気ままな思いを

何気ない日々のこと 感想 思いなどを
綴る雑日記です 

「バンマツリ」と「シラー」の開花

2021-05-10 | 植物・花

今年も「バンマツリ」と「シラー」の花が開花しました。



バンマツリの花です。

花は時間経過で、紫から白へ変化します。
紫と白の2種類の花が、一本の木に咲いているように見えます。



花に芳香があり、香水の原料やジャスミンテーとして利用される。
こちらの方が先に開花したものです。




シラーの花です・・・今年は少し花数が増えたでしょか。



来年も花数が増えてくれることを期待して・・・。

 

 

 

コメント

「カトラリー」とは?

2021-05-05 | 言葉の意味は


カトラリーという言葉を聞いたことがありますか?。
私はこの年齢で、初めて聞く言葉でした。


ナイフ、フォーク、スプーンを総称して「カトラリー」
というそうです。

元々ヨーロッパでは、料理は手づかみで食べていたそうだ。
15世紀ごろから徐々に、スプーンやナイフが、今のように
使われ始める。

日本でカトラリーは、いつごろから普及、定着していったのだろうか。
「実は奈良・平安時代ごろに、カトラリーが使われていた、という
記録があるんですよ」と、洋食器の製造を始めた「燕物産」(新潟県燕市)
の捧(ささげ)数雄社長が教えてくれた。

捧社長は、一般家庭へのカトラリーの定着に役割を果たしたのが、
ファミリーレストランではないか、と推測する。

*** 朝日新聞記事より抜粋にて ***

私もいつ頃よりナイフ、フォークを使い始めたか、テーブルマナーも
一生懸命覚えたり?しましたが、よく覚えていません。
ナイフ、フォークを家庭で使うことは多いですが、正式な、
となったら
自信はありません。

鉢植えの草花です・・・名前は?。

 

 

 

コメント (4)

シラスボシ

2021-05-03 | 飲食物

シラスボシは朝食には、必ず食しています。
ビタミンDやカルシュウムのことを考えて、
随分
長いこと続けています。

シラスはイワシ、ウナギなどの白い透明な稚魚に対して
用いられる総称です。
シラス干しとして市場に流通するのは、カタクチイワシや
マイワシの稚魚を原料魚としたものです。

シラス干しとして店先に山盛りにされているシラス。たんぱく質や
ビタミンD、カルシウムやマグネシウムが豊富。シラスは骨ごと
食べられる魚です。

呼び名が異なる場合もありますが、水分率が多い順に、釜揚げシラス、
シラス干し、チリメンジャコと呼ばれています。  「検索にて」



庭のシランです。



ヒルザキ月見草も、開花しました。

 

 

 

コメント (2)

昨夜の満月(ピンクムーン)は・・・

2021-04-28 | 雑感想

昨日、日中は晴れていて良いお天気でしたが・・・。
だんだん雲間が多くなり、お天気は続きませんでした。
満月を見られなかったのは残念でした。

Instagramをみましたら、綺麗な満月を写した画像が
ありましたが、見られた地域の方は良かったですね。

私は見てみましたが、雲に覆われて暗闇の夜空でした。



真っ暗な画像で、かすかに空らしき色の雲間が見えました。
こんな現況で、満月は残念でしたが、昨夜の夜空です・・・。



 

コメント (2)

4月27日は「満月」です

2021-04-27 | 雑感想

今晩は東日本や北日本はお月見チャンスだそうです。
月は自ら光っているわけではなく、太陽の光を反射する
ことで、輝いて見えています。

アメリカでは4月の満月を「ピンクムーン」と呼ぶことがある。
シバザクラのような鮮やかなピンク色の花の咲く頃という
意味だそうで、実際に月がピンク色に見えるわけではありません。

****************************

今晩、空を眺めてみて、満月かどうか確かめてみてください・・・。
私も忘れないように、見てみたいと思っています。



カメラの操作が分からず、大きく写せませんでしたが、4月23日のお月さまです。

 

 

 

コメント

我が家のお花見?

2021-04-25 | 植物・花

今年は桜の開花も早く、春を代表する行事と言えば、
お花見は欠かせません。
古くから親しんできた行事と言われており、その始まりは
奈良時代に遡ると言われています。

お花見は、貴族が始めた行事と言われており、当初は中国
から伝来した梅の花を観賞するものだったそうです。
その後、お花見の花は梅から桜へと変わり、さらに貴族だけ
ではなく武士階級にも広まっていきました。

豊臣秀吉が最晩年に行った「醍醐の花見」では、茶会や歌会
などが催されたそうです。
三食団子や花見酒もこの時に振舞われたのが最初とされており、
花を肴にご馳走やお酒をたしなむという、現代にまで続く
お花見のルーツになったとも言われています。

***  印刷物を参考に  ***

我が家の庭のミヤコワスレ、何か所かに植えてありますが満開に
なっていますので、お花見?を楽しんでくださいますように。。。






 

 

 

 

 

コメント (6)

タケノコを頂戴して・・・

2021-04-20 | 飲食物

タケノコを頂戴しましたが、ヌカが無くて、お米のとぎ汁で
あく抜きをし、一晩とぎ汁の中に入れておきました。



タケノコとアサリの具材にて、炊き込みご飯を作りました。



左側はタケノコのお刺身?です。軟らかいのでわさび醤油で食しました。
右側は、マイタケと油揚げとタケノコの煮ものです。
必ず、タケノコのお刺身?は食しています。

美味しく季節のタケノコを味わいました・・・ご馳走様でした。

 

 

 

 

 

コメント (2)

野菜と草花

2021-04-15 | 雑感想

今年も種イモを買って、植えてみました。
1㌔のみですが、小さめの種イモを選んで、切らずに
そのまま植えたものです。



万能肥料の草木灰が良いと教えられましたので、使用してみました。
今このように元気に?育っています。
収穫出来たら、嬉しいですね。

キヌサヤです。鉢植えですので棒がうまく建てられずに、ごちゃごちゃに
なっていますが、花が咲いて、実をつけています。



初収穫のキヌサヤ、今朝採ってみました。



庭のモミジ?の花です。
モミジの葉にしては、細長くて、モミジとカエデで検索してみましたが、
よく分かりませんでした。モミジもカエデも同じ物のようです。



ミヤコワスレも開花し始めました。
庭の何か所かに植えてありますので、それぞれの満開を期待しています。


 

 

 

コメント (8)

桜の種類

2021-04-10 | 言葉の意味は

今年の桜の開花は、少し早かったようですが、東北では今見頃を
迎えているようです。
シダレザクラから、八重ザクラと変わっていきますが、従来の
お花見が出来ないことは、コロナの影響で仕方のないことです。
桜の種類のことが出ていましたので、記載してみます。

*****************************



宮城県以南の本州・四国・九州に自生。明治中頃まではヤマザクラを指した。

     

 

 
                         
関山「カンザン」                 カンヒザクラとオオシマザクラの交配種
                         伊豆の河津町で発見されたもの

 


幕末、江戸染井村の植木職人が売り出し、
全国的になったもの  「染井吉野」
         

***  印刷物を参考に  ***

冊子で目にされている方も多いかと思いますが、桜にもこのような
種類のあることは知りませんでした。
見たことのない御衣黄(ギョイコウ)は、見てみたいものです。

 

 

 

     




コメント (8)

スノードロップの実

2021-04-08 | 植物・花

2月頃に咲いたスノードロップの花、ヒガンバナ科ガランサス族の総称。
学名からガランサスとも呼ばれます。



2月頃にアップした画像です。

今まで花の後の「実」には気づきませんでしたが、今年はふと見ましたら
赤っぽい実がついていました。私も始めて見ました。



あと一個実がつていますが、離れていますので一個のみ写しました。
ラッキーでした・・・実を見ることが出来ましたから・・・。

 

 

コメント (2)