駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

嫌な膵臓癌

2011年10月31日 | 診療

 

 一万人以上の患者さんを診てきた内科医で膵臓癌に泣かされたことのない医師は殆ど居ないだろう。音もなく忍び寄り、症状が出た時には根治不能で数ヶ月の余命のことが多いというやっかいな癌だ(ジョブスは膵臓癌の中でも性質の良いほうの種類だったので何年も生きられた)。

 勿論、膵臓癌を常に疑って診療していれば、早期発見も可能かもしれないが、高血圧や高脂血症などの生活習慣病で通院している患者さんを片っ端から検査することは実際にはできない。第一、保険診療の範囲を超えてしまう。早期に発見できた例は幸運なのだ。大体は癌が出来た場所が症状が出やすい部位であったり、たまたま他の検査や特別なドックで見付かったという例がほとんどなのだ。

 私も二例ほど経験がある。有り難いことに一方の家族の方は患者さんが亡くなられた後も当院を利用してくださる。もう一方のご家族は全く来院されなくなった。血圧で通院していたのに、見付かった時には根治不能というのが納得できない気持ちはよくわかる。特別な落ち度はないのだが、恨まれても(それで気が済むならなおのこと)やむを得ないと思っている。

 火事と一緒で殆どの癌は小火の内に見つければ根治できる時代になったのだが、膵臓癌はまだまだ早期発見が難しい。

 

コメント (6)

夫婦の不思議

2011年10月30日 | 身辺記

 

 母が比較的早く(結婚して五年目)亡くなったし、長男ではないので直接嫁姑に挟まれて窮したことはない。食事の味は、かなり馴らされたし、ポテトサラダや鳥とタマネギのスープなどは私の好みに合わせてくれたので、揉めることはほとんどない。ところが不思議なことで注意される。靴下を洗濯に出すとき、一足を片方の中に入れるように言われて育ったので、ついそうやって出してしまう。また、中に入れたと叱られる。妻は端を折り込んでまとめる流儀なのだが、これは難しく、いまだ身に付いていない。怒られるよりはと別々に出してしまう。それには文句を言われない。

 まあ、お互いに何だか変だと思いながらいつの間にか我々流の暮らしができているわけだ。寛容と忍耐でやってきて、譲って貰ったことが多い気がするのにいつの間にか領土が狭くなっている?。

コメント (2)

問題が問題

2011年10月29日 | 小考

 

 世の中に問題とされる課題は数多い。しかし、週刊誌の見出しを見るとうんざりする。ちょっと頭を捻ってみればわかるのだが、本当の問題は半分か四分の一か、見方のよればもっと少ないと思う。 取るに足らない、ああそうかで終わる問題をあげつらって世の中が良くなるだろうか。人の不幸は蜜の味と嘯かれても、首肯しかねる。勿論、あざとい権力者や濡れ手に粟で稼ぐ強欲者を揶揄するのはよくわかるが。

 逆に看過されてはならない大問題がいくつか忘れ去られ、避けられている。東京電力の責任はどうなったのか。原子力発電をどうするのか。直近のTPPさえも、そろそろ飽きられそうな雰囲気が出ている。

 中で一番の問題は積年の課題、税金の使われ方の厳しい検証だ。取られることにばかりに敏感な国民が、主査となって検証しなければと思う。その資料を地道に粘り強く提供するのが週刊誌などマスコミの仕事だろう。売れない?。そうかな、そんなことはない、編集者の腕の見せ所だろう。

 日本人は物忘れが病的レベルに達しているのではと心配している。七十五日以前のことを憶えていられないのだ。その物忘れに加え、物事の優先順位がわからない病もありそうだ。町医者の診たて違いならよいのだが。

コメント

朝三暮四診療

2011年10月28日 | 診療

 

  医師会で身内の勉強会があり、正直というか本音の話が聞けた。大学の教授の話には建前もあり、なかなかそうはできないという部分もあるのだが、最前線で診療している仲間の話は成程というかほんまかいなと面白い。

 街中の内科系診療所でよくある訴えに眠れない、ふらふらする、手や足がしびれる、小便の回数が多くて困る、腰が痛い・・・などがある。これらはいづれもいろいろ調べ治療しても、なかなかすっきりしないことがあり、悩まされる訴えである。

 M先生、なかなか話がうまい融通無碍な人なのだが、彼の話。

 尿の回数が多いという人にはまず薬Aを使ってみる。最初は良く効いたというのだが、数か月すると効かなくなったということが多い、そうしたら今度は薬Bを使うんですよ。しばらく調子良いんだが、また数か月して効かなくなったと言い出したら今度は薬Cを使うんですよ。また駄目だと言い出したら、今度はしばらく休んでみましょうと言って、数か月ほど休ませてまた薬Aを使うんですよ。そうすると不思議なことに効きますね。

 そうやって休薬を挟んで三つの薬をとっかえひっかえ回しながらやってますよ、えへへとの話。ほんまかいなとみんなで笑ったが、ここに最前線の臨床の実像というか真実が現れているとも思った。

コメント (2)

人種のるつぼにも

2011年10月27日 | 小考

 

 欧米に行くと程度の差はあれいろいろな人種が街を当たり前に歩いている。人種のるつぼと言われたニューヨーク辺りでは、それこそ世界中からやってきたさまざまな人種が我が町と歩いている。

 マーブルチョコの缶をひっくり返したような色とりどりの皮膚に140cmから2mまで40kgから150kgまで魚醤顔からブルドックソース顔まで、ありとあらゆる人類がなんの違和感もなく歩いている。

 醤油顔で眼鏡カメラの典型的日本人の私に**へはどう行けばいいのかねとなどと道を尋ねる人さえいる。旅行者なんで分からないと答えれば、あっそうと離れてゆく。

 これが建国の精神によるものか無関心によるものか受け入れる心によるものか、よくわからないが慣れの要素も大きそうだ。日本でも今や金髪碧眼は好奇の対象ではなく、田舎でさえ外人さんと認めはするものの、特別な注意は払われなくなった。

 まあ、町を歩く分には何の違和感がないと言っても、社会構造に分け入ればグラデイションやアンジュレイションが根強く残っている。勿論、そこにも緩やかではあるが明らかな変化がある。私が感じるのはブラックアメリカンの主流化だ。今ではマイナーリーグからメジャーリーグへと昇格し、由緒正しきアメリカンの感じがするから不思議だ。それはすでに私の心に刻まれ、アメリカ英語を話す黒人を見て、真っ先に黒人ではなくアメリカ人と感じるようになっている。それは恐らくブラックアメリカンの心の変化でもあるだろう。

コメント (2)

同じ間際でも

2011年10月26日 | 診療

 

 デパ地下は閉店間際は三割引きで、それを狙って来店する客も居る。かくいう私も時々夜食に割引きを利用する。

 ところが医院では閉院間際は逆に三割増しになる。こちらの三割はお値段でなく、危険度。医院は職員の帰宅時間が迫り、検査や処置が必要な手間取る患者さんは歓迎されない。

 そういうことがあってはならんと言われても、そういうことが無いようにと心を砕いても、あと十五分となれば主婦でもある職員は定時に帰りたいし、院長としては早く帰してやりたいという気持ちも湧いてくる。

 腹が痛いが熱が出た。まだ三時だ、様子を見れば良くなるかもしれないとぎりぎりまで様子を見ないでいただきたい。38.5C以上の熱や唸るような痛みは、ただちに受診の兆候なのだ。

 ぎりぎりで済みませんと言われる患者さんは風邪や高血圧など、殆どがぎりぎりでも問題ない患者さんで、営業時間内だろと目を剥く患者さんや家族に緊急検査を必要としたり、病院に紹介しなければならない病態が多い。こういう場合、なんでもっと早くは禁句なのだ。

 総合病院も五時を過ぎれば、当直体制で手薄となり、いつも親切で優しい当直看護師や医師が待機しているとは限らない。「どうぞよろしくお願いします」。と受けてもらっても、当直体制ではもっと重症な患者が居たりして、それなりの対応に終わる。それに料金や時間もかかる。医療機関に間際に飛び込むのは、賢い選択ではない。

コメント (4)

中井久夫の印象

2011年10月25日 | 診療

 人生には後悔がつきまとう。それを忘れ、あるいは忘れようとして生きているわけだが、この歳になってもっと早く読んでおけば良かったという本に出会い苦笑いしている。正確には本と言うより人を知ったという方が正確かもしれない。未見の人で、これからもお会いする機会には恵まれないと思うが、それは中井久夫先生だ。先生と呼ばれてはご迷惑だろうが、そう呼びたくなる方だ。

 元はといえば医師として好ましくないことなのだろうが、正直に言えば精神科医に対するある種の不審感と精神病に対する無力感を私がどこかに持っていたことが、お名前を存じ上げていても著書を手にしなかった理由である。たった二冊ばかり読んで、あれこれと口幅ったいかもしれないが、プディングの味は一口でわかる。

 「世に棲む患者」にはなるほどそうだったのかと思うことが書いてある。私は精神科医ではないがものすごくよく分かる。若い精神科医がどう受け取っているかは知らないが、四十年の内科臨床医には確かにそうだと脳みそに言葉が浸みた。

 十五年、二十年前に読んでいれば私の内科診療も多少違っていた気がする。私なりに精神科境界領域の患者さん達に対する対応法を編み出してはいたのだが、そうかこうすればもっと良かったのかという言葉にいくつか出会うことができた。

 プディングの味は一口で分かると大口を叩いたが、それは優良品であることが分かるという意味で、もう少しゆっくり深く中井久夫の本を読んでいかねば味わったとは言えないと承知している。

コメント

TPPは特製パンプキンパイか

2011年10月24日 | 世の中

 

 TPPに反対賛成と喧しいが、一体TPPとはどういうものでどういうことになると予想されるのかが、殆ど説明されない。これほど内容を分かりやすく説明する必要がある政治課題はないのにだ。

 賛成派は総論で押し通そうと早口で乗り遅れては大変、仲間外れにされては困るとまくしたてるが、彼らは不安定な庶民のことよりも既得権益の保護拡大が念頭にある。既得権益が守られなければ半数以上の庶民も割を食うのだという切り返しを用意している。不沈?空母に乗船していると生活環境が恵まれるせいか、弁舌滑らかである。

 反対派は実際に起きると予想される被害や危機を説明しようとするのだが、庶民の代表のせいか弁が立たず訥弁で、駄々を捏ねているように見えてしまう。ボロ舟で、水を掻い出しながらでは、寒さで凍え、口の回りも悪くなろうというものだ。

 もし、可能であれば参加して、問題点には強く異議を申し立て、譲らないことができれば、それがよさそうに思えるのだが、そうした離れ業が日本にできるだろうか。実績のない政治家ができると言っても信用しにくい。

 そもそもと言えば、誰のためのTPPなのかに気付く必要がある。参議院議員なのに上院議員のように見える議員もいる、衆議院議員なのに下院議員のように見える議員もいる。

 とにかく国民の八割が理解できるような分かりやすい説明が新聞テレビラジオで繰り返されなければ、長いものに巻かれてしまう。そうした説明ができないわけはなく、なぜされないかも考える必要があろう。

 総論賛成各論反対の典型問題であるが、得意のうやむや玉虫色先送りは、相手のあることだから難しそうだ。泥鰌に解けるかこの難問。キャットフィッシュに変身してはあかんで。

 

コメント

終わり良し

2011年10月23日 | 診療

 

  六時半に電話が鳴る、まずいなあ。

 「**町の**です。お爺さんが亡くなったみたいです。呼吸してません」。

 えーと、さっと朝飯を食ってと頭の中で計算をして「一時間くらいで着きますから待っていてください」。と伝える。病院と違い町医者は息せき切って駆け着けるとは限らない。九十前後の大往生に、慌てて事故など起こしたらかえって申し訳ない。

 K爺さん、肺がんの末期にしては高齢のためか苦しみも少なかったようで、穏やかな死に顔だ。午前二時頃「おいっ」。て起こされて、またお小言かと思ったら、なんだかやさしくて。ちょっと胸をさすってやったら「ありがと」って寝たようだったんです。朝、手が冷たいんでびっくりして見たら息をしていなかったんです。

 と目の赤いお婆さん。爺さんは痩せぎすだったが、婆さんは小太りで血色もよい、きっと怒鳴られながらコロコロと動き回って良く世話をしたんだろう。

 息子は母親に似てずんぐりむっくりだが、床を取り囲む娘さんや孫娘達は爺さんに似たかすらっとして整った顔立ちだ。赤い目で私を見つめながらお礼を言われたが、あまり美しいので一瞬ドキッとした。

 僭越かもしれないが、爺さん言うことあないなあと思いながら帰途に就いた。

コメント (2)

末路は似ている

2011年10月22日 | 小考

 

 カダフィは下水道に潜み、発見された時、撃つなと叫んだと報道された。どこまで事実かは不明だが、独裁者の末路は似ていると思った。

 見境なく撃てと叫んでいたのは誰だ。醜く卑小ではないか。なぜ、こうした人物が権力を握ることが出来たのだろう。あるいはそうした人物だから、恐怖と思考停止の連鎖を生み出したのだろうか。

 外観は違っても、他国の人ごとではないかもしれない。塵が積もって山となる。全ての山は塵から成るのではないかと疑う。 

コメント (2)