駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

大して恐くない恐竜、本当に恐いのは

2015年02月28日 | 町医者診言

す        

 恐竜がなぜ滅んだか?。大隕石による気候変動という説が主流のようだが、今恐竜が日本に甦ってもさほど恐くはない。恐竜よりも恐いのは狭量の方だろう。遂に衣を脱ぎ捨て、恐いものなしのような安倍首相だが、冷静になって三十分も考えれば、今のところまずまずの経済状況を楯に、お抱え報道陣を横に、戦争を出来る国に遮二無二舵を切ろうとしているこの方は、どうも危ないと半数以上の人は気が付くだろう。

 取り敢えず、己の既得権確保を優先し、権力に追随する人達も内心は本当にこれでいいのだろうかと思い始めているのではないか。この十日ばかりの間に、首相の足下に舞い上がった火の粉は、その前触れかもしれない。

 民間には優れた分析者と知恵のある人や公平無私の勇気がある人達が数多い。しかるに、そういう人達は狭量な御用官式見解に妨げられ、真っ当な評価と取り扱いを受けていないように見える。異論を蛇蝎のごとく排除敵対視する狭量の恐ろしさを感じる。国民の理解は情報を公開してこそ得られると、首相に申し上げたい。粛々というのは考えの異なる国民の声にも耳を傾けながら慎重にゆっくり進めることを形容する言葉と思う。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

階段から落ちる人

2015年02月27日 | 人生

         

 二月も今日を入れてあと二日。三月から春が始まると決まっているわけではないが、今年は殊の外寒かったので待ち遠しい。北国の人の春を待つ気持ちが少し分かる気がしている。           

 かいだんは恐ろしいと言っても四谷怪談ではなく、いつもの階段のことだ。もう何万回と上り下りして暗がりでも大丈夫のはずの階段を踏み外して転落する人が後を絶たない。毎年二千人以上の人がこれで命を落としている。転落で骨折して寝たきりになった人は一万人を下らないだろう。寝たきりは死への序章だから、本当に階段は恐ろしいと言わねばならない。

 往診に行くと暗くて細い階段を登らされ、二階の三畳や四畳半へ案内されることもある。中には寝たきりといっても伝い歩きは可能な婆さんも居て、トイレだけは一階まで行っていると聞かされ、危ないなあと思うのだが、そういうことを言い出しにくい作りのお宅であるのが常だ。

 年寄りは一階にというのが世間の知恵と思うのだが、二三十年前は年寄りでなかったわけで、住み慣れた二階の王国?を去りがたく、一階に下りるのを頑なに拒否される爺さん婆さんも居られる。この頃来ないなあと思うと、しばしば転落骨折して長期入院を余儀なくされている。杖歩行でも歩けるようになれば運が良く、寝たきりで帰ってこられる人も多い。運が悪い方は帰ってこれず終わりになってしまわれる。

 階段転落事故の前には殆ど予兆がある。しかしながら、爺さんは頑固で婆さんは聞き分けがないことがしばしばで、簡単に下に降りてくれない。頑固で聞き分けがないのは認知症の始まりなのだが、同情の余地もある。喩え六畳でも住み慣れた空間は去りがたいのだ。

 昔の人は偉い、老いては子に従え、は歴史が教える知恵だろう。勿論、言うほど簡単なことではないらしい。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカンスナイパーを観る

2015年02月26日 | 映画

            

 三月を目の前に逃げる二月はもうお終い。それにしても暖かい。

 介護保険審査の帰り、時間があったので「アメリカンスナイパー」を観た。特別の予備知識もなく、ゴルゴサーティーンやジャッカルの日のようなスリリングな面白さを期待したからだ。

 予測は外れ、戦争映画だった。戦争というのは殺しあいで、スナイパーも人殺しだった。いろいろな見方があるだろうが、殺されるイラク兵にもアメリカ兵と同じ家族と人生があり、これでは憎しみの連鎖が続くばかりと感じた。悪と決めつけ敵対するから殺してもいい、ましてたくさん殺せば英雄というのは私には首肯しがたい。 

 石川五右衛門が指摘したように盗人の種は尽きず、そして争いも尽きない世界の現実が映し出されていた。俺は悪くない彼奴が悪いと、そんなに簡単に言えるだろうかと思うのだが、短絡思考嗜好は度し難い。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

病気、ほろ苦いひとつの現実

2015年02月25日 | 医療

                              

 万病と言われるが、万はないと思う。勿論、間違いなく千以上の病気がある。まあ、実際には同じ病気でも個体差があるから、病態としては遙かに万を越えるだろう。

 中で死に至る病ではないが、痺れ感、眩暈感、耳鳴り・・といった自覚症状が主な病態は多彩で、患者本人を悩ませなかなか辛いようだ。残念ながら、こうした病態には良い治療法がないことが多く、治りにくいため勢いしつこい訴えとなり、医者も悩まされる。

 Nさんは私と同年配の男性、数年前心筋梗塞で入院、幸い一命を取り留め、そちらの方の経過は良いのだが、退院後味覚に異常が出て悩んでおられる。よいと言われる薬を試してみたのだが、なかなか良くならない。半年に一度の心臓検診でも訴えてみたが、専門でないということだろう、よく分からないと対応して貰えない。

 ある日新聞の診療欄に、某総合病院の部長が味覚異常の最先端治療をしていると書いていた。切り抜きを持って受診したNさん、紹介状を所望、勇んで遙々新幹線に乗って出かけた。

 「どうでしたか?」。

 「ダメダメ、碌に話も聞いてくれない」。

 数行の返事には年齢的なもので、改善は難しいと認めてある。私はすぐ成る程と思ったが、わざわざ期待して出かけたNさんはがっかり憤懣やりかたないようである。Nさんには申し訳ないが、このことによってNさんのしつこい訴えが減ったので、私としては有り難いといってはなんだが、毎回同じ訴えを聞く悩ましさが軽減されて負担が減った。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

何が起きているかよく分からない

2015年02月24日 | 世の中

               

 この数日は暖かく梅が咲いている。通りの梅を携帯で撮ってみた。「今日は暖かいですね」、「でも未だ一二回寒い日があるでしょうね」と、患者さんと話している

 介護報酬が引き下げられた。介護現場の労働環境の改善は難しく、むしろ厳しくなるだろう。弱者に暖かいようには見えない。弱い者が十分な獲物の分け前に与るのは難しそうだ。下手な不平を言えばもっと困ることになる気配が漂っている。

 与那国島では住民投票の結果を受けて、沖縄では県知事投票の結果を退けて、安倍政権の意向が通されようとしている。自衛隊では制服組が台頭して、背広組に取って代わろうとしている。

 こうした動きを伝える殆どのマスコミの表現は穏やかで淡々としている。睨みが効いて自主規制があるのかもしれない。勿論、ジャーナリスト魂は残っていて、隠し味は付いているのだが、眼光紙背の人は少なく気付かれないようだ。

 いずれにしても、変わりつつある世の中の動向は、国内に居てはどうもよく分からない。一体何が起きているのかと改めて周りを見回したい気がするが、求めて国外の視点や国内の中小弱者の視点を検討しようとする人は少ないようだ。

 なんだかアラカルトのないレストランに入ったようで、当店はこれですというコースはデフレ脱却の前菜に目を眩まされて、ちょっとこれはというメインディッシュが出てきそうで当惑している。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

包装で知る衰え

2015年02月23日 | 身辺記

               

 昨日、山小屋でG氏がこんなんが破れなくなったと苦笑しながら、サブレーの包装を破るのに引き出しを開けて鋏を取り出した。「俺もそう」という声が私とS氏から出た。どうも腕力だけでなく指先力が弱ってきているのだ。

 いやあ、耳も悪くなった、目も悪くなったとひとしきり年を取ったという話になってしまった。一緒に年を取っているから、見た目の老けには、殆ど気付かないが、残念ながら老人力が付いてきたようだ。

 有り難いことに好きなことには年を忘れ打ち込める。絵を再開して良かった。忙しいを高齢者の禁句にした方が良いと思う。好きなことのために、所謂雑用は退けるのがいい。うかうかしていると雑用に殺されてしまう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

簡単で美味しいが一番

2015年02月22日 | 旨い物

           

  お気に入りに入れさせていただいている「駅前食堂」のレシペから手羽先と大根の煮込みを作り、山小屋で仲間と食べた。いつもながら美味しいと、高い評価を戴いた。実にシンプルな料理で、大根と手羽先だけ、(私は彩りに青唐辛子を追加した)。味付けはみりん醤油酒のみで一時間ほど炊くだけだ。

 ちょっと濃い味がご飯に良く合う、骨付き肉の旨味が出て濃くもある。特別な調理技術はないが、食いしん坊でこれは旨いとレシペを見抜く力は付いていると自負している。

 料理は絵と同じで、描きすぎないように一歩手前で留める判断が重要と思っている。工夫をすれば美味しくなると思っているのは実はまだまだで、手を加え過ぎない調味料などに凝り過ぎない方が本当は美味しい物が出来る。勿論、ちょっとした手間は惜しんではいけない。

 実はこの辺は診療と似ていて診察の手間を惜しんではいけないが、処方は必要最小限の単純簡単がいい。大声では言いにくいが、鼻風邪に抗生剤から何から全部処方してある竹庵先生も居られる。これはちょっと脱線。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

頭の痛い話

2015年02月21日 | 医療

              

 頭痛というのはよくある病気で、四人に一人くらいは何らかの頭痛に悩まされていると言われる。中でも多いのが緊張型頭痛と片頭痛で、この二つで頭痛持ちの頭痛(一次性頭痛)の大部分を占める。一次性頭痛(頭痛持ちの頭痛)というのは原因がはっきりせず繰り返す慢性の頭痛で、二次性頭痛というのはくも膜下出血とか髄膜炎とか明らかな原因によって起きる頭痛を言う。

 頭痛持ちはよく居るのだが、鎮痛剤や休息で回復することが多く、何とか病気に適合して生活する術を身に付けるので、糖尿病や高血圧症ほどには重要重大な問題と見なされてこなかった。まあ、しかし自覚症状があり生活の質を低下させるという意味では、糖尿病や高血圧症に劣らず困らされる病気として注目されていいと思う。

 今は片頭痛などには良い薬もできており、頭痛持ちの患者さんはもう少し積極的に医師に相談されたらとアドバイスしたい。

 さて注意を喚起しておきたいのは薬物乱用頭痛という病態があることだ。これは頭痛持ちの人が頭痛に対して過度に鎮痛剤を服用して陥る病態で、鎮痛剤で頭痛が持続悪化するという落とし穴に落ちてしまうものだ。この負の連鎖を断ち切るには、毎日痛み止めを飲んでしまう頭痛があれば神経内科医を受診されることだ。

 私は自分が頭痛持ちだったので、一般内科医としては頭痛の知識が多い方だと思う。二十五年間でくも膜下出血を三例即診断して、脳外科の先生に褒められた。こういうのも怪我の功名と言っていいのだろうか?。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親子はどこか似ている

2015年02月20日 | 人生

            

 久しぶりに月餅を戴いた。四十年前よりやや小ぶりになった感じがしたのは気のせいか。濃いめのお茶で戴くと、まったりとややしつこい餡が美味しい。

 実はこの月餅は一週間ほど前にブログで紹介した元パイロットM爺さんのお嬢さんがわざわざ東京から先生にと送ってくださったものだ。Mさん問わず語りに単独飛行を楽しんだ話や優秀なお孫さんの話をされたのだが、たかだか十五分あまりでも話を聞いて貰えたのが嬉しかったとみえ、たまたま帰省されていた娘さん(優秀な孫達のお母さん)に、そのことを話されたらしい。娘として嬉しく母親として誇らしかったらしく、月餅をいただくことになった。

 このことからM爺さんが家族に大切に思われ大事にされているのがわかる。例外もあるのだが、親子はどこか似ている。

 折角良い話の後で申し訳ないが、問わず語りではなく「先生聞いてください」と後ろに控えた患者さんをものともせず、三十分も親子の諍いを聞かされることもある。娘に厳しく注意された母親(85才)が「殺される」と警察を呼んだため、今日は何とかして鎮静剤を処方して貰おうと娘もやってきたのだが、何かを察した母親が私は惚けてなんかいませんとまくし立てる。娘さんは「あんたの言うことを聞いていたらこっちが死んでしまう」と負けていない。確かに母親は認知のテストの点数は悪くないのだが、どうも被害的なところが目立つし、同じ話を何度も繰り返す。何とかなだめて鎮静効果のある漢方薬を少量飲んで貰うことで、取り敢えずお引き取りを願った。申し訳ないが、どっちもどっちという感想が頭をかすめた。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

どうなる夫婦別姓

2015年02月19日 | 世の中

             

 夫婦別姓が法的に認められるかどうか、最高裁の大法廷で判断されることになった。恐らく否定されるだろう。日本の?裁判所は大抵後追いの保守的で変化を避けるからだ。

 夫婦別姓を認めれば世の中が変わるのを誘導する可能性があり、そうした解釈は取らないだろう。原告は安陪首相に取り入り、閣議決定をして貰った方がよいと思う。

 かくいう私も夫婦別姓には賛成しない。子供が居なければ別姓でもよいかもしれないと思うが、子供が出来た場合にはどちらかの姓に統一してしまうのはしっくりしない。勿論、まぜこぜにも違和感がある。何と言われても家族は名前で捉えられるまとまりと感じる。なぜ別姓がよいのかよく分からない。馴染んだ愛着のある名前というなら、父母祖父祖母曾祖父曾祖母・・・の気持ちはどうなるのだろうか。世の中変わった、これからは未婚の母も増えるだろうし、家族形態も変わるから、私の好みでいいのだと言われるのだろうか。夫婦別姓を主張される方の意見をきちんと調べないで、賛成しないと言うのはおかしいと非難されそうだが、調べても変わらない。

 世の中を動かす原動力を削いではまずいと高齢者としては助言したいのだが、これからのことは若い人に任せた方がよいのかもしれない?。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加