銀幕大帝α

切り株愛好連盟加入ブログにつきグロ画像注意。
御蔭様で9周年。3100作品レヴュー突破。御訪問有難う御座います♪

ゲット・アウト

2018年04月15日 13時48分34秒 | 洋画ホラー
GET OUT
2017年
アメリカ
104分
ホラー/サスペンス/ミステリー
劇場公開(2017/10/27)




監督:
ジョーダン・ピール
製作:
ジョーダン・ピール
脚本:
ジョーダン・ピール
出演:
ダニエル・カルーヤクリス・ワシントン
アリソン・ウィリアムズローズ・アーミテージ
ブラッドリー・ウィットフォードディーン・アーミテージ
ケイレブ・ランドリー・ジョーンズジェレミー・アーミテージ
スティーヴン・ルートジム・ハドソン
キャサリン・キーナーミッシー・アーミテージ
リルレル・ハウリーロッド・ウィリアムズ
ベッティ・ガブリエルジョージーナ
マーカス・ヘンダーソンウォルター
レイキース・スタンフィールドアンドリュー・ローガン・キング/アンドレ・ヘイワース



<ストーリー>
アフリカ系アメリカ人のカメラマン・クリスは、白人の恋人・ローズの実家に招待される。黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚えるクリスだったが…。

何かがおかしい

―感想―

黒人舐めんな!!
おいおい、それを言うなら「プロの保安局員舐めんな!!」も追加で宜しくやで!!

人種差別とかのテーマ性を含めた作品だが、単純にホラー映画として怖い。

何を考えているのかさっぱり掴めない表情・・・コワイーーー((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
注意:この黒人女性にも驚愕の秘密あり

カメラに向かっていきなり暗闇から姿現し猛ダッシュしてくる黒人使用人も怖すぎ。

催眠術、人身売買、脳移植。
自分達よりも頭脳と体力が優れている黒人に興味を示す白人裕福層。

恋人だけは知らぬ存ぜぬで居て欲しいという願いも虚しく、全員がグル。
主人公クリス、絶体絶命である。
しかしちょっとした運で、道は開ける。
ヒントはカメラフラッシュ!
怒りの反撃、超痛快、クリスの勇ましさに惚れた。

これがオリジナル脚本だというのだから、大したもの。
ヤバい雰囲気をバリバリに全編散りばめた演出もお見事で、震えながらクリス頑張れ!助かって!!と強く祈りつつ行く末を見守ってしまった。

事件の連絡を受けて最後、激闘を終え血塗れとなったクリス達の所に駆け付けるパトカー。
そこから出てきたのがクリスの大親友、自称名探偵のロッドだった時の安堵感といったらもう。

だから忠告しただろ、白人女はやめとけって!!

君の活躍に賭けたのは正解だった、やってくれると思ってたよロッド。
私がクリスの救出にロッドを一番に頼ったのは他でもない、おかしいと感じて色々と単独で動いてくれていたから。
「あいつ(クリス)は白人の性奴隷にされちまうんだ!!」
その考え、あながち間違って無く、見事な推理力がロッドの正義心を動かし、クリスを助けられた。
終始冷や冷やさせられて、ラストにはこの上ない安心・安全さを提供。
好い意味で反動がデカすぎるので、疲労感は半端ない。
クリスも、鑑賞者も。

この正式エンディングとは別のバージョンが特典映像として収録されていたが、あっちは気分が重たいままで終わるので嫌だな。
断然本編エンディングの方が良い、心底怖くて面白いホラー映画が観れたという余韻に浸れたからね。
他にもロッドがクリスに車内で投げ掛ける台詞に6パターンもあったようだが、ユーモア交じりでありながらも正論な台詞として印象を与えるには本編で使用されたものが妥当だろう。

狂った集団に狙われる黒人。
胸糞なまま終わるのか、それとも救いの光が差し込むのか、良質なホラー映画てどう転ぶのか最後まで気が抜けないから、だから俺、ホラーファン止められねぇんだよなあ。

評価:★★★★★
18/04/14DVD鑑賞(新作)
にほんブログ村 映画ブログ ホラー・サスペンス映画へにほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へバナーポチお願いします
にほんブログ村
レンタル開始日:2018-04-11
メーカー:NBC ユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社

オフィシャル・サイト(日本語)

コメント

トラックバック

切り株画像こちら
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 切り株画像(映画『ゲット・... | トップ | ザ・サークル »
最近の画像もっと見る

洋画ホラー」カテゴリの最新記事