無題・休題-ハバネロ風味-

私の視線で捉えた世の中の出来事を、無駄口、辛口、様々な切り口から書いてみました。

山形へ行く

2017-02-20 13:19:00 | 社会

久しぶりの月山道である。もう少し時間に余裕があったら国道13号線で山形へ向かったのだが、ちょいと出発が遅れたので高速にのった。見事なホワイトアウトで、道路は圧雪、しかもトンネル内の入り口付近はアイスバーンだった。冬はあくまでも冬だったのだ。

西川から寒河江に入ると、一気に天候は変わり、ピッカーンの青空になった。ここは会場の山形駅前のホテルメトロポリタンである。

昨年まで「地域を越えてチャレンジする みやぎ・やまがた女性交流会」の名称だったが、昨年からふくしまが入り、正式に名称も変わった。

井上会長の挨拶の後、山形県商工会議所副会頭、山形市長、宮城県知事(ビデオレター)のご挨拶を頂いた。

パネルディスカッションは、宮城/山形の3名をパネラーに招き、コーディネーターの采配の元「今、一歩踏み出す勇気」と題して、女性起業家達のこれまでの戦いを伺った。国内でも、女性の登用が叫ばれて久しいが、起業となるとなかなか難しい。転機と決断、それに家族の育児や介護など、様々な問題は一人一人違っている。もっと若い人達が活躍できる環境と、それに対するヒントとネットワークを目的とした交流会だ。

お昼には、隣室でランチ交流会を行った。前日東京泊まりで気温が20数度だった所から、新幹線で福島辺りからチラホラ雪が見え、山形はやっぱり雪だったと気温の高低差を経験しながら、ランチから加わって頂いた吉村知事。

いつもの青いスーツも良いが、こんな暖色も似合うなと思う。

さて、料理の楽しみはと言うと、地元の食材を使い、地元の料理が振る舞われる。昨年は食材を福島産にした随分と豪華な料理だった。今年は「お袋の味」は少なかったように思える。珍しい所では、庄内鴨の生ハムがあった。

つや姫のおにぎり、玉こんにゃく、芋煮、漬け物とヤーコンの粕漬けがある。

奥に見えるデザートが、話題のあんぽ柿のタルトだ。福島の食材の放射能の風評被害だが、全品検査をしてもなかなか治まらない。だんだん理解をしてくれる人も増えたが、放射能検査で最後まで引っかかったのが、茸や山菜、それに干し柿のあんぽ柿である。干し柿は干すことで空気にさらされ濃縮する。なかなか規定の数値まで下がらなかったが、昨年から無事出荷する目途がついた。昨年の交流会でお披露目したあんぽ柿のタルトの評判が良く、今年もシェフに無理を言って作って貰った。昨年よりも量が多かったので、レストランのシェフやお菓子職人数人にお願いした。好評なのを土台に、これを製品化しようと動き出した。その切っ掛けがこの交流会だったのである。

柔らかくて綺麗な橙色をしている。実は手間暇のかかった高級品なのである。

さて、別のコーナーでは、山形県内のお菓子の品評会があった。

これを1つづつ摘まんで、どれが美味しいかアンケートに書けと言われても、ご馳走がお腹に入った状態では、手が出なかった。包装も凝った物があって面白かった。お徳用マッチ箱も、実はお菓子の箱なのだ。

一緒に参加した山形市のお姉様から、どの料理が人気だったか、どれが残ったかを見ておくと良いよと言われ、残った皿を撮したが、絵的には綺麗じゃないので載せないことにした。あんぽ柿のタルトは見事に空だった。

数回、この会に出席していると、顔なじみも見つかる。今年は酒田からは3名の出席だった。

この後、分科会に入った。人数が多いせいか、班ごとの発表は行われず、充分に発言の時間があった。女性達は徐々に話を盛り上げていく。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

土曜日朝の現場

2017-02-20 13:02:44 | 建築・都市・港

庄内空港のICに向かう道すがら、現場を撮す。最も高い部分の鉄骨は組み上がり、明日の火曜日は低い部分の鉄骨検査だ。

本来、この様な施設は大きな通りから丸見えではならないのだが、思ったよりも道路と施設の間の松林の黒松が薄くて、見えてしまう。朝早いのに、鉄骨の天辺に作業する人が見えた。天候の悪い時期を見計らったような鉄骨工事だった。急勾配だし、大変だよね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年会

2017-02-20 12:07:00 | 食べ物

建築士会酒田支部の役員会と新年会が、鈴政で開催された。店は混んでいて、いつもの2階の大きな部屋ではなくて、こじんまりした所で始まった。建築士会の卒業設計コンクールで、鶴岡工業が優秀賞を獲ったこと、建築甲子園で東北が始めて準優勝を獲ったことが発表された。建築甲子園は、新庄神室高校だった。

 

 

これに、にぎり寿司と寒ダラ汁が入る。

会合が目白押しな時や、人に会う時に限って、結膜炎で目が赤くなる。この日も寝起きに瞼の中がゴロゴロした。止せば良いのに、痒いと言って擦ったら、みるみる内に目が充血し、ウサギの目なら可愛いが、あっ熊の目もとい悪魔の目のようになった。運転する時は眼帯を外し、人前では眼帯をつけて望んだが、遠近感が面白いほどずれた。お銚子の酒をまともにお猪口へ注げないのである。笑えるほどだった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

染屋小路

2017-02-20 11:07:37 | 酒田

酒田の進駐軍の記事で、コメントを頂いた鳥海さんが、酒田に捕虜収容所があったとされる「染屋小路」は、酒田のほぼ中心地にあった。もっと町外れと言うか、離れた場所にあっただろうと私は考えたが、違っていた。

上記の地図は現在の市街地図の上に、1655年(明歴2年)の地図を重ねた物である。山居島は現在の山居倉庫とも大きく離れた最上川と新井田川に挟まれた中州だった。この山居島も川の河口も年代を追う毎に姿を変えるが、酒田の街並みは大火を繰り返してもたいして変わらなかった。最後に起こった1976年の酒田大火後に、新井田町界隈の道路が変わっただけである。

本町を中心に商家が並び、酒田の湊に着いた船から荷物を運んだのが、南北に伸びた小路(坂道)である。父の子供の頃も、船場町は海の中だったと言うから面白い。昔は鶴岡を流れる赤川も、最上川に繋がっていたから、洪水で地形が変わることが多かった。それを阻止し港の機能を充実させる為に、1917年(大正6年)に最上川と港を切り離す堤防を築き、1927年(昭和2年)に浜中辺りで赤川の途中から運河を切り開き、新川とした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立体パズル

2017-02-17 11:21:40 | 酒田

AグループとBグループに分かれて模型を作っていくのだが、日和山周辺を担当したグループは仕事が大変だ。

酒田の街が、こんなにデコボコした丘陵地帯にあるとは知らず、海抜2m毎に敷地を作っても、その境目に建てられた建物は2つに切れば良いのか迷う。現実は、家の中に階段を設けて段差のある部屋で対応していると思う。それをこの模型では表現出来ない。ついでに言うと、持ち運びの出来るようにと、2枚のパネルに分けたが、そのどちらにも載っている建物は、切って良いのか悪いのか判断に迷う。大きな所では、希望ホールが引っかかった。誰も思い切った外科手術が出来ないまま、どちらかのパネルに載せ対応するようだ。酒田港のど真ん中に放って置いたブロックも、両方にかかる部分だ。しかも、作っていく内に糊付けしたスチレンボードが個々に縮み、敷地も道路も微妙にずれ、精密さに大いにかける。

酒田丘陵のデコボコの土地に、建物がくっついた敷地を貼るのに、まるで立体パズルの様になってきた。自分が担当した地域なら、すぐに場所を特定出来るのだが、担当者が欠席して、作った物が自分の担当した地域以外も手伝っているとしたら、もう市内の地図と首っ引きで何人の目を使って探しても見つからない。特に、日和山公園の西側は、散々たる有様で、タイムオーバーとなり次回に持ち越した。

もう一方の酒田市の東側を担当したグループは、比較的平坦な土地に建てられていた為に、作業が進んでいる。水色のスタイロフォームで出来た建物を、白く塗り始めている。最上川の滑らかな土手の道路も、こんな風に段差が出来ている。

模型が出来ると、未来の酒田の構想に進む予定だ。おっと、橋がこれからだった。船も作るのかな?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真下慶治記念美術館でのコンサート

2017-02-13 10:44:06 | 音楽・芸術・文学

真下慶治記念館の館長さんから「杜の室内楽」のお誘いを受けたので、日曜日に出かけてみた。

最上川を渡る。

国道47号線、片側通行なのは事故があったからで、パトカーも現場に来ていた。雪の中に信じられない形で車が入っていた。

この後、国道13号線を走り、東根の安達農園に向かったのだが、バイパスはエラク混んでいた。5分で通過できる距離が20分経っても走れず、ちょっと焦ってきた。信号のある交差点で、これも交通事故が発生していた。東根から真下記念館には旧道を走る。

今年の降雪は面白い。新庄や尾花沢は例年よりも少ない感じで、村山や東根の方が想像よりも多かった。山形も米沢も多いと聞いた。場所によって降り方が違ったのだろう。

真下慶治記念美術館は何度も通ったが、最上川の大淀と呼ばれる川が蛇行している見晴らしのよい場所に建っている。私はここが大石田町だとばかり思っていた。「皆さん勘違いするけど、ここは村山市なんですよ。」と館長さん。言われて見ればそうだった。使っている石材にしても、設計者にしても、村山に縁のあることばかりだった。

駐車場に車を停めて、玄関に向かう。

アポローチから眺める雪。

展示室では無い奥の部屋でコンサートは行われる。そこから眺めた大淀。雪の為に、アトリエは見えない。

始めて冬に訪れた時よりも、積雪量は少なかった。積み上げられた雪の重さで、何層にも渡って見えた雪が青かったのが印象に残っている。

東北で活動しているメンバー。

なかなか素敵な演奏だった。第一バイオリンの方の楽譜を見ながら、演奏を聴いた。演奏中の撮影は出来ない。これは演奏が終わってのトークで、4つの楽器の内、どれが一番古いか、何時ぐらいの時期に作られたものかを話している。チェロは日本で言う江戸時代、凡そ300年ほど前の楽器らしい。

アンコールに、シューベルトのアベ・マリアを聴き、家路を急いだ。

走っている途中から、まだ行く先々で、耳に残った曲が薄れていった。余韻のある内に家に着くのがベストなのに。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

りんご

2017-02-13 10:41:49 | 食べ物

安達農園でりんごを2箱買う。片方はヒヨドリ君用で、5kgで500円、片方は人間用で、5kgで1000円。

ヒヨドリ用は、おまけしてくれたようだ。左側の大粒がヒヨドリ君用、右の小粒なのが人間用。

現在、ヒヨドリたちは、大喜びしている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水汲み

2017-02-10 12:22:57 | 動物・自然

御茶が不味い。汲み置きの水がなくなったので、水道水に変えたからだ。珈琲なら、誤魔化せるのだが、日本茶はすぐに判る。

と、言う訳で、天気も良かったので、ふんふんと鼻歌を歌いながら「さんゆう」を目指す。本道から月光川ダムの標識の方へ曲がると、途端に道路は雪だった。

ダムのそばの赤い橋。辺りが雪景色の時には、この赤い色が気持ちをほっとさせる。

橋も、この道路も帰りに撮ったものだが、橋を渡って坂道に差し掛かると、道路は融雪の水で溢れかえる。

凍結防止に湧き水を利用しているのだが、その水を汲みに来ている身分だと、飲めるのに勿体ないなと言う気になる。もっとも、水道水を使えば、料金が勿体ないのだが。

夏には、水量が減って細くなる水の帯も、冬だと存分に出て、ペットボトルに溜まるのが早い。

この隣にはスキー場があって、木曜日という平日にも関わらず、駐車場にずらっと車が並んでいた。

ロープウェイもあるんだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鯛やき

2017-02-10 12:18:28 | 食べ物

冬限定の鯛焼きは尾川園さんが美味しいが、手っ取り早くト一屋に置いてあったので買ってきたにも関わらず。

お腹がいっぱいだったので、翌日にチンして食べた。ラップでくるんだせいか、皮がしんなりしている。

尻尾の先にもアンコが入っているかと割ってみたが、途中までだった。ちょっと残念。

冷凍のピロシキまたは餃子?

若い人達は、自分で作らないで、冷凍の物を買っていくんでしょうね。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

-196℃

2017-02-08 11:45:15 | 食べ物

サントリーメールで、2月14日から「-196℃<桜さくらんぼ>」が、春期限定で発売されると知らせがあった。

何故-196℃なのだろうと思っていたら、山形産佐藤錦を丸ごと冷凍し微粉砕して酒に漬け込んだそうで、私は「種も一緒なのかな。」と一瞬戸惑った。種のかすが口に残ったら嫌だなと考えたのである。基本が自分で作る果実酒を元に考えているからである。

このお酒に、香料とかが入っていなければ良いなとも思っている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

酒田の進駐軍

2017-02-08 09:44:07 | 酒田

戦後、酒田に進駐軍がいた。私は残念ながら見たり逢ったりした事はないが、その場所は光ヶ丘の辺りだと言われ、母にはなるべくそちらへ行かないように言われていた。もしかして、母にかけられた暗示で、私の目には進駐軍は見えなかったのかも知れない。

随分と前に、酒田の進駐軍の写真があると教えられた。合衆国海軍のHPの中に酒田があり、退役軍人達の同窓会のような集まりがあったようだ。

U・S・NAVALのhomepage はこちらだが、入ると迷子になるので、直接には

酒田の写真 をご覧頂きたい。これを見つけた人は偉いと思う。その抜粋。

見たことあるけど、思い出せない。

柳小路のマーケット

これは台町だど思う。

アルファベットのフリガナが振ってあった。

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

熊本ラーメン

2017-02-06 10:37:58 | 食べ物

小包が届いた。箱の中には箱が有り。やまやで買い物をした時に貰った応募券を使って送ったのだが、「必ず貰える」タイプでないと、クジ運の悪い私には当たらない。

一番下の箱の中には、袋入りインスタントラーメンが2袋入っていた。郵送料の方が高かったのではないか。

熊本には行ったことがあったが、ラーメンを食べては来なかった。基本が豚骨ラーメンで、醤油の香りもする。細い麺だが、しっかりして美味しかった。

福岡の屋台のラーメン屋で、「何にしますか?」と聞かれ、「醤油ラーメン!」と応えたNさんを思い出した。ラーメンの上に載っている菜っ葉は、豆苗である。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

酒田市街地模型

2017-02-06 10:26:21 | 酒田

いつもは月曜日に集合して作業を行うのだが、模型が出来そうにもないので、緊急に土曜日の午後に有志(5人)が集まった。いつもは夜間なので、市役所の駐車場に車を停めているのだが、この日は希望ホールで催しがあったらしく満杯。清水屋の駐車場に移動する。かくして、清水屋でセーターを買うことになり、売り上げが少し増える。

前回、作業を停めたのは、敷地の高低差に使用する2m/mのスチレンボードが足りなくなったからで、土曜日までには現場に届いていると言う話だったが、どこを探しても見つからず、手違いがあったと思われた。

このまま解散する訳にはいかず、前回の使用した物の切れ端を集めて、なんとか作業を続行した。

こうして見ると、日和山界隈の高低差が際立っている。敷地が出来たら、建物を取り付けて行く予定なのだが。

模型は、持ち運びしやすいように2枚に別れていて、南半分は高低差も少なく、順調に建物を貼り付けていく。

堤防の道路もきちんと高く造ってある。

まだまだ完成しない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ニュース女子』#91

2017-02-04 10:17:09 | 酒田

 

『ニュース女子』#91 1月2日放送分

現在巷で話題になっている「沖縄の基地反対運動」を報じたDHCシアターの「ニュース女子」である。内容として、そんなに驚くことは載っていない。通常ネットで流れてくるものをあっさりと載せているだけだと思う。もっと酷い反対派達の映像は、YOUTUBE辺りで沢山流れている。

ただ、今回なぜこんなに騒がれたのだろうと思っていたら、いつもはCSのDHCシアターと言う所で流れている番組が、地上波の東京MXテレビで放映され、一般の人達も観ることが出来たとのこと。基地反対派が沖縄県民だけでなく、日本国中や中韓からも集まって騒いでいること、それに交通費や日当まで出ているようだと知られてしまったからだろう。その5万円の交通費を支給すると書かれたパンフレットを撮されたのりこえネットは、偽の情報を流したとか人権侵害だとかで、BPOに告発した。笑えることに、BPOからの回答は「両者で話し合ってください」だったそうだ。DHCシアターでは、ニュース女子に限らず、虎ノ門ニュースでも、討論することを大歓迎している。でも多分逃げるだろう。色々と不利だし、今までがそうだったから。

もう1つ騒いでいるのは、この番組の司会を務めている長谷川氏が東京新聞の論説委員だったことだ。彼は番組の中で右翼的な発言も左翼的な発言もしていない。事実を中心に采配を振るっているし、いつの事だったかコメンテーターの大半が「昔は左翼だった。」と述べたのも知っている。この番組では、各自が自分の専門分野で好きなことを話しているのが面白い。同じような討論番組でも朝生のようなグダグダした番組とはテンポも違うのだが、左翼的思想の東京新聞が新聞紙上で長谷川氏を捉えて詫び文を書いたのも面白い。

この記事はネットで流れてきた赤旗の内容だそうだ。我が家でも赤旗はとっていたから探せば出てくるのだろうが、この記事で注目したいのは17年1月から、地方7局が放映を開始するらしい。この中に山形県のさくらんぼテレビが入っていた。ネットの環境のない人の目にも、この番組が触れることになる。

これに加えて、DHCシアターで、1つ残念なニュースがある。3月末をもって、CSからDHCシアターが放送を中止する。番組はネットのYOUTUBEやニコ生などその他の媒体で観て欲しいそうだ。地上波やCSなど、過去の媒体で放映するのではなく、世界中から同時に観ることが出来る、そんな時代になったのかも知れない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポート・オブ・ザ・イヤー2016

2017-02-03 10:46:17 | 建築・都市・港

酒田港が「ポート・オブ・ザ・イヤー2016」で最優秀賞を獲得した。

新聞で知って喜んでいたが、酒田市役所のロビーにガラスケースがあり、その中に賞状や盾、受賞の写真が飾られていた。

盾は何とか撮せたが、賞状と写真は、ガラスに照明が反射したり歪んだりと、画像の出来は良くなかった。

国交省の酒田港湾事務所に、新年(?)のご挨拶に出向いた時、所長さんに賞状と受賞の写真のデータを頂いてきた。丸山市長が受け取っているのは、記念の盾であるが、この時の模様を市長は「いつになく緊張した。」と仰った。

「港湾」と言う雑誌には、この表彰の記事が載っている。

酒田港が選ばれたのは、コンテナ貨物が増加しただけではなく、市民達が中心になって、色々な港の取り組みやイベント活動などを積極的に行ったこと、外国のクルーズ船の誘致を進めたことが、とても大事だったのだそうだ。

2016年度は5港の応募が有り、例年になく得票数が多く、格段の差で優勝したのでもないと言う。酒田港に投票して下さった皆さんに、心からお礼を言いたい。

さて、これは国交省と(公社)日本港湾協会で発行している「数字で見る港湾」だが、これは年に1度の発行である。写真は2016年度のものだが、2017年度は、表の表紙も裏表紙も、酒田港の写真になるそうだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加