駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

変わりない朝

2009年08月31日 | 世の中
 切れ目に青空は見えるが、鉛色の雲が空の大部分を覆っている。気温は摂氏24,5度くらいか、もう夏ではない。初秋の何の変哲もない朝だ。昨夜、日本で政権交代が起きたことなど、天地は我関せず、無言で運行してゆく。
 天体の動きは宇宙人が首相になるという人間の営みの激動にも微塵の変化を示さないのだ。
 次期首相になる鳩山さんは育ちが良く根が正直でやや迂闊な所があるが、筋金入りの科学素養があり、自然に対する理知的な眼をお持ちのはずで、それは策動する人間の罠を避けてゆくのに有効に働いてゆくだろう。
 マスコミは民主党への地殻変動にはマスコミへの痛烈な批判も含まれていることを自覚し、うらみつらみ等人間の駆け引きばかりでなく、事実を客観的冷静に報道してゆくことだ。大衆は愚にして賢と言われるが、何万年の歴史はごく僅かに賢が優る?のを示しているようですよと申し上げておきたい。
 今しばらく診察室では天候の挨拶代わりに時折選挙も話題になるだろう。勿論、患者さんは私が何処を支持したか知る由もない。
コメント (2)   トラックバック (1)

勝利ではなく

2009年08月30日 | 世の中
 怒りの鉄槌が下りた。選挙は政党には勝負でも、国民には選択。
 勝ってではなく、選ばれて兜の緒を締めて欲しい。いみじくも鳩山由紀夫さんの言われるように、国民のよりよい生活が実現されなければ何の意味もない。
コメント

診察室から(一)

2009年08月30日 | 町医者診言
 男は客観視する能力に恵まれ、女は比較する能力に優れる。
 比較に優れる男は内に、客観視に優れる女は外に生きる。
 両者を欠く者は愚かしく、両者に恵まれる者は力あるも幸せに遠い。
コメント

歴史の審判と歴史の力

2009年08月29日 | 世の中
 「明日は怒りの鉄槌が下る日」。と還暦過ぎは表現したいのだが、若い人達には単に変化を求めて旧体制に別れを告げる日なのかもしれない。
 いずれにしても間違いなく旧態依然既得権益のこびり付いた自民党はレッドカードで退場する。
 勿論、明るい明日が直ぐ来るとは思えない。根深い病巣を取り除き再生するのは容易なことではないからだ。まして、良く言えば多彩、悪く言えばまとまりのない民主党にそれができるだろうかと心配になるだろう。
 しかし、私は楽観している。紆余曲折はあってもなんとかやり遂げてゆくと思う。というのはほとんどの幹部と党員に十年を越える苦節があるからだ。昨日今日思い立って野にある訳ではない。それが間違いなく力になる。十年先を見つめ、二三年先の目標を立て、日々努力してきた蓄積は大きい。
 自民党の再生には懸念がある。これから鼎の軽重を問われる。権力を失っても整合性のある政党組織を維持できるだろうか。それが即ち、今までの総括なのだ。総裁を取っ替えたって中身は変わらない。名が挙がる桝添さんにどんなに人気があるといっても、テレビ露出で得た知名度で直ちに権力の側に付いた人だ。それが彼の資質を物語っている。相手の誹謗でなく自らの深い反省なくして、明日への展望は開けない。
 有権者は自分たちが主人公になれると気付いた。そして自分の一票に責任を感じるだろう。短兵急に結果を求めることはないはずだ。自分の一票の重みを感じることこそ、成熟社会への第一歩だと思う。
 
コメント

多趣味悠々

2009年08月28日 | 身辺記
 先日、一年ぶりに防波堤からの五目釣りに出かけた。僅か二時間、釣り上げたのが一匹逃がしたのが二匹という釣果であったが十分楽しんだ。もはや釣れなくても楽しめる心境に達しているので、浮子を見つめながら陽が陰ってくるのを感ずるだけで心和らぐ。浮子が波間に踊るのを飽きず眺めているのは、何とも言えない心地で大自然に抱かれ別世界に浸る気分になる。
 幼い日近所の遊び友達と田や森の池へ、家庭を持ってからは子供達と川や堤防へ釣りに行った日々を思い出す。一番幸せな時間だったような気がする。
 残念なことに女房は私のあれこれの趣味を好まないので一人で来たが、それもいい。釣れなくても、釣れるかも知れないとうい期待があれば何度でも竿を出せる。不思議だ。
 同業者にも釣り好きが居るが、皆沖に出て鯛とか鰹とか烏賊の大物を狙う。一緒に行きたいが、船で海に出るのは二の足を踏んでしまう。揺れると酔うのだ。酔っても誰も陸へ戻ろうという人はいない。独りげーげーやるのは懲りた。それと沖の釣りは繊細な駆け引きの妙味に欠け、生意気を言えば面白くない、負け惜しみかな。
 趣味というか道楽というのは不思議というか厄介なものだ。朝、駅までの道で時々「先生」と手を挙げてすれちがう自転車乗りはK病院呼吸器科部長のA先生だ。彼は毎日10キロの道を自転車、といってもママチャリでなく何十万の高級自転車、で通勤している。そんなに毎日乗っていれば十分だと思うと、この前の日曜日M市まで行ってきましたなどと言う。往復150キロ、殆ど病気だ。そういう私にも重症の趣味がいくつかある。
 医局に入る面接で、趣味はと聞かれ色々挙げたら「あんたね、それじゃあ勉強できないだろ」。と一喝された。さすが教授、何十年先までお見通しだったようだ。最近はブログまで書き出して、多趣味という病気も病膏肓で、毒喰わば皿までの心境だ。
コメント

政治記者に申す

2009年08月27日 | 世の中
 選挙の見通しとこれからの政権運営について政治記者が座談会をしている。その内容は私に二、三本毛が生えた程度で、町の床屋政談とさして変わらない。
 政治記者というのは政治家や官僚と顔見知りになり、色々話をしながら情報を得て、それに社風や個人的見解をいくらか加味して、記事(文章をまとめる)にする仕事をしてきたのがよく分かる。
 筋違いな感想かも知れないが、科学とは違うなあと感じる。人間は社会的動物で、それに付きまとう権力闘争は連綿と何千年も続いてきており、表面はともかく本質にはさほど変化が無いので、政治は誰もが感覚でわかり論評しやすい。厨房、閨、政に関しては誰もがそれぞれそこそこの私的プロというわけなのだ。だから政治記者が私と殆ど同じレベルの分析展望でよいとは思えない。
 私はこの座談会が物足りない。良い政治を求めて精進してきた?政治家も熟語の意味を知らない政治家も十把一絡げで、威張っていた先生を引きずり落とす快感で落選させるなどという発言は半ば事実としてもプロを感じさせない。俺でも言える。
 小選挙区制では死に票が多いなどという発言も今更一面の真実を伝えるだけで、したり顔で言うことではなかろう。一面の真実は実は真実ではない。それと死に票という表現は止めるべきだ。拮抗票とか不現票とかいう言葉に変えたい。死に票は響きもよくなく、思考停止を招く。
 物事には厚みがある。単純化できないことがある。それを示すのがプロだと思う。面白いけれども単なる穿ちやちゃかしでは物足りないと申し上げる。
コメント (2)

どうしてと言いたくなる

2009年08月26日 | 人生
 日中は蒸し暑いのだが、朝夕は秋の風を感じめっきり涼しくなった。今年の秋は早いぞ。
 身近には数名、メディアの向こう側にも数多く、なぜ独りなのだろうと思う女性が居る。基本的には余計なお世話なので、心の中で訝るだけで発言しないのだが、「金のない者は結婚しない方がいい、稼ぎがないと尊敬されない」と、またまた愚かな発言が出たので、その向こうを張って脱線してみよう。
 例えば「はな」とか「黛まどか」とか、多少個人的な趣味も入っているのだが、いつまで独りで居るのだ、と叔父さんのように注意したくなる。花の色が移ってしまうぞ、勿体ないと感じるのだ。端的に言えば、魅力的な女性がいつまでも独りで居ると、どうも目障りなのだ。
 出会いがないとは信じ難い。男も女も十人並みで十分、いや十人並みこそ味が出てくる。言葉は悪いが、ここいらでと手を打った仲間が周りに沢山いるでしょう。それも一つの選択では。粗い言い方だが生殖や繁殖は生理で、真珠の首飾りよりもダイヤのイヤリングよりも伴侶は一番のアクセサリー。
 ここまで書いて、どうも首相の上を行く発言ができたとも思えない。やはり余計なお世話か。
コメント

医療から無駄を省く

2009年08月25日 | 医療
 商品販売経営の知識に欠けるので売り上げに対してどの程度の宣伝費が妥当なのか詳しくない。当然費用対効果を考えて宣伝していると思うのだが、仕事で接する製薬メーカのやり方にはかなり疑問を持っている。
 医者は何とかして効能の優れた薬を選んで使いたいと願っているのだが、同一系統薬剤では、どの薬が優れているかはっきりしたデータがない。僅かな違いはあっても優劣は付けがたいのだ。そのため、熾烈な販売競争が展開され、製薬メーカーのMR(営業)は高級な総天然色高級紙のパンフレットを何種類も持参する。ところがその半分以上が読まれないで捨てられているのが現実だ。一瞥で捨てられるのを含めれば、9割近いと思う、本当に勿体ない。
 なぜ捨てられるのか、それは書いてある内容が客観的な部分は何時でもどこでも入手可能な薬剤情報であり、宣伝の部分は自社製品の優越性を喧伝しているばかりだからだ。
 いつもご馳走になっているのに問題にして申し訳ないが、薬品メーカー主催の勉強会は華美に過ぎる。一流ホテルで豪華なバイキング料理付き、場合によっては講師だけでなく受講者の足代宿泊代さえ支払っている。勿論、それで印刷、ホテルやタクシー業界は潤うのだろうが、単純な町医者はその資金を削って薬を安くできないものかと思う。三十年前に比べればかなり質素?!になったので、もっと規制をすれば、華美な宣伝は抑えられるはずだ。勿論それには受ける側(医師)の感覚を是正する必要もあるのだが。
 もっと重大なことはこの問題の根幹に関わる薬価(薬の値段)決定の機構にメスを入れることだ。これは厚生省が主導で決めているのだが、そのメカニズムは霞の中で不明だ。もっと有体に言えば薬に限らず医療費全体が官の統制下にある。勿論、官が単独で決めるわけではなく業界との折衝があるわけだが、闇とは言わなくても濃い霞の中で決められている。此処を叩けば莫大な無駄が省ける。無駄という言い方は語弊があり、それによって潤っている人々が居るわけだから既得権の打破という発想の転換を図ることと言い換えよう。
 政権交代のもたらす効果は既得権益の打破にある。既得権は5年から10年でその資格があるかを洗い直す必要があり、権利を持つ者は常にどれだけ社会に貢献したかを問われなければならない。昔はこんなことを言うと仲間のはずの医師会員に睨まれたが、今なら大丈夫だろう。私は町医者の診療費を5%削っても今のレベルの診療を保つことは十分出来ると考えている。
コメント

小沢一郎の真実

2009年08月24日 | 人物、男
 私は小沢一郎の著書を読んだこともなければ、彼の評論を読んだこともない、一般の人と同じメディアから得た知識しか持ち合わせない。
 しかし私には小沢の考え方がかなり理解できる。個人的な推論だが、当たらずとも遠からずと思う。少なくとも小沢陰険陰謀説を唱えたり、田中角栄の弟子で旧来型の政治家だと断ずる政治評論家よりも当たっているだろう。勿論、角栄や金丸に資金の必要性や庶民の心の機微に踏み込む大切さを学んでいるとは思うが。
 小沢の特徴は理解されなくても説明し直さない、分からない人はそれでよいとするところにある。それが良いこととは思わないが、その小沢流を無視されたと感ずる評論家は余計に悪しく論ずるという悪循環が形成されている。
 私が推測するに小沢は何千万、今や億を超えた員数の人を統治するには、一人一人の主張を微細に取り入れて行くことは不可能で、合理性で押して行くのが良いと考えている。ただ権力は腐敗するので、権力者を比較的容易に変えられる制度を内在させて、必要に応じて偏りや澱みを是正していく必要があると判断していると思う。
 一つの主張、例えば国連中心主義には必ず異論を唱える人たちが出てくる。それには建設的ではなく自分の感覚と合わないとか強引だとかいう情緒的な反対も混じっているのだが、いずれにしてもこれが唯一絶対正しいなどということは政治ではあり得ず、反対意見が出るのは当然で、検討に値する代案、単なる安全保障の観点からだけでなく全体の中で機能しうる政策、を出して論じなければならない。そして、政治というものは論じているだけでは、まさに空論で現場でどのように機能するかをあるいは機能させるかを示していかねばならない。
 小沢には高邁な国家の理想などない、ただ権力が欲しいだけだと批判する人は、政治の現場で実働する意味を知らない。政権交代などお題目、交代して何をするかが大事なのだという批判も同じ轍を踏んでいる。何とでも言うことはできる、それで何か変わるかと小沢は思っているだろう。高邁な理想には、私の任ではないとにべもないのではないか。
 異なる意見を合理的に集約するのが政治の精一杯、漸進あるのみ。ただ権力は腐敗するので交代させる力を国民に与える仕組みを内蔵させておく必要がある。これが小沢の考え方だろう。簡明そのものだ。陰険な陰謀家だとか権力亡者とかは作られた虚像だと思う。
コメント

私の法隆寺

2009年08月23日 | 
 粥食えば腹が鳴るなり法隆寺 
 奈良といえば茶粥が有名なのでどんな物かなと法隆寺門前の茶店で所望したところ、秘伝の味付け?と講釈の付いたのが出てきたはいいが、味も中身も薄くとても腹の足しにならなかった。あんまりだなあと妻と顔を見合わせた。そんなことを言っては悪いが、一見の客ばかりで文句を言う人も居らず、ジャンバルジャンも涙の薄いスープになってしまったようだ。まあ、名物という物はそうしたものだろうか。奈良の人が読んだら、本当の茶粥はそんなものではないと言われるかもしれないが。
コメント (2)