駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

六月が終わる

2010年06月30日 | 身辺記
 梅雨のある日本では六月は鬱陶しい季節だ。ジューンブライドと聞いて何でこんな季節にと思ったが、ヨーロッパには梅雨がないらしい。
 湿気が多く不快ではあるが梅雨に親しんで生きてきたので、雨に濡れた木々の緑や道ばたの紫陽花を愛で、梅雨の合間の青空を楽しむことが出来る。
 一年の半ばが過ぎたボーナス支給月でもあり、十二月と共に赤字になる月だ。収入は頭打ちだがボーナスは例年通り少しアップして支給した。ボーナスを弾むことは実は微かな喜びでもあるのだ。男の中に潜む保護者感覚や放出快感に繋がっているのかも知れない。そうした解釈はさておき、何よりも良く働いてくれたことに対する感謝のメッセージだと思っている。

 暑苦しいさなかに相変わらず不毛のいがみ合い選挙戦で、岡田ジャパンを見習えと言いたくなる。公約がどう扱われるかに注目したい。政治家は約束したことに責任を持たねばならない。もしそれを違えるなら本当に成る程と思える理由を提示することだ。針小棒大で騒ぎ立てる軽挙妄動の安直ジャーナリストに惑わされず、真贋を見極めたい。信頼できる政治家は投票という有権者のメッセージで育てられる。
 岡田ジャパンの健闘は岡田武史と選手スタッフ全員、揺るがぬサッカー協会幹部そして、揺るがなかったサポーターの賜なのだ。
コメント

念力足らず

2010年06月30日 | スポーツ
 念力が足りなかった。残念。パラグアイは強かった。
コメント (4)

念力を送れ

2010年06月29日 | スポーツ
 介護老人の担当者会議に出席、話の長いケアマネをみんなで睨み付けて9時半解散、飛んで帰ってきた。
 サッカーの醍醐味を堪能させる手に汗を握る試合になると思う。公平公正な審判であることを祈る。
 点が取れることは確実、たぶん二点(大久保、本田)。何処まで守りきれるか。これから念力を送る用意を調えてテレビの前に座る。頼むぞ川島。
コメント

気懸かりな菅の限界

2010年06月29日 | 政治経済
 鳩山、菅と所謂理系の総理大臣が続いている。文系理系という単純で型に嵌める分類は不十分なものと考えているが、戦後大学で理数系の訓練を経て科学的な素養がある総理大臣は居なかったので、この二人のそうした背景が何か新風をもたらすのではないかと、理系という視点からも観察してゆきたい。
 鳩山さんの場合は科学的素養よりも坊ちゃん育ちが前面に出てしまい、理系の強みや良さが生きることなく消沈してしまったのは遺憾だった。
 菅さんは未だ一ヶ月足らずで、しかも参議院選挙の結果も出ていないので、まだ評価は難しいが気懸かりはある。それは鳩山内閣の幹部であったのに、非連続性が際立つことだ。官主導の財政再建路線を目指す大企業減税消費税導入を言い出した。なんだか馬鹿呼ばわりした霞ヶ関が一枚上手で**賢く、その論理に取り込まれたかのように見える。論理に破綻がなければ、成る程どとなるのが理系頭なのだろう。無理を通して道理を引っ込ませる厚顔の政治力をちゃんと備えているだろうかと心配になる。時にはそうした大鉈を振るえなければ、既得権のしがらみは断ち切れないからだ。
 理工系の論理には条件が付く事が殆どで、しかも分野が違うと擦れ違うことも多い。理工系の仕事だけをしていると、広い視野と人間の歴史に対する理解教養が欠けがちのように思う。後半生を政治の世界に生きてきた菅さんはそんなことはないのかもしれないが、広い視野と教養に裏打ちされた強さを内に秘めていることを期待しておきたい。
 実は裏切られそうな予感がそこはかとなくするのだけれども。
コメント

アメリカ、イングランド共に敗れる

2010年06月28日 | スポーツ
 ちょっと応援していたアメリカがガーナに敗れた。アメリカのサッカーは中央が弱い。中央が弱いとサイドが生きない。まだ伝統の厚みがないということだろうか。
 イングランドがドイツに敗れた。誤審のノーゴールで流れが変わった。イングランドの悪い癖で焦りから勇敢だが単純という負の螺旋に落ちていった。
 技術戦略と勇猛果敢も大事だが、紙一重を破るのは冷静沈着な胆力なのがわかった。ガーナのギャンの一瞬溜める冷静さがゴール枠を捉えた。本田にはその胆力がある。しかもティームに溶け込む寛容(内助の功か)も持っている。明日は素晴らしい試合になるだろう。
 
 伝統とは何か。コンクリの街にどこか微かに江戸の気っぷの良さを感じるんだなあ。
コメント

梅雨の大都会

2010年06月28日 | 身辺記
 梅雨の週末、メトロポリス東京を散歩。 
 キョロキョロしているとお上りさんが迷っていると思われたか、親切なお嬢さんが「どこかお探しですか?」。と声を掛けてくれた。「いやいや」。と手を振って、迷ってなんか居ませんと背を伸ばしてはみたが、青山界隈には相応しくない田舎者(には違いないが)に見えたらしい。ちょいと、ショック。
コメント (2)

現実にたじろぐ法令

2010年06月26日 | 小験
 法令の勉強をしたことはないが、最大公約規則を抜き出して文書化し、遺漏なくするために重いローラーで地均しして片言接頭接尾語に押し込めた体系なのではないかと推測する。
 抽出した根幹だけでは、個々の事例に対応できないため?、膨大な解釈説明が付随しているようだが、それでも対応しきれない事例があるだろう。
 それは疾患の治療ガイドラインから類推できる。一枚の表にまとめることのできるたかだか千字程度のエッセンスに何万字の説明注釈が付いて本になっているのがガイドラインの常だからだ。それでも、何百例いや何十例に一例は妙な患者さんがやって来て、ガイドラインの適応に難渋するのが最前線だ。
 末期に延命治療を拒否されるのは、元気な時に本人の残した文章や言葉から、あるい病状から了解可能な家族の意向から、時に経験することだ。しかし金が掛かるから止めて呉れにはたじろいでしまう。往診料は幾らか、それなら最後に頼むからどういう状態になったら呼べばいいか教えてくれと言われても、直ぐには言葉が出ない。こんなことでいいのかと思っても婆さんあんたが生んだ子供達の意向だからなあと、何もしないのは九十二歳多臓器不全の自然な最後で犯罪ではないのだからと、とぼとぼ帰る。
 おそらく法令適応現場にも同様のとまどいたじろぐ事例があるだろう。司令部の将軍、官邸の大臣、象牙の塔の学者殿、霞んで見えるだろう最前線は難渋しています。
コメント (2)

三昧一体の力

2010年06月25日 | 町医者診言
 岡田ジャパン、デンマークに圧勝。勿論紙一重なのだが、勝負では紙一重の優越は打破しがたい厚みなのだ。
 なぜ岡田ジャパンが強いか。それはティームが十全に「機能しているからだ。心技体と言うよりも知情意の三つが渾然と三味一体となっている。
 
 本田をトップに据え、俊輔でなく長谷部、内田でなく松井を選んだのは凄い。要するに直前四試合で見極めたのだ。本田の冷静果敢な資質能力を評価し、マスコミ辞令の俊輔と自分が育てた内田は力不足と外した英断。地味だが誠実で人望のある長谷部をキャプテンに抜擢した慧眼。監督の願いを形に浮上してきた長友大久保長谷部。いやあ、選手が躍動してきた。まんざらベストフォーも夢ではない。

 もし、ベストフォーを実現させたら、岡ちゃんにはサッカーの監督よりも日本政治の監督を薦めたい。
  岡田監督を単に気に入らないからと叩いたサッカー評論家は私に道を譲るように。
コメント

V V V

2010年06月25日 | スポーツ
 起きた 観た 勝った
コメント (2)

岡目八目より餅は餅屋

2010年06月24日 | スポーツ
 サッカーにウインブルドンと昼夜逆転気味である。午前一時過ぎに寝ることは普段でも時々あるのだが、観戦後は直ぐに眠れず、明け方寝入って午前眠いパターンが続いている。
 今日は可能なら夜九時寝朝三時起きと行きたいのだができるかな。
 果たしてどんな作戦がよいだろうか?平凡だがデンマークは長身選手が多いので足下を抜いて低いシュートが効果的だろう。サイド攻撃が欠かせない。松井長友駒野、ニアのゴロだよ、分かっているね。FWの先発は岡崎に大久保か玉田か。岡ちゃんは考えに考えているだろうから、何であれ彼の作戦を支持する。岡目八目はヘボ将棋ザル碁の話、プロは違うというのが、今まで生きてきての実感だ。
 北欧は強くても粘り強くはない。岡田ジャパンは渾身の粘り不屈の納豆力を出せ、勝てる相手だ。
 
 
コメント (2)