駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

早い目覚まし

2013年01月31日 | 診療

     

 ポロポロポロ・・なんだか目覚ましにしては早いなあ、午前4時55分、電話か。

 「もしもし、**ですが」。

 「はい」。

 「朝早くからすいません、父が亡くなったようです」。

 「すぐ、行きます」。

 そっと着替えをして、一応簡単に朝の身づくろいをして車庫に向かう。音のしないように着替えたせいか隣の人は熟睡の様子、微かに寝息が聞こえる。天才的医者の妻だな、電話が聞こえないらしい。

 五時過ぎの街はまだ暗く、車はまばら、僅か十五分で到着する。不在のように静かな患家の玄関を開け軋む廊下を踏んで、客間のふすまを開けると娘夫婦がベットの脇に突っ立っており、奥さんは炬燵に入って、ぼんやりしていた。患者さんはベットで身じろぎもせず、僅かに口を開けて眠っているように亡くなっていた。型どおり心停止瞳孔の光反射消失を確認し、時刻を確かめて、死亡宣告をして頭を下げる。

 「思ったより、早かったですね」。

 「苦しまなくてよかった」。

 「痛いと言うと入院させられると思って言わないんですよ」。

 「家で亡くなって良かったです」。

 未だ誰も居ない診察室で、コーヒーを飲みながら死亡診断書を書く。八*歳、*癌・・・。

コメント (4)

渡辺vs橋下論争は掘り下げて

2013年01月30日 | 政治経済

      

 みんなの党の渡辺代表と維新の会代表の橋下代表の噛み合わない主張が鞘当てに焦点を当てて報道されている。いつもの井戸端会議的なマスコミ報道では問題点が浮き上がって来ない。

 巧言令色のカメレオン橋下の求める大人の対応とはどういう意味か、深く掘り下げて記事にして欲しい。大阪では通じてもなどというと大阪の方の反感を買うかもしれないが、どうもだんだん私の中では橋下氏は値下がりし、渡辺氏が値上がりしている。

 正直なところ。面相では負けているようだが、政治家は政策発想能力と実行胆力が第一。もうすぐみんなの党渡辺代表の正念場がやってくる。

 

コメント

診察料金の不思議

2013年01月29日 | 医療

     

 医院の初診料と再診料は法定料金で一定である。卒後二年目の医者が診ても二十年目の医者が診ても同じ、鼻風邪でも肺炎でも同じ、目から鼻に抜ける二十代でも何回も説明しないと分からない八十代でも同じ。

 考え始めると、なぜ同じ料金なのかわけが分からず釈然としないので、できるだけ考えないようにしている。品物の値段は、例えば醤油ラーメン一杯の値段は誰が頼んでも同じだし、出てくる品物も僅かにチャーシューの厚さに違いはあっても、同等性が保たれている。  

 品物でなく人間相手で技術料が加味してくると、どうしても同一料金でも内容に多少幅が出てくるようだ。例えば床屋では親爺がやっても息子がやっても髪の毛の量の多少があっても同一料金である。結局、技術は測定判定が難しいからお決まりの同一にするということなのだろう。

 そうはいっても、診察料金は時に何で同じ料金なんだと思うほど手間暇が違う。というのは診察の手間は病気の軽重だけでなく患者の個性に関わるからだ。日常生活ではさりげなく避けることの出来る個性の持ち主と診察室では差しで相手の納得のゆくまでお付き合いしなければならない。看護師が気を利かしてくれないと際限のない人も居る。十人も十五人も次の患者さんが待っているのに、たかだか鼻風邪で自分のこだわりに囚われて、あれこれ言われる患者さんが高熱や痛みで苦しんでいる患者さんよりも時間を取って同じ料金とはおかしいと思ってしまうのだ。

 一度でいいから診察室で「ウルサイ」。と怒鳴ってみたい。

コメント (4)

NHK日曜討論を変えたい

2013年01月28日 | 町医者診言

        

 NHKの日曜討論を10分ばかり車の中で聞いた。乏しい内容にがっかりした。どうもだんだん日曜討論はマンネリ形骸化し日曜日の午前の貴重な時間を占有する番組ではなくなってきている。司会者の島田何とかという人は、虚心坦懐でない上に踏み込みが足りず番組を詰まらなくしている。答えにならない答えや反対のための反対をするような出演者には厳しく迫らなければ、折角の日曜日の朝食に干からびたサンドイッチを出されたように感じて、視聴者はスイッチを切ってしまうだろう。

 アルジャエリアの犠牲者にお悔やみと言いながら心が籠もって聞こえた出演者は殆ど居なかった。野党側から政府の対策を厳しく検証しなければならないと発言があり、安倍首相はもっと早く帰国すべきだったとか、日本の情報収集能力が足りないといった批判が出てきた。その程度の批判分析は別に政治家でなくてもできるし、日曜討論でなく居酒屋討論でもできるように思った。

 司会者はまず課題を的確にまとめ分析して提示し、問題のあるところを政府与党野党の政治家に討論させて欲しい。島田さんには申し訳ないが日曜討論の司会を降りて貰い、例えば池上彰氏に司会をさせて欲しい。彼ならもっと実りある討論会を展開できると思う。

 

コメント

頭がすっきりした本

2013年01月27日 | 

     

 いくつになっても、成る程そうだったのかと脳味噌に染み込む新知見がある。よく目を通すブログで褒めてあったので、ためしに読んだのが佐々木毅の「宗教と権力の政治(講談社文庫)」だ。今までもやもやのしてよく分からなかった事柄が霧が晴れるようにすっきり理解出来た。こうした脳に染み込む読書は久し振りだ。今までこんな根本的なことも理解せずに、あれこれ偉そうな事を言ってきたなあと冷や汗が出た。

 この本を読んで中世の世界を理解する力が付いたと思う。もとより私の世界史の知識など微々たるものなのだが、それでも中世というと進展のない宗教の時代で何だかよく分からないなあという印象を持っていたのだが、この本を読んで成る程そういう構造になっていたのかと突然視野が開けた。

 政治についても、権力というものの理解が進み、格段にその構造と意味が分かるようになった気がする。二十代に、この本を読んでいれば大袈裟でなくちょっと人生が変わっていたような気がする。尤も、知的な理解は行動を抑制してしまうところがあるので、そうだったら良かったかどうかはわからない。

 

コメント

貴公子敗れる

2013年01月26日 | スポーツ

       

 オーストラリアオープン準決勝でロジャーフェデラーがアンディーマレーに2-3で敗れた。貴公子フェデラーは手を振って静かにコートを去って行った。

 テニスは取っ組み合う格闘技ではないが、否取っ組み合わないからこそ正に心技体全能の格闘技になっていると思う。特に男子トッププレーヤーの強靱な体力と精神力に感嘆する。

 結局負けたのだが、マッチポイントから盛り返してツーセットオールにする粘り強さにはしびれた。見ている方は手に汗を握り、心臓に悪い。

 決勝はマレーとジョコビッチ。私は健気なマレーを応援するのだが、心臓に悪そうだな。冷徹で執拗なジョコビッチに、力強くなったマレーがどこまで肉薄するか。紙一重を破ってマレーに勝って欲しい。

 女子は勿論、強く美しいアザレンカを応援する。

コメント

インフルエンザがやってきた

2013年01月25日 | 診療

     

 当地でもインフルエンザが流行し始めた。今のところA型がほとんどである。たかだか三十人ほどでの印象であるが、ワクチンを打ってあるのに罹患した人が例年より多い感じがする。インフルエンザワクチンの効果は70%前後なので、打ってあるのに罹るのは全然珍しくないのだが、最初数名打ってあるの罹った人が続いたせいか、そうした印象を受けた。

 面白いのは打ってもらった医院でない医院に掛かる人が結構居ると言うことだ。あれこの人は今年は打っていないなあという人が39Cの熱でふうふう言いながらやってくる。確かめると他の医院で打ったと言われる。当院で打った人もインフルエンザの予感がした場合、ご近所の医院に回られるのだろうか?。勿論、当院で打ったのにインフルエンザに罹ってしまい、当院を受診される患者さんも居られる。私はなんとなく申し訳ないような気がするのだが、そうした方は全く気にされていない様子でほっとする。

 インフルエンザに罹ると仕事や学校を休まなければならないので困るのだけれども、患者さんには病気そのものを恐れている風は全くない。庶民は賢くしっかりしているなあと思う。不用に騒がないことは大切な生活の知恵だ。

コメント (6)

何もしない科

2013年01月24日 | 医療

     

 遠い昔と言っても四十年ほど前だが、医局の先輩に「内科と言うのは何もしない科って言われるんだよ」。と昼飯を食べながら教えられたのを憶えている。

 色々検査をして、あーでもないこーでもないと議論するばかりで手を出さない内科を皮肉った言葉なのだが、「ああそうだよ、何もしない科だよ」。と開き直りながら、其処から大切な教訓を引き出して注意してくれたのだ。

 別に医療に限らないのだが、人は何かの仕事を割り振られ**担当になるとつい余計なことを始めがちなものだ。病気の診療では何もしないで見守るという選択が一番のことが結構ある。若い医師はつい担当医になったから何かしなければと、変えない方がいい薬を変えてみたりしがちなので、黙って見守る選択肢を忘れてはならないと教えて下さったと思う。

 ケアマネージャーにも同様の傾向を認める。患者さんの望まれるようにという枕詞を聞くのだが、はてな?Kさんは脳梗塞で寝たきり言語障害があり意思疎通が困難なはずなのだがと訝しい気持ちになる場面もある。何かしてあげたいという気持ちはありがたいしよくわかるのだが、そっとしておいて欲しいという場合もあると思う。 熱意溢れる会議では何もしないという意見は不熱心とか冷たいと思われがちだし、医師の意見は重く響いてしまうので何もしない方がとはどうも言い出しにくい。

 おまえなあ、先生は不熱心と思われても言わなくちゃという先輩の声が聞こえる気がする。

コメント (2)

さっさとではなく静かに

2013年01月23日 | 医療

     

 麻生さんが又上滑りな発言をしている。「さっさと死ぬつもりでも国費で生きさせられては寝覚めが悪い」、早速撤回だそうだが、撤回というのは言い逃れのまじない言葉でしょう。彼に読めるかどうか知らないが綸言汗の如しと申し上げたい。まさに政治家麻生太郎のための言葉だ。

 延命治療をどうするかは、誰にも起こる誰もが考えておかなければならない問題だが、とても一言では表現できないし、一律には決められない。麻生さんの言葉は一面の真理を言い当てているようだが、軽率な物言いは、良貨を駆逐して真っ当な対策を挫いてしまう。

  ICUと訪問看護ステーションで一カ月ばかり助手をしてみられるといい。一面の真実は一面の真実に過ぎず、大切な細部をなぎ倒す発言の迂闊に気付かれるだろう。

 いつものことだが、勿論マスコミの取り上げ方にも問題があると思う。

コメント (4)

総合病院の隙間

2013年01月22日 | 診療

      

 総合病院は検査の為にあるわけじゃあなかろうがと絡みたくなることが時にある。勿論、高価な検査設備を備えることは総合病院の機能の一つではあるのだが、検査に異常がないと診察はこれでお終いととりつく島のない対応はいかがなものか。検査に異常がなくても、患者さんの訴えは改善していないのだから、よくわからないという方が正確だし、私の専門範囲の病気はないというのなら、ではどこどこへ行きなさいと導くのが親切というものかもしれない。

 患者さんは総合病院には弱いのだ。町医者ならもうこんな所へ来るもんかと、別の所へ行けても入院と精密検査のできる総合病院はたかだか二つ三つしかない。選択肢は少ないし、急病や重病では頼らなければならないので不平を言って関係が悪くなるのを恐れてしまう。

 まあ、ちょっと総合病院に意地悪く書いたのだが、重大深刻な病気のない患者には話を聞いて欲しい人が多いのだ。総合病院の帰りに私の所に寄ってくどくど言われても私が紹介したわけではないし、検査の結果の詳細はわからないし、やむなくそれはこういうことではないしょうかとか、心配ないと思いますよとかお茶を濁すことになる。時にはこの科に行きなさいと該当する別の診療科を紹介することもある。

 総合病院の立場で言えば、病気に比べて訴えが過大な患者さんに事細かく説明している時間はないということだろう。事情はよくわかる。細かい訴えにきちんと対応していたら、A部長のように朝の診察が午後三時とか四時に終わる事になる。それはそれで表立っては不平が出ないけれども、スタッフには負担なのだ。勿論、A先生も大変だと思う(いつ見ても元気そうだが)。

 今はこうしたことを防ぐために紹介状を要求する病院があるし、紹介状がないと診察料が高くなる仕組みも出来てきた。それでも、こうした症例を月に一人二人経験する。尤も、それが町医者であるあんたの仕事と言われればそうかもしれない。

コメント (2)