駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

言うのは簡単でも

2015年08月31日 | 診療

           

 どこの業界にも講演や講義が好きな方が居られるだろうと想像する。医業界もご多分に漏れず、私はこうやって往診診療していますあるいは糖尿病の診療のコツを教えます・・・と話に来られる先生方がおられる。

 昔ほどは聞きに行かなくなったが、それでも月に二三回は新しい情報を仕入れに行く。当たり外れはあるが、何某かの勉強にはなる。自分は雑誌教科書で勉強しているから、それで十分と聞きに行かないのは良くない。直に会って生身の話を聞くと思い違いが訂正されるし、効率よく大切なポイントを理解できるからだ。

 中には東奔西走の様子に、講師の先生に本当にきちんと診療する暇があるんですかと半畳を入れたくなることもある。実際の診療では成る程とは思いながら、なかなかその通りにはできないことも多い。

 高齢化に伴い認知症の患者を見る機会が増えている。認知症には幻覚妄想がつきものだ。それを頭ごなしに「そんな馬鹿な」とか「そんなはずはない」と一蹴してはいけませんと雑誌や講演会で学んだので実践している。

 しかしこれは容易なことではない。当院のようにたかだか日に五、六人の認知症患者さんでさえ、妄想幻覚を成る程と聞いていたら、一般患者さんの何倍もの時間を取られて診療が停滞してしまう。「今日はどうしても先生に聞いて欲しくて来ました」と前回と同じ不思議な話を聞かせてくれる。「水道を捻ると下の階の人が私のことを噂しているのが聞こえるんです。やかましくて困るんです。先生何とかしてください」。「ああ、そうですか」はよいのだが「不思議ですねえ」と半ば相槌のような返事でも「先生、あたしを信用してない」と始まってしまい、ドクターストップならぬ看護師ストップで「はいはい又今度」と踵を返してもらうことになる。心苦しいところもあるが、堂々巡りはこうした患者さんの特徴で切り上げさせてもらわねばならない。

 専門家ではないし、研究する能力余裕もないが、どうもこうした幻想幻覚には微妙な違いがあるようだ。統合失調症では、同意を求められることは殆ど無く、否定してもさほど気にされない。レビー小体型では幻視が鮮明らしいのだが、過去形の報告が多いし、同意を求められることは少ない。どうも比較的しっかりされていた方が、骨折入院などのエピソードをきっかけに周辺症状が出現した所謂まだら惚け状態の時にこうした同意を求められる例が多いと思う。どこか自分でもおかしいと思っておられるのであろう。

 ご家族も「ああ、そうなの」「なるほど」と話を聞き続けるのも大変のようで、薬を求められることも多い。薬も微妙で漢方薬くらいがよい。抗精神病薬は効きすぎて?元気がなくなってしまうことがよくある。

 二人の大先輩に「聞くこと」と「何もしないこと」が内科の極意と教えられたが、日暮れて道遠しのようだ。

コメント

[戦争のための平和論]

2015年08月30日 | 

                      

 書くまいと思えど政治の危うさかな。あっという間に、橋下大阪市長がいずれはやるだろうなと思っていた行動に出た。電光石火でやってもゆっくりやっても、信用できないことには変わりない。大阪の人はどう対応されるのだろう。

 安保法案の国会での審議をきちんとフォロウ出来ていないが、法案の理解が深まったかどうかに関心を持ち続けている。安保法案を考える参考になる本を見付けて読んだので紹介したい。「戦争のための平和論」(ちくま新書)、著者は早稲田大学教授の植木知可子さん。防衛庁防衛研究所主任研究員だった方で、海外での研究生活や外国でも講義の経験もあり、数多くの政治家を直に知っておられる。この本は安保法案に賛成反対というのではなく、戦争というものを多面的に解説することによって、具体的な平和の均衡を浮かび上がらせている。

 戦争は殺し合いなので、局地戦でも何千何万もの命が奪われてしまう。気に食わないからやっつけようなどと発砲していい訳がない。少なくとも、この本に書かれている程度の内容を国民全てが共有して、安保法案を考える必要があると思った。

 昼飯をカツカレーにするか、天麩羅蕎麦にするかを決めるのは難しいことではないし、特別な理屈や条件はいらない。誰も文句は言わない。しかし、安保法案のような法案の是非はとても簡単には決められない。決めるにはそれなりの知識と論考が必要だ。そのことを、もっと多くの人が気付かなくてはと思う。歴史的な事実もそれぞれの国によって認識の仕方が違い、何処が正しいなどとはとても簡単には言えない。他国との関係も、時空の広がりを持った重層的なものだ。若い人の中には親米的な日本が、昔アメリカと戦争していたなんて本当ですかと驚く子も少なくないと聞く。

 私はNHKの地上波とBSで植木さんに「戦争のための平和論」を六十分で十回講義して貰ったらと思う。見逃した人のために再放送もしたらいい。厳正に中立かどうかは分からない、内容も不十分な部分もあるだろう。それでも中立に近く適当な分量であるのは間違いない。最近使われている右とか左とかは空疎で底の浅い言葉で使いたくはないが、見解の相違するという意味で右も左も振り上げた拳を下ろして受講したらよいと思う。議論の基礎が出来る。

コメント

人は石垣人は城

2015年08月29日 | 町医者診言

            

 先日、以前働いていた病院の院長と会食する機会があった。彼の方が少し年下で同窓ということもあって忌憚のない話をした。多くの病院が医師不足で悩んでおり、彼も人捜しに全国の大学の教授を訪ねて回わっているのだが、大学の医局も医師不足のところが殆どで、教授の力が出張病院の人事まで力が及ばない所もあり、百カ所回ってようやく一人ですよと、いささかお疲れのようであった。院長になったからには何某かの理想や意欲もあったと思うが、医師集めと経営で手一杯のようで、どうも勝手が違う様子だった。若い時はもう少し自分勝手というか強引なところのある男だったが、年のせいか院長職のせいか気を配り常識的なことを言うので内心変わるもんだと驚いた。

 二つの言葉に成る程、そうなんだと思った。一つは今の若い医師は優秀できちんと仕事をするということ、もう一つはこれは部長クラスのことだが、やはり人ですよという心底からのつぶやきだ。結局、人格識見共に優れた部長には自然部下が集まり、人格あるいは識見いずれかに難がある部長は何時までも一人部長で悪循環に陥っているということらしい。

 結局は人というのは医院のような零細小集団では身に染みていることなので、そうだろうなと思った。尤も、医業という利潤を求めない技能集団ですら、なかなかうまくゆかないのだから、権力にものを言わせ派閥益を追求する組織では人を得るのは難しいだろうなという連想も働いた。

 若い医師が優秀でよく働くというのは、回ってくる研修医からも感じられることで、これからの医師にはさほどの心配はなさそうだ。これには医学部や医局の教育システムの変化も大きく与っているだろう。一概に悪いとは言えないが、半世紀前の医局には無理偏に拳骨的なところもあった。

コメント

衝撃があるのが不思議

2015年08月28日 | 政治経済

           

 今日は曇っていたのだが、数日前からに比べると蒸し暑く感じた。暑さがまたぶり返すのではと懸念している。

 橋下氏離党で地方議員に衝撃という見出しが出ている。本当だろうか?。橋下氏を支持あるいは心酔していたと思われる地方議員は一体何を見ていたのだろうかという気がする。

 橋下松井の大阪コンビの断片的な知識しかなく、会ったことも見たこともない私の様な者でも、今回柿沢未途議員に幹事長辞職を迫った時点で離脱への伏線を感じた。これを機に地域の仕事に専念と説明されているが、ではもし柿沢議員が辞職していたら、どうするつもりだったのだろうかという疑問が浮かび上がる。恐らく次の難問をぶち上げていただろう。柿沢議員の応援演説は迂闊で幹事長という仕事をわきまえたものではなかったが、辞職しなければ俺が辞めるという迫り方に離党を念頭に置いた布石を感じる。柿沢議員の能力将来性を評価するのならば、注意や叱責に留めるのが本来の姿勢のはずだからだ。要するに気に入らない奴とは一緒にやらないということなのだろうと読める。

 橋下松井の大阪コンビを支持されている地方議員にこの程度の洞察がなく、離党を青天の霹靂と驚いているとしたら、一体どこをどのように支持されていたのだろうかと思えてしまう。

コメント

ダンクバールのこと

2015年08月27日 | 診療

                    

 台風の影響がどのようにあったのか知らないが、今朝も涼しかった。日差しがないせいもあるだろう。私の感覚ではもう九月だ。場所によっては今週から学校が始まっている地域もあるようだ。この陽気ならよく学びよく遊べるだろう。

 ダンクバールが果たして通用するドイツ語なのかどうか、多和田葉子さんに聞いてみたいところだが、古手の医師の間では患者に感謝されると言う意味で使われている。

 医者も人間、しかもいつも上手くゆくとは限らない仕事なので、診療行為が感謝されると嬉しいものだ。そうした病態の一つに尿閉というのがある。診断も難しくなく治療手技もやさしいのだが、患者さんの苦しみは相当なもので、中には七転八倒の苦しみと言われる方も居る。おしっこが尿道から出なくなり膀胱に溜まって、膀胱が破裂しそうに膨らんでしまう。風船が膨らんで破裂しそうになっているのと同じで状態なのだ。殆どが尿道が長く前立腺肥大のある男性に起こる。臨月とまでは行かないが、触診で下腹部が腫れているのがわかる。導尿の用意をしてと言えば、直ぐ看護師が一式用意してくれる。径数ミリのネラトンカテをペニスの先から二十センチばかり入れてやると尿がちょろちょろと出てくる。700mlから1000mlくらい溜まっていることが多い。混んでいる時は看護師に頼むこともある。嫌がらず、喜んでやってくれる。

 というのは辛そうな患者さんがみるみるほぐれて行くのが分かるからだ。「ああ、楽になった」。の一言を聞くのは嬉しい。看護師も医者に負けず、患者が良くなるのを目の当たりにするのが好きなのだ。

コメント (2)

あまりにも戦略的

2015年08月26日 | 政治経済

                     

 風の音どころか,眼にもさやかに秋が見えてきた。身体が楽に感ずる。唯、このまま涼しくなると思わないようにしている。心を緩ませると残暑がぶり返した時、余計に厳しく感じられるからだ。

 また、維新の会が揉めている。大阪コンビの場合にはあまりにも戦略的で、しかも露骨だ。これでは肝心の中身が損なわれてしまう。元よりその中身さえも押したり引いたり七色に語られ正体が霞んで、結局俺の言うことを聞けなのかと思えてしまう。

 脅しすかしなだめる吉本顔負けの芝居で、当初は面白かったし成る程とも思ったが、やがてうんざりしてきた。自分が有利と見るや居丈高、不利と見るや逸らしてどこ吹く風。大阪の人は嫌にならないのだろうか?。

 唯一教えられるのは、したたかで強くなければ政界では生き延びられないことだろうか?。鼎の軽重を問われている柿沢来途なる議員を詳しくは知らないがインパクトのある人物だ。どう対応するのか。

 痴話げんかとも見えない。隣人?としては別れた方がよいのではと思う。

コメント

廻る悩みは

2015年08月25日 | 趣味

      

 既に旧聞に属するが碁の張栩九段が居を台湾に戻した。高々五年前までは複数のタイトルを保持する囲碁の第一人者であったのだが、井山裕太四冠の台頭により次々にタイトルを奪われ,三年前に棋聖を失い無冠となった。碁会二人目のグランドスラム達成者としては、この数年の成績には納得できないものがあったようで、生まれ故郷に帰ることにしたようだ。天才の心境を忖度するのは筋違いで大変失礼なことと承知しているが、ついふるさとに向かう六部は気の弱りを連想してしまう。

 元よりどのような経緯、心境の変化かは分からないが、何某かの悩み迷い鬱屈があったものと思われる。囲碁将棋はスランプが長く続けばそれはスランプではなく、実力の低下だと言われる厳しい勝負の世界だ。悩むから力が出ないのか力が出ないから悩むのか、どちらでもあるだろう。

 居をふるさと台湾に移すことによって、心がほぐれ気持ちが晴れれば良いと思う。三十五才は弱くなる年齢ではなく、捲土重来、会心の笑顔を再び見せて欲しい。婦人は囲碁棋士小林泉美さんで、台湾転居のため休場されるという。最強の女流棋士の一人なのにと残念な気もするが、第三者がとやかく言うことではなく、決意を心から尊重したい。

 どちらかと言えば生真面目で少し思い詰める傾向のあるお二人に見受けるが、泉美さんも台湾の水に馴染まれ、お嬢さん二人とご家族で馥郁と生きられることを願っている。

コメント (2)

日曜討論を聞いて、その心は

2015年08月24日 | 小考

              

 川内原発再稼働を受けて、NHKの日曜討論があった。まさか、電力供給前にトラブルを起こすとは番組予定時には考えていなかったろう。

 エネルギーミックス(長期エネルギー需給見通し)では2030年の電力供給で原子力発電の割合を20-22%にしている。これは原発の廃炉を40年とすると達成できない数字で、新たな原子力発電所を建設するか、40年で廃炉を延長して60年にしなければならない。こうした試算をしれっと提出するところに端的に内閣の考え方の影響が現れている。

 原発反対は感情的な反対で、今の生活を維持するには原子力は必要だというあたかも冷静な考えのような意見が視聴者から寄せられた。確かに今すぐ止めろというのには恐い辛いもうこりごりといった感情が交じっているだろう。そうした感情を感情だから一段劣った論拠のようにいう人にも反対を反対だから嫌悪する感情が隠されていると思う。指摘したいのは直ちにではなく2030年に原発ゼロ、あるいは40年で廃炉にする道筋は本気になれば可能だということだ。

 感情論だと原発廃止論を非難される方は原子力発電の原理や稼働基準をきちんと理解されておられるだろうか。世界一厳しいと首相が繰り返す原発稼働基準には住民の避難計画、メルトダウンの受け皿の設置、万一の被害の責任の所在が抜け落ちている。国の関与は曖昧で、稼働の判断は自治体に委ねられ、いつもの直接関与を避ける責任拡散方式になっている。

 どんなに基準を厳しくしても100%の安全は不可能で、例えば95%を99%にすることは可能でも99%を99.9%にすることは自然が相手のことだし費用対効果からも無理だ。厳しいを稼働を認めされるための形容に、万一の事故の時クリアしていたので事故被害の責任はないという免罪符に、使われては敵わない。

 それと使用済みの高レベル放射性廃棄物の保存処理方法は懸案のままで、何処にどう保存し半永久的な処分をどうするかも決まっていない。若者に負債を背負わせないと言いながら、次の世代へ転嫁しようとしている。世界一厳しいという鸚鵡返しの答弁は、反対の声を封じ込めようとする自家製の言葉の楯に聞こえる。きちんと内容のある議論をして戴きたい。

 太陽光や風力発電といった自然エネルギーは不安定といういかにもの指摘があるが、それは蓄電器やエネルギーの形を変える保存法によって克服できる。これこそ日本の技術力で取り組むべき課題だ。10KWHの蓄電池が50万円でできるようになれば太陽電池パネルの家は急速に増加するだろう。電力会社の経営には不利な展開かも知れないが、既得権を守る姿勢だけでは社長失格と申し上げたい。

 原発がCO2削減に良いという主張は唐突で、安保法制で中国の脅威をスプラットリー進出を挙げて匂わせたのと同じ手法と感じる。CO2削減には委員の一人が指摘したように日本の低CO2産生石炭利用技術を低技術国に指導することの方がよほど実効性がある。

 原発にも安保法制にも反対の人の方が多い。民意を汲む民主主義を尊重すると言いながら、その心は「いいじゃん、そんなこと」ではと恐れる。

コメント

野球はMLB,MLBはBS1

2015年08月23日 | スポーツ

                     

 1年半年ほど前からBS1でMLBをよく見るようになった。勿論、MLBが上手にダイジェストされ日本人選手の活躍が見られるというのが一番であるが、キャスター解説者の魅力も大きい。特に深津留美さんはベティさん的魅力がありちょっとコケティッシュなのだが、さりげなく嫌みでないのでファッションや笑顔が楽しめる。解説陣の田口、小宮山も対象的なキャラクターなのだが甲乙付けがたく、的確な解説コメントがプレーの理解を深めてくれる。土日の石井一久もどことなく惚けていながら、成る程という解説感想を聞かせてくれて、捨てがたい味を出している。平原沖恵さんは色々考えてアシストされているが、深津さんには及ばない。別路線に切り替えた方が良さそうだ。そして司会のNHKのアナウンサーは出しゃばらず番組を引き締めて、しゃべりのプロの片鱗を見せてくれる。

 この番組のお陰でMLBで活躍する日本人選手を憶えたし、外連味のないダイナミックでスケールの大きいメイジャーリーグベースボールの醍醐味を知ることができた。

 MLBは日本の倍以上チーム数があるのだが、リーグの構成地区の構成そしてチーム名にも馴染みが出来、なんとなく贔屓筋も出来てきた。ブルージェイズ、マーリンズ、パイレーツなど新しく馴染んだ名前も増えた。レッドソックスのグリーンジャイアンツも意味が分かった。田沢などという聞いたことのなかった選手や、レギュラーとして活躍するジャイアンツの青木の頑張りを知ることが出来た。

 そしてメジャーリーグウエイと言うべきビジネスライクなトレードや移籍の仕方の裏にはちゃんと人間の心の動きがあり、それを受け入れる実力本位の厳しいルールへの理解があるのも知った。勝ち負けと優劣を認め、それをきちんと受け入れる潔さは日本以上かも知れない。

コメント (2)

臍下丹田に力を入れる時

2015年08月22日 | 町医者診言

     

 久しぶりの好天で時々青空を見上げながら、駅まで歩いた。日差しは熱いけれども、頬をよぎる風に秋を感じる。蝉の声がめっきり小さくなり、命を終え路傍に転がっているのを何匹か見かけた。夏が終わるのだ。このまま行けば九月の猛暑は避けられそうと、ほっとしている。

 高槻の少年少女誘拐殺害事件の容疑者が捕まった。まず、捕らえた高槻警察に良くやったと言いたい。犯人には並みの刑罰では不十分だ。厳しい取り調べをして戴きたい。それにしても一体どうしてと思う。卑劣陰湿な犯罪の動機経緯を徹底的に調査分析して欲しい。

 勿論、一朝一夕には解明出来ず対策もおいそれとはできないだろうが、何とかして少しでも安全平和な社会をと願わずには居られない。

 株安、不穏な北朝鮮の動き、安保法案の鬩ぎ合い、卑劣陰湿な犯罪・・・落ち着かない不安な世の中世界情勢になってきている。こういう時こそ、臍下丹田に力を入れ、軽挙妄動を避けなければならない。複数のメディアの情報を見聞きし、よく考えて煽動には乗らないことだ。複数のメディアには外国の放送も入れたい、同時通訳があるから理解できる。他者の考え視点を知ることが間違いを防ぐと思う。頼りない信用できない政治家が多い。党に迷惑をかけるからと疑惑説明解明の前に離党、「しかたがない」と即認める党首。茶番以下だ。国民がしっかりしなければ、世論に力ありと申し上げたい。

コメント