駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

ホーキングの言葉

2018年04月26日 | 人物、男

 

                                      スティーブンホーキング博士が三月十五日76歳で亡くなった。世界中どこに行っても自分が誰だか分かってしまう。濃い色のサングラスやかつらをかぶってもだめだ。車椅子で分かってしまうと残念がっておられたように、学生時代21歳で発症した筋萎縮性側索硬化症で動くことの出来ない不自由な身体で人生を送られた。

 ホーキング博士は不自由な身体の割に理論物理学が良く出来たというわけではなく、本当に超一流の理論物理学者だった。五体満足でも愚痴をこぼし碌な仕事も出来ない自分には驚異であり、心から尊敬する。博士は学問だけでなく一般人に科学を分かり易く解説する才能にも恵まれ、珠玉の名言を数多く残されている。

 知性と知能指数とは違う。 自分のIQを自慢するのは敗者のすることだ。

 自分がいかに知識不足かを知る。 知識の最大の敵は無知ではなく知識があるという幻想だ。

 失敗は重要。 失敗したことを誰かに責められたら、それは良いことなのかもしれないと言おう。不完全性がなければ、私もあなたも存在しないはずなのだから。

 自分の運命は決まっているとは考えない。 私が21歳になったとき、期待値はゼロになった。それからは、何もかもがボーナスだ。

 女性。全くの謎だ。  この点だけは私とどっこいどっこいだったらしい?。

 私はブラックホールがいかにして蒸発するかを理解できないが、ホーキング博士が本物で優れた人物だったことは分かる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何かが足りない

2018年04月22日 | 町医者診言

 

 前事務次官と前新潟県知事の不祥事。驚き呆れた最初と違い、今は多少違う印象を持っている。これは似て非なる不祥事で、事務次官の方はパワハラの要素があると見ている。知事の方は充血で目が眩んだと見ている。

 共通するのは人を指導し範となければならない公的地位に相応しい能力に欠けるところがあったことだ。私は事務次官の方が悪質のように感じる。知事には同情というと誤解を招くかも知れないが、理解譲歩するところもある。性はプライベイトなことだし子孫を残そうと植え付けられた情動は意馬心猿を巻き起こす、そればっかりはと分からんでもないのだが、医師で弁護士で知事でと分別が求められる立場なのに軽率と言われれば、返す言葉がないだろう。それが趣味と言われればどうしようもないが、大人には色々な方法があるはずだし、何で居ないのとも言いたくなる。まあ、よく知らないのにあれこれ書きすぎたかも知れない。

 お二人共大切なことを身に付ける機会がなかったようだし、危機管理も出来ていない。その経歴でどういうことだろう、もしかしてその経歴だからか。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目を疑い耳を覆うニュース

2018年04月19日 | 町医者診言

  

 目を疑い耳を覆うようなニュースばかりだ。事務次官は公僕の鑑と思っていたが、違うらしい。知恵がなければ事務次官には成れないと思っていたが、都合の悪いことは忘れる悪知恵があればよいようだ。

 物事をしがらみから解き放ちバイアスを払拭して、虚心で評価分析する精神が肝要で欠かせないという意識がないと間違いが起きる。安倍首相が好き嫌い信用する信用しないを離れて、今起きていることを評価分析しないと、日本は駄目になってしまう。膿を出し切ることのできるのは、国民だけ。膿んでいる人達にはできない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

内科学会で京都へ

2018年04月16日 | 

   

 内科学会総会で京都へ行ってきた。京都の宿泊施設も増えたはずだが、一万人近い出席者のある大きな学会なのでホテルを確保するのに苦労した。清水寺の下の新しいホテルに泊まったのだが、タクシーの運ちゃんも知らず、ナビ頼りで辿り着いた。この頃は学会に家内を連れて行くことにしている。私が勉強している間、家内には多少旅を楽しんでもらおうという魂胆だ。今回は生憎の天気でタクシーが中々捕まらず乗ってものろのろで、思った所に行けなかったようだ。

 会場の都メッセは設備がもう一つで、会場費に一万円も取りながら東京の国際フォーラムに比べるとかなり見劣りがした。京都は学会などの会議が頻繁に開催されるところだから、都メッセを建て直したらと思った。国際会議場は如何せん遠すぎるし、周りが寂しい。観光収入が巨額なはずだから資金はあるはずだ。ちょっと良くてかなり高いのが京都という処だ。人を呼べる施設なのだから絞ればお金が出てくると思う。

 学会での移動にはタクシーをよく利用する。最近は減ったけれども京都のタクシーには時々乱暴な運転や不親切な人が居て楽しくないことがある。MKが良いのだが雨天では選んでいられない。田舎者の印象では東京のタクシーの方がスマートで感じが良い。吉村昭さんが書いておられるが、タクシーは単なる移動手段でなくその土地の第一印象を司っている役回りもあると申し上げる。

 どういうわけが繁華街を少し外れると政治家のポスターが多い。町の美観を損ねるとは言わないが、党派を問わず一杯貼ってある。それこそ応仁の昔から、政変の波風をかぶってきたから政治を見つめる伝統があるのかもしれない。今も国政に力量のある人物、時に転ぶ人も居るようだが、を送り出している。

 残念ながら今回は時間が取れずBALの丸善に寄れなかったが、丸善の伝統を感じさせる素晴らしい書店で今では東京本店よりも贔屓にしていくらいだ。帰りに京都駅で定番の赤福を買ったのだが、微妙に値上がりしていた、赤福よお前もか。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

カルテの記録、意味と価値

2018年04月12日 | 町医者診言

    

 森友加計で紛糾する国会。半世紀前だったら否四半世紀前でもこれほど長引くことはなかったろう。これだけの不祥事が起きれば直ちに首相は責任を取って辞めていた。だらだらと言葉でまやかす首相を見ていると、なぜこの人が首相なのだろうかと不思議な気さえする。

 毎年何千人もの患者さんを診ていると、患者や事象に特徴がある場合はともかく、一年以上前の症例の説明や会話の内容は覚えていないことの方が多い。カルテの記録が頼りだ。その場で書いた記録は多少医師の主観が入ることもあるから100%ではないが90%以上正しい。それに検査の記録もある。記憶にないと逃げることはできない。

 加計の場合、首相案件などという言葉を県の職員が思い付きようがなく、記憶にあるなしは問題でない、明らかな事実だ。嘘などと追及するから記憶にないという逃げ道ができてしまう。記憶にないのは有り得ることで、記録があるから事実なのだ。首相は自分の仲間友達味方する人しか信用しないから、部下の秘書官を信用するとなってしまう。首相が自ら明確な言葉で森友や加計に取り計らえと指示するわけはなく、それを証明することは何か月かけても不可能だ。

 首相案件という発言は事実、森友に不当に安く土地を売るよう画策したのは事実。日報を隠したのは事実。それで、この問題はお終い。決着は付いている。与野党で敵対する問題ではない、敵対すれば感情的で不毛な争いが続くばかりだ。あとは引導を渡すだけ、まず首相が交代すべきだ。それができる国民力が残っているか、ボールは国民側にある。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハリル解任の乱心と得心

2018年04月09日 | スポーツ

  

 今朝のネットのニュースに田嶋会長がハリル解任を明かすとあった。私も昨年まではハリル支持派だったが、今年に入りいつまでも猫の目のように変わる選手選択に、これはいくらなんでもおかしいと思い始めていたので解任は納得できる。しかしなぜ今と言いたくなる。後任に少なくとも半年の期間を与えなければ良い仕事はできないと思う。どうも日本サッカー協会は同じ過ちを繰り返す。後任は勿論日本人、後二か月を引き受けられる外国人監督は居ない、で西野、手倉森、森保が挙がっているようだ。叩かれやすいが、女性ファンには西野だろう。地味だが玄人受けする手倉森、熱血で責任感が強い森保。幅広くファンを引き付けるには西野、手堅くやるなら手倉森、牽引力では森保だろう。

 個人的には西野にやらせたい。サッカージャーナリストとの相性はあまりよくないが、絵になるし能力はある。ワールドカップには祭りやショーの要素もあるのだ。メイさん、イギリスは不参加などと言うが愚かな選択をしないように。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

のんびり再開

2018年04月07日 | ご挨拶

               

 約一か月ブログを休みました。習い性となった朝の行事のブログ書き、休んでみて平凡ですが良いこと悪いこと相半ばと感じました。走り書きを楽しみにしておられた方もいらっしゃったことを知り有難く感じました。

 本業はまだ縮小できていませんが、ブログを気の向くままというスタイルで再開しようと思います。物言わぬは腹ふくるるわざというのは今も真実と感じます。もう一度あれこれ思いつくまま書いてみたくなりました。

 近況は年を取ったせいか、勉強会に出席する回数もめっきり減り、帰宅後はテレビを見ながらうたた寝の毎日です。家内にまた寝ていると起こされますが、うたた寝をするのでまだ仕事ができている気がしています。

 世の中では長すぎた一強で劣化した政府の軋み弛みが露わになっています。どうもよく分からないのが、検察の証拠と違法性に基づいた判断捜査に任せようとする姿勢です。偏見かもしれませんが大阪地検で大丈夫だろうかと危惧します。

 今起きていることは検察に任せる内容の不祥事ではないと思います。知恵のある人が隠蔽や改竄などの一般人に知られたくない指示を明確な言葉で伝えるとは考えられません。勉学優秀で法の心得のある人は明白な犯罪は巧妙に避けるでしょう。日本の世の中は概ね以心伝心で動いているのです。犯罪以前の問題です。だから罪はむしろ重いと申し上げたい。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

休診のお知らせ

2018年03月03日 | ご挨拶

      

 思えば十年前、プログというものがあるのを知り、どんなものか自分もやってみようとおっかなびっくりで始めました。書き続けるうちに知り合いや友達もでき、暫くして殆ど毎日書くようになって十年続きました。物言わぬは腹ふくるる業という側面もあり、実生活では言いにくいことも少々書きました。

 突然ですが、ブログ書きを休むことにしました。何故かは上手く説明できませんが、この数日、一寸違うなあと感じたと言えばよいでしょうか。これからも読み親しんだブログに目を通すのは続けようと思います。無用かとも思いましたが、読んでくださる方もおられるので、休診をアナウンスしました。又、時々思い出したように書くこともあろうかと閉院はしないでおきます。

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

五輪四連覇の強者にもイジメ?

2018年03月02日 | スポーツ

 世の中にはイジメと誤魔化しが絶えないようで、ワイドショーのネタが途切れることはない。最強の女性、五輪四連覇の伊調選手、をもいじめる人物がいたようで、レスリング界もかと妙に納得してしまう。というのは大いにあり得ることだと感じてしまうからだ。

 学べることは権力の集中と継続は腐敗を生むということだ。腐敗と自覚しなくても、我意が優先されるようになる。栄氏にも弁明の機会をと思うが、いつの間にかということがあったように思えてしまう。

 ワイドショー的な番組は耳目を集めるのが主眼で、真相に切り込み本当の問題解決に役立つことは少ないようだ。きちんとフォローしていないが、そうした印象がある。

 どうすればよいかは私の手に余る問題だが、フィードバックが掛かるようにするのは一つの方法だろう。飲食店などは絶えまない顧客評価のフィードバックで選択されてゆく。直ぐには結果が分からない用件や理解しにくい内容には、評論家や解説者が必要になるだろうが、情報がオープンになることが第一歩と思う。伊調さんの練習が希望通りに出来ていたかを知りたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長年の夫婦お互いを何と呼ぶか

2018年03月01日 | 世の中

    

 今朝は春雨が降っていた。大した雨ではないのだが、結構風が強く傘が振り回され往生した。そうした天候のせいか電車はいつもより空いており直ぐ座れ有難たかった。

 二月は逃げ今日から三月、なんだか急に暖かい。昨日は高層マンション、と言っても十五階建て、の最上階に住む友人宅で夕食をご馳走になった。勿論、手作りのイタリアンは特別に美味しかったのだが、窓からの夜景が美しく、一層料理がおいしく感じられた。

 女性軍が居るとそういう話題になり、どうも苦手なのだが、お互いを何と呼ぶなどと言われ閉口した。彼女達は名前を呼ばれないのがご不満のようでおいとかおーいとかおまえなどは、不合格のようである。中でマンション住まいのお二人は名前で呼び合っておられ、羨ましがられてはいたが、最終的には日本の男にしては珍しいと満点ではなく八十点くらいの評価になった。

 我々の年代は大抵二人きりで住んでいるから、特段名前を呼ばなくても事足りるので、確かに名前を呼ぶことは殆どない。人さまざまで自分のことを私とは言わず自分の名前で「*子はね」と話される方も居る。十代二十代ではなく、七十代の方だ。どうもそのご家族はみんなそうしておられるようで、ご主人のことも名前で呼ばれる。確かに自分も兄弟と話す時などは自分のことを名前で言うことがある。家族の習慣でさしたることではないと思うが、女性は呼ばれ方で何か微妙に感じるところがあるようだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加