気ままな思いを

何気ない日々のこと 感想 思いなどを
綴る雑日記です 

チョコレートで健康に

2021-05-30 | 言葉の意味は

チョコレートは食べ始めたら、きりがないですね。
チョコレートの主成分であるカカオに含まれるポリフェノールの
効能・効果が注目を集めています。その高い栄養価は太古から
知られていて、カカオの木の学名「テオブロマ・カカオ」「テオブロマ」
とはギリシア語で「神々の食べ物」という意味があり、通貨として使われ
たこともありました。いずれにしても身分の髙い者しか口にできない貴重
なものだったようです。

ポリフェノールの効果は食べてから数時間後に発揮されるため、まとめて
食べるより少量を分散して食べるといいようです。
1日に食べる高カカオのチョコレートは50g以内で、できれば25gくらい
が理想とのことです。



庭の京鹿の子(キョウガノコ)です。



ニッコウキスゲも一輪開花しました。

目の方は薬を服用していますが、やはり見ずらく、不便を感じてます。
ブログのアップも、休むことも多くなりそうです。

 

 

 

コメント (2)

ブログのアップ??

2021-05-21 | 雑感想

5月13日以来のブログのアップです。
一週間ほどご無沙汰してしまいましたが、現在右目の
調子が悪く、見ずらい状態になっています。

検査に通って、来週も検査と診察に2日出かけます。
こんな状態ですので、ご了承ください・・・。

鉢植えのアジサイがこんな綺麗な色になりました。



この色を失くないために、鉢植えのままにしています。



アイリスが沢山咲いてくれました。

右目は涙が覆いかぶさるようで見ずらく、左目で見ている状態です。
早く良くなると良いのですが。。。。。

 

コメント (10)

「アイリス」と「アジサイ」の花

2021-05-13 | 植物・花

続けて花の開花の紹介記事になりますが、ご覧になって
いただければと思います。
ゆっくりできましたら、少し落ち着いた記事を
アップしたいと思っています。



アイリスでいいでしょうか・・・増えてきました。

色違いですが、今年はこの一輪だけのようです。



鉢植えのアジサイです・・・地植えにしますとピンク色が消えて
しまうのでは?と思って、鉢植えのままにしています。



ピンク色がとても気に入っています。

簡単な花の紹介でした。。。。。

 

 

 

コメント

「バンマツリ」と「シラー」の開花

2021-05-10 | 植物・花

今年も「バンマツリ」と「シラー」の花が開花しました。



バンマツリの花です。

花は時間経過で、紫から白へ変化します。
紫と白の2種類の花が、一本の木に咲いているように見えます。



花に芳香があり、香水の原料やジャスミンテーとして利用される。
こちらの方が先に開花したものです。




シラーの花です・・・今年は少し花数が増えたでしょか。



来年も花数が増えてくれることを期待して・・・。

 

 

 

コメント

「カトラリー」とは?

2021-05-05 | 言葉の意味は


カトラリーという言葉を聞いたことがありますか?。
私はこの年齢で、初めて聞く言葉でした。


ナイフ、フォーク、スプーンを総称して「カトラリー」
というそうです。

元々ヨーロッパでは、料理は手づかみで食べていたそうだ。
15世紀ごろから徐々に、スプーンやナイフが、今のように
使われ始める。

日本でカトラリーは、いつごろから普及、定着していったのだろうか。
「実は奈良・平安時代ごろに、カトラリーが使われていた、という
記録があるんですよ」と、洋食器の製造を始めた「燕物産」(新潟県燕市)
の捧(ささげ)数雄社長が教えてくれた。

捧社長は、一般家庭へのカトラリーの定着に役割を果たしたのが、
ファミリーレストランではないか、と推測する。

*** 朝日新聞記事より抜粋にて ***

私もいつ頃よりナイフ、フォークを使い始めたか、テーブルマナーも
一生懸命覚えたり?しましたが、よく覚えていません。
ナイフ、フォークを家庭で使うことは多いですが、正式な、
となったら
自信はありません。

鉢植えの草花です・・・名前は?。

 

 

 

コメント (4)

シラスボシ

2021-05-03 | 飲食物

シラスボシは朝食には、必ず食しています。
ビタミンDやカルシュウムのことを考えて、
随分
長いこと続けています。

シラスはイワシ、ウナギなどの白い透明な稚魚に対して
用いられる総称です。
シラス干しとして市場に流通するのは、カタクチイワシや
マイワシの稚魚を原料魚としたものです。

シラス干しとして店先に山盛りにされているシラス。たんぱく質や
ビタミンD、カルシウムやマグネシウムが豊富。シラスは骨ごと
食べられる魚です。

呼び名が異なる場合もありますが、水分率が多い順に、釜揚げシラス、
シラス干し、チリメンジャコと呼ばれています。  「検索にて」



庭のシランです。



ヒルザキ月見草も、開花しました。

 

 

 

コメント (2)