駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

母から電報

2012年09月29日 | 身辺記

      

  一昨日、幽明境を越えて母から電報が来た。

 「アツササムサモヒガ ンマデ ヨ」。

 うむ、確かにめっきり涼しくなった。まだ日中は汗ばむ時もあるが、

 「お母さん、貴女はいつも正しかった」。

 不肖の息子は、今しばらく現役で頑張るつもりでいますから、気が付いたことがあったら、また電報をください。

 どういうものか、電報でないと幽明の境を越えられないらしい。しかも、向こうから来るばかりの一方通行だ。

コメント (4)

年齢と老化

2012年09月28日 | 人生

       

 蜜柑が黄色くなると医者が青くなるなどと言うが、そんなことはない。皮膚科などは涼しくなると暇になるらしいが、内科は涼しくなると忙しくなる。4月から9月までは比較的暇で、10月から3月までは忙しい。半年の周期で波が来る。12月から3月までの間のある時期、二週間くらい猛烈に忙しくなる。それがいつかは予測できない。

 患者さんの名前はフルネームで呼びなさいと接遇の本に書いてあるが、猛烈に忙しいと下の名前を呼ぶ五秒さえ惜しい。一時間に二十人以上の患者さんを診察し続けるのは心身共にきつい。謂わば高速運転だからとても神経を使う。今年も息もつかせぬ二週間を乗り切ることが出来るだろうかと今から心配している。老化を自覚しているからだ。

 いつかは患者数を制限させていただく時が来るかも知れない。一日八十人までとしたいのだが、連休明けや冬には百人を超す日が何日もあり、実際には難しいだろう。これはサービス業の宿命だと思うが、人数を制限すればあそこは診てくれないと客足が遠のく心配がある。それでもいいとだんだんスタッフを減らして、看護師一人受付一人と私で十五人ほど診察したら今日はお終いという時が来るだろうか。

 人間は死ぬまで生きているとわかりきったようなことを申し上げたい。意味は多くの人は最後までそこそこ元気だということだ。逆に言えば弱ればもう長くない。殆どの人は最期まで七割の仕事が出来る。三割のことしか出来なくなったらせいぜい数年の命だ。それ以上永らえても、それは余生ではなく支生と心得ておくといい。

 

コメント (2)

国会議員とは何者か

2012年09月27日 | 町医者診言

      

 もう一つでなくもう二つの方が選ばれた(私見)。圧倒的な党員票を覆す国会議員だけによる決選投票とはなんなのか。党員投票は無効ということらしい。

 党内にねじれが生まれる。自民党は野に下った三年間に何を学んだか、旧態依然のところが見え隠れする。不遇に学ばなければ再生はないと忠告したい。

 美しい?言葉を語る夢よもう一度総裁には、いずれの国民も等しく扱っていただくようにお願いしておこう。

 私は街中の医者で、国会のことはメディアを通じてそこそこ知っているだけで、的外れな理解不十分な発言もあると思う。教えていただくことにはやぶさかではないが、調査勉強不十分という批判は当たらないと心得る。

 過剰な期待は持たないのがいい。失望するほどのこともない。

 私は、国交断絶や弱者異分子切り捨てが避けられるように、蟷螂の斧を振るってゆこう。

コメント (2)

自民党総裁は?

2012年09月26日 | 町医者診言

      

 民主党首選挙は尻すぼみで波乱も成果もなく終わったが、自民党総裁選はどうか。下馬評通り決選投票で、二三位連合が勝つのであろうか?

 個人の気持ちで書けば安倍、石原はどちらももう二つだ。看板だけの右傾化止まらぬ下痢候補と、騒がしい後ろ向きの御用聞き候補は敵わん。石破候補は怪しげな風采と独特の話し方で、親しみを覚えにくいが言っていることは比較的まともだ。林候補は理路整然破綻のない人のようだが、魑魅魍魎を抑えることができるか心配、町村候補は病気で実質リタイア。

 私の希望的観測は石破と林の連携だ。これなら最悪は避けられると思う。

 なぜここにきて古賀氏のような人が暗躍するのか。確かに人間は情動で動くところがあるが、それが前に出ては難問は解決できないと思う。本末転倒が起きる危険がある。

 今日本が抱える難問を一気に解決することはできない。言葉だけの人、意見の違う人を排除する人を選ばないように。

 *昨日の写真のデザートはまくわ瓜、白くて美しく懐かしく美味しかった。

 

コメント

悪夢にうなされる

2012年09月25日 | 小験

     

 何歳になっても試験の夢を見ると聞くが、どういうものか自分は試験の夢を見てうなされることはない。しかし、今も二三年に一度くらい、研修医の身で一人当直をしていると、救急で重症患者が運び込まれ、どうしたら良いか分からず冷や汗たらたら、患者に負けず青くなる夢を見ることがある。

 いつも夢でよかったと布団の中の自分を発見してほっとする。もう四十年も患者を診ているから研修医のように茫然自失になることはことはないけれども、あれでよかったかなと床について気になることは時々ある。因果な仕事だ(多分、どの職種にもあることと思う)。

 何百枚も死亡診断書を書いてきた。幸い訴えられたことは無いが、恨んでいる人はいるだろう。たとえ私に落ち度は無くても、やり場の無い気持ちは時に医師に向けられる。同じようにしても感謝する人と恨む人が居る、そして同じことをしても俺は悪くないと言う人と到らなかったと言う人が居るのが世の中だ。

 いつも患者さんに言うように「嫌なことは忘れましょう」。が自分にも救いになる。本当は忘れているわけでは無いので、思い出さずにいられる能力に感謝している。

 何を隠そう、自分が今患者さんの役に立てているのは、数多い細かい失敗、いくつかの重大な失敗から学んでいるからだ。これは多分全ての熟練医に当てはまることだ。自らワシは完璧などと吹く医師は、あんまし患者を診ていないのだろう。

 *このデザートに使われている食材は何か?答えは明日にでも。初めて食べたが美味しかった。

コメント

野菜が主役を張る時代

2012年09月24日 | 旨い物

      

 子供の頃は野菜が美味しかった。農家のおばさんがリヤカーを引いて野菜を売りに来て、路地で祖母がよく買っていた。子供だったから値段のことは記憶にないが、安かったと思う。おばさんの野菜はトマトは勿論、茄子なんて元々大した味がしないものもちょっと炒めて醤油を垂らしただけで、とんでもなく旨かった。

 しかし、どんなに美味くても御馳走ではなかった。だから、レストランのメニューに野菜料理はなかった。そんなものは家で食べられるし、値段も安くて商売にならなかったろう。

 ところが、今は野菜だけの料理がレストランで出るようになった。今の野菜は色形だけで、味がなくなったから美味しい野菜は嬉しいのだが、昔の記憶があるから野菜だけの料理は妙な気がする。しかしまあ、久しぶりに旨い野菜を食べられたと満足したことだ。

コメント (2)

病名公表で不思議なこと

2012年09月23日 | 世の中

     

 患者さんの病名は本人以外には秘密である。昔は癌の場合、家族だけに伝えて本人には別の病名を告げることもあった。今は本人と同伴の家族に病名を告げることが殆どだ。そして今では、あとから家族が単独で病名を聞きに来た場合には本人の同意があるか確かめなければならない鬱陶しさが生まれている。

 そこまでして守られる病名が芸能人の場合、素通しで公表されることが多い。今朝のインターネットに、元めざましテレビのアナウンサー大塚範一さんが急性リンパ性白血病の治療中一時退院を許可され、蕎麦屋で一杯という記事が出ていた。芸能人というのはそれこそ私生活まで晒して仕事をするようなところがあるので、本人の口から出たのだろうが、私などには馴染みにくい感覚だ。

 そこへ行くと政治家というのは公的な責任があるから、現役の場合病名を公表するのはやむを得ないと思う。ところがこれが公表されるとは限らずうやむやも多い。

 いつも思うのだが総理大臣と閣僚に健康診断を義務づけ、有能な主治医と医師団を付ける必要がある。こうした場合、おそらく純粋医療とはならず政治がらみになりやすく、なかなか担当が決まらないんだろうなと推測する。

 「政治語が話せる医師求む」、内閣秘書室。

 

コメント (2)

グーグルアースから見えてくるもの

2012年09月22日 | 小考

      

 時々グーグルアースを眺める。地球のあらゆる場所を俯瞰することが出来る。どんどん拡大してゆくと我が家も駅前医院もちゃんと確認出来る。子供の頃、こんな事が出来たら良いなあと思ったことが出来るようになっているのだ。子供の時だったら感じられただろう新鮮な感激がないのは残念だが、科学技術の進歩の凄さを実感する。

 地球の上をスムースにあちこち移動できるのも楽しいのだが、不思議な感覚に囚われるのは、だんだん拡大してゆく時だ。まず国が判別でき次いで山や川といった地形が現れ、幹線道路と市街地が分かるようになる。更に拡大すると個々の住宅まで識別できるようになる。実際には出来ないのだが、もっと拡大をしてゆけば一人一人が識別でき、更に拡大すれば顕微鏡の世界にまでどんどん入ってゆけるわけだ。そしてあるところを境に、個性が剥ぎ取られ、量子論の世界に入り込んで行く。どうも微少な世界の絡繰りが人間のスケールの世界をそして宇宙スケールの世界を支えているらしいのだが、繋ぎ目が判然としない。

 こうしたスケールの違いが考え方の相違感覚の相違の根元に横たわっているのを感じる。極めておおざっぱに言えば保守寄りの人は鳥の目を持ちリベラルな人は猫の目を持っていると言えそうだ。国のレベルで考えれば国力が第一だし、個人のレベルで考えれば自分の生活が第一になる。話が噛み合わないわけだ。

 面白いことに病人になると自分の身の回りに目が行き、社長になると日本や世界に眼が行くようになる。グーグルアースを見ながら妙なことを考えた。

コメント (2)

暑さ寒さも彼岸まで?

2012年09月21日 | 世の中

      

 朝夕めっきり涼しくなったが、まだまだ日中は暑い。「暑さ寒さも彼岸まで、本当にそうだわ、昔の人は偉かったわねえ」と母に聞いて育ったので、それに沿って気候変化を感じ取ってきたが、どうもここに来てそうでもないなあと呟くことになりそうだ。そこで、我が家では21世紀になり、「暑さは9月一杯」。と変えることにしたい。

 昔ほどでは無いが医院にはいろいろ頂き物、殆どがお菓子、がある。昼飯のあと職員と頂き物のお菓子を頬張ることが多い。昨日もOさんがお礼にと持ってきてくれたどら焼きを頂いた(痩せられないわけだ)。お礼と言ってもたいしたことは何もしていない。怪しげな胸部写真の陰影を総合病院の呼吸器に紹介しただけだ。丁寧に診察してもらい画像診断で、心配なものではないと言われ、嬉しくなってどら焼きを買ってきてくれたようだ。

 患者さんはいろいろ、ということはいろいろな方が居られるということだ。わざわざ時間を作って時間外に往診しても一言のお礼もない人から、専門外の病気だからと懇意の医師を紹介した程度でお礼にお菓子を下さる方までさまざまだ。

 私のようにあらゆる職種のあらゆる年代の人達と接することがなくても、世の中にはいろいろな人が居るということは車を運転すれば類推できる。丁寧から乱暴、親切からいじわるまで運転には人間性が現れる。「運転だけは、ちょっと荒っぽいの」。と宣う女性も居られるようだが??。

コメント

情報がなくても存在

2012年09月20日 | 政治経済

   

 物理学的にはずれがあるのだけれども、まあ地球規模では今の同時性は保たれているとして問題はあるまい。秋風を感じながら駅まで歩いて、医院に付いたのが7時45分頃、キーボードを叩き始めたのが58分頃だ。普段は意識しないが今この時間アメリカは夕方で夕食を食べている人も多いだろう。ヨーロッパは真夜中で寝ている人が多いだろう。

 こうして地球のあちこちで途切れることなく日常生活が営まれているのだが、それを意識することなく我々は暮らしている。何らかのニュースが飛び込んで来ないとその存在を忘れがちになるのが人間の感覚だ。

 新聞テレビラジオは新しい事件事態でないと情報を提供しない。そうするとつい、我々は目下の問題さえも忘れがちになる。次の首相になる可能性の高い自民総裁選の報道も中だるみになっている。経済外交政界再編など、これ以上ない重要問題があるのに、喰い込んだ報道が少ないのはどうしたことだろう。総裁選に絡めて、問題を掘り下げた間断のない報道を期待している。

 王妃へのパパラッチは卑劣だが、政界で蠢く権謀術数の輩へのパパラッチは許容されよう。投票権のない国民も注視しており、そこに民意はある。政界パパラッチに裏で動こうとする人物の活動を暴いてほしい。

 野田総理の方針には賛成しがたいところが多いのだけれども、この人を超える力のある候補者がいるだろうかと感じてしまう。

 

コメント