駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

ルーティーン業務の妙

2012年04月28日 | 診療

   

 いつの間にどうやって出来上がったか分からないが、診察手順が出来上がっている。勿論、今でも少し手直しをすることはあるが、手直しが継ぎ目なく日常手順に浸み込むまでには二三ヶ月掛かる。

 こうした手順をルーティーン業務などと呼んで、やや軽んじる講演会の講師が居るが、そういう人は自己責任で繁忙な診療に携わったことのない人ではないかと感じる。大学では研究論文が第一の業績で、それを積み重ねて講師や教授なられた人は日常業務の醍醐味に気が付かないのかもしれない。

 勿論、ルーティーンにかまけて研究心や向上心を忘れては良くないのだが、優れてルーティーン業務をこなすには研究心や「向上心が欠かせない。首まで決まりに漬かり切った人は実はルーティーンもきちんと出来ないと見ている。

 患者が殺到した時に大過なく一時間に二十人の患者を診ることができるのはスタッフと一丸になって熟成した日常手順が支えてくれるからだと感じている。

 面白いのはそうした息も切らせぬ忙しさを、スタッフが必ずしも嫌がらないことだ。何週間も続いては流石に大変だが、時にある目の回る忙しさは滞りなく終えた時に快感があるらしく、ご苦労様でしたが笑顔で出る。

コメント (3)

思い出す言葉

2012年04月27日 | 町医者診言

        

  雨上がりに緑深まり、目に滲みる。駅への道すがらふと思う。

 マッチ擦るつかのま海に霧上がり、信置くほどの木鐸どこに。

コメント

無罪判決が出た

2012年04月26日 | 町医者診言

    

 小沢一郎氏に無罪判決が出た。裁判官はまだまともだったということだろう。

 未だに灰色にしようと未練がましいマスコミは小沢一郎の一体何を恐れるのだろうか。小沢が白かどうか、それは神のみぞ知るだが、少なくとも小沢の悪口を飯の種にしてきた政治記者や政治評論家よりも白に近いだろう。司法に訴えた勢力が司法判断を尊重しないのは何を意味するか、少し考えれば分かる。今さらだが、明らかになったことは殆どのマスコミは公正中立のポーズを取りながら、既得権を擁護しているということだ。

 とにかく小沢小沢と騒ぐのは止めて、中身のある政治経済の政策議論をして欲しい。永田町の井戸端会議など自分で考える人は誰も耳を貸さない。

 

 

 

 

コメント

時及行楽

2012年04月26日 | 身辺記

   

 もういくつ寝ると大型連休と指折り数えている。四ヶ月よく働いた。残念ながら八十人患者を診ても平気ではなくなった。一日の患者数は開業医には一つの励みになるので、五年くらい前までは今日は八十五人も来たかと満足で疲れても吹き飛んでいたが、前期高齢者の仲間入りした頃から、混んでカルテが積み上げられると、もう勘弁してくれと内心泣きが入るようになった。

 診察というのは、どんな仕事でもそうだと思うが、数が多いから流すということができない。そうすると間違いが起きるのを経験上知っているので、混んでくると短時間に神経を集中しなければならないので凄く疲れる。正確には疲れるようになってしまった。疲れると休まなければならないのだが、診療後も医師会の仕事(四分の一に減った)、介護保険審査会、障害者認定審査会などがあると休まらない。

 誰が考えたかこの大型連休は天の恵みだ。患者さんには悪いがこの連休は携帯電話から逃れ、海外に逃亡する予定だ。万が一の時には訪問看護ステーションと当番医当番病院にお願いするように頼んである。慣れた医者が良いと言う患者さんもおられるだろうが、慣れた医者を長持ちさせるためにここはお目こぼしを願いたい。

 今年は第二の故郷と母が言っていた国を訪れる。息子の私も何か感ずることができるだろうか?

コメント

フリーズミー

2012年04月25日 | 世の中

   

 少年の無免許運転が取り返しのつかない犯罪を引き起こしている。厳罰でも償いようもないが、教育刑の効果など高が知れているかもしれないが、厳罰と生まれ変わらせるくらいの濃密な教育刑を与えたい。

 人間は数多い失敗失策を重ねて大人になる、十五歳まで生きれば当然そうした失敗失策があるはずで、そこで学ぶことができなかった成長過程を社会は検証して対策を立てねばなるまい。

 尤も、大人も大したことはないと反論されそうだ。敦賀原発の地盤調査が不十分だったようだ。形を整えることに主眼を置いた安全基準設定を命じた人達は責任を取らない。事故が起きてもまさかと思った分からなかったと逃げを打つだろう。

 果たしてバカボンのパパの鼻歌のようにこれでいいのだーろうか。拓郎が歌うようにこれからもこうして生きていくだろうか。診察室の椅子でフリーズしている私です。

 Photo.R.Ogawa

コメント

小沢系は適当な表現だろうか

2012年04月24日 | 町医者診言

    

 トップニュースに小沢系議員30人の辞表受理を決定とある。マスコミは既得権の片棒を担いでいるように見える。小沢氏は悪人面(そういう表情を捉えた写真を掲載)を晒されて悪者のイメージを作られてしまった。そして小沢氏の考え方に理解を示す人達を小沢系と呼んで、排除すべきものというイメージを与えようとする。まあ、そこまで明確な意図を末梢の記者は持っていないかもしれないが、奥の院の意向は浸透しているだろう。

 悪人田中角栄のイメージは固定され、それに連なると見なされるものを忌み嫌い排除するというあまりにも単純な構図が流布してしまっている。今太閤と持ち上げたマスコミと突然角栄に石を投げ出したそれまでの支持者が正義の善人などとは思えない。角栄の持っていた悪さはスケールは違っても持ち上げたマスコミと熱狂した支持者の心にもあったはずだ。

 例えば娘婿の田中直紀議員は賢そうに見えないし、おろおろするので虚仮にしやすいが、しれっと居直り言葉巧みに言い逃れする知能犯よりは好ましいかもしれない。クイズを間違える大の男を馬鹿にして喜び居丈高になる人間がどれほど賢く信用できるだろうか。

 小沢氏の政策を論評することなく、あああの人はなどと言う批判者の印象ばかりを振り撒いては、日本の政治がますます駄目になる。マスコミは片棒どころか政治を空洞化させた主犯のようにも思える。レッテルでなくて内容と主張を伝えて欲しい。小沢系ではなく公約固執派くらいならまだ許容できる呼称だと思う。

 先入主を出来るだけ避けている私にも小沢氏は理解しがたいところがある。しかし、これだけアンフェアな取り扱いをされてよく頑張る気持を持ち続けられるなあと感嘆してしまう。

 

コメント

いつ考える

2012年04月23日 | 町医者診言

      

 イギリス人は歩きながら考える。フランス人は考えてから走りだす。スペイン人は走ってから考える。などと言われたが日本人はどうだろう。周りを見て走り出すが正解か。

 どうも日本人には考えるが抜けているようで、自分で考える人は、あいつは変わっていると仲間外れにし、その考えが欧米で認められると急にあいつの独創性は凄いと手の平を返すのが通例のようである。

 昔からそうだったのかいつからそうなったのか、またこうした見方が何処まで中っているかについては既に優れた考察が数多くあるだろう。

 原発とTPPについての理解を深める報道が少ないのが自分で考えない癖に呼応しているのか、マスコミがスポンサーの意向を慮って自粛しているのかよくわからない。丁半ばくちではないが賛成反対に単純化し人気者や不人気者を絡ませて騒ぐだけの報道が多すぎると思う。

 原発で使用した核燃料は無害化出来ず唯隔離するだけだということ、TPPは交渉次第ということなのを分かりやすく何度も解説付きで伝えるのがマスコミの仕事ではないか。交渉を有利に運ぶことが可能かどうかは過去の事例を調べれば類推できる。TPPに参加した国に起きたことを詳しく何度も報道してほしい。国民にきちんと考える材料を提供するのがジャーナリストの役目でしょう。あいつはどうだこいつはどうだに終始しては、下司の勘ぐりに堕するのが落ちだ。

コメント (2)

桜餅と柏餅、皮が問題

2012年04月22日 | 旨い物

   

 桜餅が終わって柏餅へいう季節だが、最近はどちらも長めに出場しておりバトンタッチしないで暫くの間並走するようになった。両者共に人気があるせいだろう。どちらが好きかといわれては答えに窮する。どちらも好きだ。ただ、私の育った地域の桜餅は道明寺だったので、桜餅の皮は道明寺でなければならない。勿論、皮ごと頂く。柏餅は皮を食べない、当たり前か。

 さて、この桜餅と柏餅、お値段がお店で微妙に違う。全国的に名の通った店のものは高く150円以上する。当市のデパ地下にも出店している。ローカルブランドの105円よりも確かにいくらか旨いのだが、とびきりとは言い難い。ローカルブランドのお安いのは皮に継ぎ目がない。どうも餡を包んだのではなく注入したらしく、皮がのっぺらぼうで力が足りない。

 きっと名古屋や京都に行けばとびきりのお値段でとびきり美味しいものがあるだろう(名古屋は意外といっては失礼だが和菓子のレベルが高く、京都ほど値が張らないが味は負けていないと思う)。しかし、桜餅や柏餅はやはり、むしゃくしゃと粗茶で食べるもので、洋菓子顔負けのお値段のものは、たとえ上品に美味しくても私の趣味ではない。

 いつも今の季節になると帰り道を遠回りして、O菓子店にわざわざ買いに寄る。ここは季節限定で背中の曲がり始めた頑固親父が、本物をこさえて一個130円で売っている。他の自家製店より少し高めだが、本当の手作りで皮に力がありく旨いのだ。和菓子といえば餡と思いきや、案に相違して、桜餅と柏餅は皮がポイントなのだ。餅の味がする皮でないと駄目、たぶん、同意される方も多かろう。

 写真は残念ながらO店は売り切れで、ローカルブランドの大量生産品。 

コメント (2)

外圧の国、外圧で考える

2012年04月21日 | 人物、男

    

 アスファルトの道路にパラパラと淡いピンクの花びらが散らばってはいるが、街路の木々は萌黄色の葉に覆われて花はなく、知っていなければつい先日まで満開だった桜とはわからない。あっと気が付くと桜は散って、新緑の季節になっている。

 米国から野田首相はこの数年の日本の首相の中で最も賢明だと評価できるとのニュースが舞い込んだ。見ていないようでちゃんと見ている、しかも、騒ぎ立てるばかりで中身のない大半の日本のマスコミよりも、正確で正鵠を射ている。そうなんだよなあと同意したくなる。

 山積みの難題に正しい選択をしているかどうかは、とても一言では言えないし、私にそれほどの政治経済の知識や経験はない。しかし、態度と手法は先行した数名の奇妙な首相達よりも、まともで妥当と思う。野党は泥鰌首相侮りがたしと心得る必要がある。野党よりもむしろ内なる鬩ぎ合いにどう対処するのか、これが野田首相の正念場と思う。まあしかし、限られた駒で、数多い難題に向かい、空中分解していないのは、やはり賢明と評価すべきなのかもしれない。

コメント (2)

曲者は間際に訪れる

2012年04月20日 | 診療

    

 覆面の曲者というのは大体夕間暮れとか丑三つ時に悪さをすることになっているのだが、曲者患者はだいたい午前終診間際にやってくる。 

 「まあ、曲者だなんて失礼ね」。と言われるように殆どが女性である。なぜ終わり頃にやって来るかと言えば、最後に診察券を出そうとするからだと睨んでいる。最後だとあと誰も待っていないから、存分に言いたいことが言えると思っておられるようだ。

 そのひとりKさんは五十六歳、二ヶ月に一回くらいやって来られる。専業主婦でお仕事はされていない、人の良いご主人とお嬢さんが二人。

 「今日はどうされましたか」。

 「下の娘が結婚するので忙しくて、なんだかよく眠れないのよ」。から始まる。だんだん話を聞いてゆくと「お食事が美味しくないのよね。でもちゃんと量は食べられるの、不思議でしょ」。お腹の具合が悪いのかと思っていると「一昨日からのどが痛くて、ちょっと咳が出るの」。ああ、風邪を引いたのかと「熱は?咳は?鼻水は?」。と聞いて、漸く診察をさせてもらいこれで終わりかと思うと、、今度は肩が凝るので湿布が欲しい、あっそうだ、うがい薬も欲しい。湿布はモーラステープかいいわ、うがい薬はイソジンにして頂戴。とつぎつぎと注文される。

 その頃には付いていた看護師はどこかに行ってしまっている。「おーい、ワシを一人にしないでくれ。話の腰を折るのも看護師の仕事だろ」と内心呟く羽目になる。

 勿論、受付嬢達はKさんが好きではない。昼ご飯が遅れるし、何となく受付を尊重していない節があるからだ。

 何、私はって、別に嫌ってはおりませんが、歓迎はしていないのです。

コメント (2)