駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

平成の姥捨て?山

2015年04月30日 | 世の中

             

 姥捨て山など遠い昔の話と思って居られる方も多いだろう。ところが平成にも似たような事象は多い。むしろ増えていると思う。時々、息子さんが家を出られ、一人暮らしが困難になったので貴院近傍の**という施設に入所されます。つきましては引き続き診療をお願いしますという紹介状が舞い込む。生活保護になっていることが多く、連れてくるのは施設の人だ。何かやむを得ない事情や辛い別れがあったとすれば捨てられたと言うのは申し訳ない表現だが、家族の気配が全く感じられず、捨てられたと感じることもある。

 捨てるわけではないが、病院から家庭へと押し出された要介護の配偶者を施設へ送る例は多い。半年ほど家で介護したあと、とても体力が続かない、あるいは自分の生活がめちゃくちゃになるからといった理由からが多いようだ。そうした症例で、奥さんは引き続き当院へ高血圧などで通われている場合がある。奥さんになかなかご主人はどうされていますかと聞けないものだ。向こうからご主人は元気ですと言って戴けるとほっとする。こうした場合は、自分の生活を犠牲にして五年十年と家で面倒を見るというのは大変な負担なので、事情は理解でき非難することではないかもしれない。

 たくさんこうした症例を見ていると、結局個別の問題で、その人やその家族の人生が反映していると言わざるをえない。唯、社会のあり方や経済的な側面は大きく、政治的な問題でもあるだろう。

 

コメント (1)

脳が疲れるようになった

2015年04月29日 | 人生

          

 額縁屋さんで絵を額に入れて貰った。中々のできあがりで良い選択だったと思う。「なによ、あの額縁屋、私にこれでいいですかなんて」と家内が不審がったが、それは請求書を見て判明した。立派な?絵に相応しい。

 遠い記憶だが中高生の頃は疲れ知らずだったような気がする。勿論、疲れることはあったと思うが疲れたなと思うまもなく直ぐ回復した。残念というかやむを得ないというか、前期高齢者になってから、脳味噌が疲れるようになった。ご想像の通り、内科医は聴診器より重い物は持たず、殆ど椅子に腰掛けたままで患者の話を聞くのが仕事なので、身体が疲れることはない。この話を聞くというのがとても疲れる。病気を考える場合は適切な質問をして言葉の端々に耳を傾け微妙な表情を見逃さず観察しなければならない。病気の症状と言うよりも愚痴の場合でも、知らん顔は出来ず、一通り聞いて「大変ですねえ」などと申し上げねばならない。

 そうすると帰宅後、いつの頃からか脳が働かなくなった。夕食を取って録画した番組や衛星放送を見ていると知らない間に寝てしまい。なんでそうなったのか皆目分からない話の続きを見ることになる。筋肉疲労は代謝物や血流を測定してある程度推測できるが、脳の方は何か適切な指標があるのだろうか。勿論、それが分かったところで、良い対策がなければ返ってがっかりするばかりで、高齢者に恩恵はない気もする。

 老人力の先駆、赤瀬川源平さんも残念なことに後期高齢者になってまもなく亡くなり、あの椎名誠までが爺むさいことを書くようになって、もう一つ老人界の展望が開けない。挙げ句の果てに超高齢の寂聴さんが、今更病気で苦しい大変などと騒いで居られるようだ。どうも年を取るというのはなかなか難しい仕業のようである。

コメント (2)

女王に躓く

2015年04月28日 | 診療

                   

  昨日は連休前だからか、患者さんが大勢受診され、文字通り三分診療を余儀なくされた。午前中は待合室で立って待たれた方も多かったようで、付いてくれた看護師のMさんが「お待たせして申し訳ありません」と謝りながら、できる限り迅速に診察を進めた。

 三分診療というのは実は平均で、重い病気や難しい病気の患者さんには五分十分と時間を割いている。しかしながら、医学的に重要とは思われない女王様のご希望に遺憾ながら時間を取られることもある。女王様に跪くのではなくて、躓いてしまう。男性にはこうした方は殆ど居られないが、女性の中には時々後に何十人並んでいても、女王然と話したいことを全部話される方が居られる。こういう方は対応が難しく、今日は忙しいので今度にしてくださいと言いにくく、つい時間を取られてしまう。

 たとえば、胃の調子が悪くO医院に行ったが胃カメラに異常なく**という薬を貰ったがこの薬で良いか、貰った血液検査結果で**という異常があるがこれは何だと言うご下問である。そんなことはO先生に聞いてくれと怒鳴りたいのを我慢して、分かる範囲でお答えする。女王様は要するにそれでよいと思います、心配なものではありませんという答えを期待しておられる。

 どんなに早く診察しても二分以下にはすることは出来ない。平均三分診療では五分浮かすために五人を二分で見なくてはならない。二分間診察が可能なのは後に待っている患者さんがたくさん居て早く診るのはやむを得ない、先生も忙しくて大変ですねという患者さんのご理解があるからだ。そうした中、女王様に躓くと忸怩たるものがある。

コメント (2)

変容する時間

2015年04月27日 | 人生

            

 年を取ると時間感覚が変容する。勿論、どの年代でも変化しているのだろうが成人してから高齢の入り口までは連続的でさほど大きな違いはないようで、、高齢者になるまで愕然とすることはなかった気がする。ところが六十代後半になって、あれあれと驚くように時間の流れが変わってきた。若い人には分からないだろうが、ダリの描く時計のように時間がゼリー状というか粘土状というか、一定の速度で流れなくなり、時々逆流したりスキップしたりするようになる。

 個人差があるだろうから誰もがそうとは限らないかも知れないが、記憶がこねくり回されて後先が不明になり、親に聞いたことが自分の経験のように感じられるようになる。何時のことだか思い出してごらんと言われても、そういうことがあったような気がするものことが溢れ、境目がはっきりしなくなる。どうもこの境目がはっきりしなくなるというのが、老化というか惚けの始まりではないかと思う。ついこないだまでは惚けは恐怖であったが、七十を目の前にしてやむを得んという心境になっている。

 物理的な時間は分かったようで人間の感覚とは乖離があり受け入れがたい。人間は結局記憶で時間を感じているので、惚け始めると蒟蒻時間というかダリタイムというか、渦巻き時間を生きることになるらしい。

 まさかと思う人もそのうちあれそれほれどれの世界を泳ぎ漂うようになる。昨日は散歩していたら永遠が垣間見えた。

コメント (2)

新緑と熱戦の季節

2015年04月26日 | 人生

         

 第73期将棋名人戦第二局は岐阜県高山市で行われ94手で挑戦者行方八段が勝ち対戦成績を一勝一敗とした。未だ棋譜を見ていないが、行方八段が腰を落として寄り切ったようで、面白いことになった。正直に言えば、二連敗だと行方八段の名人位奪取は殆どなくなるので、詰まらない名人戦になってしまう。

 緊張したか肩に力の入りすぎた緒戦から、見事に立ち直った行方八段に拍手したい。勿論、まだ最強の羽生が有利なのは間違いないのだが、行方八段にも私の見るところ25%程度奪取の可能性が出てきたと思う。第三局以降熱戦を楽しみに観戦したい。

 テニスバルセロナオープンで錦織が決勝に進んだ。是非連続制覇をして欲しい。連続奪取は実力の証明。錦織は本当の実力を付けてきたと思う。

 春は以外に憂鬱になる人が多い季節なのだが、幸い私は一抹の無情を感じながらも、新緑と共に応援しがいのある熱戦を楽しみにしている。昨日はトヨタの足元に遙かに及ばないものの、なにがしかのベースアップもすることが出来、心穏やかで居られる。有り難いことだ。

コメント

行けば分かるだって

2015年04月25日 | 診療

          

 知り合いのケアマネさんに頼んだら、ここに来れば分かるようにしてあると聞いたと、初老のおっさん二人連れが診察室に突っ立っている。あんたねえ、医師の意見書を書いてもいいですとはお答えはしましたが、突っ立ていれば書類が出てくるわけではありませんよと思いながら少しずつ病歴を聞こうとするのだが、昔っからこうだったんです。母が死んでから兄が預かっているんだが、大変なんで介護を申請するから連れてけと言われたの一点張りで、なかなか状況が把握できない。

 どうも無表情でおどおどしているのは末の弟さんで、生来の精神薄弱?らしく、ずっと両親と暮らしていたのだが母親が半年ほど前に亡くなってからは、兄の所に身を寄せることになったらしい。面倒を見るのが大変のようで、介護申請をすることになり次弟に当院へ連れて行くように指示したらしい。

 名前だけは言える患者さんを一通り診察して、分かる範囲での病歴を聞いてお引き取りを願ったのだが、医師の意見書というのはアンパンやおにぎりと違い、これ呉れと簡単に手に入るものではない。そこには診察を含む一定の手続きがある。確かに不慣れな人には面倒な所はあるかも知れないが、来れば分かると言われて来たと不満げにされても、あきれるというか困ってしまう。

 ケアマネに悪気はないと思うが、安請け合いは戴けない。ちゃんと分かる人と受診するように説明しておいて欲しい。断らないことを原則に診療していると、ケアマネの頭に困ればあそことすり込まれるらしい。勿論、お引き受けしますが、丸投げは困ります。

 

コメント

セールスは相手を知らねば

2015年04月24日 | 医療

                 

 曜日によって差があるが平均して毎日三、四社のMRの訪問がある。今はまもなく長期投与が解禁になるSGLT2阻害剤の売り込みが激しい。私の医院は二週間処方の患者さんは1-2%と殆どいないので、今までどの薬も採用していないからだ。

 各社、殆ど差がない薬にあれやこれや差を際立たせて何とか買ってもらおうと売り込んでくる。全社、自社製品が一番のように言うので、まともに聞いていると頭が混乱してしまう。意外に大きいのが薬の名前で、やはり覚え易いのがいい。スーグラ、アプルウエイ、デベルザ、フォシーガ、ルセフイー、カナグルがその名前だ。まるで競走馬の名前のようで面白いのだが、名前の決定までには各社侃々諤々の議論をしたことだろう。

 憶え易いのに加え言い易いことも大切だ。まだ決めていないのだが、一ヶ月先に解禁になるスーグラを残り五社が声を揃えて悪く言うのが面白い。錠剤が大きい、皮疹の副作用が多い、国外販売を諦めた・・・。スーグラのMRは防戦一方である。

 糖尿病専門医に聞くと殆ど差がないあるいは同じですよと言う人が多い。勿論、中には専門家よろしく、細かい違いを挙げる人も居る。 

 セールスの心得はやはり相手を知ることだろう、私は泣き落としやしつこいくどいのは嫌いだ。男のくせにというのはセクハラだろうか、売り上げが10万落ちて・・と泣きたいのは分かるがどうも好かん。毎週入れ替わり立ち替わり複数で押しかけて、何とか病院で採用になりましたとうるさいのんも敵わん。まるで自社だけのように言うが他社でも採用されているところがある。

 結局、実際には薬としての性能に殆ど差がないわけだから、微妙なことで決めることになるんだろうなと思う、はてさて。

コメント

同病相吠え合う

2015年04月23日 | 政治経済

                        

 午前四時ラジオ深夜便を聞きながらTさん最後の往診に行ってきた。表に出ると未明というか東の空がほんの僅かに明るくなっており、鳥の鳴き声が聞こえた。


 寝ぼけているわけではなく、申し上げたいことがある。いつまでも謝れ、何も謝ることはないとご近所同士でいがみ合いが続いている。殆ど病気ではないかと思う。困るのはこの病気にはとばっちりがあることだ。時には、とばっちり程度で済まない恐れもある。

 はっきり申し上げて、謝れと言う人達と何で謝らなきゃならんのだと言う人達は同じ性向の人達だと思う。失礼な表現かも知れないが同類なのだ。立場を変えれば、謝れという人達は何で謝らなきゃならんのだと言うだろう。なんで謝らなきゃならんのだと言う人達は謝れと言うだろう。

 広い視野で物事を捉え、寛容の心で隣人に接すれば、いがみ合いを避けることが出来ると思う。少なくとも最小限に留められよう。勿論、誰にも自分こそ正しく自分はあいつより偉いと思いたい気持ちが多少はあると思うが、それに振り回されてしまってはいがみ合いは絶えることなく、歯止めが掛からなくなれば暴力沙汰になってしまう。

 歴史はそれの繰り返しかも知れないが、人類は全く何も学んでいないわけではないと思う。

 医者が患者に信頼されるには、患者を理解するだけでは不十分で、医者が患者に理解して貰うことなしには本当の信頼は生まれない。これは長く嫌な辛い目にも会いながら患者さんを診てきた臨床医の私が身にしみて学んだことで、あるいは政治の世界でも参考になるかもしれない。

コメント (1)

代えたのとは聞きくい

2015年04月22日 | 旨い物

          

 一寸値の張る店には年に一回くらいしかいけない。そうした店が和洋中と七、八軒ある。雛には希な天麩羅の店Nがあり、久し振りに訪れた。

 天麩羅を食べたくなるといつもは庶民的で値段も手頃なバス通りの店Hに行く。ここはそこそこ広く座敷もあり、お客さんのおしゃべりで賑やかだ。Hの天麩羅は美味しいのだが、茶色に揚げられ衣が勝っておりいかにも天麩羅の味がする。其処へ行くとNはカウンター七席だけで座敷はなく、客も大声で喋るような人は居ない。Nの天麩羅はほんのり茶色だが白に近く素材の味が上手く引き出され、さすがと思わせるものがある。

 Nの大将は相変わらず鯔背な良い男で、今回は何だか弟子と思しき若者が脇に控えてあれこれ手伝っている。Nは開店して七、八年になるだろうか、東京一流店並みのお値段でこれで客が付くだろうかと懸念したのだが、久し振りに来て健闘繁盛しているんだなと感じた。お茶とおしぼりを運んできた女性は、何だか前と違う感じがする。若くなって肌がすべすべして、以前の女将とは違うような気がした。前は一寸もっさりとした小太りの三十代の平たく言えば小綺麗とは言えない女性だった。一寸不釣り合いの気がしたが大将とのやり取りで御内儀とわかったものだ。

 店も落ち着いてお内儀は仕事場に出なくなったのかなと思ったのだが、二三度の大将とのやり取りを見ていると従業員とは違う感じがして、あれ代えたのかなと戸惑った。まだ四五回来ただけだし、勿論相当の馴染みでも代えたのとは聞きにくい。

 帰り道、女房はあれは前の女将が磨いて化けただけと言う。女性を見る目だけは負けないので、否あれは代えたのだと思った。おいしい天麩羅を戴いたのだが、妙なおまけが付いた。

コメント (6)

それは私ではない

2015年04月21日 | 町医者診言

             

 担当医としては無謀を避けるためにこうした手術や治療法で上手くゆくのはせいぜい10%程度ですと説明しても、それをやりたいというご家族や患者さんが結構おられる。無理をすれば命を縮めるのだけれども、駄目で元々とか自分は10%に入ると考えられるようである。

 これと似ているような感覚があると思う。まさか戦争にはならないだろう、万一巻き込まれても息子が死ぬようなことはない。下手に逆らって危険地帯に送られては拙いからなと思う心が、巧みに利用されてしまう。

 衣が脱げ鎧が見えても、まだ昨日と同じ着物だと言い繕ろえば通るものだろうか。国内よりも国外の方に目利きが多いのか、何年も前から鎧を見透かしていたようだ。

 そんなことで萎縮するとは情けない。それは強者の感覚で、弱者は以心伝心、意を体して初奴を目指してしまう。


 大塚家具の久美子セールが好評と報道されている。久美子の93万5千円のセットが完売だそうで、硬い表情だった社長に笑みが見られたと聞いた。誠に結構なことだ。良い宣伝になったとご指摘の慧眼の主が居られた。私は芳しくない評判ではないかと危惧したのだが、杞憂だったようで、この機を逃さずと押しかけたお客さんが大勢居た。実は大塚家具は先代社長の肝入りで多少値は張っても良い製品が多いので、家内も日程が合えば行きたかったようだ。既に久美子セットが完売では月末に出掛けても良い品は残っていないだろう。これから順風満帆とは行かないかも知れないが久美子社長なら切り抜けていけるだろう。セールが終わった後に目の保養に出掛けてみたい。良い家具は家具に留まらないものがある。

コメント