駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

マニュアル間に合っています

2013年03月31日 | 診療

         

  この十年ほどの間に病診連携(病院と診療所とで共同診療)が盛んになった。当地でも総合病院と医院との間で患者さんの行き来が頻繁にある。連携パスと称して各疾患ごとに患者さんをやりとりするためのマニュアルに従った定式の紹介状が作成されている。そうした事務仕事を医療クラークに指示できればいいのだが、殆どの診療所には医療クラークは居ない。兼業院長が書き込むことになる。

 病院の医師はご自分の専門領域の疾患多くても二、三のマニュアルに精通すれば良いのだが、間口の広い総合診療の開業医は少なくとも七、八疾患、多ければ十を超える疾患の連携マニュアルを使いこなさねばならない。これはなかなかの仕事量で、建前は賛成なのだが本音では大変との声が上がり、病院毎に違っていた形式は統一してもらい、記入量が減るように簡素化してもらった。

 というのは何でもそうだが、最初は力が入り、学問的にも遺漏のないマニュアルをと立派なもの作成してしまうために、紹介状が詳細で複雑な形式になっていたからだ。

 各病院統一の簡素化された患者紹介マニュアルでも、正直に言えばまだ負担だ。毎月定期的に通ってくる慢性疾患の患者さんは三、四分で診療できる。しかし当然ではあるが定期報告紹介状を書くと七分八分そして十分と時間が掛かってしまう。午後であればさほど問題ないのだが、午前中だとこれが他の患者さんの診療時間を圧迫してしまうのだ。

 そうしたわけで、心苦しいが走り書きの紹介状を発行している。

 * どうすれば良いかというと書き写す作業をなくせばよいのだ。どこでもドアでないがどこでもカルテにして、全国どこでも共通のカルテが利用できれば一番なのだが、もう少しでまだできていない。

 

コメント

受け入れがたい現実

2013年03月30日 | 診療

         

 

 Mさんは77歳の感じの良い老婦人なのだが、残念というか可哀相なことに徐々に耳が遠くなってきた。数年前までは面と向かって少し大きな声で話せば通じたのだが、この頃は耳に向かって大声で話さないとよく聞こえなくなった。

 特定健康診断で身長を測定したのだが、147cmがどうしても受け入れられない。150cmあるはずだと譲らない。看護師が何度も測るのだが、どうしても3cm足りない。実は去年も148cmで既に150cmを切っていたのだが、十数年前の150cmが脳味噌にこびり付いているらしい。穏やかに小声で話せば通じるとはゆかないので、隣室からやりとりが診察室まで聞こえてくる。

 診察室に入る頃にはついに「3cm縮んだのねえ」。と150cmに未練を残しながら何度も大声で呟かれた。幸か不幸か「年を取ると背が縮むんですよ」。という私の相槌ちは聞こえなかったようだ。

コメント (4)

政権の光と影

2013年03月29日 | 町医者診言

             

 安倍政権はやがて四カ月、再登場でもハネムーンはあったようでマスコミには好意的に扱われてきたが、そろそろ風向きもいくらか変ってゆくだろう。

 もとより衣の下の鎧に気付いている私は、安部首相を高くは評価しない。しかしその光と功は認めている。それは外に出よう前に進もうとする姿勢だ。勿論、志向する方向が大切なのだが、それに異論はあってもなお、外へ前へは評価すべき動きだと思う。陽が正しいあるいは善、陰が間違いあるいは悪と言うほど世界は単純ではないが、陰険は拙い。

 安倍首相は鳩山、菅そして野田(まあ野田さんには陰険な印象は少ないが貧乏くじを引かされたように見える)のお三方と比べれば明るく、外へ前への姿勢を感じる。

 何と言っても空気が物言う日本では、外へ前へは明るく感じられ、蔵から資産を出して見ようという雰囲気が生まれるだろう。それが巡り巡って中下層まで浸透するかどうかは疑問だが、希望と余録は与えるかもしれない。

 スポンサーの顔色を伺うマスコミに大は期待できない、ネットが優れた批評機能を発揮して、外へ前へを中下層に暖かく平和をもたらす方向へ一センチでも誘導できればと願う。

コメント

美女、その四

2013年03月28日 | 人物、女

          

 高梨聖子さんをご存じだろうか?。囲碁界は隠れた美女の宝庫なのだが、その中でもキラリと光る美しい方だ。

 清楚で冷静、知的な美人の印象を受ける。殆ど笑わず余計なことを言われないので伺い知れないが微かな頬笑みの奥に芳醇な世界が隠されているのかもしれない。モデルもされるようで美しい陰影をお持ちだ。

 自分が美しいことにあるいは美しいと思われることに気付いておられるはずだが、そうした素振りは全く感じられず、私なぞはますます見とれてしまう。

 囲碁とくれば将棋なのだが、こちらは絶対数が少ないということもあるのだろう、この方面では遅れを取っているようである。恐らくそれには碁と将棋の競技の違いが関与していると思う。このあたりは微妙で、深入りすると碌なことはなさそうなので止めておく。

コメント (2)

いかん、まだまだ

2013年03月27日 | スポーツ

           

 ザックジャパンがヨルダンに負けた。ここぞで決められず、一瞬の隙を突かれた。何度も飲まされた苦渋の敗けパターンである。いつも思うのだがスポーツに日本の特質が表出する。平均点は良いのだが、ぎりぎりのせめぎ合いで壁を破れず、一瞬僅かな隙を突かれてしまう。そうした弱点が出てしまった。

 本番真剣勝負では判断は一瞬、しめたとかしまったとか考えている余裕はない。この試合に出られなかった本田長友はこの一瞬の判断力に優れていると思う。

 何時もホームで戦えるわけではない。アウェイで勝ててこそ本当の力、ここ一番力を付けなければならん。

 TPPはどうなるか?ここ一番で踏ん張れるか、結果が全て。言い訳は空しく響く。

コメント

一票の格差違憲は当然

2013年03月26日 | 町医者診言

                 

 広島高裁は一票の格差は違憲とし、広島一区二区の先の衆院選挙は無効の判断を示した。当然の判決と思う。学校で三権分立と教えながら、行政国会に配慮するところがあった司法としては画期的な判決とする意見も多いだろう。

 問題を言葉で糊塗して遣り過ごそうとする政治家への痛烈な一撃となることを期待する。いずれ選管は上告するであろうが、最高裁は一カ月で結論を出せるはずである。証拠や事実関係の分析の問題ではなく、司法の判断を聞かれるだけなので直ぐに答えられる。日頃から一票の格差について考えていなかったなどという最高裁裁判官は居まい。

 選挙制度改革は長期にわたる懸案である。政治家の意見は出尽くしていると思う。格差二倍以内は待ったなし、政治家には決められないので、三十人規模のあらゆる層の代表者会議で決めてもらえばいい。

コメント

忙しない今年の桜

2013年03月25日 | 自然

                         

 今年の桜は予期せぬ早咲きで、あっという間に満開になった。桜を迎える心の準備が出来て居らず、寒かった冬が去ったと思ったらもう咲くのという感じで、例年のような感慨が湧いてこない。いつもは桜を見ると小学校の校庭を思い出して、半世紀以上昔の思い出がわっと湧き上がって来るのだが、今年は残念ながらちぐはぐで桜に桜を感じない。

 勿論、桜に何の罪もないのだが、桜は卒業式の花ではなく、入学式の花の印象が抜けない私には、3月20日の開花は早過ぎた。それに医院の職員の退職補充という、心を忙しなくする出来事が重なったせいもあるだろう。

 少し落ち着いて見直そうなどという余裕を与えてくれないのが桜で、次の週末には散ってしまいそうだ。しかしまあ、それが桜なのだ。

 それでも散る花弁は Man is mortal と告げて行く。

コメント (2)

景気下方に未浸透

2013年03月24日 | 世の中

           

 アベノミクスで景気は一見上向きである。それは総計での話で、工業土木金融系の活性化と資産資金のある人の動き出しが効いているからだ(町医者の観測だから余り当てにならないが)。

 しかし就職最前線は相変わらず厳しい。中層以下までは景気回復が浸透していない。医院の事務職の求人をハローワークに出したところ僅か二日間で二十名の応募があった。余りに多いので、一端打ち止め保留にして貰った。

 応募者の年齢背景は様々だが、何とかして安定した職を得たいという気持ちが滲み出た切羽詰まった方が多い。仕事は熱意だけでは出来ないので、冷静に厳しく面接して行くことになるが、十年前よりも就職前線は厳しさを増していると感じた。

 差し障りのある表現かもしれないが、派遣会社に居られる方は、なかなか抜け出せず定職を求めて苦戦されているように見受ける。派遣方式が中小企業のショックアブゾーバとして機能しているのが垣間見えた。

 不況時のために手に職をとよく言われるが、看護師免許は最強の手職の一つだろう。友人の消化器科開業医が俺んとこは半年前から看護師の募集をしているが、未だ見付からないと嘆いていた。一方、特別な資格を持たない女性にとって今も安定した職を得るのは極めて難しいようだ。

 職業に貴賎はなく、こうした切り口はあざとく感じられるかもしれないが、現実には違いない。

 

コメント

高齢運転者対策を

2013年03月23日 | 小考

         

 日本はアメリカほどではないがそれでも車は生活の必需品に近い。高齢者から一律に免許を奪うのは、賢明でないように思う。車が運転できないために生活内容が乏しくなった高齢の患者さんを何名も知っている。閉じ込められた生活は老化を進行させてしまう。

 高齢者の自動車運転を抑制する周囲(家族と行政)の圧力は、高齢者は運転技能が低下し事故が増加することからきている。確かに自動車事故は大きい怪我や、場合により死亡事故にも繋がるので、当然の動きだ。であれば事故を減らす工夫ができれば、やや運転技術が低下した程度の高齢者であれば、運転持続可能になると思う。今でも落ち葉マークなどと言われる高齢者用のステッカーがあるが、高齢者が運転中なのが遠くからでも視認可能な、車全体の黄色い鉢巻着色を義務付け、速度が40km以上でない制限を機械的に施し、高速あるいは速度制限50km以上の道路走行(横断可)を禁止にするとかすれば、重大な事故は減ると思うが、いかがなものか。

 と言うのは高血圧通院中のNさん83歳が家族から運転禁止命令が出て、近場の温泉に行けなくなったせいか、この頃めっきり老けこんで凋んできたのを目の当たりにしているからだ。ついこの間までは温泉に行くと生き返る、膝の調子が良くなると、週に何度も30分ほどの田舎路を通っていたのだが、たかだか半年の閉じこもりで、今は足取りもおぼつかなく、言葉も不明瞭になってきた。

 近未来にはコンピュータ自動制御で運転可能な車と道路が出てくるかもしれないが、それまでN爺さんは頑張れない。

コメント

体罰の調査結果から

2013年03月22日 | スポーツ

                         

 スポーツ選手の体罰の経験者が調査の結果、十数%だったと出ていた。「以外と少ないなあ」。という指導経験者の正直な感想も出ていた。ちなみに体罰を加えた側の経験者は3%であった。

 数字をそのまま鵜呑みにすれば、体罰を加えたことのある指導者は加えなかった指導者の何倍もの選手を指導していたことになる。

 こうした調査にはバイアスが掛かっており、実際の率とは大きくかけ離れているだろう。表沙汰にしたくない選手心理と批判されたくない指導者心理があるだろう。その他に、体罰を体罰と感じていない選手と体罰を体罰と思っていない指導者が居るだろう。

 行き過ぎた愚かな体罰といういじめに端を発すれば、体罰は悪という斉唱になってしまう。斉唱になれば問題認識は一過性で掘り下げられることなく、対策も皮相に終わってしまう。

 体罰とは何か?。体罰の効果は?。どのようにして人を教育するか。アテネとスパルタの対立の意味するものは・・・、とても一朝一夕には答えられない問題が含まれている。こうした難問が人の噂も七十五日式に扱われることのないように願う。

 その一方、ちょっと脱線するが、まだオウム裁判が続いているのは長すぎると思う。オウム問題の解明には何十年も掛かるだろうが、オウム犯罪の裁判にこのような長い年月を掛けることは司法の歪み政治行政の怠慢と感ずる。

 

コメント (2)