無題・休題-ハバネロ風味-

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

そうか、こんなに辛かったんだ。

2017-07-24 23:15:27 | 防災

Sticking Together, No Matter What (Tsuruya Japan Ad) 

日本の何かのCMだそうだ。 そうか、こんなに過酷だったんだ。 1:30

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頂き物

2017-07-24 10:39:31 | 食べ物

何だか、とんでもない物を呑んでいる気がする。特に右側が凄い。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-07-24 10:23:31 | 動物・自然

写真はガーベラ。昨年買ってきた鉢で、春に蕾をつけたのだが、私がその上にどっさりと撒いた肥料が害をなして、見事に蕾は枯れた。この時期になってようやく花が咲いたが、雨に打たれて気持ちが良さそうだ。天気予報で雨だと言うので、鉢植えの水やりを止めた。庇の下に置かれて、雨の掛からない鉢やすでにぐったりしているのには水をやった。

涼しくもなるし有り難いかなと思っていたら、秋田県の雄物川流域が酷い被害を受けている。秋田県は山形県よりも市町村の合併が進んで、ニュースで住所を読まれても見当が付かない。ニュースを見るのに、GoogleMapを立ち上げて比べてみると、判りやすいことに気がついた。知っている国道が通行止めだ。家屋への被害もそうだが、田んぼの米も心配だ。今朝も雨だ。秋田も下流はこれからも気をつけないとならないだろう。山形も新潟もノホホンとしてはならない。

 

さて、話は変わって、Eテレでヒアリの生態の特集をしていた。外来種なのと人間に害を与える事を除けば、とても面白いアリだと思った。自らの身体で筏を作り群れを移動させたり、女王アリが単独でも複数でも巣を作るなど、特異な生態だ。勿論、天敵もいるそうで、その名も「ゾンビバエ」と言うそうだが、名前の通り恐ろしい。ググると色々と出てくるけど、衝撃的なので見ない方が良いと思う。他のアリや動物には危害がないと生物薬物のようにして、米国では実験を繰り返しているようだ。自然って本当に面白い。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒアリ

2017-07-21 15:34:16 | 防災

山形県でも、国際ターミナルを持つ酒田港で、週に一度ヒアリの調査を行っている。

ヒアリは、南米中部原産だが、どうやら中国や台湾経由で日本に入ってきたようだ。ヒアリに刺されると死ぬと言う情報がいち早く伝わって、これは危険な外来種が入ってきたと騒がれたが、少し大げさだったようで、アレルギーを持つ人は死に至る場合もあると言うことで、通常は痛みと腫れだそうだ。ネットの住民の中からは、「今頃騒いで何してんだよ。日本には前から輸入木材に着いてきて、俺なんかずっと前に刺されてる。」と言う強者もいた。

ヒアリの特徴の腹部に2つのコブと言うのも見分けが付きやすいのだろうが、働きアリの2.5-6.0mmと言う何だか判らない大きさも不思議だ。特別大きな女王アリは別として、働きアリに2.5mmから6.0mmまで大きさがずら~~と揃っているのも面白い。そんなアリが居たんだと驚くばかりである。

詳しい内容は環境庁 のホームページをご覧頂きたい。取り分け↓が面白い。

ストップ  ザ  ヒアリ 環境庁自然環境課

ヒアリに関するFAQ JIUSSI(国際社会性昆虫学会日本地区会)では、攻撃的なアリだと言う動画もある。大きさがマチマチなのも判りやすい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テレビへの信頼度は過去最高

2017-07-20 10:45:25 | 社会

博報堂がまとめたテレビへの信頼度調査の結果が出た。 こども20年変化

そうか、60歳代以上の人達の信頼度かと思っていたら、子供の調査だったのね。ネットは下降線だと書いてある。どうせ、博報堂の言うことだもの。

★☆★☆★

家計学園の国会閉会中審査で、見事に前愛媛県知事・加戸守行氏の話は抹殺された。私は彼の話だけでこの問題はケリが付くと思われたのだが、マスコミの特にテレビは取り上げなかった。蓮舫氏の二重国籍問題もテレビは取り上げない。TwitterやSNSから流れてくるマスコミの話題で、日本のワイドショーを牛耳っている会社があると言う。株式会社 泉放送制作と言う会社らしいが、一方でそれはデマだと言う人もいる。ネトウヨの泉放送製作デマを検証する。ここでは日本の世論を左右するほどの力は無いと言っているが、私はこれほど沢山の番組を1社が抱えているとは驚いた。道理で町行く人へのインタビューが、各局とも同じ人になったのが判る。

そして、日本の領海で北朝鮮や中国軍船籍が毎日のように、侵犯していることを報道せずに、モリカケで騒いでいるのをおかしいと考えるのは間違っているのだろうか。

★☆★☆★

ここに、スイス政府 国民保護庁 著「民間防衛」(civil defense)の面白い内容がある。

第一段階 「 工作員を送り込み、政府上層部の掌握と洗脳 」

第二段階 「 宣伝。メディアの掌握。大衆の扇動。無意識の誘導 」

第三段階 「 教育の掌握。国家意識の破壊 」

第四段階 「 抵抗意識の破壊。平和や人類愛をプロパガンダとして利用 」

第五段階 「 教育やメディアを利用して、自分で考える力を奪う 」

最終段階 「 国民が無抵抗で腑抜けになった時、大量移住で侵略完了 」 

私には、最終段階に入ったのではないかと感じる。沖縄を笑っていられない。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

国籍法第16条

2017-07-20 10:31:47 | 社会

旧社民党の辻元氏が良い仕事をしていた。

--------------------------------------------

第151回国会 質問第三九号 
質問 平成十三年三月六日提出 
提出者  辻元清美 

*補足
一 フジモリ氏の日本国籍について   1 政府は日本国籍と外国籍を併せ持つ、いわゆる二重国籍者についてどのように把握されているのか、明らかにされたい。
政府がフジモリ氏の日本国籍保持を確認していたのであれば、国籍法第十六条第二項に基づき国籍喪失の宣言を行ったのか明らかにされたい。もし行わなかったのであれば、その理由並びにどのような場合にこの条項に基づく宣言がありうるのか、明らかにされたい。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a151039.htm
 
答弁 平成十三年三月三十日受領 
内閣総理大臣 森喜朗 
衆議院議長 綿貫民輔 
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b151039.htm

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中華民国駐韓大使館発行

2017-07-19 11:42:25 | 社会

某女史の1984年に失効されたとされているパスポートが、中華民国駐韓大使館発行ってどういうことなの?

まぁ、何人でも日本国籍は獲れるとは思うけど、本当はナニ人だったのだろうね。二重国籍なんてチャチなものではなく、四重国籍だったりして。

蓮舫氏のパスポートはなぜ韓国の台湾大使館で発行?

最近の喪失国籍証明では、英語並記も行われている。それに中華民国では年号を民國○○年として、西暦は書かないんだそうだ。書くのは中華人民共和国だそうだ。他に、文字フォントやサイズ、半角の空白の開け方など、何だか文部省から出てきた例の公文書と言われるメモ書きと同じ道を辿っているのが面白い。

パスポートを獲った人なら判るだろうが、写真は正面向きで眼鏡の反射や前髪うんぬんと結構厳しい。せっかく持って言っても弾かれる場合もある。もちろん笑顔は駄目な筈。それと、正式な文書の写真には立体的な押し判が押されている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-07-18 10:38:50 | 動物・自然

何を撮したかったかと言うと、猫。カメラを準備する間もなく、行っちゃった。

何を撮したかったかと言うと、カラスウリの花。暑かったので萎れている。

白いマタタビの葉。随分と大きな木のようだ。

綺麗に揃った稲。風が吹き抜けていくのが判る。

すっかり夏山になった鳥海山。今日も暑い。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

発見!酒田みなとの探検隊2017

2017-07-17 20:16:38 | 建築・都市・港

発見!酒田みなとの探検隊2017が、7月15日に開催された。天気は良かったのだが、惜しいことに鳥海山と月山は見えない。

「途中から見えなくなったのよ。」とは、山形から引率してくれた女みなと会議の理事長のIさんだった。山形勢のバスは、予定よりも速く着いた。

 

 海洋センターの講堂で、開会式とみなとの学習を終え、2台のバスに便乗して、北港の展望台の西側(普段は関係者以外立ち入り禁止地域)に向かい、消波ブロックにお絵かきすることになった。

 海に沈められていると、案外小さく感じるブロックも、実際はこんなに大きい。

 昨年のお絵かきでは、クレヨンを用いたが、今年は豪快に書いて貰おうと、6色のアクリル絵の具を準備した。アクリル絵の具は、濡れている内は水で落ちるが、乾くと落ちない外部用の水性ペンキである。心配していた通り、子供達の身体や服は、絵の具まみれになった。それを避けようと、新聞紙に穴をあけて被る用意も、大きなビニール袋に穴を開けた物も準備はしたのだが、猛烈な暑さでは参ってしまう。汚さないようにお絵かきなんて、無理だったのだ。そして被害は大人の服にも及ぶ。

日陰になる場所もない所で、楽しそうに子供達は、大きな刷毛以外に、自分の手を利用したカニさんをべったべたと描いていく。

 6色の絵の具は、子供達の手によって、ピンクや水色、名前の無い色に変えられていく。

残った絵の具を処分する大人達。

 アクリル絵の具で描いた絵は、海に沈んでも残っているそうだ。

 大浜を後にして、海洋センター近くの「うごかへ」に集合する。ここは前日にオープニングセレモニーを行った動くカフェで、土日のテントの下で海風を浴びながらBEERを楽しもうと、しまかへの人達が営業する所だ。ここで、メロン休憩になった。

 顧問のTさんの差し入れメロン、参加者×1/2個と言う膨大な数を、山形県の港湾事務所の冷蔵庫をお借りしてギンギンに冷やし、存分に食べて貰おうとする。

「お代わりあるよ、いっぱい食べてね。」と、声がかかる。豊熟したメロンの香りが漂う。メロンが苦手な私は、ひたすら風上に逃げる。

ハマナスの実は、所謂ローズヒップではあるまいか。

これは椿の実。種から椿油が獲れる。

そろそろ、「とびしま」が帰って来る頃だ。

そんな、端っこに座ったら・・・と言う大人を尻目に。

うごかへの灯り

とびしまの接岸。

さて、最後のメインイベントのとびしまでのクルーズ&港の探検が始まる。

みんなが乗り込んで、出航。

おまけのカモメが乗ってくる。

いってきま~~す。

港内は、静かに航行していく。

あの白い山は何? 船内放送で、港の説明が響く。白い山は輸入された岩塩の山で、これを原料にプールの消毒剤を作るそうだ。実際の岩塩の粒は大きくて綺麗なのだ。

みるみる内に、日和山公園は遠くなった。

宮浦の風車が1本に見える場所がある。風に乗ってクルクル回る。

石油タンクの給油管の上に陣取るカモメ達。

白灯台の脇を、キュキュッと回る。

そして北港へ向かう。

私は2階のデッキにいたが、1階のデッキの方が、波の迫力は受けそうだ。

コンテナヤードと、消波ブロック置き場が見えた。みんなで描いた絵も見えた。

大きく舵を切った。

離岸堤の水路に建つ5基の風車。手前の船は浚渫船。酒田港は常に川からの流砂によって港が埋まる為、浚渫は欠かせない。

コンテナヤードでは、コンテナ船が荷揚げをしていた。

酒田北港の小湊埠頭には、バイオマスの倉庫が建築され、その壁面に山居倉庫を模った「WELCOME TO SAKATA」が描かれている。クルーズ船を迎えるにも、あまりに殺風景な港だと卑下していたが、少しばかり形がついた。

工事中のバイオマスの発電所。国内の森林の活性化と銘打ってはいるけど、先ほどの倉庫は輸入のバイオマスを受け入れる場所。色々な問題を孕んでいる発電でもある。

山形県内の半分の発電を受け持っている共同火力。この発電所があるおかげで、東日本大震災後の電力が助かった経歴を持つ。

共同火力発電所は、石炭で発電する。その石炭を荷卸しする特殊な装置。ベルトコンベアーで倉庫まで運ぶ。

北港から、ず~っと着いてきたカモメ。手を伸ばすと掴めるほどの位置で飛ぶ。

ごめんよ~、餌上げられなくて。餌やりは禁止らしい。悲しい。

外海から、今日一日の仕事を終えて、帰って来る三本柱の船。タグボートで曳かれている。

造船所を近くで見る。

本港に入ってきた。

網や竿を担いで、自転車で堤を走っている3人組がいた。これからが釣りの絶好調の時間である。海の近くに住む人の特権か。

「このまま、飛島へ行けたら良いね。」との問いかけに、「一度で良いから、飛島へ行ってみたい。」とは参加者の弁。それほど素敵な「とびしま」だった。乗り慣れている人々は、デッキで騒ぐのでは無く、冷房の効いた船内で昼寝も出来る。

そして船は岸壁に接岸する。

この夕日の向こうには、飛島だけでなく、大きなアジア大陸があるんだよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出羽三山神社に安置堂

2017-07-15 11:54:26 | 建築・都市・港

妹が「2-3日前の山形新聞の記事に、羽黒山に新しいお堂が出来たと載っていた。」と教えてくれた。それから古新聞を漁りまくる。実際には2-3日前では無く、7月11日付けの記事だった。

明治時代に、神仏分離となり、羽黒山神社は神社の道をとり、排仏棄釈を行った。沢山の仏像が捨てられることになり、それを憂いた酒田の大工の棟梁・佐藤泰太朗は、羽黒山に関連した仏像を買い集めることにしたのである。高価な重要文化財系の仏像も有り、仕事で家一軒を建てるとその代金がそのまま仏像1体に変わると言う、本人は良いのだろうが、家族は堪ったものではない。家族にはおかゆを啜らせ、自分は仏像を集めたとは、彼の息子の弁である。

泰太朗の家には、この仏像達だけを飾った蔵があったが、泰太朗が亡くなると保存は難しくなっていった。朝晩供物をあげても、仏のご加護は泰太朗だけだったのではと言うようなことが続き、仏像を拝見したいと言う人を蔵に案内すると、少しづつ仏像の数が減っていくこともあって、ついに羽黒山に仏像を返したら良いのではとの意見が出た。曾孫の佐藤完司さんは主立った仏像達を、羽黒山に寄贈したのである。

完司さんの仏像は、羽黒山の宝物殿に飾られ、入場料を払いながら拝観できたが、今回この仏像達の為に独立した千仏堂が完成する運びとなった。これでいつでも無料で拝観できる。本来の人と仏像の関係が戻ったことになる。

さて、ずらずらと書き込んでみたが、妹と父とで話した最大の点が、完司さんの年齢を新聞社が間違えたことである。68歳なのに、86歳って、顔をみたらわかるだろうに!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新潟地震1964

2017-07-14 13:13:53 | 防災

東京オリンピックで全国が湧き上がっていた1964年の6月16日13時1分、新潟県粟島南方沖の海底、震源の深さは40Km 、マグニチュード7.7の地震が起こった。酒田での震度は5と発表されたが、現在のような細かい区分けの基準とは少し違う。酒田でも、南部を中心に被害を受けた。

「新潟地震酒田市災害記録(抜粋)」と呼ばれる簡単な冊子が手元にあった。写真を眺めているだけで、大変だっただろう当時が偲ばれる。その頃私は中学生で、酒田の中心部や第一中学校には被害は及ばなかった。電気も水道も止まり、送電は2-3日で復旧したが、上水道は2週間かかり、夏場に向かって給水車や井戸まで水を汲みに行った事が思い出される。

この記録の写真だけでも、ブログに残しておきたいと思っていたが、実行に移そうとすると、各所の地震に見舞われる。昔の記録よりも現在の地震情報の方が大切で、迫力にも負ける。そんなこんなで延ばしに延ばしていたら、どんどん紙が変色してくる。まちづくりデザインスタジオでも地震と津波の話は出たし、思い切って載せることにした。昭和41年(1966年)3月1日発行、編集は酒田市で非売品になっている。市民の多くは持っている冊子だと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと写真が小さかったかなと思う。文字がうまく読み取れない。

被害は抜粋となっている為に、実際の被害はもっと色々な事があったのだと思う。最上川の堤防が決壊して、大宮の辺りが洪水になったのは、この冊子には載っていなくて、人づてに聞いた。地震の時には、津波に注意する他、堤防の決壊も頭に入れておかないといけない。

最後に、庄内地方の大きな地震の歴史の一覧が載っていたのでそれも添付しよう。酒田の大地震は明治の時の話しか聞いてはいない。私の祖父が体験していて、調理中の火が原因で、あちらこちらから火の手が上がり、地震と火災の被害で大打撃を受けたそうだ。地震の被害では瓦屋根の家が潰れた件数が多かった為に、補修や改築などで鉄板にする家が増えたが、やはり海側の地域であった為に、数年後には瓦葺きに戻ったとも聞いている。あの頃の鉄板は、亜鉛メッキやフッ素メッキのない頃で、腐食するのにペンキで応戦するしかなかったのだろう。

1894年以降、庄内は大きな地震に見舞われていない。空白地域と呼ばれる由縁だ。この1894年の地震の5年前に、熊本で大地震が起きたのだと言う。日本列島に住む事は、地震や災害とは縁は切れないことを肝に銘ずるべきだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

土門拳写真記念館の紫陽花

2017-07-13 10:10:15 | 動物・自然

そろそろ紫陽花の見頃だろうと寄ってみた。

まだ蕾なのと、咲き終わってしまったのと、混ざっていた。

雨が少なかったのかなとも思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花を撮すのは曇りの日が良いなと思った。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まちづくりデザインスタジオ発表会

2017-07-11 10:15:32 | 建築・都市・港

 

昨年の10月頃から建築関係の人が集まって行ってきた「まちづくりデザインスタジオ」も、ついに最終の発表会を行うことになった。7月9日の日曜日、公益大の教室でである。決定してから実行するまで1週間か10日くらいしかなかったのではないか。聴衆は集まらないと思っていたのだが、酒田市長も含めて、こんなにも集まって頂いた。

奥から、緑色が旧港南小学校を含む入船町界隈。黄色が背割り堤と船場町。ピンクが海洋センターと海鮮市場界隈。これらを改造する計画を各自が発表した。

点在する濃いピンクが市内に残る伝統的建物。手前の緑が日和山公園。私は産業道路と臨港線の上に、日和山公園から港に渡る橋を提案した。

手前が海洋センター辺りの模型。奥が背割り堤と船場町の模型。どれも完成度は高い。

船場町に、酒田港を見おろすステージ。

背割り堤の屋外ステージのイメージ。

港を中心に酒田を巡る。

体育館を解体し、港南小学校跡地を改良した物。国道から港が見える。

もう一案は、津波の避難の為の丘として、小学校跡地に20mを超える丘を提案。

現在の海洋センターと海鮮市場を取り壊し、広場と市場、それに路地を造った物。従来の港から小路を抜けて市内に入る動線を重要視した。

建物は1階をキャノピーにして、海が感じられる広場に繋ぐ。これが、女性2人チームの発表。

もっとも出来がチンケなのは、私の作品。皆さん、素晴らしい完成度なのに、何日かかってもこれしか出来ない私は何なのさ!

花見や酒田祭りなどで日和山公園に人が集まる時、駐車場の確保に苦労する。

港の岸壁に車を置いて、大型トラックの行き交う産業道路を突っ切って来るのだが、港に駐車場があり、橋を架けたら良いんでないのが私の意見である。それと日和山公園に子供の遊具が少なくなって、港の遊具とスケボーが出来る空間を繋ぎたい。もう1つは、酒田港駅にはプラットホームが残っているので、催し物がある時には、パークアンドライト方式で、自動車を別の所に置き、臨港線に客車を走らせたらと思う。最後の部分は発言するのを忘れる始末。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

8月は海が熱い

2017-07-08 10:30:59 | 建築・都市・港

8月2日、午前10時入港。午後7時半出航の「コスタネオロマンチカ」 想像よりも大きいと思う。

今年は酒田港祭りで、海上自衛隊の艦船が来港しないのは寂しいなと思っていたら、酒田商工会議所の会報に、コスタネオロマンチカの寄港と一緒に、自衛隊の護衛艦と掃海艇の入港の記事が出ていた。少しほっとした。

 

8月5日~6日 酒田北港小湊埠頭に接岸予定の 護衛艦 まつゆき

はつゆき型護衛艦の9番鑑。

同じく 掃海艇「のとじま」 すがしま型掃海艇の2番鑑

 

話は変わって、酒田のイカ釣り船団が大変らしい。河北新報では随分と前にニュースにしていたのだが、TVでもようやく取り上げた。イカ釣り船団が漁をしている区域は、日本のEEZ(排他的経済水域)で、北朝鮮がミサイルを打ち落としている場所である。もし、1隻にでもミサイルが当たったら、日本政府はどんな対応をするのだろう。

また、この水域は大陸棚で、日本の良い漁場である。日本のイカ釣り船団が操業していると、北朝鮮の小型のイカ釣り船が、わらわらと集まって、日本の船の周りに群がり、漁業の邪魔をすると言う。烏賊釣り船は、昼でも目が痛くなるほどの光量で海面を照らし、イカをおびき寄せる。北朝鮮の船はそのライトを持っておらず、日本の船の灯りを利用するのだそうだ。しかも流し網漁をするので、網がスクリューに巻き込んで日本の船は動けなくなると言う。その数が日増しに多くなり、300隻にも広がった。

酒田のイカ釣り船団は、この漁場での漁を諦めて北へ向かったと言われている。ただでさえ、イカが不漁だと言うのに、本当に腹が立つ。日本は、日本の船を守れないのか。今回は北朝鮮の船だったが、韓国の密漁船も馬鹿でかいエンジンを搭載し、密漁後に海保に捕まること無く韓国へ逃げ帰ると言う。そして彼らをその行為を「カミカゼ」と呼んでいる。日本語を使うな!どこまでも馬鹿にした行為だろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マスコミ

2017-07-07 14:01:06 | 社会

九州の大雨による被害が広がっている。九州は毎年の台風もそうだが、水の災害が多い。本当に気の毒だと思う。昨年の建築士会の全国大会は大分県で、バスで移動した辺りも今回被害を受けた。山や森が多い地形だが、雨水を飲み込むだけのキャパを超えたと見るべきだろう。避難している方々の数も半端ではない。一日も早く雨が止まることと被害が広がらないことを願っている。

民進党が暴力装置と呼ぶ自衛隊も、12000人体制で救助活動を行ってくれている。これを突けない野党を含め安倍政権打倒の面々は、稲田防衛大臣の動向に文句を付けている。マスコミも同様、執拗に突く。そんな事をする前に、やるべき事があるだろうに。派遣指示すれば、きちんとやってくれる自衛隊だから任せられるんだよ。それがイヤなら、自分たちで救助活動したらどうなの、街宣車で。

話は少し変わって、先日の日曜に都議会選は終わった。小池都知事率いる都民ファーストが第一党を獲得した。自民党自らのオウンゴールか、感情に流される人が多いと言うことか。本当に勝利したのはマスコミだろう。沈む泥船を抜け出して、乗り換えた人間と、身元の分からぬ人達の党運営を、素早く小池都知事は免れた。さすが、マスコミ出身者はやることが巧い。

マスコミと言えば、都知事誕生時に、自民党の都議議長との握手部分をTBSの「ひるおび」は切り取って、握手を断ったかのように印象操作した。自民党って嫌な人達だねって、私も騙された。最近ネット上にその部分が映像で流されると、不味いと思ったのか、昨日6日になって、「議長が断ったのは、写真撮影でした。」と訂正をした。昼休みが終わった午後1時16分頃に、議会選が終わった後にである。決して選挙妨害では無いとかの謝罪ではなく、女性アナウンサーだけが訂正してすみませんと言っただけである。

安倍首相の秋葉原での演説の切り貼りもしかり、籠池氏と一緒に現場へ向かったのはTBSだろう。中核派やしばき隊と一緒になって、捏造報道を行っている。そんなに日本が憎いのか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加