駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

イタリアの成程

2010年10月30日 | 小考
 インターネットニュースでイタリアでは挑発的ミニスカートに五万円だかの罰金と報じられていた。得たり賢しと膝を打つ何とか親父と思われても心外だが、これは普通の発想で今までが片手落ちの感じがする。まあそれにしても何でイタリアでというか流石イタリアというか、喧しいことだ。
 罰金がいいとは思えないが、ほどほどと云うか場所をわきまえて云うか節度というものがと思う人は多いだろう。電車に乗ると、微妙なところ微かなところに味わいがあるのが忘れられたか、正直と率直をがさつと露骨に履き違えた装いの人が当然作法もなく坐り佇み、こちらを睨んでいることがある。おっとと目をそらすのであるが、良い心地はしない。
 男が駄目になったという論調をよく見かけるのだが、二つの性が纏わる世界で片方だけが駄目になることはあり得ない。濡れ落ち葉亭主などと言われれば、ザリガニ女と呼びたい方も居られると言い返すしたくなる。尤も、悪口を言い合うのは本意ではなく、そんな考えがごく稀に頭を過ぎることもあると申し上げておこう。
コメント

私の背景

2010年10月29日 | 身辺記
 診察机の横の壁、患者さんから見ると私の後ろには愛蔵の小品が飾ってある。年に数回取り替えるのだが、今回から新たに緑の書店(林哲夫のグリーンアップル)が加わった。
 私の絵の腕ではまあまあ?なのだが、写真はからっきし駄目で、なんだこの撮り方はと怒られそうだが、とにかく存在証明に撮ってみた。患者さんの感想はまだない。
 あるいは近づいて見られるように待合室の方がよいかなとも思っているが、しばらくは自分も見られるように此処に掛けておこう。
 この絵は私の好きな二つの流れの線上にあり、軽い透亮な存在感が心地よい。絵を描くのにさほど絵画に詳しくないのだが、17世紀オランダと20世紀前半のアメリカの風景画に惹かれることが多い。絵画の歴史を紐解けば際限もなく、活字の世界と共に未だ知らぬ世界があまりにも膨大で、不思議な心境になることがある。しかし
 今朝診察室に入り、毎朝好きな絵を目にすることができることは小さいかもしれないが確かな幸運と感じたことだ。
コメント (4)

強さの証明

2010年10月28日 | スポーツ
 勝負に於ける強さの証明は簡明にして単純、勝つことだ。技術の詳細や勝負の機微がよく分からない人にも理解できるのが勝ち負けで、碁や将棋からプロ野球Jリーグまでもっともよく眺められるのは星取表なのだ。愛好家はこれ一枚で何時間でも口角泡を飛ばして議論が出来る。
 さて、竜王渡辺明が強さを証明しつつある。否既に証明したと言っても過言ではあるまい。あの羽生に二連勝である。74手目の9六歩そして108手目の3六銀、羽生を相手にやって来いと恐るべき胆力である。殆どの棋士が挫ける中、僅かに深浦が鈍感力で善戦、渡辺が天才を恐れぬ胆力で羽生を跳ね返しつつある。
 こうした評価は素人の評論で技術的には物足らぬかも知れないが、生死を間近に見てきた人間としての肉薄はあるかもしれない。
 ところで、競技が変わって格闘技だが、柔道の金メダリストにして辛辣口舌の輩石井慧は本当に格闘家として強いのだろうか。あれこれ生き延びる方向を探っているようであるが、元格闘家の患者Dさんに聞いてみたら、大したことはないと一刀両断にされた。まあ、要するに石井慧は次に勝てなければ口先男に成り下がることになる。
 先を読んで評価出来れば超一流の評論家だ。ゴルフシングルの患者Aさんは宮里藍は伸びないと予想したが、見事世界ランク一位に上り詰めた。短期間であったが、これで彼女が伸びなかったとは誰も言えない。Aさんが伸びないといった主な理由は身長が足りないと言うことだったのだが、彼女の強靱な心を評価し損なったようである。
 Dさんの予想は如何に、さあ石井慧どうする。
コメント (2)

季節変動がもたらすもの

2010年10月27日 | 世の中
 爽やかな秋空の下を駅まで歩いたと書きたいところだが、今日は冬空の下を駅まで歩いた。厚い鉛色の雲が空を覆い、まるで冬の到来を告げているかのようだった。異常気象と言っても平成生まれの人にはこれが普通に感じられるのかも知れない。
 俳句界はどうするんだろうなと、季節感のぶれがもたらす思わぬ波及効果に考えが及んだ。大袈裟に言えば季語の再構成から俳句観にまで、通常気象になりつつある異常気象は影響するのではないか。
 冬の到来と共に流行するインフルエンザはというと、今のところ小児科で散発している程度で流行の兆しはない。こういう言い方をすると顰蹙を買うのだが、インフルエンザを手ぐすねを引いて待っている医療薬業関係者もおり、未だ出ていませんねと挨拶代わりに話す薬屋さんも多い。
 猛暑も勿論高齢者には大きなストレスなのだが、やはり寒さの方が恐い。肺炎というのは癌や動脈硬化性疾患の陰に隠れてきているが、今もとどめに登場することが多く油断ならない致死性疾患なのだ。健康な高齢者なら突然肺炎になることは少なく、やはり感冒、特に流感が引き金になる(今は流感はインフルエンザとして所謂風邪とは独立して扱われるようになった)。そして風邪は身体の冷えがきっかけで発症することが多く、寒さは猛暑以上の危険因子だ。人間は寒さに備える知恵を身に付けてきたのだが、たった一日で気温が5,6度ぶれる(ひどいときは10度以上)気候では、今までの智慧が追いつかなくなった。我が家でも十月になっても夏物を出したり引っ込めたりで、結局夏物がまだ用意してある。
コメント (2)

苦しい就職前線

2010年10月26日 | 世の中

 当院に事務受付の欠員ができ、ハローワークへ求人を申し込んだ。立て続けに応募があり、一週間で十二名の方の面接を行った。帯に短し襷に長しで、今回はこれだという方が居らず手間取った。ようやく二名に絞ることができた。明日には結論を出さねばならない。
 医院の受付には医療事務と患者対応の二つの質の異なる仕事があるので、二つの能力が求められる。両方の才能に恵まれた人はそんなに沢山は居ない。
 今回の求人では、前回から僅か三年なのに以前と違い、求職者に切迫感が漂っているのに戸惑った。みんな必死なのだ。職を求めてもがいている感じがする。その一方で、やや未熟な印象の人も数名見受けられた。どこまで正直に話されているか分からないが、些細なこと(我々にはそう思えた)で辞めてもっと条件の良い所と面接に来られるのだ。仕事を幅広く教えて貰えないや就業時間が三十分延びて困るなどは、ご自身にも問題がありそうだし、それくらいの時間は今のご時世やむを得ないのではと思ったりした。離婚して母子家庭の方も複数名来られ、何とかしてあげたいという気持ちにはなったのだが。 
 たかだか三年で、景気が深刻に低迷しているのを肌で感じた。菅さんにそれがわかっているだろうか?誠に心許ない。見回してもこれという政治家が居ない。まじで王貞治や岡田武史の方がましではないかと思ってしまう。
  

コメント (2)

NHK杯戦の感想

2010年10月25日 | 趣味

 昨日のNHK杯、将棋は渡辺竜王が広瀬王位に貫禄勝ちしたのだが、戦形が相穴熊で低段者の私には正直、あんまり面白くなかった。どうも穴熊の面白さがわからない。おそらく同じような感想を持たれた視聴者も多かっただろう。尤も穴熊愛好者は増えているようで、見るだけ将棋の私と違い、実戦派には参考になったと言われる方が居られるかも知れない。
 大山先生が御存命なら、NHK杯の相穴熊は褒めないと思う。苦言を呈されたかもしれない。それだけファン心理を御存じで、ファンのことを考える人だった。アマチュアには優しくプロには厳しくは、将棋だけでなく多くの仕事について言えることだろう。大山十五世名人は本当のプロだった。嘗てリトル大山と言われた渡辺竜王はそれを継ぐ人かも知れない。
 碁の方は勝負の内容はさほど白熱せずもう一つだったが、解説が面白さで将棋の米長の好敵手、否上回る趙 治勲だったので楽しめた。知念さんに肩入れして嫌味なく、初心者にもわかる解説は素晴らしい。
 こうした発言は顰蹙を買うかもしれないが、知念さんは美しく魅力的ではっきりいって色っぽく、ルール違反ではないかと思ったほどだ。これで女流棋士が居なくなってしまった、とても残念。

コメント (2)

落合博満にまつわる印象

2010年10月24日 | 人物、男

 落合監督の中日が日本シリーズに出場する。プロ野球ファンでなくなって久しいが、遠い昔の中日ファンとしては嬉しい。
 落合は孤立を好むせいかサービス精神の欠如からか記者受けが悪く、実際よりも不当に低い評価がされてきたという印象がある。それは彼自身の社会性や協調性の乏しさにも多少の原因があろうが、丁寧な反応がないあるいは愛想が悪いことに低レベルで反発するマスコミ取材陣に主因があるような気がする。
 公共性ということを考えれば、個人的な好き嫌いが記事の内容に大きく影響することには釈然としないものを感じる。たかがスポーツという考え方があるとしても、全ては繋がっているので、燕雀の意向で鴻鵠の行く手を曇らせることは避けられないものかと思う。
 何度も書いてきたことなのだが、人物や物事は一言では言い表せない。記者による評価形容よりも、足跡と内容を積み重ねて報ずることがマスコミの本筋だと考える。
 「オレ流」というのは鮮やかな切り口ではあるが、キャッチフレーズは含羞の人を偏屈に投射し、記者の独断をばらまく危うさを孕んでいる。
 落合は個性的で独善のようだが、実はもっと普通の人ではないかと私は観測している。
 

コメント

ホッカイドーじゃないケイコタン

2010年10月23日 | 診療

 四か月ぶりにK子さん登場である。確か耳鳴りがすると来院して市立病院を紹介したはずだったが。
 「どうされましたか?」。
 「この前はありがとうございました。先生に紹介していただいて、市立病院の耳鼻科に行ったんですけど、やめちゃったの」。
 「え、で、良くなりましたか」。
 「あんまり。またひどくなったのよ。なんだか検査をしてお薬を頂いたんだけど、飲まなかったの」。
 「えっどうして」。
 「胃が悪くなるって言われたの」。
 「誰に」。
 「お友達よ」。
 「その方は、お医者さんですか」。
 「違うわ、ご近所の方よ」。
 「言われたとおりにお薬飲まなきゃ、よくならないですよ」。
 「・・・、先週くらいからまたひどくなったの、なんだか空気が抜けるような音がするのよ。ご近所で診てもらって、お薬を頂いたんだけど、効かないのよ」。と薬を見せてくれる。
 「これはビタミン剤と安定剤ですね」。
 「なんて言われたんですか」。
 「はっきり言わないけど、これを飲みなさいって。N先生よ」。
 「ああ、そうですか」。・・・
 「先生、また好い所紹介してくださらない」。
 「紹介したって、また薬を飲まないんじゃしょうがないでしょ」。
 「今度は飲むわよ、頂いたお薬とこの薬を一緒に飲んでもいい」。
とまた別の薬が出てくる。強力な制酸剤だ。
 「これどうしたの」。
 「S胃腸科で貰ったのよ、胸やけする時飲んでいるの」。
 「これなら、一緒に飲んでも大丈夫のはずですよ」。と自分の役回りを考えながら答える。「血圧は124/83でちょうどいいですね」。とちょっとは診察もしながら、川の向こうだけど良い先生ですからと信頼するM先生を紹介する。
 これでおしまいかなと思っていると、すぐ戻ってきて診察室に顔を出す。
 「先生、主人なんですけど」。
 「ご主人がどうかされましたか」。
 「此の頃、便秘するて言うんですけど、ほっておいて大丈夫かしら」。
 「うーん、何とも言えませんねえ。一度いらっしゃるように、おっしゃってください」。
 初めてにっこりして
 「はい。そう言ってみます」。と踵を返してお帰りになる。
 思わず看護師のAさんと顔を見合わせる。
 後日、M先生から返事が来た。左耳に僅かな低音域の聴力低下がありますが、問題とは思えません。これからどうなるかと聞かれるのですが、初めてで前と比べられないので市立病院のデータがないと分かりかねますと、五回ほど繰り返し説明しましたが分かって頂けないようです。お薬は要らないそうで、お役に立てず申し訳ありません。
 とんでもない。申し訳ないのはこちらですと心の中で呟く。

コメント (2)

進歩しているか

2010年10月22日 | 趣味

 新作三回目の絵の教室に行ってきた。静物画は描きやすいのか割と早く進行する。どこがどう違う。分かってもらえる人には分かるはず。まあ、段々です。見ていてください。後、四,五回でなんとかなりそう、年内には完成するでしょう。 
 周りのおばさん達やお兄さんは秋の展覧会に出品するらしく、急ピッチで頑張っている。
 僅か二人の叔父さんは取り残されているようだ。
 Sさんも今度の**展に挑戦してみたら如何ですかと先生に声を掛けられる日が来るのだろうか?。

コメント (4)

米の等級

2010年10月21日 | 旨い物

 お米には銘柄産地等級がある。新潟特に魚沼産のコシヒカリに定評があり、倍くらいの値段が付いている。それにしては何処のスーパーに行っても山積みで、ひょっとして魚沼は新潟県よりも広いのではないかと地理上の大発見を報告したくなる。尤も、積んであるだけで高価なので、さほど売れないのかも知れない。
 今年の作況指数は平年並みのようであるが、猛暑のため割れがあり一等米の割合が低いのだそうである。等級で値段が違うらしく、農家には打撃のようだ。ところが、たぶん本当だと思うが、割れによって等級が下がった今年の米の味は悪くないそうだ。と言うことはお値打ちで美味しいお米が食べられ、消費者には朗報だ。
 よく指摘されてもなかなか是正されないのが野菜の形と値段だ。胡瓜が多少曲がっていても味は変わらないと思う。曲がった胡瓜の酢の物とまっすぐの胡瓜の酢の物を、目隠しして全部当てる人にお目に掛かりたい。どうして極端に見た目にこだわるようになったのか、否消費者はさほどこだわっていないと思う。中間の業者が差別化を図り主導権を握るために、こだわるようにし向けたのではと推測している。料亭でもあるまいし、不揃いの茄子や曲がった胡瓜で怒り出す家族が居るとは思えない。怒り出す亭主にはあんたもと言い返すことだ。
 しかしまあ、こうした真っ当でない拘りは民族の力の衰退の兆しではないかと、大袈裟な感慨を持ってしまう。
 川本三郎さんの旅のエッセイで四国の片田舎のバーで女性が・・・だといいけどと呟く。米長邦雄がその通りと言いそうだ。朝から余り脱線しないうちにこの辺で。

コメント