駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

ワイン通の極意

2012年01月31日 | 旨い物

      

  医師会雑誌のエッセイを読んでいたらワイン愛好家の医師が、やっぱり和食にワインは合わない、無理だと書いていた。和食には日本酒が一番と、至極当然のことを言い切っておられる。

 多分正解なのだろうと思う、ソムリエと言っても業界の人ではあるし、和食にワインは無理とは言いにくいだろう。流石、業界から無縁で独立した自由人の言明と感心した。

 尤も、この先生、銀座の某料亭で、和食に合うワインを勧められてまずまずと頂いたところ、料理よりもワイン代が高くて眼を剥いた経験があるらしく、多少の偏見は有るのかもしれない。

 先生曰く、数千円のワインをチーズで楽しい仲間と語らいながら頂くのが、一番外れがないと書いておられる。成程、異論のある方は少なかろう。

コメント (2)

くしゃみの季節

2012年01月30日 | 小験

      

 厳しい寒さが続いているが、後一カ月もすると花粉症の季節になる。

 ワシは花粉症はないぞと、数年前までは威張っていたのだが、一昨年辺りから診察中に時々くしゃみが出るようになった。これは通年性で花粉症ではないようだ。一体何のアレルギーだろうと思っていたのだが、どうも患者さんが入ってくるとくしゃみがしたくなることが多いことに気が付いた。患者アレルギーらしい!?。

 とはいっても総ての患者と言うわけではなく、どうも箪笥にしまってあった洋服を着てきた患者や野良仕事の帰りだろうか、微かに鄙びた匂いがする患者さんに反応するような気がする?。まだこれは仮説の段階で一日診察中に数回出るくしゃみの原因は特定できていない。殆ど出ない日もあるので、外気温が関係しているのかもしれない。

 「先生、お風邪ですか?」。

 「いやいや誰か噂をしているようです」。

 とは言いながら、どうも二回出ることが多い。一褒められ二謗られと母親が言っていた。悪口が多いらしい。なんとか一回で我慢しようと思うのだが、二回出てしまう。残念。

コメント

死闘を制す

2012年01月29日 | スポーツ

      

 ジョコビッチ死闘を制す。全豪オープン男子決勝、凄い試合だった。私もアナウンサーも解説者もナダルに肩入れしていたのだが。ファンはともかく公平であるべき放送陣の応援が足を引っ張ったか、精密マシーンジョコビッチがナダルの粘りを振り切った。

 テニスのベストフォーに入るのは至難の業、人間には難しい。錦織に出来るだろうか?

 ジョコビッチおめでとう。ナダルよく頑張った。

 

コメント

目を開かれる

2012年01月28日 | 小験

      

 人間の尊厳はどこにあるだろうか。それは精神にあると思ってきた。脳梗塞で倒れ物言わぬ経管栄養の患者さんにも名残りがあり、元気な頃を知っている人達の接し方から、なにがしか敬うべきものを感じるものだ。

 しかし、知的障害の人の障害程度区分審査に関わるようになり、こうした人達に人間の尊厳をさほど感じることの出来ない気持ちが自分の中にあるのに気付き、慄然としている。一般の人が知ることのない世界ではあるが、言葉もきちんと言えず食事や排泄にも介助や世話を必要とする人達の審査をしていると、今まで自分が持っていた感覚や価値観が揺らぐ気がする。

 恐らくこの広い世界には知的障害の他にも自分の知らない世界があるだろう。広い視野を持つことが、どんなに大切かとこの年にして思う。高を括った独断はしばしば独善不遜に陥る。それに気付くことは、以外に難しいものだ。誰しも一度障害程度区分審査をするとよいかもしれない。

コメント (2)

事実は小説より

2012年01月27日 | 

      

 そんなことがあるのだろうかという黒木亮の身の上話を日経で読んで驚き、では一体どんな小説を書く人なのだろうかと「巨大投資銀行」を読み始めた。まだ百ページほどしか読んでいないが、見知らぬ金融の世界に引き込まれ最後まで読めそうだ。果たしてどんな読後感があるのだろう。

 実社会に則した等身大の人間が描かれている小説を読む楽しみの一つに、知らない業界の内部が分かるようになることがある。経済に疎いけれども、金融取引によって浮かび出る利益を手に入れようと躍動する人々と仕組みが少し理解できそうな予感がある。昔日本では士農工商と社会の表面では位置づけられたけれども、これは日本人得意の自らをも錯覚させるからくり術だったようにも思われる。「巨大投資銀行」はお金の意味を商の意味を、それに無縁だった私に教えてくれそうな気がしている。

 日経新聞をお読みになっている方の中には、私と同じように黒木亮の驚くべき生い立ちを知り、彼の小説を手に取った方も居られるかもしれない。小説より奇なる人生に巡り合わせた人間がどんな小説を書くのだろうかと。

コメント

まだ勝てる気がしない

2012年01月26日 | スポーツ

    

 錦織、マリーに完敗。「まだ勝てる気がしない。グランドスラムでは凄い実力がないと勝てないことを再認識した」。は正直な感想で正確な認識と思われる。

 スタンドで見守った錦織の父、清志さんは「マリーは圭をほんの少しずつ大きくした感じ。今はかなわなくても、何年かすれば見えてくるような感じがした。負けないと欠点は分からない。それが今日の宝です」。と息子の健闘を称えたと報道されている。少し離れてそっと見守る両親の配慮と姿勢、そして的確な観察と評価に感心納得する。

 実力と内容のある錦織の躍進、怪我に気をつけて、もう一段の向上を願うばかりだ。

 ここに見られる冷静且つ意欲ある優れた自己認識と両親の最良の支援に、実力がいかに育まれるか、実績がいかに生まれるかが伺われる。

 ナデシコジャパンや錦織の活躍から教えられることが多い。ルールがあってなきがごとしの政治の世界では参考にならんか。

コメント

軽いノリ重いノリ

2012年01月25日 | 医療

 医師会の委員会の新年会で妙なことを言われた。先生は重いノリだから患者がいろいろ言うんですよ、軽いノリでやると患者はいろいろ言わないんですよ。なんであいつん所は患者が多いんだという奴が居るじゃないですか、広い駐車場に洒落た作りにして。先生ん所はいろいろ回って辿りついた患者が多いんじゃないですか。患者が付いているんですよ。

 何処まで真実を突いているかは定かではないのだが、重いノリと言われては、へえそんな見方もあるのかと驚ろいてしまう。

 重いノリか軽いノリか知らんが、とにかく患者さんの自分勝手は適わん。脳梗塞で寝たきりのKさん85歳、もう五年往診している。誤飲性肺炎を起こしたので、助からない可能性もあると話をしたところ入院させたいと言う。それでは医院に戻って、病院に頼んでみます、高齢者はなかなか受けてもらえないのでS病院、N病院、T病院どちらでもよいですかと確認する。何処でもよいと奥さん。それでは受けてもらえる病院があれば連絡するので直ぐ救急車で行ってくださいと告げる。

 案の定、S病院では、他に入院待ちの患者さんが居られるので申し訳ありませんが駄目ですと断られる。二軒目のT病院、それは療養型じゃないですかと押し返されそうになったので、否生命の危険がありますのでと頼むと、そうまで言われれば、じゃあ何時に来れますかと言ってくれた。四十分くらいしたら救急車で行きますと返事をする。

 ところが「四十分してもまだ来ない医師看護師が用意をして待っているのにどうなっているんですかと電話」。慌てて患家へ電話をすると隣町に住んでいる娘があの病院は駄目、で娘さんの知り合いの居る隣町の病院へ行くことになったとしゃあしゃあと言われる。

 あっと驚く為五郎。T病院に平身低頭で謝る電話をしながら、五年間の往診はなんだったのだろうと思う。まあしかし医療はサービス業、サービス業の宿命と思うしかない。

 患者様とは呼ぶまいぞ。

コメント (3)

頑張れエアーケイ

2012年01月24日 | スポーツ

    

 錦織が全豪オープンでベストエイトに進んだ。残念ながら試合は見られなかったが、接戦を制したと報道されている。快挙だ。この勢いでベストフォーまでと望みたい。

 錦織はアメリカにテニス留学したと聞く。それがポジティブに出ている。自立し明るく逞しい。アメリカの光と影の光の部分が効いている。英語が分かるのは大きな武器だ。なんてたって世界で戦うのだから。

 懐かしいクルム伊達、ちょっと小母さんになったが脚線美は健在、も混合ダブルスのパートナーとしてだけでなく応援している様子、否、沢山の日本のおばさんおじさん達も応援しているぞ。

 黙って実行、ニッコリケイで行こう。

コメント

寒さ和らぎ、気が緩む

2012年01月23日 | 身辺記

      

 今朝はさほど寒くなく、駅への道すがら手がかじかむこともなかった。

 日曜日はうだうだと過ごした。最近は特別の用がなければ、家でゴロゴロすることが多くなった。心身の疲れを取るためと称していたが、どうも本音というか真実になってきており、こうして休まないと働けなくなった。

 日曜日は新聞を読み込んで、NHKの政治日曜討論を見るのが日課になっていたが、それもだんだん億劫になってきた。政治不信でなく政治不感という状態である。

 金属疲労と言うのがあるが、政治人物疲労か擦り切れた同じ顔ぶれ同じネタの繰り返しで、政治不感状態に陥ってきた。こんなことではあかんいかんと思いながら、どうも広い世界に目が行かず、日常診療と自分の興味にだけ頭が向いている。他人と自分の感覚を同じに扱うのは厚顔鈍感浅慮の極みだが、ひょっとして柔らかな絶望は不感に通じるのかなと妙なことを思った。

 今朝は忙しく、ブログを書く暇がなく、気に竹を繋ぐ拙文となった

 

 

コメント

紅茶は不思議に難しい

2012年01月22日 | 旨い物

     

 みの日曜祝日以外は、朝コーヒーを一杯飲む習慣がある。病院時代にはなかった習慣で、開業して三、四年した頃から、徐々に始まった習慣のように思う。何だかコーヒーを飲むと精神が仕事体勢に切り替わるような気がするのだ。ブラックで飲むせいか、全部は飲まず残った三分の一ほどを診察室の机において、手が空いた時冷えてきたのを一口飲んだりしている。

 めざとい女性患者さんがおられ、お中元などに「先生お好きでしょ」とコーヒーを戴くこともある。ところが実は勿論コーヒーは欠かせない飲み物なのだが、家に帰ってから飲むのは圧倒的に紅茶が多いのだ。コーヒーとは逆にほっとして精神を解きほぐす作用があると感じる。これがどの程度普遍的な感覚かは知らないが、休む時には紅茶働くときにはコーヒーというパターンが私にはある。勿論、時にはこの法則を破り、夜コーヒーを飲むこともある。

 今はコーヒーの時代で、あの紅茶の国イギリスでさえ紅茶がコーヒーに押されているらしい。今や減りつつある喫茶店でも、何種類かの国別コーヒーが揃えてあり、コーヒー命の親父がモカストレートですねと神妙にコーヒーを淹れてくれる。豆の選別から焙煎まで一人でやらかす親父まで居る。

 残念ながら紅茶の方にそこまで力を入れている店は少ない。少なくとも当地にはない。なぜかよく分からぬが、蘊蓄人種にはコーヒー党が多いのだろうか。唯、私にはコーヒーよりも紅茶の方が淹れるのが難しい感じがしている。週に一二度今日の紅茶は旨いなあと思うことがあるのだが、同じように淹れている積もりでも、中々再現性に乏しく、うまくいかないことが多い。紅茶の方がその時の体調や気候に影響されやすいのだろうと解釈している。紅茶もコーヒーに負けず劣らず、奥が深い味わい深い飲み物なので、紅茶にも力を入れる喫茶店が増えると嬉しい。

 紅茶好きからアドバイスすれば、紅茶は深くたっぷり入るカップで飲むもので、ケーキには紅茶が合う。

 

コメント (2)