駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

ベッキー美しい

2016年09月30日 | 町医者診言

                

 今朝は、秋な忘れそ、とばかりに秋風が吹きまくっていた。相変わらずの曇り空なのが残念だが、涼しくなるのは歓迎だ。

 ベッキーが宝島の広告に出るらしい(宝島もやるもんだ)。まだ正式な写真は見ていないが、ネットニュースの写真は美しい。ベッキーに罪と落ち度があるにせよ、不公平なマスコミの叩きようには納得できないものがあった。心機一転強く賢く生きて欲しいと願う。おじさんは応援しているぞ。

 人生のリカバリーショットをと挫折からの立ち直りを支援するようなことを言いながら、人の不幸は蜜の味と叩くマスコミには辟易だが、それを好む読者にも問題はあるだろう。叩いても自分が浮き上がることはできないと思う。碁が趣味だった将棋の升田さんがヘボ碁打ちを打てば打つほど沈む杭のようだとからかっていた。

 豊洲の盛り土問題の責任の所在は不明と特急で報告が出た。つい八十年前のいつか来た道が連綿と続いている。一体石原以降男共は何をしていたのだろう。果たして小池知事がどこまで踏み込めるか、注目応援している。東京五輪会場見直しでスポーツ界から猛反発と報じられている。五輪は錦の御旗ではあるまい。国民の応援を願うなら、スポーツ界以外の声をきちんと聴く必要がある。儲けようとする人達の影響をできるだけ排除した判断が望まれる。

コメント (2)

果たして九州の女性は

2016年09月29日 | 人生

          

 友人医師N氏の息子さんは研修医で上司の指示で鹿児島に出張することになった。心穏やかでないのが息子さんの彼女で九州の女性の中に行かせては危険?、どうしてもついて行くと言い出して聞かない。ところが彼女の両親は籍も入っていない娘が二人暮らしをするのは相成らんと大反対。

 やむを得ず急遽、結婚させることになったんだよとN氏は他になにか心づもりがあったか単に一寸早いと思っているのか、浮かぬ顔で息子さんどうしているという私の質問に答えたことだ。

 よく九州男児と言うが、女性の方も負けず積極果敢な方が多いらしい?!。九州も七県あって広いので一塊に扱われてはかなわんかも知れないが、熊本鹿児島というと特にそういう感じがする。はたして薩摩おごじょというのはどんな女性達なのだろう。

 残念ながら患者さんの中には福岡宮崎大分長崎出身の女性は居られても、鹿児島熊本の方はおられない。

 氏育ちにはどの地方というのも含まれるだろう。通り一遍に決めつけるのは行き過ぎに感じるが、何かどこかに育った土地の香りが人にはあると思う。

 ちなみに最近グアテマラのコーヒーに填まっている、当たるとちょいと地味な香りではあるが最高に美味しい。ここのグアテマラコーヒーは旨かった(写真於イーハトーブ)。

コメント (2)

ヒラリーVSトランプ、第一ラウンド

2016年09月28日 | 小考

 

 今朝は曇っていてやや暑さが和らいだが、歩くと汗ばんでしまう。暑さ寒さも彼岸まではもう死語になりつつある。秋分が過ぎ、ほら涼しくなったと言う母の声が懐かしい。

 ヒラリーとトランプの討論のほんの一部を見て、それについての論評を少し読んだ。ヒラリー氏は落ち着き余裕を持ってトランプの問題点を浮き彫りにしたが、トランプ氏には暴言を控えたせいかいつもの勢いがなくスタミナ不足などと単発的な難癖を付けるだけに終わったようだ。10対9でヒラリーのラウンドと判定できる。

 討論の内容ではヒラリー氏が優勢だったが、ではそれがただちに支持に結びつくかに付いては保留した論評が多かった。好き嫌いや肌合いといった感覚が物を言う選挙では、しばしば論理的な内容よりも、たとえ演じられた物であっても好印象を勝ち取った方が票に結びつくからだろう。

 ブログを書くようになって、政治に関心を持ち続けてきたが、何というかどうしようもない進歩のない世界の気もしてきている。諦め放り出すわけではないが、なんでこんな人がと思う人がしゃしゃり出てくる。利害のせめぎ合う世界では双方が納得できる解決は難しく、巧みな扇動がしばしば支持を取り付けるようだ。

コメント

新幹線に斑の紐

2016年09月27日 | 自然

  

 東海道新幹線の座席の肘掛けに蛇がまつわりついていたというニュースを見た。発見したのは若い女性乗客だったようで、さぞかし肝を冷やされただろう。浜松駅に臨時停車し警察官が捕獲したようだが、人的被害はなく遅れも大きなものではなかったようだ。後続列車にどのような遅れの説明がされたのだろう。正直に蛇が出ましてとは言わなかっただろう。

 30cm程のニシキヘビだったらしいが、一体何処から紛れ込んだのか、蛇に聞いてみたいものだ。悪質な悪戯や秘密で搬送中に逃げた可能性もないではない。シャーロックホームズに謎を解いて欲しい。

 恐らく駅の引き込み線に停車中に紛れ込んだ可能性が高いと思うが、定かではない。動物たちも季節外れの暑さで勘が狂っているのは確かだと思う。

 警察官も大変なお仕事の割に感謝敬意が払われることが少なく同情する。動物の捕獲に呼び出されて大変だなあと思う。父親や友人のG氏などは蛇が平気で、ニシキヘビの尻尾をつかまえて引っ張ったりするが、殆どの人は苦手大嫌い恐ろしいと思われると思う。警察官も人の子、蛇なんて平気という人ばかりではあるまい。

 尤も、地球では人間の事情が最優先されるが、厄介者扱いの蛇にしてみれば生まれてきたら異常気象のコンクリートジャングルで滅茶苦茶住みにくく、とぐろを巻いて蛇にも一票と言いたい心境だろう。

コメント

遅い東京特許許可局

2016年09月26日 | 世界

        

 先日電車に備え付けの雑誌で、懐かしい電磁誘導を応用した発明の記事を読んだ。生物学者?の福岡伸一さんが書いた記事で、定期券などかざすだけで情報を読み取るカードにフレミング右手の法則を応用した発明が使われていると教えてくれた。磁界の中を導体がよぎると電力が発生するので、電池を入れておかなくてもカードの回路を動かす電力が得られる訳だ。

 これは私のような素人でも直ぐなーるほどと分かる応用で、そのせいか発明者の特許申請が認められるまで十六年を要し、特許が認められた時には大手電機メーカーで量産され、億単位の人がその便利さを享受していた。発明された方、名前は失念、はその巨利に見合う20億円の特許侵害の代償を求める訴訟を起こされたが、敗訴に終わったようだ。ノーベル賞の中村先生の青色ダイオードと何処がどう違うのかよく分からないが、ちょっと異なった結果になった。

 福岡さんはかざすだけで読み取るカードにそういう発明が使われていると紹介するだけで、遅い特許の認可や裁判が敗訴に終わったことには特別なコメントはしていない。コメントにはいろいろな方面からの反発も予想されるので控えたのかも知れない。

 東京特許許可局は早口言葉の定番なのだがどうも仕事は早いというわけではないらしい。なぜこのような結果になったのか、微妙なことだがオリジナリティというかユニークさで僅かな不足があり、技術者なら僅かなヒントで誰でも思いつける発明だったからではないかとも思う。会社という組織は利益に関しては恐ろしく敏感で、すれすれで特許を逃れる工夫をしていたに違いない。どうも高校物理を理解していれば二秒でわかる思いつきには敬意が払われないらしい?。尤もライジオイムノアッセイやPCR法なども原理は十五秒ほどで分かるので、オリジナリティに対する感覚が欧米とは違うのかも知れない。上記は私の憶測で、的外れの可能性もある。

 電波や磁力線は目に見えない、しかしなんとまあ現代社会を動かす巨大な力であることか。

コメント

いつの間にか相俟って

2016年09月25日 | 小験

           

 金曜土曜と待合室が患者さんで溢れかえっていた。立って待っている患者さんも居られたようで申し訳なく感ずる。中には混んでいると帰ってしまう、待てない方も居られたようだ。五日間の休診の後だから、混むのはやむを得ないかもしれない。

 たかだか五連休と言っても、その間に必ず当院が休みで困られる患者さんが幾人かは出てしまう。市内の休日診療体制は整っており、往診している患者にはケアマネージャーや訪問看護師が付いており、万が一の時の代診も頼んであるのだが、慣れたところが良いあるいは機転が利かない患者さんがおられる。それでも、大事に至ることはなく、しょうがないと休診は受け入れられているようではある。個人医院では長期休暇を取るのが、なかなか難しく頭の痛い問題だ。

 混んでいる待合室を見ると頼りにしてくれる患者さんが随分たくさん居るなあと嬉しいような不思議な感じがした。何も特別なことはしていないのだが、いつの間にか患者さんが付いて医院が成り立ち、近隣では名前だけでどこにあるどんな医院と知れ渡るようになる。勿論、そうした医院を目指しては来たのだが、自分一人でやり遂げたわけではないと強く感じた。近くは職員の努力仕事ぶり、遠くは医師会のサポートもあるだろうが、相手あっての仕事なのでこうすればこうなるといった単純簡単な話ではないと思う。

 それに絶対とか完璧ということのない仕事なので、相性の要素も大きい。付かず離れず、去る者は追わず来る者は拒まずを心がけてきた。尤も拒まずはあんまり自信がなく、それとなくやんわりと拒むことはあるような気がする。残念ながらそういう方は鈍いのかそういう対応に慣れているのか、中々気付いていただけない。

コメント

平和のようだけれども

2016年09月24日 | 町医者診言

            

 ブログを書く関係上見るつもりはなくても色々なネットニュースが目に飛び込んでくる。日本は平和な国と言われ、実際そうだ?と思うが、ニュースを見ているとあんまり平和な国に感じられない。それは車の運転しても直ぐわかることで、交通規則も目が届かないと?守らない人が結構居る。制限速度を20キロ超えて走行する人、黄色い信号で突っ込んでくる人など・・。

 戦争もなく安全な国なのだから、それを享受しながら生きていたい。ニュースには重みを付けて順番や活字の大きさで類別したら、感じも変わるだろう。勿論、比較すれば平和な国でも、問題は数多い。

 豊洲の盛り土問題、誰が、なぜ、どうやって、空間を作り出したのだろうか。誰も知らないなどと言うことがあるだろうか、俺は知らないで通るのだろうか。うやむや空間というのが、この国にはあるらしい。

 小池さんは一灯を掲げこの暗闇を破ることが出来るだろうか?。大きな都民の支持があること(都民でない人の支持もある)を忘れず、怯むことなくまともな行政を断行してほしい。

 遅れれば一日700万円というのは誰が付けたキャプションか、それは事実としても今までの何百日のことは?と聞き返したい、こういうことになった経緯を闇に葬ろうとする意図をうっすらと感じる。物事には優先順位があるはずだ。

コメント

海の向こうでは時間の流れが遅い

2016年09月23日 | 

         

 連休を利用して友人三名と海外に遊んだ。日本語の聞こえないところに行くと骨が休まる。まだまだ世界は広く多様で、忙しない日本と時間の流れる速度が違うように感じた。世界は様々な考えと思いに満ちている。

 日本ではレストランで残した食べ物を持って帰りたいというと拒否する店が多いのだが、高々五切れのピザでも二つ返事で包んでくれ、小腹が空いた夜、備え付けの電子レンジでチーンと温めてビールの肴にしたことだ。患者さんのことを忘れ日本のニュースに接しないことが、心の休養になると毎回のことながら、海外旅行をすると実感する。

コメント (2)

梅雨よりも長い秋雨

2016年09月17日 | 小考

           

 九月の長雨は六月の梅雨を凌いでいる。一体運動会日和の秋空はどこへ行ったのだろう。日中の気温は30度止まりなのだが湿度が高く鬱陶しい。

 ほかの業界は知らないが、興味深いことに医院の年間患者数はこの十五年殆ど変動しない。たかだか3%までの増減で終始している。逆に言えば開業して十年以降は患者は増えないと言っても良いかもしれない。半径二キロ以内で閉院した医院が五つ、新たに開業した医院が六つ、これも上手くバランスがとれている。尤もこれは当院特有の現象かもしれない。担当の税理士の話だと僅かであるが長期低落傾向の医院も多いそうだ。

 これが日では50%月では10%近い変動があるから、一年というのは不思議な一括りということになる。一日や一年というのは天の運行な訳だが、一週間というのは誰が決めたか不思議な時間単位だ。千年昔の人は月の満ち欠けを目安にしていたのだろうと想像するが、どうゆうふうに生活の区切りを付けていたのだろう。清少納言は一週間では気ぜわしいと言いそうな感じはする。とにかく今よりもうんと自然というか季節の動きに左右されて生きていたのだろうと想像する。

 世の中いろいろめまぐるしい動きがあるが、一年という単位で捉え直すのは、脳に落ち着きを与える視点かもしれない。開業十年過ぎると日毎の患者数が気にならなくなったのを思い出す。

コメント

日本にも女性政治家の時代

2016年09月16日 | 人物、女

       

 蓮舫さんが圧勝で民進党の党首になった。民進党議員は彼女に党員の支持が多かったことを重く受け止めることだ。敗北を受け入れず、いちゃもんを付けるしか能のない議員に、一昨日はあっても明日はない。

 冗談ではなく本当に今は女性政治家が活躍する時代だ。遅ればせながら日本にもそういう時代が来る。

 蓮舫さんがどういう人か詳しくは知らない。岡田さん大好きだけど詰まらない男というのは言い得て妙だと思う。本当は詰まらないのではなく詰まらないという印象を与えるというのが正確なところだと思うが、印象を内容と受け取る人が多いので戦略が必要だ。安倍さんについては何と言うか聞いてみたい。

 ひとつ外野席からアドバイスしたい。マスコミと上手に付き合うことだ。瑣末を言挙げする相手を断る強さと技術が必要だろう。世の中に本当の問題は数少ない、片手で足りる。問題が多い様に見えるのは小事を意図的に問題にしようとする輩が多いからだ

 臨床では医師が患者を理解することも大切だが、医師が患者に理解して貰うことも同じように大切で、そこから信頼が生まれる。これは長い経験から学んだことだ。損得利害で動きがちな有権者の信頼を得られるように表現し動いて行けるか、蓮舫さんのお手並みを拝見したい。

コメント