駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

付ける薬が欲しい

2017年03月31日 | 医療

         

 天気予報のお姉さんやおじさんは、桜の開花予報までやってくれたが、どうも外れたようで例年なら満開の3月31日、まだ二分咲きだ。花冷えとは言うけれど、まだまだ寒い朝も多い。春は期待したより寒いとしたもののようだ。

 殆どの人は医者というのは患者を診るのが仕事だと思っておられるだろう。ところが患者を診ることに割く時間は5-8割程度で、多い人でも8割までと思う。残りの時間は会議、講義講演、勉強、連絡電話、書類書き、移動時間・・など直接患者さんを診る以外のことに時間を取られている。私の診るところ患者さんを直接診る時間が半分以下あるいは9割以上という医師は診療能力に曇りや陰りが出てくる。仕事時間の7割5分を患者の診療に充てるのが理想的と思っているのだが、徐々に書類書きが増えてきて患者さんを診察する時間を圧迫している。それに書類書きは鬱陶しく疲れる。コンピューターはもちろん便利だが、効率が良さそうで必ずしもそうではなく、意外に操作に時間をとる。それにエンターを押し登録してから訂正するのは結構面倒だ。

 特に私は書類を書くのが苦手で、間違いなく書こうとすると神経を使い時間が掛かる。考える先に手が動きしばしばきちんと見直さないので、届け出書類に訂正印を押す羽目になる。これは治せそうで治らない。小学校の時からうっかり?ミスが多く、正しい答えを間違った欄に書いたりしていた。幸い大掴みに正解を見つけるのは得意で、診療では困らない。むしろ適性があるようで、僅かだが早く診ることができるので夜の急病センターなどでは看護婦に歓迎されていた。

 早く間違いなく書類が書けるようになる薬はないものか。額に塗って仕事をしたい。

コメント (2)

九十歳を越すと何が起きるかわからない

2017年03月30日 | 診療

           

 九十の坂を越すと何が起きるかわからない。勿論、もっと若くても明日のことはわからないのだけれども、九十を超すと、あんなに元気そうだったのにいつもと変わらなかったのにということが起きる。尤も三十年前は八十の坂を超えるとだったから、2150年には百をの声を聴くとになっているかもしれない。

 今年になって九十二歳のお爺さんと九十三歳のお婆さんが突然亡くなった。二人ともお元気で付き添いが必要ではあったが定期的に通院され、変わりないとの声を残されていったばかりだった。お爺さんなどは十分前まで普通に話しており、娘さんがお茶を入れに台所に行って戻ってきたら倒れていたとのこと。前の晩には近所の知り合いに近いうちに会おうと電話していたんですよと言われた。それほど元気だったというより、何か虫の知らせだったのでしょうかというニュアンスに聞き取った。お婆さんの方は何だか息苦しいと訴えるので救急車を呼んだのだが、その夜の内に亡くなったと連絡があった。

 ご家族は突然ではあったが大往生と受け止められているようだ、いかし私としては九十過ぎると予測がつかない分からなあと予測できなかったことを少しほろ苦く受け止めた。治せない治らない場合は予後を予測するのが内科医の仕事と心得ているので、どこか申し訳ない残念な気持ちがある。超高齢になると声に張りがありきちんとした受け答えができると、問題ないと過大評価してしまう傾向がある。おそらく人間も生物としての知恵というか防御反応というか、命が終わりに近ずくと感受性が落ちてくるらしく多少の不具合は感じなくなっていくようだ。お二人に何か前兆があったかどうかよく分からないが、前兆があったとしても十分な認識はなかったのではないかと思う。

 苦しまないですっと逝きたいと言っていましたからという娘さんの言葉を頷いて聞かせていただいた

コメント (2)

勝って兜の緒を締めたい

2017年03月29日 | スポーツ

                             

 ハリルジャパンがタイに勝った。四対零の大差だがどうも快勝とまではいかなかったらしい。昨夜は95%勝つと思ったので私の念力は必要ないだろうと観戦を諦め殊勝にも勉強会に出席した。とは言いながら講義を聴きながら、携帯で途中経過を確認していた。

 香川岡崎久保吉田の得点そして川島のPK防御と活躍すべき選手が活躍したのだが、試合展開は中盤がうまく機能せずチグハグなところがあったらしい。これでB組首位に浮上、勝って兜の緒を締めるのが大切、抜かりはないと思うが、次のイラク戦もきちんと勝って予選を突破してほしい。ハリルの選手選択は冴えている。

 

 講義は睡眠の話で非ベンゾジアゼピン系のメーカーの後援があったせいか、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬を持ち上げる話であった。ほとんど知っている内容だった。一時間以上の昼寝は認知機能の危険因子と言われたので、シエスタはどうなのか、スペイン人が科学技術でもう一つなのはそれが関係しているかと問題質問をしたら、いえそんなとしどろもどろの答えが返ってきた。

 非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬だと依存性が生じないというものの、それは非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬の売り込み文句になっている節もある。本当のところは10年経ってみないとわからない。五万錠では大丈夫でも五千万錠使うと違う風景が見えてくることもある。いつも5%くらいこれでいいかと自らに問いそれでいいかと相手に問うことが重大なミスを防ぐコツだ。遠い昔、患者には言えない手痛い失敗から学んだことだ。

コメント

忖度を忖度する

2017年03月28日 | 町医者診言

          

 四十年ほど前「ベンチが阿保やから野球でけへん」という暴言?が物議を醸したことがあった。その顛末の記憶はおぼろげだが、深く掘り下げた議論はなかったようだ。多分、個人の内部告発だったためだろう。

 これと似ているのが民進党の幹部で、野党が阿保やからと言いたくなる。忖度などを持ち出すのは賢い戦術とは思えない。忖度は見えず証拠が残らないから重宝されるのであって表に出して光を当てれば霧散する。忖度の余地は全くないという答えにならない答えに気圧されてしまう。忖度の有無など聞かないで夫人付きの公務員が問い合わせ無理という返事が返り、それを夫人に伝えていたという事実に光を当てることだ。名誉校長であって、森友学園の教育方針を高く評価していた事実を確認することだ。忖度抜きで、なぜべらぼうに安くなったかを突き詰めることだ。その値段なら買いたい学校は五万とあるだろう。今からでも一億で転売先を探す行政指導をさせるように持ち込んでいただきたい。

 忖度の余地は全くない、あるいはゼロ回答だから問題ないというのは、言い張っているだけできちんとした申し開きになっていない。邪な人物に利用された可能性があるのは、私の不徳の致すところだというのが、普通に行われる妥当な?釈明だろう。しかし、今まで演技力とセリフの言い回しで切り抜けてきた癖が抜けず、こうした強引な答弁がされていると忖度する。

 夫人も家庭内野党と言われてきたが、実は衝撃を和らげ幅広い支持を夫に集めるための振舞いだったかもしれない。そこまで深く権謀術数をめぐらす方のように見えないが、天然の無意識の婦随があったと忖度する。

 はっきり言えば、別に阿保なのは民進党幹部だけでなく、自民党非主流派も一強に靡くばかりで議論を深めるための健全な異論が封じ込められているように見える。

 こうして忖度王国の一国民としていろいろ忖度してみた。尤も、こうして書いてしまうと忖度度は減少する。阿保と同じ穴の貉になってしまう。賢い皆さんは顔色と空気を読んで阿吽の呼吸で忖度されているようだ。勿論、忖度は悪いばかりではなく一つの知恵でもあるので、悪用を防ぐ算段が必要というわけだ。

 

コメント (2)

うどん湯は飲むものか?

2017年03月27日 | 旨い物

               

 三寒を越えてこの四、五日は冷え込み、何だか桜が遅れそうだ。昨夜は寒かったのでうどんを食べに行った。寒さが客を呼ぶらしく、丸亀うどんは満員だった。何を食べようか迷ったのだが釜揚げにした。食べあげてから、蕎麦の蕎麦つゆを真似て、釜揚げの茹で汁を付け汁に混ぜようとしたら案の定こぼしてしまい、早速女房に叱られた。果たして釜揚げうどんでそんなことをしてよいものか知らないが、暖かく美味しかった。ただ、蕎麦つゆと違いうどん湯には殆ど風味はなく、専ら付け汁の味がした。

 果たしてこういう食べ方があるかどうか、釜揚げうどんなど二三年に一回くらいしか食べないし、味噌煮込みうどんを食べてきたのでよく知らないが、多分マナー違反だと思う。

 うどん派から異論はあろうが、どうもうどんはそれだけだとちょっと物足りない。釜揚げとざるそばだと五回に四回ざるそばを選びそうだ。ラーメンもそうだが、私は麺そのものの美味しさでは蕎麦が一番と思う。そして麺そのものの味の差が一番あるのが蕎麦だと思う。次はうどん。ラーメンは行列店とチェーン店で、麺そのものの旨さは倍程度の違いだ。うどんは数倍、蕎麦は雲泥の差がある。

 しかしまあ、一番身体が温まるのはうどんのような気がする?。尤もうどんと蕎麦は列島の東西を問うので、意見は割れるだろう。 

コメント

ALTERNATIVE FACTSを見透かす

2017年03月26日 | 小考

            

 春雨にしては本格的で冷たい、濡れて歩けば風邪を引く。傘をお忘れないように。

 トランプの就任演説状況に関し、顧問の発したALTERNATIVE FACTSという言い回しが耳新しく注目された。これはPOST TRUTHから派生したものの捉え方表現だと思われる。POST TRUTHとはWikipedeiaによれば事実に基づかない政治の有り様で、政策の詳細や客観的な事実より個人的信条や感情へのアピールが重視され世論が形成される 政治文化のことだそうである。

 何だか新しそうだが、そんなことは日本のお家芸で、数年前からそれを得意技としている政治家が居られるようだ。

 安倍内閣は切羽詰まれば閣議決定で押し進む傾向がある。私は良い方法だとは思わないが、一番の問題は閣議の核議で、そこでは数人によるPOST TRUTHを見据えたALTERNATIVE FACTSが選定されているように見える。

 誰かが何だか変だぞと指摘しないと、国民のためのはずが一部の国民のためだったりするかもしれない。

 証人喚問をして証人は大嘘つきというなら、何のための証人喚問かと言いたくなる。確かに胡散臭い所はあると思うが、それなら偽証罪で告訴すればよい。昭恵夫人にも反論する権利義務がある。真実を明らかにするというなら証人喚問に応じてなければなるまい。言葉だけで言い抜けようとする名優も聞き慣れるとALTERNATIVE WORDSに聞こえてくる。

 森友問題は些末と有耶無耶にしようとする物言いがあるが、些末でもこれは方法に係わるので看過できない。方法が間違っていると、どんな立派な結論を出しても論文は取り下げになる。

コメント

大判焼きを買ってしまう

2017年03月25日 | 旨い物

          

 どうもいい年をして妙な趣味があり、電車では一番前で運転手と一緒に線路を見つめ、デパ地下では大判焼きが焼かれてゆく様子を見てしまう。

 一列十個の四列を二十個づつ表と裏に分けて焼いてゆく。手際よさに見とれてしまう。餡子をたっぷり、誰が考案したのか四十センチばかりの筒に詰めそれを5センチ?幅で表側の焼き掛かった皮に置いてゆく。置き終わると裏になる皮を焼き始め、頃合いを見計らって餡の入った表側を被せてゆく。どうもこれが一番難しいらしく、二三個生焼け皮がはみ出してしまう。直ぐには補正せず、一寸焼けたらはみ出した皮を千枚通しのような道具で切り取り形を整える。

 焼いているお兄さんは二十代後半か、見物人には慣れたもので全く気にせず黙々と手を動かしてどんどん焼いてゆく。買い手は八割方女性で、三個から十個くらい赤(小豆)白混ぜて買ってゆく。どうも小豆餡の方が圧倒的に人気のようで、三対一の感じだ。食い過ぎるなと思いつつ、今日は買ってしまった。赤四個白二個で、四個が私の胃袋に入りそうだ。甘みは控えめであっさりしている。今日は二個で我慢し、明日はチーンをして食べることにしよう。

 毎日、肥満気味の患者さんに口を酸っぱくして注意しているのだが、人間は目の前の楽しみに自分に都合の良い言い訳を考えて、自分に甘くなる。食べてしまってからちょっぴり後悔している。しかしまあ、喉元過ぎれば取得した過剰なエネルギーはわき腹に蓄えられてゆくわけで、過ぎた後悔はないよりはうんと良いのだが、元には戻せない。次は三個で我慢しよう。

コメント

いつもの癖が出たのか、大見得切り

2017年03月24日 | 町医者診言

            

 ハリルジャパンUAEに快勝!。吉田は力まずキャプテンの重責を冷静沈着に果たした。報道の通り今野川島の起用がズバリ当たった。まだまだ厳しい予選が続くが、この調子なら首位通過も夢ではない。まだ眠いが、念力を送った甲斐があった。

 

 籠池泰典氏の肉声を初めて聞いた。思ったよりまともな感じがした。学校経営という事業を立ち上げてきた人だから、昼行灯というわけはなく、実務能力もありそうで、いかにもワルという印象ではなかった。

 驚くべき事実が明らかになった。昭恵夫人付きの公務員が籠池氏の依頼案件を財務省に問い合わせていた。籠池氏側からの連絡封書の宛先が昭恵夫人ではなくお付きの公務員谷査恵子氏になっているので昭恵夫人は関与していないという、官邸の説明は苦しい言い逃れに聞こえる。

 なぜ安倍首相は私と妻は籠池森友問題に全く関与していない。関与していたら首相どころか議員まで辞めるなどと大見得を切ったのだろう。大見得を切れば追及が止むと思ったのだろうか、あるいはつい演技に自信があるので大見得を切り得意の言葉でまやかせば、一件落着すると思ったのだろうか。どのように言い逃れても何らかの関与があったのは明白で、しかも十分に調べないで微塵も関与していないと大見得を切ったのが透けて見える。

 寄付を受け取った寄付などしていないは、今のところ水掛け論で、結局どちらの信憑性が高いかという問題になりそうだ。籠池氏も胡散臭く口から出まかせなところがありそうだが、大物政治家には遠く及ばないと診る。

 昭恵夫人という方を存じ上げなかったのだが、人のため国のためとものすごいバイタリティで全国を駆け回っておられるようだ。失礼ながら歯止めというか自制がちょっと不足しているようにお見受けする。籠池氏もそうだが、なんだか人のため国のためと駆けずり回る方には、どの人どの国とお聞きしたくなる。森友問題は些末のようで実は政治と行政の不透明なカラクリを解明するという大きな行政改革につながっている。切開排膿が必要だ。

コメント

心配なUAE戦

2017年03月23日 | スポーツ

         

 WBC戦、予想外の健闘にマスコミの扱いも日増しに大きくなっていた。残念ながら準決勝でアメリカに惜敗したが、勝敗は時の運、実力者を何人も欠いて本当に良くやったと思う。火中の栗を拾った小久保監督にも拍手を送りたい。

 さて次はワールドカップアジア予選UAE戦だ。長谷部が居ないのがいかにも不安だ。野球以上に主将の意味が大きいサッカーでキャプテンシーのある長谷部を欠くの痛い。どうやって彼の穴を埋めるかホジッチも頭の痛いところだろう。帯に短し襷に長しで、本田はちょっと奇矯なところがあり人をまとめる力には疑問符が付くし、吉田は力んでしまう恐れがある。ハリルホジッチ監督は二頭体制を仄めかしているようだが、私はゴールキーパーの西川が良いと思う。

 いつも決定力不足と言われるが、今の日本代表のフォワードには得点力があり、二点は取れると思う。問題は守備の方にある。素早いカウンターをどうやって凌ぐかに問題がある。それには早めに攻撃の芽を摘むよりないと思う。一対一で競り合うと抜かれそうだし、ファウルを取られる恐れがある。そのあたりのことはハリルホジッチ監督は百も承知と思う。

 戦う前から試合に出ていない選手は評価しないと言いながらなぜ本田を呼んだなどと難癖をつける評論家は黙っていてほしい。WBCも盛り下げておいて勝ちだすとよくやっているなどと手の平を返す評論家には興醒めだ。日本代表なんだから知恵を貸してほしい。

 失点を一点に抑えられればUAEに勝てると思う。疲れた振りやる気のない振りに騙されないように、足を引きづっていたのに突然全力疾走しだすのが中近東の選手だ。結果にはインシュアラーでも結果が出るまではあきらめていない、油断は禁物と打電しておこう。

コメント

どうして言わないのだろう

2017年03月22日 | 診療

          

 別に診察に限ったことではないかもしれないが、初診というのは難しいというか要注意なのだ。勿論、難しい病気が紛れ込んでくると言う意味もあるが、妙な人が紛れ込んでいるという意味もある。

 六十代の男性、年齢よりは少し老けて見える。初見、自分と同年配かと思った。身だしなみや言葉遣いはきちんとしており、常識人に見えた。二週間くらい前から右上腹部に鈍痛があると訴える。丁寧に問診し慎重に診察したが異常所見が見つからない。超音波で検査をすると1cmくらいの胆石がある。その旨を告げると、人間ドックで以前から指摘されていると言う。症状からは胆石由来の痛みらしくない。採血し検便を指示して胃粘膜保護剤を出し、二三日後の再来を指示した。

 採血と検便結果には異常はなかった。症状は変わらないという。どうもよく分からない。重大な病気があるとは思えないのでもう少し様子を見るかと思ったが、不安不審そうな表情なので、信頼しているS病院のN内科部長に紹介することにした。次の患者を診ていると、受付から電話がある。一週間前S病院を受診しCTまで撮影したが異常がなかったと患者さんが言っていると言う。エーどういうこと。一言もそんなことを言わなかったたじゃないか。じゃあ取り消すかと答えると、やっぱり行ってみるそうですと言う。午前で患者さんが立て込んでいるので、ならそうしてと返事をしたのだが、どうも腑に落ちない。

 S病院を時間外に受診し検査を受けたが異常がないので近くで見て貰えと返され、当院を受診したのだろうか。受付では必ず他の病院を受診していないか聞いて保険証もチェックしているはずなのだが、どうもよく分からない。とにかく何らかの理由があって数日前にも他院で見て貰ったことを黙っていたのだ。私が不快に思うと思ったのだろうか、先入観を与えたくなかったのだろうか。

 まあ、いずれにしてもN先生は能力人格共に優れているので、適切な診療をしてくださるだろう。返事を待ちたい。

コメント (4)