駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

円楽逝く

2009年10月31日 | 人物、男
 三遊亭円楽が亡くなった。またかけがえのない存在が一つ消えた。
 残念だが円楽の落語を直に聞いたことはない。テレビラジオで見聞きしたのでは、明るく声も張りがあって、言うことも筋が通っており、華と骨のある人だったと思う。身体だけでなく心技共、本当に柄の大きい人だった。筋を通した生き方、引き際、気持ちの良い笑い声。落語界というより日本はいい男の標本を一人失った。
コメント (2)

当地でも流行始まる

2009年10月31日 | 診療
 ワンテンポ遅いのだが当地でも新型インフルエンザが流行し始めた。小学生が主体だが中学生や高校生にもぼつぼつ出ている。
 当院にも数日前から中高生のインフルエンザが毎日数名やって来るようになった。季節性のインフルエンザよりも初発の症状がやや軽く一気に高熱とはならない例が多い。それでも感冒とは違い重症感がある。以外にお母さん方が冷静で、診察しやすく助かっている。
 肝心の新型インフルエンザワクチンは当県は11月半ばと聞いている。何で自治体間で二週間以上の差があるのだろうか。しかも山口、和歌山、岐阜が早いとは、この三県の脈絡が皆目わからない。
 ワクチンは接種しても効果が現れるまで二、三週間掛かるので、打ってもらってやれやれ安心と腕をさすっている爺さんは勘違いしている。今からでは遅いかもしれない。まして二週後の接種では、効いてくる頃にはピークは過ぎているだろう。誤解を恐れず言えば爺さんよりも孫に打って欲しい。
 足りなくて遅れているのに一回接種だ二回接種だと揺れる厚労省は危機管理失格だ。今ここにある危機は待ったしてくれない。これから二週間くらい学級閉鎖が相次ぐだろう。
 町医者はお母さん方が冷静なので凌げると踏んでいる。碌に事情を知らないのに遠山の金さん気取りでみのもんたが医師を虚仮にしているようだが、前線の医師は今までもこれからも、できることをきちんとしている。勿論、みのもんたのような人がいるわけだからみのもんたのような医師もいるかもしれんが。
 
コメント (4)

無駄とは何か

2009年10月30日 | 町医者診言
 民主政権は無駄の排除を掲げ予算を総点検し始めている。それを見て野党自民党議員の中には景気刺激効果がなくなると非難する人が居る。要するに政府がお金を使うことで雇用が生まれるのに削ってどうするんだと云う考え方のようである。
 経済学の知識はほとんどないのだが、緊縮予算が雇用を減らすのは理解できる。では怪しげな効果を謳って山に穴を掘ることに税金を使うのは土木建設業に雇用を生み出すので妥当かと云われれば首を傾げざるを得ない。
 要するに与党野党の見解の相違というか、違う土俵の上で技を掛け合うような妙な具合になっている。政治家たる所以だろうが、それは分かっているのに、非難を続けている節がある。ジェット機がガスを排出して推進力を得ないと墜落するのと同じで野党政治家は非難批判というガスを吐き出して跳び続けようとする(政治家たり得ようとする)らしい。そこへ行くと自力で浮遊する力のある日本共産党は建設的野党へ舵を切ることが出来るわけだ。
 国民としては民主党に予算の無駄を定義せよと申し上げたい。無駄は自明のようで自明でないのだ。
 民主党は官僚依存脱却を主張しているが、もっと正確に官僚体質脱却と言い換えて官僚を有効に使わねば、それこそ官僚を養う費用が無駄になってしまう。ここでも官僚体質を定義し、元官僚を非官僚体質で活用する理を説く必要がある。
 頭に血が昇っている政治家には町医者の調剤指南も役立ちそうに思うのだが、如何なものだろう。
コメント

応答あり

2009年10月29日 | 人生
 何が運命を分けたのだろう。船内に留まった三人。コンコンと船体を叩く音を何と聞いただろうか。
 闇の中、狭い閉じた空間の中で水だけの四日間、想像を絶する命の限りだ。人間だけが送れる最も単純な信号、トントン。波や風の音ではない。紛れもない救助の信号が狭い闇にどう響いたのだろう。
 救助隊員は丸四日間の閉塞空間からの、思いがけぬ応答に耳を疑ったろう。途端にアドレナリンが噴出し勇躍船内に救出に向かう。
 待つか進むか、いつも危機に直面する時迫られる、生死を分ける決断。
 そして、この奇跡の陰の功労は諦めない精神だと心に刻まれる。
  
コメント

うたた寝習慣

2009年10月28日 | 身辺記
 漸く体調が戻ってきた。月曜火曜は通常通り診療をしたが、慣れた仕事だからこなせた感じで、ミスはなかったものの満足の行く仕事はできなかった。
 昨夜は夕食後BS放送を見ながらいつの間にかうたた寝をしていた。女性アナウンサーの声で気付いたが、一瞬今何時で自分が何処にいるか分からなかった。うたた寝をするにはちょっと寒く迂闊だった。風邪がぶり返さなければよいが。
 短い時間でも眠るのは得意な方で、何処でも昼過ぎ以降なら、15分位の時間があれば寝ることが出来る。うたた寝は夢心地で心地よい。新幹線や退屈な講義ではいつの間にか寝ていることも多い。どちらもあともう少しと云うところで眼が覚めるのが不思議だ。
 講義では聞き逃したかも知れませんがなどと質問することもある。講師は寝ていたのに気付いているはずで、内心図々しい奴だと思っているのだろうが、自分の学生でもなく年上のようなので、大変結構な質問ですなどと大人の対応をしてくれる。
 三十分未満のうたた寝は、睡眠が浅く覚醒が速やかで夜間の睡眠への影響が少なく、上手に取れば日中の活動の効率が上がる。勿論保温や姿勢には要注意で、下手をすると風邪を引く。
 うたた寝とは違うが不眠症の患者に某教授のめい講義DVDを処方したいと思うこともある。万一眠れなくても教養が身に付くという一石二鳥の優れものだ。ヒット間違いないと思うのだが。
コメント

所信表明演説の感想

2009年10月27日 | 世の中
 往診に行く車の中で切れ切れではあるが鳩山首相の所信表明演説を聴いた。三軒めの患家を出て帰路に着いた時もまだ演説が続いていたので長いのに驚いた。しかも途中がほとんど抜けているのに続きを聞いているようで不思議な感じがした。
 一国の総理の演説にしては青年の主張のような所がありちょっと青臭いが、今までの所信表明演説とは異なり、友愛精神による規範の転換を目指す決意が述べられており評価したい。所信というものは抽象的情緒的なもので、それを具体性がないと批判するのは筋違いだ。
 ただ、所信と言うのは三十分もあれば語れるものだと思う。長いと分かり易いとは言えない。ニールスボーアの論文評を連想した。ボーアの論文は丁寧なのだが、長くて回りくどく分かりにくいという定評があるそうだ。
 友愛精神は批判しがたいもので、その優先度に疑問を呈することはできても、それを否定しては私は利己的で悪ですよと告白するようなものだ。批判する人には人間は強くなければ勝ち残れない、強さには悪さが必要という考えがあるのだろう。茶色のメタボ鳩が美辞麗句を集めただけと酷評していたが、恵まれた兄弟間のこき下ろしは滑稽だ。妬みにも聞こえる。
 絆を訴える谷垣氏がヒットラーユーゲントなどとおかしな連想を語っていた。こんな批判では自民党の再生は果てしなく遠い。
 多様性が力の源とすれば、美辞麗句から遠い人が後ろに控えていることは政権に幸いなのだろう。
 所信は分かりました。さあ、どうしますかというのが、国民の最大の関心事で、それが機能しなくてはメタボ弟の批判をまともに浴びることになる。先日触れたように鳩山首相が優れた鵜症たり得るか、注目している。 
 
コメント   トラックバック (1)

ちょっと甘い物

2009年10月26日 | 身辺記
 甘い物に目がない方なので、いつもお茶受けと称して何かしら甘い物が用意?してある。これには甘い物が好きだった両親の影響が大きいと思う。殆どアルコールは飲まず大食漢だった父は頂き物と云うと甘い物で、母は頂き物の箱を揺すってこれはカステラなどと中身を当てる名人だった。妻は甘い物に無縁の家に育ち、甘い物を食べる習慣がなかったのだが、私につられて甘い物を食べるようになった。
 甘い物を食べることを良くないこと(勿論、食べ過ぎは良くない)とは云えないが、朱に交われば赤くなる、人は易きに付く範疇のできごとのように感じる。多少気が咎めた方が旨いのかもしれないと妙な考えも浮かぶ。
 実は診察室の引き出しにはチョコレートが入っていることが多く、患者さんが居る時に開けるとチョコレートが覗いて、減量を指導しているのにまずいなと思う。まあ、覗き込まなければ見えないので、気付かない人が多いと思うが。
 今はロッテのラミーチョコが入ってる。これはわたしの好みのチョコで、40年前に初めて食べた時の感激を今も憶えている。ひとかけら何百円などという高級品に負けず旨いと思う。ちなみにゴディバなどブランド品はなぜあんなに高いのだろうか。美味しいけれど、頂けばともかく、自分で買うことはない。たった一個で何枚も買えるロッテや明治の板チョコで十分だ。。どうも味の話しに値段を持ち出して面目ないが、日本の板チョコ甘すぎず、滑らかでレベルが高いと診断している。
コメント

紺屋の白袴?

2009年10月25日 | 身辺記
 残念ながら鼻風邪を引いてしまった。新型インフルエンザワクチンは受付事務に回して、私は打っていないので風邪を引くとインフルエンザではないかと職員が心配してくれるが、熱はなく鼻水ばかりで関節痛もなくインフルエンザではないようだ。
 医者が風邪をひくのは紺屋の白袴とちょっと違う。勿論、不養生をしているわけでもない。
 二年に一回くらい今頃の時期、風邪のはやり始めに、患者さんから感染させられてしまう。ほぼ感染源の患者を特定できる。喉を診る時、医師を目掛けて咳やくしゃみをするマナーを忘れた患者が居るのだ。避けられるように注意しているのだが、間に合わないこともある。
 どういうわけか風邪をひくのは週末ことが多く、仕事には差し支えない。早めに寝て、土日ゆっくりすれば大体治ってしまう。しかし気分も良くないし、大切な週末もつぶされるし、災難には違いない。
 
コメント

短いハネムーン

2009年10月25日 | 世の中
 長すぎた春のせいか、鳩山内閣のハネムーンはもう終わった。何処へ行ったかよく知らないが、どうも仕事を兼ねてニューヨーク辺りへ出かけたようだ。
 これから予算編成に向けて大車輪で動こうとしているが、あちこちで軋轢音が聞こえる。醒めた国民、野次馬政治評論家、無定見雷同するマスコミという奇妙な取り合わせの中で砂利を噛みながら車輪が回ってゆくわけだが、鳩の肩に掛かる荷は重い。鳩山首相は丁寧な説明を自らに課しているようだが、言い回しや時間の長さよりも国民に分かる説明が大切だ。
 鳩山首相は猿山のボス的でなく鵜飼の鵜匠的な手法が向いており、そうした手法を取るのだろうが、どうも暴れ鵜が多そうで手こずるかも知れない。上手く御すれば力が出るし、間違えば転覆の危険がある。
 評論家やマスコミはともかく、支持者には責任がある。少々うまくゆかなくても、リーダーが渾身の頑張りを見せれば、辛抱強い支持が得られるだろう。
 
コメント

コーラス

2009年10月23日 | 映画
 寝る前にニュースをと思いテレビのチャンネルを変えていたら、禿げた中年男が古びた城のような寄宿舎にやってきた場面に行き当たった。どこかで見たような男だなあとしばらく見ていたら、だんだん引き込まれ最後まで見てしまった。
 2004年のフランス映画「コーラス」。
 第二次世界大戦後の孤児や問題児達を抱える寄宿舎、そこでは子供達の荒んだ生活を体罰で締め付ける運営が行われていた。禿げた中年男は新任の教師兼舎監マチューで、何を思ったか、心貧しく無軌道でいじめや悪戯を繰り返す子供達に合唱を教え始める。
 取り立てて劇的な展開があるわけではないが、合唱と新任教師のマチューが寄宿舎に静謐で透明な変化をもたらす様子が淡々と描かれる。こういう教師こうした人間がどこかにいるよなあと思った。あるいはこんな風でありたいと思ったのかも知れない。何処にでもいそうな何気ない風貌の男の仕草と子供らしい子供達が深い感動をもたらしてくれた。
 もし機会があればどうぞご鑑賞をお勧めする。
コメント