草莽隊日記

混濁の世を憂いて一言

このままでは日本は中共の従属国家になり下がるしかない!

2019年10月07日 | 安全保障

何度でも何度でも言わなければならない。このままでは我が国は中共に呑み込まれてしまうと。香港で起きていることは、他人事ではないのである。韓国でも自由を守るための戦いが始まっているが、情勢はかなり厳しい。楽観は禁物なのである。日本人でありながら、中共の手先になって働いている者たちは、中共や韓国への批判を一切許さなくなっている。日本のマスコミの多くも、真実を伝えるよりも、中共に忖度している▼韓国が赤化されれば、朝鮮半島は中共の手に落ちることになる。周辺国が我が国を敵視する事態になれば、反中共の観点から台湾、インドネシア、ベトナムとのグループを形成しなくてはならない。何もしなければ、明らかに日本は中共従属国家になり下がるしかない。我が国が中共の挑戦に対して、どう身構えるかを検討すべきなのである▼サミュエル・ハンチントンは日本について、『引き裂かれる世界』(山本映子訳)のなかで「日本は、その文明の境界が国家の境界と一致している唯一の国だ」と指摘し、「自動的に助けにきてくれる家族がいない」と書いている。そのために「自分の文明の中に他のメンバーがいないため、メンバーを守るために戦争に巻き込まれることがない」との見方をしている。孤立無援であることで、どこの文明からも恨まれないのである▼世界がグローバル化しるなかで、日本はそれなりの役割を担うべきなのである。それが東アジアで唯一自由と民主主義の我が国の責任なのであり、全体主義に膝を屈してはならないのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

コメント

中共の覇権に対抗するために日米同盟の強化と軍備拡大を!

2019年10月07日 | 安全保障

このままでは我が国は中共の独裁政権に屈服することになるだろう。それは東アジアにおける唯一の自由と民主主義国家の消滅にほかならない。それをいち早く予言していたのがサミュエル・ハンチントンの『文明の衝突』(鈴木主税訳)であった▼ハンチントンは「冷戦後の重要な国際関係に中心的な舞台があるとすれば、それはアジア、とくに東アジアである」と書いたのだった。東アジアだけでも日本文明、中華文明、東方正教会文明、仏教文明、イスラム文明、西洋文明があることで「多極化する状況に特徴的な、流動性と不確実性にみちている」と指摘した▼とくに経済的に大きくなった中共は、先の大戦後ほとんどの隣国と一戦を交えたほか、今では東シナ海や南シナ海で覇権を確立しつつある。ハンチントンは、21世紀に入ってアメリカが安全保障問題での転換を余儀なくされることに言及し、中共の台頭を阻止するために「日本との同盟を結びなおし、その他のアジア諸国と密接な軍事提携をすすめる」か、さもなければ「中共の覇権と共存する」といった、いずれかの選択が迫られることを明言した▼前者を選ぶならば、いうまでもなく「日本は急速に軍備を拡大し、核兵器を入手し、他のアジア諸国からの協力を積極的に取り付けることが必要だ」との見方を示した。東アジアで中共がアメリカに取って代わりつるあるのだ。それに日米が対抗できないのならば、我が国は香港と同じような悲劇を味わうことになるのである。

にほんブログ村 政治ブログへ

にほんブログ村

応援のクリックをお願いいたします


政治ランキング

 

コメント (1)