駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

流れを見極めよ

2010年05月31日 | スポーツ
 岡田ジャパンは強豪イングランド相手にまずまず善戦し、一縷の望みを繋いだ。阿部を中盤の底に置いたこと、長谷部をキャプテンにしたこと、中村俊輔を外したことの効果があった。 
 阿部はサッカーテクニックに優れ守備能力が高い。フィードがもう一つだがそれに開眼すれば守備の要だけでなくティームの司令塔になれる。長谷部の性格を知らないが、人望と責任感があればティームをまとめられるだろう。
 中村俊輔は今のスタイルメンタリティではワールドカップでは通用しない。遠藤も似たような問題を抱えており、頭を切り換える必要があるが、果たして出来るだろうか。岡田監督と違いこの二人の出来の悪さは、コンディションの問題だけではなく、プレースタイルとメンタリティにあると思う。
 サッカーは絶えず動いており、一試合の内に何度か流れが変わる潮目がある。それを見極めて変化する能力がなければ日本は勝てない。各自がそれを感じ、リーダーの指示によって柔軟に変化する組織力を身に付けて欲しい。日本人はそうした能力を元々持っているので短期間に可能なはずだ。
 サッカーの醍醐味は試合の流れを読んで、地力で劣るティームが大物を倒すところにある。試合が始まれば、監督は試合をコントロールできない。唯一の介入は選手交代、誰を何時、そこに監督の能力が現れる。
 冷静果敢な熱血漢、川島を応援する。
コメント

不明を恥じる

2010年05月30日 | 町医者診言
 私は鳩山首相と岡田武史監督を多くのマスコミの酷評に抗して、最後に力を出すと期待し評価してきた。
 しかしながら、どうも鳩山首相を買いかぶっていたようで、自分の不明を恥じる。要するにリーダーの資質がなかった。自ら手を下さずとも難局を切り抜けて行く調整型のリーダーは人を見抜いて使う力があるものだが、それもなかった。鳩に象徴されるように平和な時代の坊ちゃんだったのだろう。単に守りに強いとか反動力だけに優れるのは頑迷というべきもので、それだけでは道を切り開くことはできない、このままでは傷が深くなるばかりだ。身を捨てて浮かぶ瀬を見つけるのが今の使命だと申し上げたい。政権交代によってなしえたことがいくつかある。その芽を摘むようなことはなんとしても避けて欲しい。
 
 もう一方の岡ちゃんはどうか。どうも胆力が足りないようだが、本番前なので、まだチャンスはある。イングランド戦に見違える展開を期待している。善戦すれば可、引き分ければ良としたい。
コメント

独逸語

2010年05月30日 | 
 私は努力の甲斐あって英語の読みは殆ど不自由なくできる。書く話すもまずまずできる。勿論、それは専門書の話でNew England Journal of Medicineは読めてもTimeを読むには辞書が要るし苦労する。そして医学生の頃は辞書さえあれば難解な独逸語の本も読むことができたのに、今は残念ながら殆ど忘れて仕舞った。
 今回、ウイーン、ブダペストへ行って独逸語が話せればなあと痛感した。
 病気に関する独逸語は今でも憶えているので、私は頭が痛いとかは云うことができるが、相手の返事がわからなくて困るので使わない。
 私は外国語が話せるというのは相手の言うことがきちんとわかることだと定義している。フランスへ行った時、いくつかの文章を覚ておいたので、ホテルで使ったところ通じたのはいいが、相手の返事の内容が分からず往生した。相手はちゃんとおまえはフランス語をしゃべったのに、何でわからないんだと呆れた顔をしていた。
 今度行く機会があれば、古く硬くなった脳味噌にどれくらい詰め込めるか疑問ではあるが、ドイツ語の基本単語を覚えていって、文章でなく単語を連発して会話を試みてみたい。片言の単語であれば相手も手加減して、身振り手振りと工夫してくれるだろう。
 六十を過ぎて自分にはラテン志向があまりないのに気付いた。褒める人が褒め、雑誌の特集がしばしば組まれるイタリアがどうも合わない。ミラノ駅で掏摸にあったせいでもないと思うが波長が違うらしいのだ。家内はどう感じているか?あと何カ所行けるかわからぬヨーロッパ、今度も東ヨーロッパに行きたい。東ヨーロッパでは独逸語がかなり通じるのだ。以心伝心とは云うが、見知らぬ他人では言葉に遠く及ばない。
コメント

異常気象も続けば

2010年05月28日 | 身辺記
 今朝はいつか見た懐かしい夏空だったのだが、風が冷たく、なんだこれはと思いながら玄関を出た。詳しくは知らないが、殆どの生物は日照時間で季節を感知しているのだと思う。そのため、そろそろ五月だなと花を咲かせた果物が、今年は思わぬ冷気で相当数凋んでしまったと聞く。小規模で地元用の桃や梨を作っている兼業農家が患者さんに居るのだが、今年は駄目だあと苦笑いしている。
 将棋のプロが成績が悪く、今年は調子が悪い、どうも調子が出ないなどと云っていると、陰で実力が落ちたんじゃないのと云われる。それと同じで、異常気象も続くと、それが当たり前になりそうで恐い。
 迷言を連発する首相も、国民側に慣れが生じたか支持率低下が下げ止まっているようだ。尤も、この辺りはイエロージャーナリズムの質の悪いところで、叩きがいがなくなって、手を弛めたのを調査結果に出したのかもしれない。
 可愛さ余って憎さ百倍ということはないのだが、お坊ちゃんを露呈した鳩山さんには身を捨てて浮かぶ瀬を捜すのが、次の任務になったと申し上げたい。
 暑くなりましたが合い言葉の季節に、暑いんだか寒いんだか分かりませんねと云いながら、もうすぐ六月だ。ワールドカップを楽しみにしている。根っからのサムライブルーファンとしては諦めず、岡田ジャパンに一勝をと念じている。
コメント

岡田監督への助言

2010年05月27日 | スポーツ
 岡田武史監督はW杯日本代表支持者の助言に耳を傾けよ。為にする批判は無視すればよい。今からでも変わることは出来る。
 中村俊輔は起用しないこと。遠藤もデンマーク戦のみ先発の可能性を残し、カメルーンオランダ戦は中村憲剛を使い、稲本を先発させること。内田を使う時は守備が不十分なのを織り込むこと。
 サッカーでは走りながら考える事が出来なければ絶対にトップクラスに成れない。フィールドの中のリーダーが必要。中沢に大声を出させろ。前線は本田に仕切らせよ。韓国戦も失点後試合中に直ぐ布陣と動きを変えれば、引き分けには持ち込めた。浮き足だったため無様に負けた。
 中村俊輔は暗くブレーキになるので今回は使わない。十年W杯のために・・などという世迷い言に目眩まされては駄目。
 今までの積み重ねと拘りを捨てなければ勝てない。プレスは後ろからでは効かない。遅いパス(判断と球速)は無効、中村俊輔や遠藤のパスはW杯では通用しないのに気が付かなくては。それを韓国は教えてくれた。
 見違える布陣が必要。中村俊輔と遠藤を先発から外す決断ができるか。できればまだ五分の目がある。
 稲本と中村憲剛を使うこと。
 岡崎、森本どちらか一人。大久保、玉田どちらか一人。
 バックパスは厳禁、パス道が見えなければどちらか空いているコーナーを狙って蹴って競らせる。バックに球を追わせればサイドは五分に競える。
 あとは命がけで戦うだけ。 伊達を見習え!
コメント

三位一体の妙

2010年05月26日 | 医療
 最近の医学教育はどんな風か知らないが、四十年前は三つ揃うと何病というトリアスがよく出てきた。例えば腹痛、発熱、黄疸なら胆石胆嚢炎と言った組み合わせだ。
 病気の診断法を少し解説すると、診断の手がかりと根拠には感度と特異度が必要なのだ。
 例えば関節痛は関節リウマチには殆ど必須の症状で感度はよいが、関節痛は他の病気でもよくある症状で特異度が低い。蝶形紅斑は全身性エリテマトーデスで特異度が高いが、これを認めない全身性エリテマトーデスも結構あり、感度がさほど高くない。そこで感度が高い症状を重ねることで特異度を上げて診断しようというのが三つの症状や所見を組み合わせたトリアスなのだ。
 じゃあなんで三なの、四でも良いじゃないか、二じゃ駄目かと聞かれると、正確な理由は知らないが、憶えやすい、ちょうど感度と特異度のバランスがよくなる、古来人類は三が好きと答えたい。たぶん正解だろう。
 これを診断学でトリアスと教えているかどうか知らないが、四十年の臨床経験から、問診診察検査が病気診断の三位一体と骨身に染みている。ところが問診診察がややおざなりの傾向がある。あったという方が正確か。というのは十年くらい前から問診や診察の重要性が再認識され、きちんと教える医学部が増えてきたからだ。今では国家試験にも入っているらしい。
 端境期に医学部を卒業して開業した医師が多いせいか、全体を診察しない医師も結構居るようだ。当院で診察時裸にすると、ええ脱ぐのと驚く人が居る。診察で新たな発見は多くはないが、三百回に一回くらい重大な発見をする。診察で胃癌を疑い病院を紹介したところ、病院の医師が本当に診察だけしかしなかったのかと何度も聞いたと、手術を受けて帰ってきた患者が報告してくれたことがある。
 事ほど左様に問診診察検査は欠かせないのだが、最近は新たな障害が出て来た。三つの手続きを揃えるのを嫌がる億劫がる患者さんが出て来たのだ。恩師の時代は患者を叱ればよかったのだが、今はそうはいかない。こういう患者さんに付ける良い薬はないだろうか。
 
コメント (2)

支持者の力

2010年05月25日 | スポーツ
 ワールドカップ壮行試合は惨敗だった。困ったことになったと思いながらヤフーのみんなの評価を見ると零点がダントツに多い。これはひどい。チームにはイエローカード、零点を付ける支持者にはレッドカードだ。こういう点数を付ける人達を支持者と言えるかどうか。昨日の試合は十点満点で二点とか三点が妥当な評価で、零点というのは単に悪口を言って溜飲を下げる野次馬根性の人達だ。頭を冷やして出直して欲しい。
 同様の仕組みを宮崎の口蹄疫の対応に認める。種牛を殺すのは本当に断腸の思いだろうと申し訳なく感じる。しかし、種牛だけは特例にと知事が陳情して、被害者的に振る舞うのはいかがなものか。二足す三は五なのだが、私の息子だけは四でも正解にしてくれと頼んで、断ると断った方を非道に仕立てるのは、安っぽい芝居に見えてしまう。こんな芝居に感じ入っていると最悪の悲劇が舞い込む。
 解決に向けてたとえ数センチでも前進するには、退却を転進と言ったり、司令官が被害者のように振る舞っていては駄目だ。人の劣情に取り入るイエロージャーナリズムが席巻するようでは誠に危うい。
 岡田ジャパンは臍下丹田に力を込めて出直すことだ。未だ豹変の時間はある。目が虚ろな奴はベンチを温めろ。
コメント

岡田ジャパンを支持する

2010年05月24日 | スポーツ
 今夜の埼玉の天気はどうだろうか。岡田ジャパンの出来が心配だ。
 私は岡田武史監督を評価している。その理由は選手選考が本手だからだ。作戦には少し異論もあるが、木に竹を接ぐ事は出来ない。試合当日にピークが来るように調節していると理解している。
 マスコミに抗して鳩山首相を支持したが、期待はずれの無様な結果になった。岡田監督にもマスコミの風当たりが厳しいが、今回は納得のゆく結果を期待する。政治は素人だが、サッカーにはある程度知識と経験があるので、岡田武史の評価には根拠があるのだ。今夜は二対一で勝つ。玉田、岡崎で二点。右サイドを破られて一点。闘莉王の暴発を懸念するが、楢崎が危機を救うだろう。

 観戦後記
 試合はどうも不甲斐ない内容であった。韓国は強かった。これが日本の実力かもしれない。中村俊と遠藤はワールドカップに通用しないことが分かった。
 鳩山首相に次いで岡田監督も見込み違いの疑いが出てきて、誠に遺憾だが、本番が終わるまで切り捨てないで望みを繋ぎたい。遠藤、中村俊はデンマーク戦のみにチャンスがある。他の試合に出しては駄目。カメルーンには稲本と中村憲を先発させよ。
 セルジオ越後の解説はやめにして欲しい、正しい指摘もあるが、前向きでなくけなすので不愉快だ。
 岡田監督 明日の新聞じゃあ鳩山首相に負けずぼろくそだろうな。
コメント

優しさとは何か

2010年05月24日 | 小考
 医療従事者に必要な資質を挙げろと問われれば、優しさと技量と答えたい。どちらも欠かせないのだが、技量とは何かははっきりしているのに対し、優しさとは何かには簡単に答えられない。
 医院に来る人は何らかの悩みや苦しみを持ってくるので、優しさを基本に対応しているが、誰にでもそうしているかと聞かれれば、直ぐには「はい」と答えられない。
 医院には多様な人が訪れる。熱や痛みのような急性疾患から、特別な症状のない高血圧や糖尿病のような慢性疾患の患者さんまで。そして性格も正直な人ずるい人大袈裟な人控えめな人・・、生活もベンツで来る人から生活保護の人までさまざまだ。
 疾患の軽重で配慮対応が異なるのは自然で諒解可能だろう。その他のことは出来るだけ誰にも同じように優しく接し対応するように心がけている。しかし受け取る側の感じ方はまちまちだから評価は患者さんによって異なるかもしれない。それに実際の対応も、横柄な人や誤魔化す人には注意したり、厳しく出たりして異なってしまう。あとから、もう少し優しくすればよかったかなと反省することもある。しかし、相手の言い分を通す事が即優しさとは思えない。横柄な人、我が儘な人、誤魔化す人などに対する優しさとは何だろうかと考える。
 単なる対応の柔らかさでは済まないのが医療の難しさだ。否、他の職種でも優しさは関係の中で変容し、通り一遍のものではなかろう。
 しばしば医療従事者には優しさが求められる。時にはもう少し優しくすればよかったかなと思いながらも、限りある時間の中で公平性や妥当性を考慮すれば難しいと感じる現場の医者からは、患者さんに医療における優しさとは何かと聞き返したい気がする。
コメント

本田圭祐に期待する

2010年05月23日 | スポーツ
 本田圭祐を高く評価する。何よりもその姿勢を買う。本田の精神は成し遂げる男の構造になっている。オランダから何でモスクワなんぞへと思うが、彼の心には世界の一流選手を目指すという一貫した熱い思いがあるのだ。大した奴だ。岡田ジャパンの核となり、日本に一勝をもたらすと期待している。
 岡田ジャパンの中で、特異な存在ではあるが、異見を受け入れない異分子となってチームの機能低下を起こす中田英のようにはならないだろう。なぜなら本田にはコミュニケーション能力があるからだ。
 米軍基地沖縄県外移転に負けず難しいワールドカップベスト8だが、十分可能性はあると思う。
岡田監督の人選に異論はない。本田を中に前に岡崎横に玉田で点を取るのだ。
コメント