気ままな思いを

何気ない日々のこと 感想 思いなどを
綴る雑日記です 

「友情」平尾誠二と山中伸弥「最後の一年」を読んで

2018-03-23 | 読書


病院の待ち時間に読むくらいですので、読み終わるまでに時間が
かかりますが、この本は読みやすく、意外と早く読めました。

著者=山中伸弥・平尾誠二・恵子



「まえがき」にかえて
40代半ばを過ぎてから男同士の友情を育むというのは、滅多にないことです。
なんの利害関係もなく、一緒にいて心から楽しいと感じられる人と巡り会えた
僕は幸せでした。と書かれている。

2人の出会いは2010年九月、「週刊現代」の対談がきっかけでした。
出会ってすぐ、古くからの友人のように打ち解けたといいます。
出会いから別れまで、わずか六年という短い期間でした。
それがいかに濃密な時間だったか。   この部分は編集部より。

私は平尾誠二さんという方を知りませんでした。
ラグビーをやっていて、ヒーロー的な存在だったそうです。
平尾さんが癌を告知されたのは2015年9月に、癌はびっくりするほど
肝臓の中に広がっていた。

その夜、僕は家族に気づかれないように、風呂場でシャワーを流したまま
声を上げて泣いた山中先生です。

平尾さんの奥さんとも、家族ぐるみのお付き合いが続きましたが、
2016年10月20日に、眠ったまま主人は息を引き取りました。
「頑張る」これが平尾誠二が最期に残した言葉です。
平尾誠二の13か月に及んだ闘病生活に、山中伸弥先生は最初から最後まで
寄り添ってくださいました。

彼と交わした会話で最も心に残っているのは、
「人を叱る時の四つの心得」ですと、山中先生。

▲ プレーは叱っても人格は責めない
▲ あとで必ずフォローする
▲ 他人と比較しない
▲ 長時間叱らない

素晴らしい男同士の友情です。
山中先生の優しさを感じる本でした。

 

 

 

 

 

コメント (4)

「母=オモニ」を読んで

2018-03-08 | 読書


最近は読書も少なくなってしまって、病院の診察の待ち時間に
読むくらいになり、一冊を読み終わるまでに時間がかかっています。

姜尚中(カンサンジュン)さんが書かれた本です。
熊本市出身の政治学者。東京大学名誉教授、熊本県立劇場館長などされ、
専門は政治学、政治思想家です。
日本での通名は「永野鉄男=ながのてつお」。「姜尚中」と朝鮮名を
名乗るにも葛藤があったようです。
静かな語り口が物静かな印象と、テレビでは感じていますが・・・。



朝鮮半島から日本へ、激動の時代を生きた亡き母の生涯を書き綴っています。
差別や偏見の中で、たくましく子供を育てあげた強い母親でした。
人生の終わりに、オモニは「幸せだったばい」と。

「母。それはいつの時代も子供たちの心をとりこにせずにはおかない」
姜尚中さんの、プロローグの最初の言葉です。

*****************************

 

 

コメント

「90歳。何がめでたい」を読んで

2017-06-05 | 読書


読書することも少なくなって、久しぶりに?読んでみました。
【63万部突破】の見出しに、買ってみましたが・・・。
辛口の佐藤愛子さんと思っていました。
文中より、記してみますので、どう感じられるでしょうか。



*************************

* 来るか?  日本人総アホ時代

だいたい「スマホ」というものがわからない。
たまたま乗ったタクシーの運転手氏にそのことを愚痴ったら、
彼は一枚のカードを差し出していった。
「このナンバーをスマホに打てば、直接我々に届きますから、早いです」
「スマホ?」私は言った。
「スマホってなんですか?そういうものは持ったことも見たこともないので、
そういわれてもねえ・・・・・わからないわ」。 すると運転手はいった。
「いや、実はわしもわからんのです。ただ、お客さんに渡せばいいといわれた
だけで・・・」。頭髪に白いものが混じっていて、年配者であることが分かった。
そこから話が弾んだ。

「ところでスマホとケイタイとはどう違うんですか?」
「もう何が何やらわからんです。そりゃ何だと訊くとバカにされるし、パソコン
とか、アイホーンとか・・・小学生の孫がいるんですがね、そいつが生意気にも
いろいろ知ってやがって、やれガラケーが人気なんだよとか、何のことかわけの
わからんことをえらそうにいいやがって、こっちは返事ができないものだから、
じいちゃん、そんなことも知らなくてよく生きてこられたね、なんて言いやがるんです。

「スマホを一台持ってると電話にカメラに計算機とか時計の役目までこなすんだって?」
「てめえが発明したわけでもないのに、えばりやがって・・・てめえの頭と身体を使って
生きてみろっていってやるんですがね」
「そんなものが行き渡ると、人間みなバカになるわ。調べたり考えたり記憶したり、
努力をしなくてもすぐ答えが4でてくるんだもの」
「まったく日本人総アホの「じだいがくるね!」
「こういう正論をいっても耳に入らないんだからねえ。却って軽蔑されるだけなのね」

*** 文中より・・・抜粋にて ***

「小学生からお年寄りまで世代を超えて、ゲラゲラ笑いこげる面白さ!」・・・
と本の帯に書かれていますが、どう思われたでしょうか。

文中よりは、また続きます・・・・・。

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

「涙について」を読んで

2016-03-13 | 読書


読書も少なくなってしまって、病院の待ち時間に読み始めていますが、
新聞なども声を出して読むと、認知症にもよいということでしたが、
待合室で声を出しては読めませんので、目で追っています。

「涙について」、この本は、かすみがうら市のあじさい館に行ったおり、
あじさい館内の図書室の本が、数年に一回、本を10冊まで、ただでもらう
ことが出来ること知りませんでしたが、偶然その日に館内に入りましたので
私は3冊いただいてきた中の一冊です。

涙が、解剖学的にはどこから分泌されるかというと、外眼角に近く、上眼窩縁の
直下にある涙腺から分泌され、結膜、角膜を潤しながら眼頭に集まり、上下眼瞼縁に
ある涙点から涙小管を経て、鼻涙管に集まり、鼻腔へと流れ込むのである。

分泌量の多い場合は、涙の一部が眼瞼の縁から外へ溢れ出てしまう。頬へ溢れ出た
その水滴を我々は普通<涙>と言っている。

涙の作用
① 結膜や角膜を湿して、乾燥を防ぐ。  ② 結膜やl角膜を洗い清め、異物を洗い流す。
③ 科学的刺激物を薄める作用。  ④ 角膜は波だからOをとり、涙の中へCO2
その他の代謝産物を出す。
涙は角醒時、絶えず分泌されている。大体一日量0・5~0・7グラムくらいの分泌量。
そして必要に応じて分泌量が増加する。

「涙について」~著者=佐々木重雄医師    文中より

***************************

涙について深く考えることはありませんでしたが、このような文章にしますと難しく
鼻の内部の画像をみながら読まないと、理解出来そうも有りません。
涙の作用については、理解出来そうですが・・・・。

 

 

 

コメント

「老年になる技術」・曽野綾子著を読んで

2015-04-18 | 読書


今日は内科診察日、早く終わりそうな予感を抱いて行きましたが、
ものの見事に外れて、家に帰ってきたのは13:45ころ。
慌てて食事の支度をして、夫と遅い昼食を済ませたのでした。
待ち疲れてしまいました・・・・・。

待ち時間の間に、曽野綾子著「老年になる技術」を読んで、一ページの
文字数が少ないページも多く、早く読み終わってしまいました。



作家の仕事の内幕を暴露すると、この本の表題も、出版社の知恵を借りて
きめられたものである。私は本の中身は気になるが、表題に関してはどうも
無頓着になってしまう。むしろ、その時々の人々が要求する健全な知的要求に
敏感な編集者たちの意見を使わせてもらう方がいいと考える。・・・と書かれていました。

*** 本の中のところどころの文章を ***

● 諦めるという解決=当てにしない、諦める、という二つの姿勢は老世代の
心理的幸福を構築する上で、実に大切なことなのではないか、と思う。

● 自分のことは自分で=もしかすると百歳まで生きてしまうなら、今のうちから
必死になって体を保たせることを仕事にすべきだ、ということだ。深酒や喫煙をやめ、
運動を怠らず、誰かの世話になればいいという甘えを捨てて、死ぬ日まで自分の
ことは何とか自分でする、という強固な目的を持つことだろう。

● 生き生きした老人でいるために=私の知人に、六十歳を機に、家中のいたるところ
十か所ほど、鏡をおいたという人がいる。それくらいの年になると、もう年だから外見は
どうでもいいや、という気になる。その気の緩みが、古めかしい服を着て、背中を曲げ、
紙がぼさぼさでもいたし方ない。という結果を招く。
しかしそれくらいの年からこそ、人間は慎ましく努力して人間であり続けなければならない。
そのためには差し当たり、姿勢を正し、紙の整え、厚化粧避けても、品のいい生き生きした
老人でいなければならない。と思ったからこそ、その人は鏡を十枚もおいたのだろう。
私はその話にいたくうたれた。別に新しい服を買わなくても、高い宝石を身につけなくても、
背を伸ばすだけでも人は五歳は若くすがすがしく見える。

● 人の最高の姿=「感謝の人」とうのは、最高の姿である。「感謝の人」の中にはあらゆる
かぐわしい要素がこめられている。謙虚さ、寛大さ、明るさ、優しさ、楽しさ、のびやかさ。
だから「感謝の人」のまわりには、また人が集まる。
「文句の人」からは自然に人が遠のくのと対照的である。


**********************

おおいに参考にしたいと思うところもあり、年老いても自分のことは自分で、
の気持ちも大切ですし、日々努力することも人生であると思います。

お役にたてる文章がありましたら、ご参考になさってください。。。。。

 

 



 

コメント

「認知症が嫌なら油を変えよう」を読んで(そのⅢ)

2015-03-06 | 読書


1月14日にこの本の(そのⅠ)を、1月21日に(そのⅡ)をアップしましたが、
(そのⅢ)について書き記したいと思います。

著者は、医学博士脳科学専門医・山嶋 哲盛先生です。

********************************************

そのⅢは、「アルツハイマー病の早期発見法」について。

知らないうちの細胞膜の錆が進行して、海馬の神経細胞は少しずつ
死んでいき、そして、気がついた時はもう、手遅れです。
なすべきは、早期発見と早期治療です。

まず、自分で「もしかして?」と疑いを持つことが早期発見の第一歩です。
ポイントは昔のことを覚えているか、否か、ではありません。
新しいことを覚えられるか?、最近のことを覚えているか?、そこが重要です。

* 記憶力のテストです *

  ① 昨晩食べた夕食のおかずを、正確に思い出せるか?。  
       ② 今朝読んだ
朝刊の記事の見出しを3つ以上思い出せるか?。 
      ③ 最近見た映画やテレビ
ドラマの内容を、家族や友人に1分で
説明できるか?。
④ 先週末はどこで何をしていたかを思い出せるか?。 
        ⑤ 明日は何をすることになっているのか?、
スケジュールや約束を
ぱっと思い出せるか?。


以上のうち、3つ以上正答できるなら心配ありません。

もし一つか二つしかできない場合は、専門医を受診された方が良いでしょう。
ここでいう専門医とは、「記憶の専門医」と言う意味であって、神経内科や
精神神経科、脳神経外科の専門医ということではありません。

脳の解剖を熟知していて、MRIで海馬や楔(けつ)前部のシワが
深くなって
いることを発見できる医者ということです。
「記憶の専門医」は、近時記憶障害を把握できる
神経心理テストにも詳しいはずです。


肝心なのは、あくまでも医療機関の性能ではなく、医師の脂質です。


*** 文中より抜粋にて ***

ご参考になさってください。




wordお絵かきにて

3月に入って、春らしさをすこし感じますが、水仙もチラホラと開花が見られます。

 

 






 

コメント

「認知症が嫌なら油を変えよう」を読んで(そのⅡ)

2015-01-21 | 読書


1月14日に、この本の(そのⅠ)をアップしましたが、油について
(そのⅡ)を書き記してみたいと思います。
サラダ油が、すべての細胞に悪影響を及ぼし、色々な病気の
原因になっているということでした。

著者は、医学博士脳科学専門医=山嶋 哲盛先生です。

************************************

体に良い植物油として、大豆や菜種(キャノーラ)トウモロコシなどから
作られ、長い間その安全神話に守られて、多くの人々に愛用されてきた
サラダ油は、なんと脳を破壊するだけでなく細胞も壊すために、認知症や
うつ病をはじめ、アトピー性皮膚炎、動脈硬化や心疾患、そしてガンや
肝炎なども起こす要因となっていたのです。

そのような訳で、サラダ油や、サラダ油から作られているマーガリン、
マヨネーズ、ショートニングなどは危険なトランス脂肪酸が多量に含まれ
ているだけでなく、神経毒のヒドロキシノネナールが既に混入しています。
また、サラダ油を使用しているインスタントラーメンやフライ等々の揚げ物、
ポテトチップスや菓子類などの加工食品は即刻、食べるのを止めるよう
説明しました。

日本のマーガリンは、欧米では10年以上も前から販売停止となって
いるのが事実なのです。

油はヒトの健康を左右する重要な食べ物です。
悪い油は止め、良い油を摂取することは非常に大切です。


文中より抜粋にて

パン教室の先生が、ショートニングは使わないようにと教えられましたが、
パンなど買う時にも、使用されている材料名は、確認した方がいいようです。

サラダ油は、何気なく使っていますが、このように弊害があるとは知りませんでした。




アロエの花です・・・下から順に咲いていき、頭の蕾が残っているところです。

 

 

 

コメント

「認知症が嫌なら油を変えよう」を読んで(そのⅠ)

2015-01-14 | 読書


「認知症が嫌なら油を変えよう」、という本を読んでみました。
著者=医学博士脳科学専門医・山嶋 哲盛



パートⅠの「そのサラダ油が脳と体を壊してる」、は読んでいませんし、
このような本が出ていることも知りませんでした。
私たちが毎日知らずに食べているサラダ油が、すべての細胞に悪影響を
及ぼし、色々な病気の原因になっている・・・という内容のようです。

特にサラダ油から発生する神経毒のヒドロキシノネナールが、神経細胞を
破壊して多くの脳障害を発生させています。症状は様々ですが、
怒りっぽくて、キレやすくなったり、うつ病や記憶障害を起こしたり、そして
終には認知症も発症します。

脳科学専門の研究者として長年研究を続け、臨床医として現場で多くの
患者と接してきた私にとって、この被害状況は看過できない社会問題で
あると感じています。

初期症状は軽い「もの忘れ」や「注意力の低下」などから始まり、時間の経過
とともにひどくなって家族の識別や、自宅の場所も認識できないようになり、
重度となると幻覚や妄想が出て暴力的になることもあり、本人も家族も
大変なことになります。

2013年の認知症の行方不明者は、全国で1万名以上も存在することが
警察から発表されています。

文中より抜粋にて

現在認知症の患者は全国で300万人を超えており、その予備軍は400万人
ともいわれています。しかも厄介なことに、この病気は誰もが発生する可能性が
あるのに、大多数の人が、認知症にはならないと思っているそうです。

危険なサラダ油について、書き記していきたいと思っています。。。。。

 

 

 

コメント

認知症の本を読んで(そのⅢ)

2014-12-26 | 読書


(そのⅢ)は、「認知症のご家族、友人、知人、介護職のあなたへ」。

● 家族や友人が認知症と診断されたとき、対応の鉄則が三つあります。
「指摘しない、議論しない、怒らない」
あなたの生活をこれまでと少し変える気持ちで、ご本人を見守って
あげてほしいのです。

● アルツハイマー病に発生しやすい典型的な妄想があります。
それが、“もの盗られ妄想”と“嫉妬妄想”です。多くの医師はたちは薬で
解決しようとしますが、そこには、本人の孤立感や不安感が隠されています。
張り合いのある生活を送ってもらうことで、そんな妄想が生じなくなる
ケースが実は多いのです。

● 認知症初期の方には、書くことを進めています。
ノートにその日にあったことを書き、後日、読んで生活に役立ててもらう。
それができるほどの認知機能を維持するには、人と関わり、
人に認められることがもっとも大事です。

● 久しぶりに会った友人の様子がおかしい、そんなときは問い詰めたり、
指摘したりせず、あいまいにしておきましょう。もし、認知症と診断された
としても、その方と友だち付き合いを続けられれば最高です。

● 薬の副作用について。
抗精神病薬は過鎮静や静坐不能症といった副作用があり、イライラや暴言、
暴力を増長することがあります。安易に薬で解決しようという姿勢、介護が
ラクになるからという理由で、処方するのは反対です。

● うつ病と認知症は高齢期の二大疾患でですが、うつ病は治り、認知症は
治ることがありません。周囲が治そうとすればするほど、本人の負担は増えて
いく。今のままで構わない、治らなくてもいいと思うことで、心が穏やかになる
のだと、あるとき気づいたのです。


「不幸な認知症 幸せな認知症」より抜粋にて
   著者=上田 諭(日本医科大学 高齢者専門医


ご家族に認知症の人がいれば、不安に思うことばかりと思います。

分からないことがほとんどで、症状についてもどのようになるのか、
分からないが正直なところかと思います。
少しでもご参考になれば・・・と思って抜粋ですが、書き記してみました。

(そのⅠ)は12月14日・(そのⅡ)は12月17日のブログにアップして
ありますのであわせて見ていただければ、と思います。



古い画像ですが・・・5月15日に写したものです。




コメント

「認知症」の本を読んで(そのⅡ)

2014-12-17 | 読書


認知症「元に戻ることのない脳の病気」、脳が何らかの原因で変化を起こし、
その変化は不可逆性の性質を持っていて、つまり治ることはない、ということです。

(そのⅡ)は四大認知症について

1 アルツハイマー病
アルツハイマー型認知症と呼ばれるものも、アルツハイマー病と同じで、認知症
全体の約7割がこの病気です。脳が何らかの原因で変質し、細胞が脱落して
いきます。原因は今のところ分かっていません。残念ながら、防ぎようもないし、
対策を立てることも難しく、いつ誰がなってもおかしくありません。

2 血管性認知症
これは脳梗塞、脳出血など、脳の血管障害が起きた人が、その後にかかる認知症で、
全体の約1割を占めています。脳梗塞も脳出血も生活習慣病なので、予防ができます。
規則正しい食生活、定期的な運動、過度のアルコール摂取を控え、血管障害が起き
ないような生活を心がければいい。予防が出来る唯一の認知症といえます。

3 レビー小体認知症
レビー小体という異常なたんぱく質が脳の中に増えて、認知機能が落ちる病気で、
認知症全体の1割ほどがこの病気です。特殊な認知症で、とてもリアルな人物の
幻視が見えるのが特徴です。原因は分からず、防ぐことも出来ません。

4 前頭側頭型認知症
前頭葉が何らかの原因で変質する病気で、これは全体の1割にも満たない数です。
前頭葉は人間が理性を保ったり、豊かな感情を抱いたり、人間らしい行動を司る部分。
ここが変質するということは、他人にひどく無関心になったり、理性がなくなったりします。
セクハラや痴漢、万引きをしてしまうことがあります。

四大認知症の中で、血管認知症だけは原因がわかっており、症状も他とは異なり、
予防することが出来ますが、あとの三つは非のうちどころのない健康的な生活を
していても、なる時はなってしまいます。


「不幸な認知症 幸せな認知症」より抜粋にて
             著者=上田 諭(日本医科大学高齢者専門医)


誰でもなるときにはなる、そのときはそのときだと、認知症を受け入れる気持ちを
持っていただきたい、と思っています。なるかどうかわからない病気の心配を
するよりも、ずっと楽しくいきられるはずです。
・・・・・とも書かれてありました。

なったときはなったとき・・・とおおらかな気持ちでいられたら幸せです。



庭の葉牡丹です。。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント