駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

寒風に呼び覚まされる

2010年01月30日 | 小考
 窓越しに澄んだ青空が好天を告げているのだが、外に出ればぴゅーっと寒風が頬をなぜ、「おー寒」と首を縮めて歩き出さねばならない。どこか悲鳴に似た風音と身に染む寒さが記憶を呼び戻す。なぜか帰り道、校庭のゴールポストや街角の電柱に寒風が絡まって吹いていた何十年前の光景が脳裏を過ぎる。何だかどうもその記憶は父母だけでなく、祖父や祖母も感じたに違いない懐かしさに連なっている気がする。
 人間の記憶は不思議なもので、幼い時に聞かされた話は自分の体験のように感じられる。母にしたところで、自分が聞かされた明治の村境の水争いで活躍した曾祖父の話を、そのまま懐かしそうに話してくれた。何時も手に汗を握って聞いたものだ。父もよく満州がいかに寒いかを話してくれた。親父はちょっと吹く傾向があったので、今から思えば小便がそのまま凍るのは少し脚色されているような気もするが。
 幼心の記憶は身になり、明治なぞ体験しないのに草田男の句がよく分かる。果たして自分が子に語り継ぐ話を持っていたか、孫に語り継ぐ昭和の世界があるか心許ない。それでもなにがしかを語り継いでゆきたい。物事の理解、殊に人間世界の理解には厚みが必要だと確信している。目まぐるしく節操もなく騒ぎ立てるマスコミ情報ではなく、じっくりと先達や親から語り継がれた世界を伝えなければ彼らが自ら道を開いて生きて行けるとは思えないのだ。
 
コメント

苺に里心

2010年01月29日 | 身辺記
 フランスに住んでおられるKご夫妻が帰省されたのでと仲間で会食した。この会は本来はワインを飲む会でアルコールは大して飲めずワインに詳しくない我々夫婦は付録で参加させて貰っている。今回はオーゾウだかなんとかいうブルゴーニュワインにブンブンとかいうイタリアワイン・・・とワインの話で盛り上がり、よく分からない我々はただフムフムとワインを含みながら聞き役だった。とにかくソムリエもたじたじで、これはメルローと何とかが半々だねと「えっと、そうですね」。とソムリエは陰で本を出して調べている。
「だいぶん開いてきた、枯れ草の香りがするなあ」・・。「そう、何か乾いた砂利道のようだ」??。「やっぱりニューワールドよりもフランスだね」!・・。
 まあ、厳しい受験勉強を切り抜けてきた面々、覚えるのは得意で蘊蓄はもの凄い。
 K婦人、イチゴのデザートにため息、「やっぱり苺は日本が一番ね」。「うん、デザートもこれ位の量がいいんだよ」。と答えるK先生、どうもちょっと日本の良さがが恋しくなったようだ。しばらくこちらに留まる雰囲気が出ている。味噌汁でなく苺に感激、妙だなと思ったがはっと気が付いた。そうだ味噌汁は手に入っても日本の苺は手に入らないんだ。
 
コメント

平成の眠りを覚ます

2010年01月28日 | 町医者診言
 「太平の眠りを覚ますじょうきせんたった四杯で夜も眠れず」。を真似て「平成の眠りを覚ます朝刊に信じられない憶測見出し」。
 真実は何処にあるか。それは間にあるといつも恩師は言っていた。一辺倒の解釈を示唆する情報は鵜呑みにせず、違う視点の情報も斟酌して、自ら判断しなさい。自分が正しいと思っても相手の意見を心を開いて聞くことが、争いや間違いを減らすという教えだと思っている。
 勿論、間にあるといっても、中間点という意味ではないのは教授の言動からわかっている、私の主張はせいぜい7,8%取り入れられるのが常だったから。

 ここで兄弟子の貴重な教えも書いておこう。「おまえ、事実と解釈はきちんと分けなきゃ。こんなんじゃ、駄目!」。
コメント

薬ではなく

2010年01月27日 | 医療
 特効薬と呼ばれる一群の薬剤がある。それによって数多の病気を退治できるようになった。読んでくださる方には無縁だろうが、淋病梅毒に始まりインフルエンザまで。勿論、敵もさるもの引っ掻くもので、薬剤耐性を獲得してしぶとく生き残る病原体も多いのだが。
 まあしかし個体が元来健康であれば、なんとか退治できる事が多い。そうした薬物を手にして、町中で医業を営んでいると、薬物に負けないあるいはそれ以上の効力のある治療の存在に気付かされる。
 それは日本にちゃんとあるのに一言でそれを表す言葉がない「ケア」だ。心配り気遣い優しさ親身の観察親身の手助けといったものだ。ケアは目に見えにくいし即効性は少ない。しかし、確かに明らかな効力を持っている。ケアの力には寝たきりあるいは寝たきりに準じる病態の時に気が付かされることが多い。
 数多くの経験を積むとこの年齢でこの状態だと予後(病気の経過と結末)が予測できる。あと半年かななどと思いながら往診していると、二ヶ月くらいでみるみる悪くなり亡くなったり、年を越えて一年以上長らえられたりする。
 医療看護側の治療処置には変わりはないので、其処に家族や関わる人のケアが効いているのだ。それはそれこそ由緒来歴巡り合わせ全てのことが関係しているケアなので、良い悪いと医師が評価しづらいものだが、もう駄目だなと思う病態がそれこそグライダーが滑空するように柔らかく静かに天地の間に消えてゆくような症例は、診させて頂いた医者までも完了感というか定着感というか穏やかな気持ちが残る。そうした患者さん家族は一見何処にでも居られる普通の人達で、こうしたことがなければ取り立てて目立つところはないものだ。
コメント (2)

登校拒否から

2010年01月26日 | 世の中
 Sさんは五十歳。このところ夜半に眼が覚め、朝方ふらつく感じがある、日中でも立ち上がった時などどうもすっきりしないと訴える。神経学的な診察では頭蓋内病変は考えにくく、血圧を測ると191/105と異常に高い。いつもは130/80程度だ。ははあ、これは何か強烈なストレスがあるなと聞き質すと、冬休み明けから学校に行くのが辛い。子供達に苛められると告白する。三、四ヶ月休めないだろうかと言う。何年生の受け持ちかと聞くと五年生とのこと。内容を詳しくは聞かなかったが、どうもお前は駄目教師のように騒ぐらしい。
 五十歳と言えばベテラン教師、若い教師を指導しながら先頭に立って活躍かと思ったらそうも行かないらしい。自分の守備範囲ではないので、降圧剤を調整し専門医を紹介した。
 登校拒否は根が深く一筋縄では行かず一般化の難しい問題で、とても数百語で解説ができる問題ではない。
 ただどうしても自分が小学校生だった頃を思い出してしまう。五十五年前には考えられないことだ。単に自分が恵まれていただけだろうか。そうではないような気がする。恩師と呼べる人なくして、今があるとは思えない。時代による変容変遷はあるにせよ、学んで人が成長するのは決して変わることはないだろう。
 学ばない学べない子供達の存在は国の将来に関わる最重要課題であると多くの政治家は気付いているはずだが、例えに出して猿に申し訳ないが猿芝居から抜け出せない。勿論、猿政治家猿記者ばかりというわけではない、国民が辛くも真贋を見極めるのを願うばかりだ。
コメント

優先順位を見極める

2010年01月25日 | 町医者診言
 物事には優先順位がある。個人的なことにも国家的なことにも。
 個人的な事柄の優先順位は間違えることもあるが、痛み解消を優先してゆけば大間違いは少ない。十年後に持ち家をとか深謀遠慮が必要な事柄もあるが、それは後回しも可能だし一歩一歩の積み重ねで対応できる。痛みにも色々あるが、まあ命あっての物種と健康に関する痛み優先が賢明だろう。
 ところが国家の優先順位となるとこれは難しい。優先順位の判断はさほど難しくなくても、それを納得させるのが難しい場合もある。
 国家の痛みは国民一人一人の痛みの総和になるのだが、和は大きくても個々の痛みは軽度で痒み程度のことも多いのだ。まあ痒みも辛いのだが時には快感でもあり深刻さ緊迫感はさほどでないこともある。一部の人に多大な痛みがあっても一部であれば総和は大きくなく、他の人は痛痒を感じない。沖縄の痛みをどれほど本土の人が感じているだろうか。
 それに空騒ぎというかけしからんと付和雷同するだけで中身のない関心事などは足しても大した量はなく見かけだけの事柄もある。
 鳩山首相は優先順位を見極め、しかもそれを国民に納得できる形で提供する責務がある。言い募るだけで中身のない言葉を打破し、当事責任者は前へ進むことだ。
コメント

コントラクトブリッジの楽しみ

2010年01月24日 | 趣味
 コントラクトブリッジをやる、といっても月に一回の会に半分くらいの出席率だ。前期高齢者を中心とした7,8名の集まりでおしゃべりしながら数時間楽しむ。もう十年近くやっているのだが、五十半ばで始めたからという言い訳をする万年初心者だ。
 ブリッジの面白さはカードの出し方の他にコントラクトの成立にペアとのコミュニケーションと相手の出方が絡むところにあると思う。何も賭けないのであれば麻雀よりも面白い。夜やっても静かで会話が楽しい。女性が半数でいろいろつまむ物を持参されるのでそれも楽しみだ。アメリカとカナダ生まれの白人女性(五十台?)が二人、共に日本の男性と結婚され当地に住んでおられる、が参加される。彼女達はブリッジを楽しむと同時に英会話を楽しんでいる。普段なかなか英語で早口におしゃべりする機会が少ないらしい。
 夫婦は残念ながら一組しかいない。どうも日本の女性は、家内もそうなのだが、衆人環視の中で夫にそんなカードの出し方はないなどと注意されるのに耐えられないらしい。これは注意する方にも注意の仕方に問題があると思うが。何度も誘ってみたのだが、嫌だというので今は諦めている。
 昨夜はいつも人のプレーをあれこれ喧しく批評されるS氏が欠席で、ゲームの合間にF婦人特製の餃子を頂きながら、初心者ものんびり楽しい時が過ごせ有り難い土曜の夜であった。
 ゲームそのものの面白さは碁将棋が勝るように思うが、仲間と楽しむにはブリッジの方が向いている。老後にもよいが、まず大人の楽しみの一つとしてお勧めしたい。
コメント (2)

人間はコンピュータと違う

2010年01月23日 | 政治経済
 コンピュータは今のところ文章を理解できても行間を読むことはできない。勿論、文脈から隠れた意図を察することはできない。
 社員食堂で受付の佳子さんが大盛りカレーを額に汗して頬張る施設科の三郎君に「カレーがお好きなんですね」。とニッコリした時、「はい、そうです」。とコンピュータは答えるが三郎君はちょっと違う答えをするかも知れない。
 最近は新聞の見出しを見て何新聞か直ぐ分かるようになった。それだけ露骨になった。以前はちょっと考えないとわからなかった。言外に意味を含ませるまでもないということらしい。しかるに、自分たちが活用してきた言外の暗示法を相手が使えばけしからんと騒いでいる。メディアリテラシイを身に付けなければならない所以だ。
 国民は物事の軽重を推し量ることができるかという鼎の軽重を問われている。
 「お前の母ちゃんデベソ」。と囃し立てる悪ガキに泣かず「ノープロブレム」と歩んで行きたい。
コメント

嗜好と体重

2010年01月22日 | 医療
 肥満と痩せもかなり研究が進み、脂肪細胞から出るいろいろなホルモン様物質の働きが解明されてきた。しかしまあ、フラクタクルというかマトリョーシカというか、これだと思ったのがそれほど単純ではなく奥があり、かなり分かったが未だ分からないのが現状だ。
 原因のメカニズムは複雑難解でも、表現系は観察で町医者にもわかる。
 月に一回ミーティングで職員と昼飯を食べるのだが、事務のN嬢と私は洋食和食中華何を頼んでも、同じ物を注文していることが多い。普段ダイエットに勤しむ密かな同士なのだが、月一のミーティングはまあいいかという心理が働くようで、昨日のミーティングは二人揃って酢豚を注文していた。近所の中華店は四川の流れを組むホテルで修行したコックが腕を振るう、鄙には稀の優れもので酢豚も黒酢で豚肉たっぷりの垂涎の味なのだ。
 何を食べても肥らないAさんはチャーハンをぼそぼそ食べている。折角おごりの昼飯、もうちょっと豪華な物をと思うのだが、彼女はチャーハンも全部食べるのが一苦労の様子だ。
 分かる人には分かる心理なのだが、頑張ってダイエットをしている人種は、なんのかんのと託けてダイエット解禁日にして、つい飽食してしまうのだ。
 少しの例外はあるようだが、太る人は食べようと思えば沢山食べることができ、痩せの人はたべようと思ってもたくさん食べることができないのだ。
コメント

自分一人では

2010年01月21日 | 医療
 明け方気管カニューレの入っている患者から、咳き込んだらカニューレが外れたと電話があり、寒い朝早く来て貰った。ところが、吸引機のチューブが何処にあるかわからない。随分あちこち探し回ったのだが見つからない。いつもは手を出せば「ハイ」と出てくるのだが。忙しい朝に電話しては可哀相と、結局患者と二人で所在なげに看護婦が出てくるまで小一時間待った。
 内科の診察でも看護師が付いてくれることが、有形無形の援助になっているのだが、手を下す処置まして手術では医者一人ではそれこそお手上げだなと改めて感じた。手術は執刀医が術野から目を離せないので手だけ出てくる。必要な器具を的確に手渡せる看護師は必須だ。必要な器具名を言ってくれる外科医ばかりではないので、手術の進行具合術者の思考まで読まねばならず大変である。気の短い外科医は何度も間違えると器具を放り投げたりするので、介助者が交代することもあったらしい(今もあるだろう)。
 要するに息のあったティームで作業しないと手術はにっちもさっちもいかない。医療の質は医師一人では決して確保できない。優れたティームを醸成するのも医師に求められる能力のひとつなのだろう。
コメント