千代田グルメ遺産

首都東京の中心部「千代田区」内にある名店の蕎麦や寿司など、未来の世代に引き継ぐべき貴重な食物遺産を紹介しています。

全家福 青島飯店(九段北)の「芝えびのチリソース」「黒酢の酢豚」「青島三鮮水餃子」等

2009年07月28日 | 中華
【平成21年7月某日 調査・登録】
 こちらの店「全家福 青島飯店」は、すぐそば(飯田橋2丁目)にある「全家福」の2号店です。行列の絶えない有名ラーメン店「斑鳩」の並びにあり、経営者の師傅氏は九段上の名門中華料理店中国飯店で活躍されていた方です。


 「芝えびのチリソース」は、プリプリっとした海老の食感が秀逸です。


 「クラゲと白菜の和え物」は、上品な味付けが食材本来の持つ味を上手に引き出しています。


 「黒酢の酢豚」は、上質の黒酢のコクと風味が豚肉の味わいを最大限に引き立てています。また、その豚肉は腸詰めのようなものにふんわりと包まれ、不思議な食感を醸し出しています。飴細工のような黒光りの光沢、余計な具野菜の排除など見た目にも芸術作品のような仕上がりです。


 「青島三鮮水餃子」は、雑誌「dancyu(2009年6月号)」でも取り上げられた逸品で、抜群の滑らかさを誇る皮が特徴です。勿論、餡の味付けも秀逸です



 「海鮮かた焼きそば」


 「里芋と青梗菜の炒め」は、見た目は冴えませんが、里芋のまったりした食感と青梗菜のシャキっとした食感の取り合わせが最高です。


★全家福 青島飯店
  所在:千代田区九段北1-9-13
  電話:03(5214)6688
  品代:芝えびのチリソース1,280円、クラゲと白菜の和え物950円、黒酢の酢豚1,250円、
     青島三鮮水餃子600円、海鮮かた焼きそば1,100円、里芋と青梗菜の炒め1,150円
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 庄之助(神田須田町)の「厄... | トップ | 勝漫(神田須田町)の「大か... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (胡蝶蘭)
2009-08-03 21:11:12
 こんばんは、どの料理もみんな美味しそうです。私は個人的には、黒酢の酢豚が気になります。色とりどりの普通の酢豚と違い、肉の味と黒酢だけで勝負した感じがいいです。本格的な中華のお店ですね。是非味わってみたいです。
胡蝶蘭さん コメントを有り難うございました (千代田グルメ遺産)
2009-08-09 20:28:16
 黒酢の酢豚、とても美味しかったですよ。ピーマンや人参が入っていない酢豚もなかなかオツなものです
 しかし、お子さんにはウケないかもしれませんね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

中華」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

役立つブログまとめ(タウン): 全家福(中華料理) by Good↑or Bad↓ (役立つブログまとめ(タウン)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓)
「全家福:ゼンカフク(中華料理) 」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。
役立つブログまとめ(タウン): 全家福(中華料理) by Good↑or Bad↓ (役立つブログまとめ(タウン)(投稿募集中)by Good↑or Bad↓)
「全家福:ゼンカフク(中華料理) 」に関するブログのくちこみ情報で、みんなの参考になりそうな記事を集めています。自薦による登録も受け付けているので、オリジナルくちこみ情報のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。