駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

鰻重を戴く

2018年07月23日 | 旨い物

    

 万葉集にも夏痩せに鰻召しませと謳われている。万葉の昔から鰻は栄養満点と知られていたようだ。今のような蒲焼きと言う調理法が始まったのは江戸時代の中頃とされるが、誰が思いついたか、これ以上飯に会う調理法はないと思う。昨日は土用の丑の日二日遅れで、鰻を食べてきた。そういうことはないと言われるかもしれないが、土用の丑の日は注文が多すぎて味が落ちるのではないかと、いつも避けている。

 鰻は海で産卵するが川魚で、海のない故郷の岐阜でも、幼い時から時々ご馳走になってきた。子供心にも美味しく、鰻と聞けば心躍ったものだ。成人してからも帰省すると父や兄がじゃあ鰻でもと近所の川魚料理の料亭へ連れて行ってくれたものだ。

 懐に余裕ができた働き盛りには月に一回くらい食べていた。しかし、だんだん値が張るようになり、今では年に数回食べるだけの本当のご馳走になってしまった。うなぎ屋自体も数が減ったようで鰻専門店は市内に七、八軒と思う。ウナギの蒲焼きは地方によって背開き腹開き蒸す蒸さないと調理法に様々なバリエーションがある。自分は故郷の蒸さない蒲焼きが好みだ。そうはいっても江戸風や九州柳川風も嫌いではなく、美味しく戴く

 昨日訪れた店は、鰻専門店で座敷があり、床の間に軸が掛かり、小ぶりの庭を眺めながら待つことができる。時代の流れで待たせないために時間指定の予約制で、座敷でも椅子とテーブルの設えになっている。

 父も兄も亡くなり、故郷にあった蛙の鳴き声や青い水田もないが、縁あって移り住んだ土地で家内と二人、見事に焼きあがって照りのある鰻重を「美味しいね」と戴いたことだ。

コメント

柏餅を味わう

2018年05月11日 | 旨い物

     

  今日は一昨日と打って変わり皐月空が広がり汗ばむ陽気だ。一昨日はまさか五月に暖房がいるとは思わなかったという冷え込みで一体いつまで三寒四温が続くのだろう、患者さんとおかしいですねえと顔を見合わせていた。

 和菓子が好きで月に二三度生菓子を買ってくる。家から車で十五分くらいの所に三十年前から馴染みの店があり、近くを通った時にはそこで五六個購入する。私が三分の二、家内が残りの一二個を食す。当地に来て五、六年安くて美味しい和菓子屋が見つからずがっかりしていたのだが、たまたまちょっと離れた商店街で見つけたのがこの店で、その頃は七十台と思われる腰の少し曲がったご主人が健在だった。販売は娘さんと嫁さんが主に担当していたのだが、時々はご主人も出てきて接客してくれた。ちょうど今頃柏餅の出回る季節だったのだが、ご主人が新趣向で漉し餡を緑のヨモギの皮、つぶし餡を白い皮に包むのを作ってみたのだがどうかねと、馴染みになっていた私に声をかけた。なるほど、それじゃあそれを三個づつと買って帰ったのを覚えている。

 まあ、面白い味とは思ったが、定番としてはどうかなというのが私の感想だった。それでも七十を過ぎて研究心を怠らないのは偉いと思った。残念ながらというかやはりというか、逆転の発想は定番とはならず、ヨモギの皮に漉し餡と白い皮につぶし餡は消えてしまった。それからほどなく、ご主人は亡くなったのか引退したのか店に顔を出さなくなり、中年の息子らしき人が菓子を作るようになった。

 今でも皮一枚他店より旨いとは思うが、先代が作っていた柏餅の皮の腰の強さは失われた。先代の柏餅は皮が滑々しておらずちょっと手にくっついて食べにくいところはあったが、もちもちして私には噛みごたえがあり美味しかった。娘さんは嫁に行ったのか、爺さんが居なくなる前に顔を見なくなった。店は十年ほど前に建て替えてきれいになり、もっぱら嫁さんが店に出るようになったのだが、彼女はちょいととがった年を取りにくい顔立ちで相変わらず愛想はなく三十年の月日を感じさせない。

 街中の自宅で作ってご近所に販売する和菓子屋、有名店の一個200円と違い、歯を食いしばって一個130円で一日にそれこそ四五十個を売る商いには厳しいものがあるだろう。しかし先代はその中で工夫を怠らなかった。そこに紙一重、私のような顧客を捉える味が生まれていたと思う。大量生産と量販店が席巻しシャッターが下りる商店街で消えてゆくのは街並みだけでなく肝心要の工夫精進の心意気とすれば、由々しき事態なのかもしれない。

 昨日夕方行ったら柏餅は売り切れ。

コメント

馴染みの味わい

2018年02月22日 | 旨い物

 

 誰にも馴染みの店はあると思う。たまたま入って気に入った、相性が良かったのでというのが、多いだろうか。私は新しい店を探検するのが好きで、探して見つける場合が多い。中で三分の一くらいは人づてに良いと聞いて、やっぱりよかったというのが入っている。口コミの情報は結構参考になる。そこへ行くとネットの情報はあまり参考にならない。先日のカレー屋はネットの評価はよかったが、私にはがっかりだった。食べ物屋ではないが、歯医者と床屋は十年ほど前から勧められた所を利用しているが、良い所を教えてもらったと感謝している。以前の所と雲泥の違いと言えば言い過ぎかもしれないが、特に歯の方は最初からここに来ていればとちょっと後悔している。

 昨日は馴染みの寿司屋に行ってきた。この店は以前は職人を何人も使った駅前の大きな店だったのだが、親爺さんが時代を鋭く読んで?六年前に店をたたみ、百メートルばかり離れた場所に息子と二人だけで八席の小体な店を開店したのだ。完全な家族経営で、お値段も七掛けくらいに安くなり、味はむしろ上がった気がする。以前の店には二回ほど行ったきりで、特に贔屓きにしていたわけではないが、新しい店には月に一回ほど顔を出している。

 先客は一人だけで、なんだか寒いのとオリンピックのせいでこの所暇なんですよと、この頃は息子に任せきりの親父さんが話しかけてきた。ここのお茶は最初はややぬるく僅かに薄くて飲みやすく、だんだん熱く濃くなって行く。いつも三杯ほどお代わりをするんだが、微妙な心遣いに感心する。寿司も細かい神経が行き届いており、本当に美味しい。白身の旨さをここで教えられたと思う。

コメント

ついていない日もある

2018年02月15日 | 旨い物

 

 今日は布一枚暖かい。気のせいか鳥どもも元気で騒がしかった。子どもの頃あれほどいた雀が居なくなり、何だか尾の白い鳥が歩道を歩いている。野生の鳩?らしい太目の鳥もよく見かける。野鳥写真家のT氏にこれは何と聞けば即答してくれるはずだ。彼は鳴き声で何処に何が居るかわかるらしいから凄い。そうでないと良い写真は撮れないらしい。

 昨日はネットで特別旨いカレーの店ができたという情報を得たので、わざわざいつもと逆方向に電車に乗って出かけた。店の前まで来てがっかり、何だか知らないが今日はもう閉店と出ていた。どんな大食らいが何杯食べたのか知らないがルーが切れたらしい。とぼとぼと帰ったのだが電車に乗ろうとすると手袋が片方ないのに気付いた。改札から5,6メートルの所に落ちている。小銭を掴む時に外したのを落としたらしい。取ろうと戻ろうとすると、当たり前だがバーンと通せん棒の板が上がり弾かれてしまった。待つこと暫し、おじさんがやってきたのですいませんと声をかけて拾ってもらった。「ありがとうございます」とお礼を言う間に電車は行ってしまった。今日はついてないなあと思いながら、それでも吉村昭氏ではないがカレー頭になっているので意地でもカレーと帰り道で中村屋のレトルトカレーを買った。カレーを食べない女房はどうだったと涼しい顔で、オリンピックをご覧になっていた。

 逃したカレーは美味そう、土曜日に再挑戦しよう。

コメント

コースだけのメニューってー困るんだよ

2017年11月09日 | 旨い物

  

 旨いもの美味しいものが大好きで太目だった両親に育てられたせいか、ついつい食べ過ぎる傾向がある。家内と二人きりで夜レストランに行くことは滅多にないが、連れがあると早速フレンチイタリアンを予約して出かけてしまう。

 そんな時に困惑するのが、メニューにコースしかない店だ。きちんと下調べしないのが悪いかもしれないが、いちいちメニューまでチェックしないことも多い。お値段はある程度覚悟しているので我慢できるとしても、サラダとメインだけで十分な腹具合のことや体重が気になることあるし、あれこれ迷う楽しみもあるのだ。

 コースだけにしておけば準備が簡単(手頃なコースに前菜やメインを追加してクラスを上げてある)だし、お手頃のコースと言っても四、五千円である程度の単価が確保できる、というのがコースしかない理由だろうが、お客としてはちょっと異議もある。

 確かにディナーとなればそう滅多に行くものではないから、多少値が張ってもコースがお勧めというのはある程度理解できるが、ディナーというのは正餐のことで夕食を意味するわけではない。ランチはサービスでお手頃な値段にしているので、夕食はそれなりのお値段でというのは、業界の作り出した慣習のように思う。

 どうも日本は庶民から沸き上がったと言うよりはクリスマスから始まりバレンタインからハロウイーンまで、業界の作戦的な流行が慣習のようになっている。日本はと書いたが諸外国でもそうした傾向はあるかもしれない。

 そうした作戦が裏目に出て苦戦しているレストランも多いと見ている。発想を変えて、夜もランチに似た感覚で食べられるメニューにすれば、今夜も一組みだけとか二組だけということはなくなるのではないか。

 八千円で二組よりも三千円で六組の方が賑やかで客も楽しい。特にフレンチレストランは考え直すと良いのではと思う。

コメント

うどん湯は飲むものか?

2017年03月27日 | 旨い物

               

 三寒を越えてこの四、五日は冷え込み、何だか桜が遅れそうだ。昨夜は寒かったのでうどんを食べに行った。寒さが客を呼ぶらしく、丸亀うどんは満員だった。何を食べようか迷ったのだが釜揚げにした。食べあげてから、蕎麦の蕎麦つゆを真似て、釜揚げの茹で汁を付け汁に混ぜようとしたら案の定こぼしてしまい、早速女房に叱られた。果たして釜揚げうどんでそんなことをしてよいものか知らないが、暖かく美味しかった。ただ、蕎麦つゆと違いうどん湯には殆ど風味はなく、専ら付け汁の味がした。

 果たしてこういう食べ方があるかどうか、釜揚げうどんなど二三年に一回くらいしか食べないし、味噌煮込みうどんを食べてきたのでよく知らないが、多分マナー違反だと思う。

 うどん派から異論はあろうが、どうもうどんはそれだけだとちょっと物足りない。釜揚げとざるそばだと五回に四回ざるそばを選びそうだ。ラーメンもそうだが、私は麺そのものの美味しさでは蕎麦が一番と思う。そして麺そのものの味の差が一番あるのが蕎麦だと思う。次はうどん。ラーメンは行列店とチェーン店で、麺そのものの旨さは倍程度の違いだ。うどんは数倍、蕎麦は雲泥の差がある。

 しかしまあ、一番身体が温まるのはうどんのような気がする?。尤もうどんと蕎麦は列島の東西を問うので、意見は割れるだろう。 

コメント

大判焼きを買ってしまう

2017年03月25日 | 旨い物

          

 どうもいい年をして妙な趣味があり、電車では一番前で運転手と一緒に線路を見つめ、デパ地下では大判焼きが焼かれてゆく様子を見てしまう。

 一列十個の四列を二十個づつ表と裏に分けて焼いてゆく。手際よさに見とれてしまう。餡子をたっぷり、誰が考案したのか四十センチばかりの筒に詰めそれを5センチ?幅で表側の焼き掛かった皮に置いてゆく。置き終わると裏になる皮を焼き始め、頃合いを見計らって餡の入った表側を被せてゆく。どうもこれが一番難しいらしく、二三個生焼け皮がはみ出してしまう。直ぐには補正せず、一寸焼けたらはみ出した皮を千枚通しのような道具で切り取り形を整える。

 焼いているお兄さんは二十代後半か、見物人には慣れたもので全く気にせず黙々と手を動かしてどんどん焼いてゆく。買い手は八割方女性で、三個から十個くらい赤(小豆)白混ぜて買ってゆく。どうも小豆餡の方が圧倒的に人気のようで、三対一の感じだ。食い過ぎるなと思いつつ、今日は買ってしまった。赤四個白二個で、四個が私の胃袋に入りそうだ。甘みは控えめであっさりしている。今日は二個で我慢し、明日はチーンをして食べることにしよう。

 毎日、肥満気味の患者さんに口を酸っぱくして注意しているのだが、人間は目の前の楽しみに自分に都合の良い言い訳を考えて、自分に甘くなる。食べてしまってからちょっぴり後悔している。しかしまあ、喉元過ぎれば取得した過剰なエネルギーはわき腹に蓄えられてゆくわけで、過ぎた後悔はないよりはうんと良いのだが、元には戻せない。次は三個で我慢しよう。

コメント

長居は無用の椅子

2017年02月02日 | 旨い物

     

 市内に美味しいカレーは少ないのだが、ここのビーフカレーは旨い。最近残念なことに街角の洋食屋は減ってきた。嬉しいことに、この店は五十年の歴史を誇り今も健在だ。三年前に内装を変え、椅子とカウンターを新調したが、十一種類のメニューと値段(税込み700円から1100円)は十六年変わらない。牛丼の吉野家さえ手を変え品を変え値上げしているのに、値上げしないのは凄いことだ。友人のH氏に依れば、家族経営で客の回転が速いから出来ることだそうだ。

 椅子の座り心地は良くないが、コーヒー紅茶はなく要するに食事が済んだらさっさとお引き取り下さいというメッセージと理解している。半数が男性の孤食で、あとは家族ずれとカップルなのだが、それでもに二十人に一人くらい女性の一人客が居るのは伝統を誇る生活に溶け込んだ街中の店ならではだろう。

 見知らぬ客がカレーを頼むと女将がにっこりと言うよりはにやっとして「辛いが良いですか」と確認する。私の場合は顔を見ただけでいつものの一言に頷くとカレーが出て来る。月に一回は食べに行く。もう一軒旨いカレーを出す洋食店があったのだが、十年ばかり前に閉じてしまった。新規の店で贔屓にしていたのだが、五年持たなかった。偏屈親爺で腕は良いのに意固地で客の食べ方を注意するのだ。気が利かぬ女将で上手く取りなすことをしないので、客が離れてしまった。カウンターはやめてテーブルだけにして、奥に引っ込んでいれば良かったのに。今頃何処でどうしているだろうか。

コメント

生食パンを戴く

2016年12月17日 | 旨い物

          

 噂に聞いていた生食パンを患者さんがお歳暮と一緒に差し入れてくれた。なんでも出先でわざわざ並んで買ってきてくれたそうだ。早速、何とか八等分(もちもちして切るのが難しかったそうだ)して、職員と分けた。ちょいと、ちぎって食べてみたら、確かに不思議な美味しさがあった。元来、お餅が好きなのでこうしたもちもち感には惹かれる。忽ち、半斤位食べれてしまいそうだ。

 美味しいと噂になれば、多少高くても飛ぶように売れるようで、全国展開を始めているらしい。確かに美味しいが、トーストも捨て難く、近くで手軽に買えれば、また食べてみたい味というのが私の結論だ。

 今は物珍しさも加わっているが、これからどの程度レピータが出て来るか、どれくらい後を追う類似商品が出て来るかで、長期人気定番になれるかが決まる。一般に店が大きくなると品質は落ちるとしたもんだ。果たして生食パンの十年後はどんなものか。

 それにしても個人営業のパン屋さんが増えた。それぞれ色々な工夫を凝らし、独自の美味しさを追求している。グルメ雑誌や生活雑誌の旨い物特集でも取り上げられ、ネットでもヒットする店は数限りない。店主の個性意匠が商品に反映され、それぞれファンが居るらしい。色々凝る人がパン屋になるのかパン屋になると色々凝るようになるのか不思議だが、おそらくパン作りには酵母が絡むので微妙で実験的要素があり奥が深いからだろう。

 医院も少し似たところがあり、ガイドラインに沿った診療といっても薬や説明には各医院で院長や職員の個性が出て、患者さんの好みが分かれ選ばれているようだ。尤も一番の選択理由は近くて便利だからと聞いている。定番になるにはあんまり個性的でもということだろう。

コメント

5,4,3,2・・?

2016年11月02日 | 旨い物

               

 5,4,3,2・・は一つずつ数が減る単純な数列に見えるが、さてこれが1で止まるか0で止まるか、はてまた-1と続いてゆくのかは知らない。

 昔、一丁先の角に駄菓子屋があり、店先で親父さんがみたらし団子を焼いてを売っていた。通り掛かると良い匂いがして美味しそうだったが、食べられる機会は滅多になく、誰かがお土産に買ってきてくれるか、お祭りで小遣いが貰えた時ぐらいだった。今ほど甘くない単純な醤油味で大切に食べた。私が小学校に入った頃は、団子は串に五個で一本五円だったが、徐々に値上がりし、中学に入る頃は団子が四個に減って十円になっていた。高校を卒業する頃には二十円くらいになっていたように思う。大学を卒業する頃には、親父さんは亡くなったようで団子はなくなり、お婆さんが駄菓子を売り続けていたが、しばらくして店も閉じてしまった。

 何十年もみたらし団子を忘れていたが、コンビニが出てくると一串三個になり甘辛いねっとりしたタレで再登場してきた。根強い人気があるらしい。昔の味とは違うけれども、時々食べていた。

 先日、仕事が終わり院長室に戻ると、女房があなたもどうとコンビニのみたらしを一本勧めてくれた。団子が二個しかないので食べさしかと思ったら、そうではなく一串二個に減っていた。値上げする代わりに個数を減らしたらしい。あれあれ、これではいつか一串一個の団子が出現しかねないと、みたらし団子の将来を案じてしまった。コンビニは売れ筋商品しか置かないので、いつか店先から消える心配もある。

 既に店先で焼き鳥のようにみたらし団子を焼いて売る店は絶滅した?ような気がする。あるいはまだ日本のどこかに、店先で焼きながら売っている店が残っているかも知れない。今ではみたらし団子の五本や十本くらい簡単に買える小遣いを持っているが、店先で焼いて売る店を見かけず、ひもじいような食欲も今は昔となった。

コメント (2)