駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

釈然としない御高診

2017年01月31日 | 診療

  

 今日で1月も終わり、つい先日2017年が始まったばかりなのだが、明日から2月、おやおやあれあれとカレンダーを見ている。

 米国在住の娘さんがロスからシアトルに移ったという未亡人のAさん、,「バアバ、遊びにおいで」と言われても寒いらしいからねえと、思案投げ首の様子だった。ロスよりシアトル贔屓の小生は無責任に「シアトル良いところですよ」と答えたことだ。

 M氏は82歳半農半漁で今は海は引退し、のんびり野菜を作っている。高血圧症で通院しているのだが、軽い咳が長引くので胸の写真を撮ったら霞がかかっている。間質性の肺炎が疑われるので、総合病院の呼吸器科に送った。間質性肺炎というのは多種多様で結構複雑面倒な病気なのだが、四十そこそこのMさんにしてみれば若造の医者に「82歳ならもう十分な年ですよ、後は余生好きにやって下さい」と諭されたと釈然としない顔で報告してくれた。あと二年から十年で、良い薬はないと言われた。婆さんに話したらあれを書いておけ、金庫の番号を教えろと言われたと憮然としている。

 質素な生活はしておられても中々の資産家で、未だあれこれやりたいこと買いたいものはあるしなあと、いつもの威勢がない。しかし、82歳のお爺さんにあと二年から十年、そんなことは病人でなくても概ね分かっていること、しかも好きに暮らしなさいとは、確かにそうかも知れないが、たった一度の診察で言えるかねえ、紹介した患者を説諭のような解説でそのまま返えされた私も何となく釈然としない。 

コメント

フェデラーが優勝、トランプが健闘?

2017年01月30日 | 世の中

    

 全豪オープンは時計の針を五年戻したようなフェデラーとナダルの決勝戦となった。いつもどちらかを応援しながら観戦するのだが、今回は困った。ナダルとフェデラー、どちらも好きな選手なのだ。第五セット、ナダルが最初にブレイクしたので、これで決まりかと思ったら違った。フェデラーの正確なショットが炸裂し、年嵩三十五歳のフェデラーが勝った。フェデラーはファンが多い、賞賛の嵐だった。何というか、本当のジェントルマンなのだ。 彼は答えた、「どうしたらあなたのような素晴らしい選手が日本でも生まれるでしょうか?」「?、国枝が居るじゃないか」。と。

 ルール遵守が求められフェアプレーが賞賛されるスポーツに比べ、ルール無視我利優先の政策がしばしば支持される政治の世界では、その申し子のトランプ大統領が健闘?している。インディアン嘘つかない、ラストベルトのアメリカ原住民を守るトランプも然りだった。有言実行にトランプ語録は歓心を買うための宣伝文句で、実際に大統領になれば穏健路線になるだろうという日本の?政治評論家の観測は外れた。日頃、公約を直ぐ剥がせる膏薬程度に見なしている評論精神が露呈した。尤も、トランブ大統領が主張していたように動いてそれが奏功するかどうかは別問題で、どう転んでも社会の亀裂が深まることは間違いない。

 世の中は自分さえよければとは行かないとトランプさんに申し上げたい。

コメント

犬で散歩させる

2017年01月28日 | 診療

     

 今朝は寒さが和らぎ、頬や耳が冷えて困ることはなかった。土曜日で電車は空いており最初から座れ、本が読めた。

 生活習慣病と言われた高血圧糖尿病などには食事と運動が大切な予防治療対策だ、中々小一時間早足で歩きなさいと指導しても実際にできる人は多くない。やむを得ず医者の方も十分を十五分に、十五分を二十分にと譲歩しながら歩行を生活に取り入れるように勧めている。

 中に犬の散歩はしてますという中高年女性が居られる。これは毎日のことだから、とても良いのだが中身を確かめねばならない。どんな犬ですかと必ず聞くようにしている。ダックスからラプラドールまで色々だ。雑種も結構いる、雑種の時はどんな大きさですかと聞くようにしている。犬の散歩はどうしても犬ペースになりがちなので、犬の種類を確認する。

 中型から大型の早足で長距離を歩く犬が良いのだが、女性でしかも高齢だと時々引っ張られて転ぶことがあり、中々難しい。それに既に飼っている犬を変えるように勧めることも出来ないので、どんな散歩内容かを想像確認するわけだ。

 犬の散歩で十分な運動になるとは言えないことが多いのだが、カウチポテトとは雲泥の違いがある。犬でなく猫を飼っている家、動物のいない家もある。その代わりというのも変だが夫婦で一緒に歩いたり、散歩友達のいる高齢者もいる。勿論、単独行の早足散歩おじさんも多い。中には散歩じゃかったるいと走っている人も居る。

 重要大切と言いながら、運動は服薬の何倍も実行が難しい。薬を飲むことは九割の人に出来ることだが、毎日の運動はやれる人は自主的にやれており、出来ない人は腰が重い、そういう人に犬を飼うのは一つのアイデアかも知れない。唯、動物を飼うのは中々大変で億劫な人には無理かもしれないし、散歩のためというのは邪道というか犬迷惑になるかもしれん、ワンワン。

コメント (2)

葛根湯医者

2017年01月27日 | 診療

       

 漢方薬を十数種類採用し、使用している。私が学生だった五十年前は漢方の講義はなかった。今でも全ての大学で漢方の講義があるわけではないようだ。しかし街中で医院を始めると、なんだか病気は重くないのだが色々訴えの多い患者さんが結構たくさん受診される現実があった。マイナートランキライザー、胃粘膜保護剤、軽い鎮痛剤などを投与していたのだが、上手くいかないことも多かった。そこで体質や症状に対応して処方する漢方薬に眼が行き、少しずつ使い始めた。勿論、漢方薬で全てが上手くゆくわけではないが、西洋薬を補完する機能があることを実感している。

 日曜日を半日潰して二回ほど講義を受け、漢方の本も数冊読んだので、免許皆伝とまでは行かないがある程度の知識も身に付けた。中には漢方にのめり込む先生もおられるようだが、そこまでは行っていない。唯、漢方なんぞ保険診療から外してしまえという厚労省とタッグマッチ?で主張される医師とは意見を異にしている。漢方薬は症例を選べば明らかに有効だ。

 さてそこで葛根湯なのだが、これは優れものだ。落語にどんな病気でも葛根湯しか出さない医者が出て来る。出さないのではなくてしか出せないらしい。葛根湯医者と呼んでからかっているのだが、藪よりは良さそうに思う。先手必勝という言葉がある、これは長い経験から出たそれなりに根拠のある考え方だが、葛根湯にはこの先手必勝の効果が期待できる。万人に期待できるかどうかは分からないが、時々「先生何だか風邪を引きそうだから葛根湯を下さい、頂戴」という患者さんが居られる。どうも、風邪を引きそうだと言う時に葛根湯を飲むと有効らしいのだ。少なからず葛根湯患者がいるから本当なんだろうと思う。実は私も微かに悪寒がする時や喉がイガイガする時に飲んでいる、何だか効いているように思う。

 葛根湯医者と呼ばれても気にしない、私は葛根湯も処方できる医者だと言い返そう。

コメント (2)

本屋の空気

2017年01月26日 | 

       

 昨日、久しぶりに本屋に寄った。鄙には希な大型店で二階には専門書もたくさん揃えてある。一階の雑誌、単行本そして文庫本の階には本がひしめき、読んでくれ買ってくれと声を上げているようで落ち着かないが、二階の専門書部門は医学書を始め理工系の本、経済美術工芸思想哲学外国語の本と分厚い本が落ち着いた空間に並び、人間の能力の凄さに圧倒される気がした。確かに自分の能力知識の小ささに圧倒されるのだが、全く嫌な気分ではなく、嬉しいすがすがしい気分になる。何でも揃うネットの本屋では味わえない、本の精の気配が漂っているのだ。直に本を手にとって数ページ読んでみることの出来る楽しさは何物にも代えがたい。電子本では決して味わえない感触に浸ることが出来た。

 これから紙の本がどうなって行くか分からないが、この本を手に取る感触、万感の書が存在する空間に佇む感覚は何ものにも代えがたい気がした。失礼ながら小さい書店はともかく、大型書店はなくならないで欲しいというか、なくなってはならないと思った。

コメント

専門家にトランプ現象の解説を聞く

2017年01月25日 | 政治経済

     

 昨夜BSのプライムニュースで「2017年の世界情勢 歴史視点から読み解くトランプ現象の大波」を見た。プライムニュースは一つのテーマを専門家や関係者をゲストに招き時間をかけて議論し理解を深めようとする優れた番組で、時間があれば見るようにしている。

 専門家にもトランプの影響を予測するのは難しいのだが、ゲストの五百旗頭真 熊本県立大学理事長と細谷雄一 慶應義塾大学法学部教授は共にさすが専門家だなと感心する世界情勢とトランプ現象の読解を披瀝された。勿論,優れた分析解説が出来ても、どうなるかを予測するのは非常に難しい。というのはこうすれば良いと言う道を示せても、ポピュリズムを利用しながら損得で動く指導者とポピュリズムを生み出す人達は相手への配慮を欠き全体のことが視野に入らないから行き過ぎ衝突する恐れがあるからだ。思想や規範に価値を置かない損得勘定のトランプはしたたかに計算して動いてゆくだろうが、いつまでどこまで持つかはわからない。

 損得だけで動く人が少数であれば社会は避ける譲る懲らしめるなどの緩衝作用で、摩擦や被害を小さく出来るが多数になると社会や国の破綻が生ずるかもしれない。終わりの方で五百旗頭さんは破綻回避にドイツと日本の役割が大きくなるからメルケル首相と安倍首相に期待すると言いながら、慌てて?安倍さんは右寄りだったが今はプラグマチックだから大丈夫?と注釈を入れられた。演ずればそれが実態ということか。

コメント

症状がないからと通院を止める患者さんも

2017年01月24日 | 診療

- 

 年に二人ばかりいつの間にか通院を止めてしまう患者さんが居る。実際に通院しなくなる患者さんはもう少し多く六、七人居られると思う。それは引っ越したり何らかの理由で転院する患者さんで、多くは紹介状を所望される。

 引っ越しや転院でなく通院しなくなる患者さんは、要するに医者通いを止めてしまった訳で軽い認知のある高齢者に多い。その多くは自覚症状がないから止めてしまうらしいのだが、中には経済的な理由や長い距離を歩くのが大変になったなどの理由もあるようだ。そうした患者さんは家族が居ても孤立しており、家族は通院を止めたことに気付いていないことが殆どだ。

 そうした患者さんが半年、一年ぶりに家族に連れられてやって来ることがある。眩暈がして救急を受診したら血圧が200あったとか、この頃物忘れがひどくなったとかいう場合が多い。

 慢性疾患で通院される患者さんには家族構成を聞き、自覚症状がなくても受診の度に現在の状態を説明しているのだが、取り敢えずまともな受け答えがあればそれ以上踏み込まないことが多く、返事だけで実際には良く理解できまなくなっている人を見逃すことがあるようだ。多少認知があっても人は誰しも自分の考えがあるので、通院を続けても意味がないと判断されるのだろう。

 こうしたことが起きる一つ理由には、来る物は拒まず去る者は追わずを原則にしているので、急性憎悪が疑われるような場合でなければ、医院側からこの頃来られませんがと連絡することはしていないからだ。何らかの理由で他の医院に変わられたり(患者さんは変わりたくなくても家族の意向と言うこともある)、入院していたり、亡くなっていたりすることが多い。そうした訳で連絡しても、お互い厭な思いをすることもある。尤も、自覚症状がないからと通院を不十分な自己判断で止めて悪くなることもあるので、そういう患者さんには何らかの連絡を取った方が良いのかも知れない。この辺りの見極めは難しい。

コメント

トランプは予測不可能か

2017年01月23日 | 小考

   

 今日は寒い上に風があり、肩をそびやかして歩いてきた。冷たい風は敵わん。

 昨日のテレビは新しく誕生したトランプ米大統領番組が目白押しだった。アメリカ製と日本製といくつかを垣間見たのだがどちらにもこれでよいのかこれからどうなるのかの懸念が溢れていた。アメリカのメディアは多種多様なのだろうが、権力者を恐れず批判をするメディアが存在するところには感心する。

 アメリカ製の方が率直でトランプはとんでもない人物とあからさまに批判する発言が聞かれた。日本の方はどうも専門家という人まで予測不可能だとか戸惑う発言が多かった。果たして日本の外務省はどういう見方をしているのだろう。相性の良い安倍首相頼りということはないと思うが、相対の取引が得意のトランプ大統領に引けを取らないようにしてほしい。中露に加え米までの難題で外務省医務室では頭痛薬が大量に処方されているだろう。

 日本の経済界の交渉能力が世界的に見てどの程度のものかよく知らないが、技術力はトップクラスでも交渉力はもう一つなのではないかと危惧する。どうも誠意が通じる人ではなさそうで、こうすればお得ですよと何とか互恵に持って行くのが最善のようだ。脅しに屈するのは拙いが、脅しに乗って只では転ばない方式が得策かも知れない。

 トランプ大統領は似たもの同士だと上手くゆくのだろうか、似ていてもお互いに自分の利益が一番とすれば争いが起こる心配もありそうだ。トランプ大統領は自分の利益最優先に立ち回っても原理主義的な印象は薄く、世界各地の内向き現象をトランプ現象と捉えてよいのか疑問も湧く。分断という現象面では似ていても、内容は違っているような気がする。この辺りは専門家の意見を聞いてみたい。

 難題としても外交政治評論家はトランプは予測不可能ですと言わないで戴きたい。それなら私でも言える。

コメント

K君の帽子

2017年01月22日 | 人物、男

        

 この頃帽子をかぶっている人を見かけることは少ない。尤も、記憶を辿っても帽子をかぶっている人が多かった時代を思い出すことは出来ない。どうも帽子をかぶる人が多かったのは戦前のことのようだ。 

 外来に時々帽子をかぶった中高年女性がやってくるが、殆どはぼさぼさの頭を隠すためのもので、おしゃれというのとは違う。それでも我が町にも一軒帽子屋がある。外から見たところ女性用のようだが、ついぞお店内に客さんを見かけたことはなく、他人事ながらやっていけるのかなと余計な心配をしてしまう。昔は花嫁が帽子をかぶったものだが、最近はどうなんだろう。

 シルクハットのロンドンでも帽子屋は減っているようで、帽子屋には苦虫を噛みつぶしたような親父が佇み、壁に面白半分でかぶってみるのはご遠慮をと書いてあった記憶がある。今はシティもカジュアルになってるのではと想像する。シルクハットの帽子屋はなくなっているかもしれない。

 友人のK君は私より3、4才若いのだが、よく帽子をかぶっている。ハンチングというのだろうかベレー帽に一寸ひさしが付いたようなスポーティな感じの帽子だ。髪の毛は年齢相当で、禿げ上がっている訳ではないので、本人は否定するかもしれないがオシャレなのだろうと思う。当然よく似合い、スポーティで一寸品の良い感じが漂う。170cmで60kgくらい、いつも微笑を浮かべどちらかと言えば醤油顔なのだが、陽関を出たシルクロード辺りで羊でも飼っていそうな雰囲気を持っている。

 帽子は髪型に依ってはかぶりにくいし、馴れないと一寸煩わしいかもしれないが、ネクタイ以上に雰囲気を変えオシャレな感じがするので、一寸似合う人には是非かぶって欲しいと、帽子屋の回し者のようなことを書いてしまう。K氏は穏やか謙遜な人柄で、彼が居ると場が和んで楽しい。帽子効果かもしれん。

コメント

施政方針演説を読む

2017年01月21日 | 政治経済

         

 安倍首相の施政方針演説を読んだ。戦後七十年を踏まえ新たな七十年を見据え展望する演説としては自画自賛が基調で、過ぐる七十年の理解と評価も通り一遍、未来への展望も理念が希薄で格調が高い内容とは言えないと感じた。

 言葉ではなく実行をと謳い現内閣の政策の成果を誇っているが、批判を唾棄すべきものとしながら、自らも前政権と支持しない者を陰に陽に批判している。謙虚さと寛容の精神に乏しく、首相は敵愾心の強い人だと改めて感じた。

 新農政、中小企業対策、新たなイノベーション、働き方改革、成長と分配の好循環、個性を大切にする教育の再生・・・、一つ一つ誠にもっともなことばかりでその通りと首肯したい。ただ何故か、・・・しようではありませんかと呼びかけられても、ポツダム宣言をよく知らない立法府の長の元ではなくと感じた。一体どうしたことだろう。

 太平洋の向こうではトランプ新大統領が就任演説をしたようだ。未だ全文をを読んでいないが、特に新しいものはなく選挙中の主張を少し手直しし繰り返した内容と報じられている。

 政変のある酉年と聞く、市井末端の准高齢者も身と心を引き締めて、生きていかねばと思ったことだ。

コメント