駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

こんな人達に

2018年06月22日 | 町医者診言

 

 ワールドカップに気を取られているうちに、支持をかき集めるためならと無定見に追随迷走する人が、つい二年前とは百二十度違うことを言っておられる。何が何でも三選し個人的悲願である旧いAB式日本へ戻そうとあらゆる策略を捻り出しておられるようだ。口先の言葉だけなら何とでも言える。なんでも忘れたと言う人がそれは私が言ったと思い出す猿芝居はもう結構。実は五年半前党員票では石破さんが優っていた。選挙第一の議員票で容姿と声で票が稼げると安倍さんが勝ったのが真相だったと囁かれている。参考人の肺がん男性の訴えをいい加減にしろと言うA自民党議員の方に一強はいい加減にしてはと申し上げたい。

 こんな人達(国民)は取り換えがきかないが、権力を託すこんな人達(首相とそのお仲間)は取り換えられるのが民主主義で、言葉だけで誤魔化す人にはもう十分に働いていただいたので、今が交代の潮時と見ている。確かに容姿では見劣りし話し方は立て板に納豆の対抗馬だが、実は話の内容は意外と言っては失礼だが論理的で筋が通っている。証文の出し遅れにならないように、監督である国民はとうしゅ交代を告げる時ではないかと思う、どうですか張本さん。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

勝った!西野ジャパン

2018年06月20日 | スポーツ

  

 世の中悪いことばかりではない。今朝は本降りで傘歩きも楽ではなかったが、足取りは軽かった。日本がコロンビアに二対一で勝った。 いやあ、よくやった。ちょっとばかり打電した内容と布陣が違ったが、乾柴崎は勿論、昌子が効いた。サイア人長友は縁の下の力持ち、よく支えた。本田も流れを変える効果を出した。西野監督の慧眼には恐れ入った。

 勝利の喜びを噛み締めた人は多いだろうが、田嶋会長も飛び上がって喜んだに違いない。しかし、この調子でと浮かれてはならない。勝って兜の緒を締めよと岡山のお婆さんが言っていた。

 西野さんはよく眠れただろうか?。今朝からは対セネガルの作戦を練らなけらばならない。コンビネイションとコミュニケーション、これが日本の力の源泉。また作戦の参考文献を打電するので見て欲しい。さあ日曜日は夜更かしだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不意打ちに備える

2018年06月19日 | 自然

  

 思いもよらぬ昨朝の大阪の地震、震度六弱で四名人の尊い人命が失われ、ライフライン建物の被害もかなりのもののようだ。いつも幼児や児童そして高齢者が犠牲になり、事故が起きてから建築基準法違反や緊急用の発電機水没という不備が報じられる。

 地震はいつも不意打ち、地震学会はつべこべ言わずに地震は予知できませんと発表周知してほしい、以前に比べれば謙虚になってきたようだが年単位の予知もできない、まして月週単位の予知はナマズ以下?、予知での緊急対応は無理だ。十年単位で大筋を押さえてゆくのが現実的で、大まかであるが実はそれが科学的な態度だ。

 備えよ常にはまず個人家族単位でやるのが一番、おばあさんの教えが孫を守る。

 

 西野ジャパン今夜はコロンビア戦だ。引き分けでよい。サッカーでは他の競技と違い引き分けの価値が大きく意味深い。原口武藤、山口長谷部、大迫岡崎、牧野昌子、川島中村は迷うところだ。長友乾柴崎は外せない。本田宇佐美は出番がない。大迫、乾、香川、山口、柴崎、長谷部、長友、槙野、吉田、酒井宏、川島の布陣を先ほど西野さんに打電しておいた。さて、夕食はカツ丼にするかカツカレーにするか。失点を一に抑えられれば、引き分けることができる。勝つチャンスも生まれる。

 PS 原口 武藤は交代で必ず使うように

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

睡眠不足の季節

2018年06月18日 | スポーツ

           

 ワールドカップにウインブルドンと眠れない季節がやってきた。昨日は大阪まで教育講演を聞きに行って、午後六時過ぎに帰宅、七十を過ぎたのでグリーン車、大阪から国際会議場まではタクシーと贅沢をしたのだが草臥れた。買ってきた駅弁を妻と二人で食べて、録画してあったNHK杯を見たのだがいつの間にかうたた寝、目が覚めたのが十時過ぎだった。風呂に入ってそのまま寝ればよかったのだが、ついドイツVSメキシコを見てしまった。

 メキシコ強い、堅い守備と目の覚める速攻で一対ゼロでドイツに勝ってしまった。メキシコは体格的には日本と変わらず日本の手本になる、これは以前から指摘していたところだ。頭脳プレーとよく言われるが、一秒以上考えては駄目、考えても0.5秒。三手先を読んで動いていないと競り勝てない。

 いろいろな対コロンビア戦布陣が予想されているが、大迫、乾、香川、武藤、長谷部、柴崎、長友、槙野、吉田、酒井宏、川島と言ったところ。長谷部の代わりに山口、武藤の代わりに原口、香川の代わりに山口も考えられる。本田宇佐美大島には出所がない。身体的な調子が良ければ昌子を槙野の代わりに使いたい。乾、柴崎は外せない。今夜一晩考えて、西野監督にテレパシーを送信したい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハムラビ法典の言葉、目には目を

2018年06月14日 | 小考

     

 遺憾ながら法にも法の精神にも疎い。分量が多く細かい法はともかく法の精神に疎いのは、いかにも残念だ。教師の回避や怠慢あるいは文部省の指導や作戦のいづれにあるのか知らないが、そうした授業内容は乏しかったと記憶する。

 ハムラビ法典の名前は知っているがその中身は断片的な「目には目を」しか知らない。現在の法の精神や法ができてきた経緯をきちんと理解していない身には「目には目を」はいかにも妥当当然の決まりに思える。ISによって誤解されている部分も大きいと思われるイスラムの精神、実は穏当で平和なもので「目には目を」も過激で暴力的なものではなく、過剰な復讐を諫めたものと聞く。そうであればなおのこと、幼児虐待、誰でもいい殺人には目には目の刑罰をという憤りが湧いてくる。医者がなんてことをと言われても「ゆるして」と書いた幼い子や傷ついて転んでもなお立ち向かった青年のことを思えば犯人に「目には目を」と思ってしまう。一体今の法律とその手続きは、本当に真実に迫って社会の安寧に貢献しているのだろうかと思うことも多い。怒りにかられた衝動は行き過ぎることもあるだろう、だから「目には目まで」という教えが生まれたと推測する。単純な凡人の感覚かもしれないが、現行極悪犯には今も適用できる気がする。大嘘つきの知能犯には倍返しでもよいかもしれない。

 もとより法や歴史には詳しくないので、間違った解釈をしているかもしれないが、人並みの運不運の七十年を生きて、あまりの非道には「目には目を」を天の断罪と感じる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アジサイの色は何色

2018年06月12日 | 小考

       

 米朝首脳会談、当たり損ないの内野安打でもセカンド後方のテキサスヒットでも、ヒットはヒット。打った当人はクリーンヒットと吹きまくるだろう。確かに、会っただけと言われようとヒットに値するかもしれない。似た者同士肝胆相照らし、お互い成果を強調する可能性が大きい。一対一のディールこそ我が意を得たトランプの真骨頂を発揮する舞台、手ぶらで帰ることはないだろう。物別れでも決裂はなく、二度三度の交渉が続くだろう。

 

 西野ジャパン、何だか厳しすぎる評価が多い。火中の栗を拾った人物にアドバイスはしても非難はしないのが本当のサッカーファン。
 久保を採用しなかったのは遺憾だが、西野監督を応援している。第一のアドバイスはキーパーを東口に変えること本田を外すこと。武藤岡崎のツートップも考慮するといい。パラグアイ戦では昌子植田を使ってみたい。吉田、槙野、川嶋のトリオは熱血のファイターだがおっちょこちょいの所がある。バックには地味で冷静沈着な人物が欠かせない。

 もう一度、コンビネーションとコミュニケーションが日本代表を生かすキーワードと申し上げておきたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AIにも弱点

2018年06月11日 | 世の中

      

 人工頭脳(AI)で東大合格を目指した数学者の新井紀子さんが、五年ほど取り組んだ結果、どうもAIで東大に合格するのは難しいという結論を出された。AIに進歩がなかった訳ではなく、全国の大学の八割には合格できるレベルまでは達したようだ。何故トップクラスの大学に合格するレベルまで行けなかったかというと、AIは読解力が不十分で、その力を付けることが出来なかったからだ。

 なぜ読解力が付かなかったかというとか、それはAIを作り上げている数学に限界があるからだというのが新井さんの説明だ。論理、確率、統計という数学の言葉では表記できない能力を人間は持っている。AIは意味を読解するのが苦手で、碁や将棋は強くなれても玄妙飄逸な落語は演じられない、古今亭志ん生や柳家小三治には取って代われないというわけだ。それに以心伝心や恋愛といった数式に落としにくい能力が足りないらしい。

 成る程、人間の独自性が保たれて一安心というという気もするが、実際の所AIは一部のトップクラスの知能を持つ人間の総合解答力には及ばなくても大多数の人を越える解答力を持つようになっているし、計算ではどんなに優れた人間をも遠い昔に凌駕している。そして応用実用化は着実に進歩しており、多くの仕事が十年二十年後にはAIやAI付きロボットに取って代わられると予測されている。それはとりもなおさず、職を失う人達が数多く出てくるということで、新井先生はそれを憂慮し、そうした社会変化に対する準備や対策が必要といくつかの提言をされている。

 彼女のこうした言明にAI研究者やマスコミからの反応は少ないようだ。AI研究者は言われなくても分かっているのか討論する時間が惜しいのか、マスコミは難しい話景気の悪い話は嫌うのか避けるのか正面から取り上げない。

 私には門外漢ではあるが新井さんのお話は腑に落ちた。田中角栄は頭数と喝破していたようだが、民主主義は単純な多数決ではないと考えるようになった。敬意や尊重のない尊重すべきものを吟味できない頭数は間違うと予言したい。新井さんのお話は傾聴すべきもので、誰もが考えてみた方がいいと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミニコミ嘆信

2018年06月09日 | 世の中

   

 皇太子ご夫妻結婚25年の銀婚式、共に支え合いと報道されている。誠にご同慶の至りだ。ご夫婦を国民の鑑と感じているが、マスコミはお二人と愛子さまをどう報じてきたか、遥か遠くお二人に及ばないと指摘しておきたい。

 新潟知事選を自民は安倍隠しで戦っていると報じられている。勝てば支持を得たと開き直るのに、策略が過ぎる。米朝首脳会談直前に急遽アメリカに飛び、トランプ追随で北朝鮮に軟化の発言をされている。これを変節と言わないのだろうか、コバンザメのように見える。なぜそうマスコミは指摘しないのだろうか。

 財務省の公文章改ざんが自己申告の甘い対応で、見過ごされようとされている。財務省の公文書改ざんは民主主義の原点を踏みにじるもの、下手人は免職トップは辞職が当然。日大に厳しく官邸に甘いマスコミの二重基準の理由を知りたい。

 人間には程度の差はあっても下司なところがある。他人の不幸は蜜の味は、人並みの私も重々承知しているが、だからそれでよいとはなるまい。蟷螂の斧に力はないが、ミニコミにはちょいと山椒を利かせておこう。

 西野ジャパン、時間がなく中々厳しい。乾坤一擲、一勝をもぎ取るべく、作戦を練り直して欲しい。自分はTOTOで一勝を狙いたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人という文字

2018年06月08日 | 人生

youninaru

   

 小学校四、五年の頃だったと思う、担任に人と言う字をよく見なさい。ほら、支え合っているだろと諭された記憶がある。確かに足を引っ張る人も多い世の中だが、なんとか破綻しないで済んでいるのは支え合っている人が多いからかもしれない。

 支え合う中には意外に一方通行も多い。支えさせているばかりで怪しからん爺さんが結構いる。これからは知らないが、今までは亭主関白というか我儘亭主を献身的に支える妻と言う組み合わせが多く見られた。

 Tさんが昨日の夕方亡くなった、泌尿器系の癌だったのだが、家族担当医の阿吽の呼吸で嫌がる手術はせず、さほどの苦しみもなく静かに亡くなった。九十一歳、まあ男性としては十分な長さ、しかも一か月前までは歩行可能で自分のことはほぼ自分でできていた。ケアマネジャーが感動して涙をみせたくらいの大往生だった。Tさんは医師の私には丁寧丁重に対応されたが、奥さんには「こら、馬鹿」と暴君で世話を焼かせっぱなしだった。奥さんはそうした暴言を苦にされず、時には殆ど徹夜で身体をさすったりふらふらになりながら看病された。

 お二人とも七十代のころから診させていただいているのだが、いつも下女扱いなのに奥さんはどうすればいいでしょうと悩みながら精一杯面倒を見ておられた。勿論、奥さんもしたたかなところはあり、空威張りをさせておいて、適当に息抜きをされてはいたようだ。今まで何組もこうした組み合わせを見てきたのだが、奥さんがもう少し若いと数か月落ち込んでも案外ちゃっかり元気を取り戻し自分の生活を楽しまれるようになることも多いのだが、奥さんが八十を越しておられると支えなければならない柱がなくなって、認知が進行したりやる気がなくなったりで急に衰えてしまわれる方も居る。それを見ていると支え合うといっても色々で、支えてもらうばっかりでも実は支え合っていたという場合もあると知った。

 Tさんの奥様のこれからが少し気がかりだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素朴な疑問を聞いた

2018年06月06日 | 世の中

   

 今日から梅雨入りらしく、今朝は雨が降っていた。シトシトではなく本降りで母さんの蛇の目があるでなし、黒い瞳が待つでなし、七十過ぎの爺さんには雨の中を駅まで歩くのはしんどかった。出勤が辛い、そろそろ引退も考えたいと思わせられる雨だった。

 雨の中、風の便りが届いた。

 麻生副総理兼財務相は辞任はどこ吹く風と心得ておられるようだ。辞任に値するかどうかは基本的に他者が判断することなのだが、どうしたことだろう。佐川氏が国税庁長官に適材適所というのは、首相昭恵夫人の影響を消そうとしたことを評価してのことだろうか。改竄は総理発言がきっかけではなく、国会紛糾を避けて役所の負担を減らすためとは、牽強付会も甚だしい。

 対北朝鮮外交で最大限の圧力に次いで二言目には拉致問題を取り上げるが、本当に拉致家族に深い同情心を持っておられるのだろうかと感ずることがある。悪辣な北を責め、敵愾心を煽るために使っているということはないだろうか。拉致家族の中にはGWブッシュの方が誠意があったと感じておられる方が居るかもしれない。

 ゴールを動かすと相手を責めながら自らもしれっとゴールを狭めてしまう。口先の言葉で言い逃れればそれで済むと思っておられる節がある。

 外交のと言われても、日本を留守にして世界を飛び回り名前が知られるようになったのは確かのようだが、評価はどうなのだろう。本当に余人を持って代えがたいのか。外交は本来は外務大臣の仕事、自分は不案内だが他にも適任の人が居るはずと思う。

 自らと身内に厳しく対処できる人物は稀有、首に鈴を付けられない自民党議員は陣笠鼠ばかりなのだろうか、そんなはずはないと信じたい。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加