駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

夏らしい日曜日

2016年07月31日 | 自然

     

 七月最後の三十一日が日曜日、本当に夏らしい天気で気持ちよく過ごせた。無茶苦茶暑いけれども、生きていて良かったと感じる。

 誰が都知事になるか分からないが、選ばれた夏空に相応しい都政をお願いしたい。選ばれたら、万歳三唱などせず、ありがとうございます。**を引き締めて約束通りの全力で仕事すると宣言して戴きたい。選ばれなかった陣営は選挙で選ばれた人の邪魔はしないように、と多分椎名さんも言っている。

コメント

遂に追い越した

2016年07月30日 | 診療

        

 今日も気持ちよく青い夏空の下をのんびりと登院してきた。有り難いことにさほど蒸し暑くない、土曜日は電車も空いており、最初から座れた。

 S子さんは私と同年配なのだが、大女の部類に入るだろう。今では165cmなど珍しくもないが75kgというのはそうは居ない。一緒に来院されるご主人は幸い180cm近い偉丈夫で釣り合いが取れている。心の中で良い人を捕まえましたねと呟いている。

 女性の中には、子供を産む度に太く逞しくなられる方が居られる。S子さんは正にそれで、五十年前は背こそ高けれスタイルも良く、今と違いおしとやかだったのだろうが、この頃は航空母艦のようだ。受診される度に厳しく食べ過ぎないよう注意していたのだが、孫達に付き合ってついつい間食をされるようで、確かに我慢するのは難しいと思うが率先している疑いもある、遂に75kgになってしまった。

 糖尿病のあるご主人は感心なことに、我々の指導に従い二年間で5kgの減量に成功し74kgになられた。

 「追い越しましたね」体重計の目盛りを確かめつつ、感慨深げに申し上げると憮然として「そうでしょう」の一言を残し、航空母艦はゆっくり向きを変えると診察室を出て行った。

コメント

君知るや南の国

2016年07月29日 | 小考

  

 今朝は久し振りの夏空で蝉しぐれを聞きながら駅まで歩いた。たかだか標高20mばかりの当地だが、高原の夏の感じで蒸し暑さはさほどでもなく、本当に今年の夏は暑く長引くのだろうかと肌感覚で疑問が浮かんだ。

 夏は命はじける子供や若者の季節なのだが、命萎む高齢者が思いを巡らす季節でもある。お盆があるせいか、8月6日9日そして15日と太平洋戦争を思い出す日があるせいか、過ぎし昔を思い出させる夏の日差しがある。

 日本ほど忘れっぽい国も少ない。先日、医師会の友人達と会食をしていて、本土の人は沖縄のことを知らないという話になった。彼は別に革新的という訳ではなく(そうした医師会員は少ない)平均的な自見さんを応援する医師だが、沖縄の歴史を考えれば、沖縄の新聞はけしからんつぶしてしまえと言うのはおかしい、沖縄の立場を無視していると言われた。どうも後輩に沖縄出身の医師が居て、いろんな話を聞いておられたようだ。確かに君知るや南の国と言われても、沖縄出身の濃い顔の歌手達が思い浮かべられる程度で、沖縄って南の島でしょ県なのと言う恐るべき島国日本の感覚がある。

 広く深い知識の深さには歴史という時間軸も含まれている。そうした知識をいくらかでも身に付けて過ぎ越し方と霞む明日を自分で考えてみる季節、それは夏だと思う。じりじりと汗がにじむ暑さで頭が回らないようでいて、実は大きくものが見え考えられる季節なのだとバカボン親父の息子の友達の友達は言いたい。

コメント

今日は何曜日

2016年07月28日 | 診療

           

 えーっと今日は何曜日と診察中に確かめることがしばしばある。そんなことは考えるまでもないはずだったのだが、当番医や祝日があると曜日感覚が狂う。それに物忘れもちょっと出てきているのだ。なぜ曜日が大切かというと総合病院へ送る可能性のある患者さんの場合、判断時期を間違えないようにするためだ。総合病院は週休二日になって久しい。土日は外来がお休みなのだ。勿論、どうしてもという場合には土日でも、頼みこんでどこかの病院へ送り込まなければならないのだが、ウイークデイであれば比較的スムースにどこの病院でも診てくれる。

 中にはそんなの関係ないと、ゴリゴリと押し込む医師もいるだろうが、私はどうも不機嫌な声を聴くのは嫌だし、あちこちの病院に電話をするのを負担に感じる。勿論、嫌そうな声が出るには、それなりの理由があり受け入れる方も大変なのだ。だから医学的とはちょっと違うのだが、木金だと早めに紹介するし、月火水だと二三日様子を診ようということも多い。尤も、往診先で今日は何曜日などと言っていると家族は先生も惚けてきたかと思っているかもしれない。

 電話をしたとき気心の知れた医師だとホッとする。こちらの言うことが掛値なく伝わるからだ。先日も虫垂炎の疑いで明らかに腹膜炎を起こしている患者を外科の当番病院に紹介したのだが、出てきた若造?医師は私の診断を過小評価したらしく、内科当番へ回すように指示してきた。お願いする方は立場も弱いし争う気もせず、内科当番病院へ紹介した。私が睨んだ通り、穿孔性虫垂炎及び虫垂周囲膿瘍で外科医が呼ばれ緊急手術となった。昨日、患者さんは術後経過順調で、本日退院となりました。切除した虫垂の病理所見は壊死性虫垂炎でした。ご紹介ありがとうございましたと返事が来ていた。

 おそらく今もそうだと思うが、若い外科医は、手術がしたくてしょうがないので、急に呼ばれて手術というのを嫌がらなかったはずだ。国立の大病院の院長になったMなど、一緒に研修医時代を過ごしたのだが、救急当番で手術がないと詰まんねえとぶつぶつ言っていた。

コメント

思わず口から出たK氏の言葉

2016年07月27日 | 診療

                  

 K氏は七十二歳、一昨年リタイアされ悠々自適の生活をされている。「お変わりないですか」に、「あんまり暇も良くないね」と苦笑いで答えられる。前回の血液検査の結果を説明する。尿酸が7.6mgとやや高い。カルテのメモ欄にアルコールを嗜むという記載があったので、

 「ビールも飲まれますか」。

 「いや、大した量じゃないよ」。

 「ああ、そうでしたか。缶ビール一本位ならいいんですが」。

 「酒は弱いんだよ、女には強いんだがね」。

 「えー、おーそうでしたか」と思わず大きな声を出してしまった。

 「いや、強かった」。と横を向かれる。ここで看護師が半畳を入れると面白いのだが、Aさんは有能なのだが口が重いせいかこの話には乗ってこず、「それでは、お大事に」とお終いになってしまった。

 K氏は小さな会社の社長で、若い時にはそちらの方で活躍の場もあったのだろうと思う。いや、ついこないだまでかも知れない。

 広く浅く診る医者として、初診では必ず酒煙草をどの程度やるか確かめるのだが、ギャンブルや異性関係までは聞かない。全く病気に無関係ではないだろうが、そうした習慣がないので内科では聞きにくい。

 勿論、中には聞いていないの告白したり、時には元気を出したい相談もあるのだが、あっさり出来る範囲で対応している。

コメント (2)

人類はPoint of No Returnを過ぎた

2016年07月26日 | 小考

             

 梅雨が明けた模様というのは味のある表現で、どうも真夏の夏空ががやってこない。折角脱皮して鳴く、短いセミの命が終わらないうちに、夏空を拝ませてやりたい。

 物事はある時期が過ぎると引き返しが不可能になる。ほとんどの物事、特に不特定多数を巻き込む事案では、先のことに頓着なくというか見境なく進むのでいつの間にか後悔しても始まらないと悔悟を押し流しながら勢い惰性で進んでしまう。

 今更何を言っていると言われるだろうが、ポケモンGoが出てきて遂にここまで来たかと思う。尤も私はこうしたゲームはやらないので当初から置いてきぼりなのだが、会話を奪うゲームを見ていると、こうした人達が社会の中核になったらどんな世界になるだろうと不安な気がしてくる。幸いというか残念というか自分は見ることのない世界なのだが、それこそ近未来映画のようにワンパターンで展開され、やがてAI頼りの肝心のプログラムや機器を自分では作れない、AIを崇める集団となってゆくのだろうか。人類の叡智で、それが避けられたとしても貧富や能力格差のある社会になる恐れは大きいと思う。

 政治家は口を揃えて教育の重要性を説く。教育が重要なのは論を待たない。どんな教育が良いと思うかを言わないで、教育は重要と勿体ぶって言わないでいただきたい。議論が劣勢の時の切り札に使わないでいただきたい。

 誰とでも話をする、結論に飛びつく前に自分の頭で考えてみる教育が大切と私は思う。

コメント

隠れた才能?を発掘する

2016年07月25日 | 身辺記

  

 今朝も蝉しぐれの中を歩いてきたのだが、年々セミの声が小さくなってゆく気がする。耳が遠くなったのかそれともセミが減ったのか。たぶん耳が遠くなったせいだろう。数年前、五歳ばかり年嵩のG氏がこの頃耳が遠くなったと嘆いていた。どうも確実に後を追っているようだ。

 当然ながら目は二十年前から老眼が始まり、今は二つの眼鏡を掛け替えて仕事をしている。裸眼、中近そして遠近を使い分けているわけだ。絵を描いたり陶器を作ったりには不自由しないのだが、本当に細かい仕事はできなくなった。工作は比較的得意な方だったが、細かいものはもう無理になった。勿論、根気が続かなくなったということもある。

 音楽の才能は皆無(鑑賞はできる)だが図画工作は好きで子供の頃からいろいろ作ってきた。自慢は中学の職業の時間(今はもうない授業)に作った本箱で、先生に絶賛された。今も使っており、辞書や辞典用にしている。小さな引き出しがつけてあり、鍵や爪切り認め印などが入っている。 

 絵は習い始めて十年、ある程度自分の方向というか特質が分かってきた。具象で風景画が向いているようだ。陶芸はまだ半年で、自分にどんな才能があるかわからないが、絵と違い個性的な方向がよさそうな気がしている?。

 少しづつ五感は衰えていくが、次はこんな作品をという意欲はまだあるので、コツコツと作品を作ってゆきたい。絵と違い沢山出来るので、今から良いものができたら送ると言いふらかしている。それも励みになる。値が出て孫やひ孫が潤うかもと夢想するが、それは欲張りというものだろう。

コメント

一方を聞いて沙汰をしない

2016年07月24日 | 医療

       

 今日は曇りの予報だったが陽が差している。きっと日中は暑くなるだろう。寄る年波か、暑さには耐え難くなってはいるが、夏景色は大好きだ。夏は何と言っても若者の季節だ。若かった時代を思い出すから好きなのか、夏の生命感が好きなのかよく分からないが、夏の日射しは心に焼き付く。

 巨泉の奥さんが麻薬の誤投与で死期を早めたと悔やんでいると報道されている。本当だろうか?。もし本当にそう言っていたとしても、多分、夫を失った無念さ、やり場のない気持ちが言わせたもので、半年もすれば和らいで行くものだろうと思う。八十二歳、傍目には十全の人生を全うされたと見える。もう、ご本人の意見を聞くことは出来ないが、巨泉さんは誤投与とは言わないような気がする。

 おそらく誤投与はマスコミの作りだした表現だろう。どのような方が治療に当たられたかは存じ上げないが、そんなことを言われては非常に残念だろうと思う。そうした患者医療者関係であったとすれば、そこには勘違いがあると思う。一方を聞いて沙汰すなという篤姫の言葉を思い出す。そうではあるが医療者は口を開かないほうがいい。法的に訴えられれば別だが、そうでなければ黙っていればいい。

 今は看取るのは高齢者ばかりなので、嫌な思いをすることは殆ど無いが、病院勤めの頃は若い人を看取ることもあったので、時に、一部の家族から他の病院にすれば良かったなどと恨みがましいことを言われたこともあった。それはやり場のない辛さの表現で、時間と共に和らいでゆくものと思う。あるいは多少恨まれても、それで家族の気持ちが済むならそれでも良いと思ってきた。ご家族の希望される結果は出なかったかも知れないが、出来ることはやらせて戴いた。 

コメント

贈答文化が支えるもの

2016年07月23日 | 世の中

           

 時代の流れで、全く気にしていないが、たかだか四半世紀で患者さんからのお中元やお歳暮が半減、否三分の一に減った。以前は足の踏み場もないほど戴いて、職員と分けて持ち帰ったものだ。

  毎年M爺さんの呉れる梨はほれぼれするほど立派で、千疋屋に出しても引けを取らない品質だったが、五六年前から途絶えてしまった。今年九十歳になるMさんは三年前から一人では受診できなくなっており、果樹の世話ができなくなったのだと思う。職員一同、毎年楽しみにしていたので残念だが、申し訳なく梨はどうなりましたかとは聞かずじまいだ。

 馴染みの料亭も、お客さんがあってこそ座敷に上がるが、普段は年に数回昼に松花堂弁当を頂きに行く程度だ。グルメを自負しているが、所謂B級が主体で、A級の所に夫婦で出向くのは年に二三回、誕生日や記念日くらいのものだ。

 地方によって贈答習慣に濃淡はあると思うが、我々の年代は高級品には贈答やお相伴でしか手を出さないものだった。果たして今の若い人はどういう感覚なのだろう。食べ物に限らないが高級品には、高い技術も込められているもので、利用されなくなるとそうした技術も失われてしまう。次世代の人達は自分を褒めてあげるとかいって利用を続けるだろうか?。

コメント

料亭にも椅子の世の中

2016年07月22日 | 小考

       

 遠方より朋来たり、久し振りに馴染みの料亭を訪れた。相変わらず綺麗な女将に会えて嬉しかったのだが、座敷に案内されて驚いた。椅子席になっている。あれれと女将を見ると、正座が大変というお客様が増えまして、思い切って一年前から椅子にさせていただきましたと言う。

 女性軍の声が大きかったのだろう。床の間を向いて腰かけるのはどうも落ち着かないが、これも時代の流れかと思った。確か瓢亭などは外人も来るせいか畳が掘り炬燵のようになって、足が伸ばせるようになっていたと思う。古いようで先見の明がある京都らしいと思い出した。

 ブログを書くようになって、ネットのニュースを一瞥するようになったので、以前より世の中の動きや流れを敏感に幅広く掴めているような気がする。昔からそうだったのかもしれないが、本質的でない上辺のあぶくで世の中が結構右往左往するのに首を傾げている。見かけの世論に戦略が極めて有効に見える。マスコミを抑え人事に長けている者が強い。しかし、睨みが利いて粗さがしの精鋭部隊を擁している方が有利というのは何だかおかしい気がする。

 鳥越さんの病気と女性関係は予想された誹謗で見ていて嫌になる。叩いて埃の出ない有能な人物は少なく、これではまじめと計算だけが取り柄の人物と非難を栄養に吠え返す力のある人物ばかりが残りそうで心配になる。

 国を底流となって支える人たちのやる気が失われないかと危惧する。底意地が悪いだけの誹謗にはお引き取りを願いたい。

コメント