駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

未だ八月なのだが

2014年08月31日 | 町医者診言

               

 八月の最終日、もう秋の気配が満ちている。気象庁の予報では暑さはぶり返すらしいが、このまま秋に突入にしてもらって何の異存も無い。尤も、一斉に鳴き始めた秋の虫たちは暑さがぶり返したらどうするのだろう。

 名優は猛獣使いでもあったようで、石破幹事長も唯々諾々と権力者には従わざるを得なかったようだ。尤も、決して唯々諾々ではなく亀裂は決定的という報道も数多い。相変わらず藪の中で決められて行くのが政治のようで、正確な情報は流れてこない。

 アベノミクスと言われるが実態はアベノティクスというのが正確で、最重要課題を連発しながら、安倍政治を押し進めて行くようだ。ワンサイドゲームは強い方のファンにはたまらないかもしれないが、いつまでもワンサイドではゲーム自体の衰退が必至と思う。布陣を手直しする強者に、対抗する勢力を結集して切磋琢磨が可能な政治にならないものかと願っている。

コメント

不思議な夢

2014年08月30日 | 小験

                    

 年を取ったせいか、夢を見ることは減ったのだが、先日奇妙な夢を見た。大体、夢はよく憶えていないものだが、この夢は荒筋を憶えている。

 辺りは薄暗ぐらかったので、診察後だと思うが、知人のNさんに頼まれて彼のお爺さんの往診に出かけたらしい。唐突で経緯を憶えていないのだが、ただ黙々と市街地を離れ山奥の方へ向かって車を走らせている。だんだん人家がまばらになり、どんどん道が狭くなる。真っ暗になってしまった。ヘッドライトを頼りにくねくねと道を進んでいると、寺の山道のようなところに出た。人がやっと通れるような道しかない。行き止まりかなと思うと不思議なことに車が進むと道幅が広がり奇妙に通り抜けられる。どういうことと隣に座っているはずのNさんに聞こうと思うのだが、言葉が出て来ない。なんだかNさんの気配もはっきりしない。おかしいなあと思っていると急に道が開け、大きな木が目の前に現れた。慌てて車を止めるとさっと人影らしきものが走るのが見えた。着いたとか来たとか言うような声がしたような気がしたら眼が覚めた。

 ゾゾーの夢ではあるが恐くは無く、なんだか不思議な気分だった、その日は睡眠不足でもなく、何も変わったことはなかった。何だったんだろう。

コメント

MR、基本はセールスマン

2014年08月29日 | 医療

          

 MRの人達の訪問を受けるようになって四十年以上になる。MRはMedical Representativeの略なのだが、実態は自社薬品のセールスマンである。三、四十年前はそれこそゴルフや夜の飲食と接待係のようだったのだが、徐々に規制が強くなり二年前から個々の接待はなくなった。今は講演会の企画後援と訪問自社製品説明が主な仕事になっている。 

 この訪問説明なのだが、これが色々でテープレコーダーのように決まった説明を数分して、ありがとうございましたと帰ってしまうのから、豊富な話題で楽しい時間を過ごさせてくれるのまでかなりの幅がある。一番嫌なのが買ってくれ買ってくればかりで、ライバル社をこき下ろし、最後は泣き落としであと二年だけ(自分の任期中)は自社製品をお使いくださいと最敬礼する奴だ。

 相性もあるのだろうが、年下の友達のようになり転勤で名残惜しい人達も居る。今頃、厳しい名古屋や京都大阪で泣かされていないだろうなと思うこともある。

 自分にはできそうもない仕事のアドバイスは僭越かも知れないが、やはり相手を見て対応するのがよいと思う。色々な話題の中で乗ってよく話すことは好きなのだし、何となく言葉を濁してはぐらかすような話題は好みではないのだ。そうしたことはセールスの基本だろうと思うが、よく分かっていない奴も多い。今の季節は

 「夏休みはどこか行かれましたか」という質問が多い。

 「田舎に墓参りかな」。

 「田舎はどちらですか」くらいまでは良いのだが、

 「それからとか、何日くらい、ご家族と・・・・」などは聞き過ぎで、最初の返答で、展開して良い話題かどうかを見極める能力が求められる。よほど親しくなれば別だが、数回の訪問でプライベートなことを聞かれるのは、嫌がる医師が多いと思う。尤も、ひょっとして、私は難しい顧客リストで申し送られているかも知れない。

コメント (2)

バーガーキング賢明?な判断

2014年08月28日 | 旨い物

                    

 私は経済評論家ではないので、経験感覚からの意見だが、バーガーキングとティムホートンの合併は賢いと思う。日本ではマックが圧倒的、アメリカでもマックが優勢のようだが、日本に来ているアメリカのファーストフード店から、アメリカ国内のファーストフード事情を想像するとずれてしまうところがある。

 市場調査をするのだろうか、やはり日本人に受けやすいアメリカのファーストフードが先ず日本にやってきているように思う。それに微妙だがアレンジがしてあるのではないか。バーガーキングは質より量の陽気で粗野なアメリカ大衆的な印象で、繊細洗練を好む日本人にはあまり向いていないように思っていた。

 ティムホートンのことはつい最近まで知らなかったのだが、よく読むカナダ在住の方のブログで知って、一昨年バンクーバーへ行った時コーヒーの美味しさと穏やかな雰囲気を確認してきた。ティムホートン好みの人はがさつになりはしまいかと多少懸念されているかも知れないが、お互いの長所を伸ばし、短所を補え合えば上手く行くのではないかと予想する。

 合併で思い出したが丸善の場合は、丸善で居て欲しかった気がしている。殿様には殿様の良さがある。

コメント

お金を払う前に考える

2014年08月27日 | 小考

                

 完璧な健康というものなどないのだが、あたかもそれが存在するような、そしてそれが簡便に手に入るような広告が溢れている。私これを飲んで、こんなに元気です。幾ら貰っておられるのか知らないが、自己暗示は犯罪ではないにしても、過大で錯覚を狙った広告が多過ぎる。        

 数多いこれを飲んで元気という健康食品がある。そんな食品が何百もあるだろうか。あるとすれば内容が類似しているはずだ。詳細な成分比較がされているのだろうか。一体原価は幾らぐらいで、広告費は何%くらいなのだろうか。効果がない場合や副作用が出た場合は訴えることが出来るのだろうか。購入する前に考えた方がいい。購入してしまえば支払った費用効果が出る恐れがあるし、それに小さくいろいろ但し書きが付いているかもしれない。  

 別に完璧でなくとも良い、知り合いや同僚に負けない、出来れば凌駕する健康体を手に入れたい人間、人の不幸は蜜の味が止められない人間が本当に効果のある健康食品を誰にでも教えるだろうか。家族とせいぜい親友数人にそっと教える程度だろう。誰にでも、時間限定でお安くなどは儲けたい心のなせる業だ。  

 声を大にして申し上げたいのは、本当にそうした効果があれば、厚労省が必ず公費で各家庭に配り出すということだ。医療費の増大で頭の痛い厚労省は喉から手が出るほど、病気予防対策を望んでいるからだ。

 実は実際にそうした効果のある対策は知られている。勿論、100%には程遠いが適度な運動をすること、過食を避けバランスの取れた食事を取ること、過度のストレスを避けることなどには成人病予防効果がある。ただ、これはお手軽とは行かず、しかも継続しなければならない。  

コメント (2)

薬だけって、どういうこと

2014年08月26日 | 世の中

            

  足が浮腫んだから、診てほしいとNさんがやってきた。二年に一度ほど風邪を引いたとやってくる71歳の男性だ。何でも三週間ほど前から夕方になると足が浮腫んでくるらしい。出された足を見ると成る程、くるぶしが隠れるほど浮腫んでいる。

 さてと話を聞き始めると、二年前から通りの向こうの某医院で高血圧の薬を貰っていると言う。どれどれとお薬手帳を見せて貰うと高血圧だけではなく脂質異常症や抗血小板薬も入っている。

 「なんだ、血圧やコレステロールの薬を貰っているじゃない。そこで診て貰らってよ。わざわざ、ここに来ることはないよ」。

 「いや、そこは薬を貰いに行ってるだけだから」。

 「えー、だって血圧やコレステロールの薬に血管が詰まるのを防ぐ薬を貰っているんだから、浮腫みも診てくれるはずだよ、話してみた?」。

 「いーや、でも薬を貰っているだけだから」と不満そうだ。

 「あのね、血圧やコレステロールの薬を出すと言うことは身体全体を診ますということなんですよ。私が診察すれば今飲んでいる薬を変えたり止めたりすることになるかもしれないんだよ、それは困るでしょ。とにかく、向こうで話をしてみてください」と差し戻してしまった。

 別に邪険にしたつもりはないが、話を聞いて貰う医者、薬を貰う医者と妙な使い分けはよして戴きたい。そういえば、この前、

 「隣の家が建て増しで、境から10cmの所まで迫ってきたのよ。これって違反じゃない」。

 「うっ」と詰まると

 「先生に聞いてもしょんないんだけど」と言うおばさんが居たな。看護師まで

 「聞いて貰うと気が済むもんね」だと、ニャロメ!

コメント

私は二歳

2014年08月25日 | 診療

                  

  Hきんさんは八月生まれだ。先日受診された時、椅子に座ると二本指を立てて「私は二歳」とにっこりされた。きんという名前は長生きする名前なのだろうか、102歳になられた。当院に4名居られる100歳以上、男一人女三人、のトップを走っておられる。100歳以上の方はみな何とか一人で歩け、耳は遠くても頭はしっかりしておられる。耳元で話せばきちんとした会話が出来る。

 Hさんは現代史をそのまま生きてこられ、戦争未亡人になられたが三人の子供を育て上げ、今は長男夫婦と住んで居られる。と言ってもこの二年ほどのことで100歳までは独居だった。

 やや面長の目元の涼しい穏やかな方で、皺の中にある笑顔を見ながら「私は三歳」が聞きたいと思ったことだ。

コメント

There is no place like T

2014年08月24日 | 小考

           

  ユリカモメに乗り両脇に迫る高層ビルを抜けて竹芝辺りに来ると、東京湾越しに林立するビル群が見えてくる。この程度の都市景観は左程珍しくないという声も聞こえるが、私は比類ない都市景観と思う。私が知っている大都会はニュヨーク、ロンドン、パリそしてローマぐらいだが、中でマンハッタンの方がビルの高さや稠密度では上と言われる方も多かろう。私が東京を特別で比類ない大都会と感じるのはそのflneなところにある。

  上手く一言で表現出来る日本語を思い付かない。きめ細かく清潔で繊細な街並みと申し上げればよいのだろうか。勿論そんな所ばかりではないという反論もあるだろう。しかし、限られた私の経験からの感想を首肯される方は多いと思う。

  地方の時代と言い書きされる方が多いが、地方に骨を埋める足場から発言して頂きたい。時々訪れて、地方の時代と教えて頂いても鼻白んでしまう。

  女性MR(独身)の中に、退社して東京の会社に再就職された方が何人も居られる。何故かは詳しく存じあげないが、東京の魅力が預かっているのは間違いない。

コメント

つまらんこと

2014年08月23日 | 小考

                 

 安陪首相が広島災害の報にゴルフを直ぐ止めなかったとか橋本聖子議員がキスを強要したとか、反省を求めてもよい事柄ではあっても、重大なミスや大きな問題ではない。地位のある者を咎めてやろうという底意が見えて、浅薄な問題提起に思える。適当な言い訳や説明をするだろうが、それでお終い。言いがかりのような取り上げ方は詰まらない。

 外交、エネルギー問題、特定秘密保護法、憲法解釈変更など、本筋根幹の問題に迫らなければ、眼が逸れるだけだと思う。

 事故や惨事は誰それが悪いよりもどうすれば防げたか、詰まるところどう報道していれば防げたかを検証して戴きたい。

コメント (2)

つまんないなあ

2014年08月22日 | 人物、男

                

 つまいないなあなどというと不謹慎だと言う人が居るかも知れない。勿論、悲しい、寂しいという気持ちもあるが、つまんないというのが一番正直な気持ちだ。

 数日前主治医から、一昨日は奥様からお電話で失礼とは思いますがと、亡くなったという連絡とお礼が入った。 

 Kさんは七十八歳だった。宿痾の糖尿病があったとは言え、もう少し生きられたかも知れない。少なくともまだまだ元気と感じさせてくれる方だった。今回も当然二三週間で退院できると思って送り出したのだが、思いかけず亡くなってしまった。十七年前脳梗塞で倒れてから通院を始められ、六年前に心筋梗塞を起こされた。最近は不整脈もあり、年に一度くらい心不全で病院にお世話になっていた。

 元々運動神経が良かったのか右の片麻痺は通院を始められてからも回復し、ひょこひょこと器用に歩かれた。、言葉もスムースではないが当意即妙で、不自由な動きや軽い息切れに不平も言われず、「先生、トルコはいいところだよ、一遍行ってみな」と勧めてくだすった。そうかというので一度はと思っていたイスタンブール訪問を叶えることができた。

 通院していたのに心筋梗塞を起こしても恨みがましいところは皆無で、「ははあ、だいぶんいいよ」と笑っておられた。いつも「じゃあ、また」とにっこりしながらひょこひょこと診察室を出ていかれた。不平や愚痴を言われず、調子悪くて入院を勧めた時も「そうね」と素直に従がって頂けた。又会えたと楽しい患者さんだった。

 正直、こうした患者さんはそう多くはない。会えなくなってつまんないなあ。

コメント (4)