黄色いものが見えますが、気が付かないでいました。

 

 

 

 

 

コメント (2)

庭の草花

2018-09-19 | 植物・花


見過ごすところでしたが、現在家の外壁塗装が始まっていますので、
車を空いている後ろの方に移動しましたら、開花している庭の花に
気付いて、早速写してみましたが・・・・。

名前が分かりませんが、公園などの空き地に沢山さん咲いているのを見ます。

芝生が伸び放題で、塗装が終わりましたら、芝刈りの仕事が待っています。




ヤブランです・・・今年は花数が少ないようです。

名前の由来は、ヤブのようなところに生え、葉がランの葉に似ているところから。
秋に稔った果実は、動物や鳥たちの恵みとなります。

キジカクシ科ヤブラン属   山菅(やますげ)はヤブランの古名
別名=リリオペ  サマームスカリ(青い花がムスカリに似ているところから)


 

コメント (4)

レインリリーの花の開花

2018-09-08 | 植物・花


今朝雨戸をあけましたら、沢山の白い花が目に入りました。
こんなに沢山のレインリリーの開花は、初めてのことです。

ヒガンバナ科の球根植物レインリリーは、真夏にも美しく可憐な花を咲かせます。
レインリリーとは、雨の後に咲くことから強調するための愛称です。
一日から数日開花しています。



少し大きな花の姿で、写してみました。

別名=タマスダレという名前は、細い茎がたくさん並びスダレのようで、また
つぼみがタマに見えるという特徴からついた名前です。

 

 

 

 

 

 



コメント (2)

パイナップルリリーの花の開花

2018-07-28 | 植物・花


パイナップルリリーの花が開花しました。
今年は2個のツボミを持ち、2個とも開花です。

 

今日は風が強いので、玄関内に入れました。      一個づつを大きく写してみました。

パイナップルリリーという呼び方は英名で、学名は「ユーコミス」です。
白色や黄緑色や黄色などの花の色があります。    

   

                

コメント (4)

サボテンの花

2018-07-15 | 植物・花


暑い日が続いています。
エアコンのついていない室内の温度計を見ましたら、30度になっていました。
外の温度は?、皆様も熱中症にお気をつけください。

今年のサボテンの開花は、蕾が少なくでしたが、昨日3鉢ですが
花数多く?開花してくれました。



夜に開花しそうなので、室内に入れました。



20:46に写してみました。1本は映っていませんが11個の蕾が開花しました。



一輪を大きく写してみました。



ピンクは一輪のみですが、白花のサボテンより開花が遅い時間になります。
22:50分に写しました。

8月に入って、また開花してくれると思います。

 




コメント (10)

奄美だけに生える「アマミチャルメルソウ」

2018-07-02 | 植物・花



鹿児島県・奄美大島の山中を流れ落ちる滝のそば、水しぶきがかかる
岩の上に「アマミチャルメルソウ」という植物が生えている。
世界でこの島にしか自生しない。
2016年に論文発表されたばかりの新種です。




果実の形が、笛のような楽器のチャルメラに似ていることから
名付けられたチャルメルソウの仲間。

春に咲く花は直径3㍉と小さい。



涼しい場所を好む植物で、亜熱帯の奄美に存在するとは専門家も考えていなかった。
島全体で200~300株しかないと考えられている。

16年に論文発表した国立科学博物館の奥山雄大・研究主幹は
「奄美はまだ調べつくされておらず、今後も新種が見つかる可能性がある。
世界遺産登録で豊かな自然が守られるよう期待したい」と話す。

*** 朝日新聞記事より抜粋にて ***


珍しい花ですが、奄美にだけ存在では、なかなか見ることが出来ません。
実際の色などまじかで見たいですね。

 



コメント (6)

ヒペリカムの花とお絵かき

2018-06-28 | 植物・花


ヒペリカムの花が一輪ですが、開花していました。
他の枝を見たのですが、蕾はついてないようです。



一輪でも開花してくれて、嬉しいですね。

ヒペリカム=弟切草(オトギリソウ)科  別名=小坊主弟切(こぼうずおとぎり)



の黄色の花から、赤い実となります。
クリスマスの切り花で使われることもあります。

以前にwordでお絵かきしたものです。

 

 



コメント (4)