駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

梅雨の合間のニュース

2020年07月03日 | 世の中

              

 

 昨日は梅雨の合間の晴天だった。夏の日差しが妙に懐かしく、心が浮き立つ感じがした。患者さんも天気が良いと出かける気になるらしく一昨日の倍だった。

 今朝はまたどんよりと曇っている、梅雨はこうしたものだと知っているので、今暫くの辛抱だと折りたたみ傘を鞄に入れていつもの道を歩いてきた。

 藤井七段が王位戦で千駄ヶ谷の受け師をあっという間に土俵際に追い詰め慎重に押し出した。強いなんてものではない。親御さんが特に将棋が強いとは聞いていないが突然変異なのだろうか。ひょっとしたらコンピューターにも勝てるのではないかと思ってしまうくらいだ。

 東京でコロナ感染者数が百人を超えた。感染者数だけを発表されても解釈に苦しむだけだ。検査対象と検査数を同時に公表しないとなんとも言えない。どうして陽性者数だけを発表するのだろう。東京アラートはお遊びだったのだろうか、猫の目のように方針が変わると狼少年、否狼おばさんになってしまう。妙な英語と舌足らずの語尾で何を言いたいのか分からない。正体を見せない作戦でしょうか?。

 池江選手が病気快復後初めて水泳の練習姿を公開した。随分筋肉が落ちたが、元気そうだった。私が医者になった頃は急性白血病は死刑宣告と同じだったのだが、医学の進歩に驚かされる。神様は耐えられる者に試練を与えたのだろうか、何とか健康な爺さんの方が逆に笑顔に勇気づけられた。

コメント

悪夢が現実に、悲痛な言葉

2020年07月02日 | 政治経済

             

 

 香港の国家安全維持法が予定通り成立した。香港特別区長官月娥はにこやかに、法案の成立の祝杯を手にしていた。一方、民主化デモを支えた黄之鋒、周庭は共に民主化団体を脱退し身を隠した。周庭さんは巧みな日本語を話す若い女性で民主化運動の女神とも呼ばれ、BSのテレビ番組で何度も見たことがある。なかなか可愛く賢そうな女性だ。

 彼女の「生きてさえいれば希望がある」という別れの言葉は悲痛だ。習近平が牙をむき力で恐怖によって自由な言論を封じめた。香港は存在価値を抹殺される。

 新型コロナに劣らない政治的恐怖、そして経済の落ち込み破綻も避けられそうにない。果たしてこの荒波をいくら高い民度を誇っても言葉でちょろまかす政治家で乗り切れるだろうか、無理だと思う。

 言論の自由を謳歌する安倍防御安倍批判もよいが、優れた後継者を言論の自由で見付けださねばなるまい。

コメント (2)

自分でやると分かるのだが

2020年07月01日 | 小験

             

 

 私の世代は四十過ぎまでコンピュータに触れることなく過ごしてきたので、キーボードが苦手でコンピュータに詳しくない人も多い。勿論、得意不得意はあるから若い人に負けず縦横に使っている人は居るだろう。私も得意というわけではなくまずまず使えているという程度だ。

 電子カルテを使っているが、電子カルテの中身までは手が入れられない。導入当初は使い方の指導者が10日くらい付いてくれるが、その作業を見ていると目が回るほど早くとても内容に立ち入るのは自分には無理な感じがして諦めてしまった。困った時は呼べば来てくれるし、今はオンラインでも処理してくれるので不自由しない。

 しかし、趣味のこととなると自分でやらねばならない。新しい機能を導入するにはいくつかソフトを組み合わせて連結しなければならない。説明はあるのだが自作無償のせいか中々分かりにくく、アドレスを探してここに貼り付けてと四苦八苦して何時間も掛けて漸く動くようになった。完成した時の喜びは大きい。将棋ソフトが気が付かない詰みを発見して勝った時よりも嬉しい。喜びともう一つ自分でやると絡繰りが理解できるので、自分で自分仕様に手が入れられるようになるので便利だ。

 自分で考えて手を動かすと理解が進むということは世の中に数多い。そうして出来たときの喜びは大きい。まあそれが理想だが時間が掛かり集中力が要求されるので、何でも誰でもとは行かない。私も好きなことでなければ途中で放り投げていた。好きこそものの上手はそれを言っているのかもしれない。

コメント

野兎病を見たことないが野党病は

2020年06月30日 | 政治経済

              

 

 遠い昔、野兎病というのが教科書に載っていた。教授も一例しか見たことがないという有名な割には希な病気でもう野兎などいない街中で診療していると鑑別診断にも浮かばない。ところが野党病という難病があるのを知った。

 私利私欲が少なく純粋だが狭量で妥協できず、力を得るために小異を捨ててまとまることができない。よく言えば真面目なのだが、不寛容で貧しい印象がある。かといって与党も権力維持のための妥協は得意だが寛容というわけでもなく、旨い物を食べて佳いところ住んでと恵まれている印象がある。

 そうした印象はともかく、野党はまとまることが出来ないという難病に罹患しているのは間違いない。どうしたわけだろう。与党自民党も個々の議員の考え方には相当な開きとバラツキはあるようだが、なぜか選挙や議決ではまとまって行動出来る。権力というのは余程求心力があるらしい。

 では野党がまとまれないのは権力という求心力がないからだろうか、どうもそれだけではない感じがする。まとまれないという野党病の原因を究明して特効薬を差し上げたいものだが、学者でも研究者でもない私には難しい。ひょっとして特効薬はないのかも知れないと思ったりもする。

 絵というものは筆を置く頃合いが難しく、少し書き足してしまった。完成で良いか?。

コメント (2)

日本医師会長が変わった

2020年06月29日 | 世の中

      

 

 日本医師会の会長が激しい選挙戦の上、新人に変わった。お互いの詳しい主張は知らないが医師会も中々やるなあと思った。横倉会長はやや官邸寄りのようだが急にもう一期と言い出した以外に大きな失点はなかった?ので変化を選ぶとは思わなかった。

 中川さんがしこりを残す激戦の選挙後を上手くまとめられるか、政府に意見をはっきり言えるかが課題だが、横倉氏は接戦でも負けたのだからここはノーサイドで新しい会長を支持するように動いて欲しい。議事録を残さないで専門家と医師の指針を骨抜きにする作戦の官邸には、科学的な新型コロナ対策を表立って強く勧めて欲しい。10月以降の第二波を何としても乗り越えなければならないからだ。

 藤井七段が渡辺三冠に二連勝して棋聖奪取に王手をかけた。藤井は勝負強さでは大山羽生に及ばないのではないかと先日書いたが、勝負強さなど無用に飛び抜けて将棋が強いようだ。十七才二冠の可能性が出てきた。何処まで強いのだろう。渡辺は名人戦で粘りに粘って二連敗、その上藤井に完敗ではめげそうだが、気を取り直して頑張って欲しい。

コメント

AIソフトの顔色を窺う

2020年06月28日 | 趣味

    

 

 囲碁将棋NHK杯戦にはまだ導入されていないが、abema中継ではAI将棋ソフトの形勢判断と次の一手が画面に出る。豊島名人と渡辺三冠の差し手がAI将棋ソフトと一致するとさすがと思ってしまう。本来は将棋ソフトの手が名人と一致した時に凄いと感嘆しなければいけないのだが、今は名人よりも将棋ソフトの方が強くなってしまっているので、こうしたちょっと残念な感嘆になる。

 それでも今のところ囲碁将棋観戦の楽しみは減っていない。特に贔屓が出ると力が入り何時間見ていても飽きない。豊島名人は嫌いではなく好感を持っているが、さばさばした渡辺が好きで渡辺の方を応援している。囲碁では鈴木歩さんが好きで(ご主人の林漢傑も応援している)、今年は活躍しそうなので楽しみにしている。

 嫌いな棋士というのはほとんど居ないが、将棋では米長丸山囲碁では王立誠坂井秀至はあまり好きではない。おとなしそうな物静かな棋士の打つ手が激しく厳しかったりするのも面白い。性格と乖離があるのか内の性格が外に出ていないのかよくわからない。

 AIソフトの囲碁将棋にも棋風といったのもがあるのだろうか、私の棋力では判定は難しいし、今のところ興味もない。面白いというか当たり前なのかもしれないが、将棋ソフトや囲碁ソフトを作る人はアマ強豪とまで行かない人が多いようで、プロのアドバイスやプロ棋譜を参考に強いプログラムを作っていったようだ。今ではソフトが自力で強くなるらしく、なんとなく不気味である。

 ソフトはなぜその手を打つかを説明してくれないので、ソフトで研鑽するプロはそういうものかと色々解釈して参考にしているようだ。ソフトの師匠は有効のようで、ソフトで勉強して腕を上げているプロも居る。内弟子などと言うのは遠い昔になった。

コメント

二メートルの見直し

2020年06月27日 | 町医者診言

             

 

 新型コロナ感染を防ぐための三密は分かり易いが大まかな状況注意に過ぎず、気を付ければ三密も緩和できる。ウイルスには足も羽もなく、感染者に触らず分泌物に触れたり吸い込まなければ感染しない。欧米で言われているソーシャルディタンス二メートルはマスクをしないで咳やくしゃみをしたり唾を飛ばして話すことを考慮しているからで、きちんとマスクをして無言なら四十cmも離れれば大丈夫だ。現に日本ではきちんと二メートル離れるようにさせている店舗は少ないのに欧米ほどの感染者は出ていない。別にパチンコ店を守るわけではないが、発熱や風邪症状のある人を断りマスク手洗い機器の消毒を徹底すれば、パチンコ店でクラスターは起きないはずだ。逆を言えばカラオケや夜の接客業の再開は難しい。

 日本語には破裂音が少ないし巻き舌で大声の人は少ないので、唾も遠くには飛ばないだろう。マスクさえしていれば五十cm離れての会話は問題ないはずだ。それに日本人は学生や恋人でもなければ30cm以内に近づくことは少ないし握手や頬を寄せることもない。こうした感染経路の研究実験はされていると思うので公表して欲しい。過信するからパニックになるからと色々なデータを隠すのはやめて欲しい。石橋を叩いて渡らず、万が一に捕われる人に危機は乗り切れない。平時に頑張って頂きたい。経済活動は大切だから、守れば緩和できる三密の指針を示すべきだ。

 その点日本人は細かい規則を守るので上手く行くはずだ。新たな生活様式は確かに大切で必要だが、言葉ばかり踊らせ中身を示さない政治家は一流の振りをする二流、取り敢えず実行できる新たな感染防止策を示すのが一等の頼れる政治家だ。 

コメント

新型コロナ専門家会議廃止

2020年06月26日 | 政治経済

              

 

 新型コロナ専門家委員会が廃止される。いつものことだが経緯がはっきり分からない。安倍首相は手の内を隠して平気で嘘をつくから、妥当な?判断でも唐突な廃止は戦略的なものに思えてしまう。

 何度も似たようなことを書いてきたが、折角の必要な政策も首相が言い出すと何か特別な意図があるのではと疑心暗鬼になってしまう。それでは政策の有用性が損なわれる。もはや政治家に一番大切な信用が失われている。既に、応援団は除いて、監督交代の民意は出ている。余人を持って代えがたいというのは自民党議員の視野狭窄による錯覚で、優れた政治家は何人も居る。なぜ優れた同僚を担ぎ出さないのだろう?。

 野党議員も同じどうでかしている。何を小人数でいがみ合っているのかね。

 須藤元気は選挙を愚弄している、議席を返上し手弁当で応援するように。自己中の国民を忘れた政治家は、一度政治家を辞めてハローワークに行って厳しい現実と向き合って欲しい。

 新型コロナ対策はアメリカブラジル方式では駄目なのが明らかになっている。日本が上手く行っているように見えるのは高い民度のお陰かもしれないが、実はアジアでは新型コロナはさほど猛威を振るっておらず、アジア人であることが幸いだったのかもしれない。アジアで流行した新型コロナと欧米で流行した新型コロナ同じではなく毒性に差があるという分析もある。

 いずれにせよこれから更に科学的な分析に基づいた政治判断が求められる。新たな専門家には山中教授にも入って頂くように、お忙しいが一肌脱いで下さると思う。学者にも実力の差があるし信用出来る人物ともう一つの人が居るのだ。

コメント (2)

人でしか伝えれないもの

2020年06月25日 | 人生

              

 

 患者さんを診る医師になるにはどうしてもある期間の修行が必要だ。それは今でも変わらないと思う。恐らく殆ど全ての仕事で一人前になるにはそうした時期が必須と思う。所謂、天才と呼ばれる人達、長嶋釜本羽生イチロー井山そして飛ぶ鳥を落とす勢いの藤井にしても、並のプロとは違っても完全な独学ではないと思う。井山などは石井先生の指導が力あったのは周知の所だ。勿論、才能を引き出し磨いた側面が大きく指導とは少し違うかも知れない。しかし、それでも本からの知識や自己流の練習では一人前になるのは難しいと思う。

 自分の仕事で言えば教科書からの知識ではどんな秀才でも、患者を前にすると何だか違うと感じて戸惑うはずだ。いいや俺は独力で一人前になったと威張る医師は相当な犠牲者を出しているはずだ。先輩というか直接の上司の指導というのは個性、実力差があるし相性もあるから反面教師になってしまう場合もあるが、直接先輩上司からでないと学べない部分は大きいと確信している。

 人生に於いて上司の運不運は大きく、特に最初の先輩指導者はその後の仕事人生に影を落としたり光を与えたりする。

 なぜそうなのか、私が思うに本から得た知識では分からない部分があるからだと思う。職種によって知識の占める部分の大きい小さいはあるにしても、現場実地で初めて分かる成る程というものがある。おそらくそれは言語化しにくい要素が仕事にはあるからだと思う。身体を使う場合だけでなく脳味噌を使う場合もだ。

 勿論、薫陶というものもあり、それはじわりと効いてくる。

コメント (2)

日本で一番必要な政治改革は議員削減

2020年06月24日 | 町医者診言

            

             

 

 国会議員が多過ぎる。参議院百人 衆議院二百五十人 これで十分。己の名誉と身内の損得第一で仲間優先異論排除で蠢くような議員は減るだろう。国会や委員会で議員が座る間隔も開けることが出来、新型コロナ対策にもなる。官僚に答案を作って貰い棒読みするような議員は落第させて欲しい。責任を感じても責任を取らない議員は降格させること。何も難しいことではない、民意を反映させるだけのこと。

 国会の休みは夏休み一ヶ月半、冬と春に一ヶ月の休みで十分。

 情報は軍事外交秘密以外は全て公開すること、軍事外交の秘密の判定は国会議員を含む複数で判定すること。

 そうでもしないと政治不信が治らない。

コメント