駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

医療訴訟裁判の司法過誤

2015年12月28日 | 医療

             

  先日届いた医事新報を読んでいたら医療過誤ならぬ司法過誤という言葉が目に飛び込んできた。医事訴訟ウオッチイングを8年間続ける医師として、峰村さんという眼科医が紹介された記事の中にあった。理学部を出て旅行会社勤務後三十を過ぎて医師になった方で、医学しか学んでこなかった医師とは異なる視点をお持ちのようだ。福島県立大野病院事件をきっかけに医療訴訟に興味を持たれ、調査研究を始められた。中に医師に不当に厳しい判断があるのに気付かれ、司法過誤という表現で問題にされている。

 医療というのは専門的な仕事で、実経験のない裁判官にはその困難さが分かりにくいため、医師に厳しい判断が生まれる構造的な問題があるという指摘には、そうだろうなと思った。

 裁判官も色々で、実社会の感覚をお持ちの方も居られるようだが、中には純粋培養で判例法律で頭がいっぱいの方も居られる。父親が裁判官という女医さんが居たが、父は世間を知らない宇宙人ですなどと、どっきり発言をされたのを憶えている。中立公正とされる裁判官の中には家庭では分かっていない人扱いの人も居られるわけだ。

 人の人生を左右する判断を下す大変なお仕事とは思うが、紙上だけの知識では限界はあろう。過誤と言われることには多少抵抗はあるかも知れないが、謙虚に反省され、よりよい判決を目指して欲しいと願う。さもないと表には出にくいが、難症例を避けるというか逃げる傾向が出てきて、実害があるからだ。大きな声では言いにくいが能力経験のある医師がこれは難しい症例家族と見抜いて避け、能力経験不十分な医師が難しさに気付かず過誤を起こすこともあり得るのだ。

コメント

二つのお願い

2015年12月27日 | 世の中

      

 押し寄せる師走の合間をくぐり抜け、少し遠出をした。一寸寒いといっても例年よりは格段に暖かい。「今年はコートが要りません、紅葉も全然ですわ」とタクシーの運ちゃんがこぼしていた。

 EXICで新幹線の切符を買ったのだが、乗車券まで一緒に購入できるようになったと知らず、乗車券を別に購入してしまい払い戻して貰うことになった。以前から思っていたのだが、特急券だけと特急券+乗車券は明確に判別できるようにして欲しい。特急券+乗車券はツートンカラーにするとか、特急券だけはピンク色にするとか、方法はいくつかあるはずだ。高齢者は眼が薄く、細かい文字まで注意が回らない。

 駅のレストランで横に腰掛けたお嬢さん、スカートがまくれ上がり、練馬大根にガードルが丸見えになっていた。さすがに下着までは見えないが、羞恥心を置き忘れたというか礼儀を忘れたらしい。こうした場合、まくれたスカートを下げるように言うとセクハラになるのだろうか、見ないようにしていたが良い気分はしなかった。

コメント

遙か係累を離れて

2015年12月26日 | 身辺記

             

 昨日は年内最後の忘年会を五十年来の趣味の仲間と開いた。例年27日頃にやっているのだが、今年は暦の関係で25日になった。64歳から77歳までの七人、仕事も家族も関係なく、タイ料理に舌鼓を打った。

 やがて二十年の集い、私以外はこの土地で生まれこの土地で育った人達だ。縁あって、月に一度集まり飯を食ったり、作業をしたり、あれこれ話をしたり、二年に一回ほど海外遠征にも出掛けている。高齢者が殆どなので、いつまでメンバーが欠けず元気で居られるか分からないので、これからは年一回海外遠征したいと話し合っている。

 私以外は医療に全く関係なく、時に病気や医療のことが話題になっても、部外者の視点だから身につまされることはなく、気楽に話せる。とにかく、仕事と家族から離れて、ああでもないこうでもないと話せる時間は楽しく心休まる。

 私も医療関係の情報は掛け値なく伝えるのだが、異業種の人達の呉れる情報には目から鱗が取れ、へー成る程というものが多い。それと所謂地元の情報も貴重だ。もう三十年以上この地に住んで居るのだが、本当の地元のことは、土地で生まれ育った人には敵わない。これも、ええそうなんだと聞くことが多い。

 しかし、どうもとばっちりかも知れんがNTTはたちが悪い。関連会社だかなんだか知らないが電話書類攻勢で、困っていると話したら、全部相手にするなと教えられた。その他にも、こうすると得だと言うことも教えられた。なんだかなあ、よく分かっていない人間をセールストークで悩ませるのは止めて欲しい。

 これはたまたま実益もある話だが、それよりも何よりも、しがらみがなく忌憚のない話が出来る仲間は貴重だ。骨が休まる。

コメント

失われた香り

2015年12月25日 | 人物、男

 

 古伊知郎氏が報道ステーションを降りるという。十二年やったと読んで驚いた。七、八年の感覚がしていたからだ。ちょっと長すぎたのではないか、鉄面皮ではなく、垣間見た印象ではすり切れ疲れが見えていた。

 ちょうど久米さんから古氏に交代した頃から、地上波を観なくなっている。未だに古と言えばプロレスの異常な早口の中継という二十年ずれた印象を持っている。こんなことを申し上げては失礼かも知れないが、結局、時事ニュースには合わなかったのではと思う。

 個人的には古さんに変わった頃から所謂地上波キャスターの香りが失われていったと感じている。老兵の懐古趣味と言われればそれまでかも知れないが、文化教養の香りが薄らいだ。久米宏のどこに文化教養の香りがという反論もあるだろうが、宮沢首相が、にっこり久米さんと話しかけたのを憶えている。そうした時代だったのかも知れないが、相手を認める余裕と寛容が失われてきたと思う。

 とにかく悪く言ってやろうなどという批判は一顧だに値しないが、きちんとした批評批判には理由があるわけで、悪口に受け取って反発力で元気が出るというのは、底が浅い感覚だろう。

 物事には潮時というものがある。ちょいと脱線するが、幹事長や官房長官は羽織を脱ぐ時が来ている、古氏の後を追われるのがよいのではと申し上げたい。

コメント (2)

映画、黄金のアデーレを観る

2015年12月24日 | 映画

                 

 ウイーンに行くとクリムトの名画「黄金のアデーレ」を鑑賞することが出来た。オーストリアのモナリザと言うべきこの名画を私に返してくれと、アデーレの姪御さんがオーストリア政府を訴えた顛末を描いた映画を観た。ナチスに奪われた名画の正当な所有権は法的には、ナチスを逃れ、今はロスに住む姪御のマリアアルトマンにあるはずだからだ。

 そんなことが出来るはずがないと普通の日本人は考えるだろう。ところがこれは事実を映画化したものなのだ。

 気が付けばその通りなのだが、アメリカというのは移民で成立した国で、第二次世界大戦では多くのユダヤ人がナチスの手を逃れ、アメリカに移住している。孫や曾孫には遠いけれどもヨーロッパはもう一つの祖国と言うべき存在のようだ。

 ナチスが何をしたか、又その暴挙を多くの市民が支持許容したという歴史的事実が映画から伝わってくる。そのことをオーストリア国民は憶えているようだ。アメリカの法を法として尊重する姿勢とナチの記憶が驚くべき結末に結びついてゆく。

 そうした経緯は勿論興味深く描かれているのだが、私には娘をアメリカに逃し自分達はウイーンに留まらねばならなかったマリアの両親とマリアの別れのシーンが一番印象に残った。画面が滲んでしまった。どうして人間はこうした酷いことをしてしまうのだろうか。ナチまでは行かなくとも、それに連なる思想と言うより思考は今もある。平和は51対49で辛くも保たれているのを決して忘れてはならないと思った。

 写真はネットから拝借

コメント

A案に決まった

2015年12月23日 | スポーツ

  

 新国立競技場がA案に決まった。610点対602点僅か8点の違いだという。決まり手は工期短縮での27点差だ。何じゃそれと言うのが私の感想だ。驚いたことに配点の中に使いやすさというか観戦しやすさというか競技場としての機能評価が含まれていないようだ。単なる足し算の総合点数方式も、決定への抗議を撥ね除けるための単純なわかりやすさを優先したものに思える。極めて日本式お役所的な方法だと思う、そして成る程、迅速で無難な選択だ。

 デザインというのは重要そうで、畢竟周りに溶け込むものならばばそれでよいと思う。親しみや価値は競技と歴史が後から付け足していけるものだからだ。川渕さんがA案の方が観戦しやすいと言っていた、A案決定に異論はない。

 

コメント

医療費削減のコメントに答えてみる

2015年12月22日 | 医療

              

 このブログは思いつくまま、朝の始業前三十分ほどで叩き書いているので、時々脱線したり、しばしば舌足らずで良く言えば断想、正直なところメモみたいなものだが、それでもまともなコメントを戴ける。不明の差出人からのコメントには返事をしないことにしたのだが例外もある。unknown氏から以下のコメントを戴いたので、返事を書いてみる。

 「現役のお医者様のサイトに書き込む事が、憚られるのですが、私が個人的に考える医療費抑制は、医療の公営化以外に抜本的な解決策は無いと考えます。福祉国家の先進事例とされている北欧諸国も今は移民問題が大きく影を落としていますが、医療は殆どが公営 患者の登録も早くからマイナンバー制度が出来ているから 無駄が無いようにシステムが既に出来あかっていて 病気に対する国民の知識も高い 啓蒙活動も日本とは比較にならない。

 只 人口が1千万人とかそれより少ない国と同列に日本を考える事は出来ないと思います。労働資源の集約化をして効率を考える事の出来る国と、日本の様に必要のない雇用まで義務付けて国民全体の糊口を潤さねばならない国とはこれもまた比較が出来ないと思います。

 終戦後GHQのサムス准将が医療公営化の道筋の様な提案をしましたが、復員してきた軍医の対応など諸々の事情で頓挫しました。 国民皆保険は国民だけが其の制度のお蔭を被った訳では無く、少なからず医療業界も其の恩恵を受ける制度だったと考えます。

 お医者様のお立場で 医療費抑制を声高に言う事は出来ない事だと思いますが、今の制度が此の侭何時までも続くとも考えられないと思います」。

 医療の公営化は医療費の削減にはなるでしょうが、実現は難しいでしょう。日本共産党が与党になれば視野に入ってくるかも知れませんが。社会の制度はタコ足で繋がっていますし、国民感覚と不可分ですので、医療だけ、時代に逆行する?公営化は無理と思います。ない袖は振れないという現実路線で高額医療と不要不急の医療を削るのが、実現可能な方策に思えます。

 合理的な医療費の配分を妨げているのは識別して個別化する判定の煩雑さと困難さと思います。この人は社会に貢献した人だからAの治療法をこの人は生活保護だからCの治療法をということは、表向きにはできないでしょう。しかし、資金が足りなくなれば別の表現でここにメスが入ってくることになると見ています。

 それと日本の平等を建前とした制度では、フリーアクセスという選択権を奪うと、意外かも知れませんが富裕層や特権のある層に不満抵抗が出てくると思います。絶対の平等は角を矯めて殺すと歴史が教えています。

 私が自身医者なのに医療費の削減を言うのは、正直周りに一部だが金儲け?に熱心な医者が居て嫌な気がするのと、自分が多少収入が減っても困らない境遇にあるせいかも知れません。いずれにしても、医師会で医師の収入減に繋がる発言をするのは避けた方がよいと実感しています。答えにならないような答えですが書いてみました。

コメント

あれはどうなった情報を

2015年12月21日 | 小考

                

 今朝は薄曇り、さほど寒くない。今年も後十日、いよいよ気ぜわしくなってきた。毎年こぼしているが、平成天皇は尊敬し大好きなのだが23日の休日はとても困る。あと一週間という時期に休みが入るとしわ寄せで物凄く混んでしまうからだ。

 ニュースというのは新しくないと報道されない。そこで、ネットに「あれはどうなった」版というかコーナーを設け、読者の希望の多い問題をフォローできるようにならないものか?。商売として成り立ちにくいかも知れないが月に百円程度なら、支払う人は多いと思う。ネット情報を拾い集めたものでもそれなりの価値はあると思う。外国語を訳した記事を加えれば価値興味は倍増する。不偏不党とは行かないかも知れないが、問題をきちんとフォローする姿勢からは歪んだものは生まれないだろう。

 誰か若い起業家がこうしたサイトを立ち上げてくれないだろうか。取材した記事には費用が掛かるだろうからそれは一部で良いと思う。

 ニュースというのはどうしても、おや、ああ、あれあれと次々に耳目を惹いても直ぐに忘れられてしまう。それでいいものも多いだろうが、それでは不十分な情報も少なからずある。あれはどうなったかを知ることが出来る情報源が欲しい。

コメント

医療費抑制の一案

2015年12月20日 | 医療

           

 社会保障関連の予算が膨らみ、国の財政を圧迫している。問題の根は深く、とても私の手に負えるものではないが、こと医療費削減に関しては、根本的ではないが即効的で有用な方法を提案できる。

 格差社会と声高に言われているが、その内容実態原因についての国民の理解はさほどでないと思う。私にしても十分理解しているとは言えない。うらみつらみやっかみという三昧を取り除いてもなお、不公平な差が生まれているのは確かだが、その格差は日本では諸外国に比べうんと小さいという事実も押さえておかねばならない。そうでないと三昧の味付けで、真っ当な議論が出来なくなるからだ。

 さて、国民皆保険という医療制度で守られているというか仕切られている医療だが、年々増大する額を減らす良い方法がある。これを医師の私が書くと、この野郎と脅されかねないのだが、要するに格差に目を付け出来高制度にメスを入れることだ。一人当たりの医療費の格差は都道府県によって大きく異なり、最大と最小では二倍近い格差がある。その分布を調べると、気候や生活習慣では説明出来ない現象が明らかになる。地域格差と言っても、隣接県で大きな差が認められるのだ。

 恐らく厚労省はレセプトの電子化に伴い、そろそろデータを揃えてきていると思われるが、この不思議な格差にメスを入れれば数字的には簡単に10%の医療費を削ることが出来るだろう。勿論、実行には大変な抵抗があり、塩崎さんでは無理、安倍さんでも難しいだろう。だから巧言厚顔無恥の橋下氏への期待があるのかも知れない。ちょっと脱線したが、逆鱗に触れれば取り敢えず十年くらいの医療費削減は可能だと指摘したい。

コメント

カレンダーから窺える明日

2015年12月19日 | 世の中

              

 医療費抑制の思わぬ余波で、薬品メーカーのカレンダーが激減した。景気の良かった時は先生の所にはと二部置いていってくれたメーカーもあり、いつも五十くらいのカレンダーが集まったものだ。職員と四、五人の友人にも配っても二十くらい余り、年末には待合室に置いて患者さんに持って行って貰った。物凄い人気で一人一つとしておいてもいつも小一時間でなくなった。毎年楽しみというか狙っておられた患者さんも居られたようだが、残念ながら今年はあまり見栄えのしないものが二、三余っただけでお配りするほどはない。

 厚労省が薬剤費を抑えたため、薬品メーカーは接待費や宣伝費を削り出したのだ。どうも医療を含めた社会福祉に関連する業界には構造的というか政治的な不況が待ち受けているようだ。

 現在の景気状況を政府は順調と言い野党は低迷と言い、意図的に食い違っているが、正直なところは無理して何とかという所だろう。安陪さんが辞めるときにはこれこれの実績と威張るだろうが、後を継ぐ人はツケが回って青息吐息になる予感がする。少なくとも医療部門にはレベルダウンを避けるならば格差導入がやむを得ない時代になるだろう。

 激減した薬品メーカーのカレンダ-から明日を覗いてみた。他の業界は知らないが、医療部門の展望は当たらずとも遠からずだろう。

コメント