駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

ウイズコロナ一つの限界

2021年04月17日 | 世の中
            

 四月に入り気温の上がり下がりが大きく体調が優れないと言われる患者さんが多い。新型コロナによる生活の制限が長引き一年を超えた。それが多くの人の体調に悪い影響を与えているのを実感する。私たち夫婦もこの一年半新幹線に乗っておらず県外に出ていない。贅沢と言われればそれまでだが、小旅行がないと生活に変化がなく気分転換がしにくくストレスが溜まる。幸い私はいくつか趣味があるのでさほどではないが家内は旅行が好きなので気分が晴れない様子だ。
 ウイズコロナと言えば成る程と聞こえるがウイズアウトコロナはどういう生活でそれがあり得たのか小池知事に聞いてみたかった。ウイズと表現しようがしまいが新型コロナに制限された生活を強いられているわけでそれが現実になっている。
 政治的な意図でオリンピック前までにはと思わされていたので、思いの他の長期戦に多くの人が精神的な我慢の限界に来ている。
 感染の大爆発が防げているのはマスク手洗いを遵守し、従順で怒り出さない日本人の国民性のお陰と思われるが、いつまでもとはいかないだろう。訪米帰りの飛行機はワクチン満載でなければならない。
 それにしても、信長、秀吉、家康が首相だったらどう乗り切っただろう。歴史学者に歯に衣を着せぬ議論をしてもらいたい。
コメント

マンボウの役割は

2021年04月16日 | 政治経済
          

 緊急事態宣言解除から僅か二週間で阪神に明らかな第四波の兆候が認められた。慌てて?マンボウ(蔓延防止等重点措置)が出されたが、焼け石に水で効果が乏しく今や第三波よりも大きい波が押し寄せている。なぜマンボウなどと言う中途半端なものを間に置いたのだろう。間に中途半端なものを置くと緊急事態宣言にたどり着くのに時間が掛かり貴重な二十日間が不十分な対応になり手遅れの原因になってしまう。マンボウは外出制限だけにして数日間の警告様子見に使った方が良いのでは。
 囲碁将棋では形勢判断をして手を読み優れた先手を打つのが高段者、その場しのぎの手で敗勢になってから考え込むのが初心者なのだが、政治のプロ中のプロの総理大臣や知事が初心者のような判断をしている。不思議だ。新型コロナを重大問題と捉えて居らず、経済重視できたためか。あるいは権力闘争と利権獲得はプロなのだが危機対応政策はアマなのかもしれない。
 漸く来週、第一線で働く私にも新型コロナワクチンが打ってもらえることになった。東京の医療センタ-で打ち始めて二ヶ月以上、地方の個人医に回ってくるまで随分時間が掛かるなあ。
 どうもワクチンが手元にないらしい。訪米時、ファイザー社長と電話会談でワクチン供給願いをするようだが、どうせなら直に会って頼のまれてはどうか。 
コメント

心配料金?

2021年04月15日 | 医療
            

 第一線で診療していると、些細な症状でも重い病気ではないかと心配で受診される患者さんが結構おられる。中年女性が多い。病歴診察で90%心配ないと判断しても100%大丈夫とは言えないので検査することが多い。高血圧や脂質異常などで定期通院されている患者さんの場合は経過をみることもある。実は病気の種類や時期によっては検査しても100%わかるわけではなく、結果に異常がなければ例えば98%大丈夫というところで、異常ありませんとそれ以上の検査を止めることも多い。精密な検査ほど身体的負担や経済的負担が大きいからだ。
 保険診療は異常のない人は対象にしていないので、隣の奥さんが検査したからとか、なんだか心配だから安心のためにとかいうことでは検査できない。とは言っても初期には症状のない病気も多いし、七十過ぎの人に脳の画像検査をすれば頭脳明晰でも微小脳梗塞が見つかることも多い。
 費用と身体的負担のある検査をどのように実施するかは、表だって声高には議論されないが診療における費用対効果の問題で、本当は国民的な指針形成が必要と思う。医療費は高額で国の懐を圧迫していることを自覚する必要がある。
コメント (2)

トリチウム水放出

2021年04月14日 | 世の中
             

 正確な情報の隠蔽と問題の決断先送りで遂にトリチウム水があふれ出すことになった。放射能は中和できないし燃焼して無くすことも出来ない。実はこうなることは十年前から予測できた。基準値の十分の一以下に薄めて流すなど、何処まで科学的な根拠があるのだろう。海に放出されれば薄めても薄めなくても最終的には希釈度は同じになる、放出近傍で差が出るだけだ。
 安全性に問題ない、なんなら飲んでみせると八十過ぎの麻生さんがおっしゃられても説得力は乏しい。幼稚園児に飲ませると言えば安全性宣伝効果はあっても袋だたきにされるだろう。吉村知事の大阪湾に流すというのは面白いアイデアだが、実際にやればまたイソジンかと非難されるだろう。
 根回しが得意な政治家が、なぜ五年も六年もこの問題に目をつむり放置していたのだろう。東京電力は公益の組織の体をなしていないのが白日の下に晒された。新型コロナ対策といい福島原発事故後対応といい、日本が科学を忘れた国になってしまっているのに気付かないと傷は深まるばかりだ。
コメント

あってはならないこと

2021年04月13日 | 世界
     

 
            
 
 ミャンマーの軍隊が市民に発砲し七百人以上の人達が亡くなっている。中には子供も居る。あってはならないことだ。使い回された表現なのでもっと強く厳しい表現がないかと思うが、誰を守る軍隊なのだろう、滅茶苦茶言語道断で恐ろしい。
 中国とロシアが反対し中々国連が強い制裁に踏み切れないようだが、個別に制裁、特に力を持つアメリカには厳しい対応を望みたい。異論を暴力で押さえつける国々が立ちゆかなくなるように、日本政府は賢く動いてほしい。
 自国民に自国軍隊が銃口を向ける。あってはならないことだが、これは行き過ぎの極地で、実は様々なグラデ-ションがあり異論を弾圧する性質は権力に付きものなのだ。国民が意識して情報公開と監視を怠らないようにしないと異論を押さえつける動きが暗躍し始める。
 難しいイデオロギーは御免こうむりたいが単純明快に、少数派や弱い方を応援したい。
コメント

ケチャパーもいる

2021年04月12日 | 旨い物


  1.               

 マヨネーズ大好きなマヨラーに対してケチャップが大好きなケチャパ-も居るはずだ。私はどちらも好きだが、ややケチャパー寄りだ。先祖にイタリア人が混ざっているわけはないが、トマト味が好きなのだ。スパゲッティを頼む時メニューを睨みながらひとしきり考えて結局五回に四回トマトベースにしてしまう。
 赤い色が好きなのか酸味が好きなのかよくわからないが、甘酸っぱい味が好きなのは確かだ。甘酸っぱい味は辛みと相性が良く、七味やタバスコに手が伸びる。それともう一つ、微かな苦みがあると大人の味というか濃く深みが出て飽きずに最後まで美味しく食べられる。マヨラーにはマヨラーの理由があると思うが、私はマヨネーズにはしっとり感を求めているような気がする。
コメント

前に出る

2021年04月11日 | 政治経済
            

 ウエンブレイアピアランス、古くからのサッカーファンでないと分からない表現かもしれないが、これはイギリスのサッカー聖地ウエンブレイスタジアムでの試合に出場した経験を言い、その回数はイングランドのサッカー選手の実力の証明となる。
 新型コロナ対策に失敗し身びいきで信頼を失った管政権を目の前にして、半年以内に行われる衆議院選挙は野党躍進のチャンスと思われる。しかし、野党支持がもう一つ盛り上がらない。それは立憲民主の枝野代表の姿が見えないためだと思う。アピアランスが少ない。分かってもらえる人だけで良いという姿勢では大きな支持は集まらない。何をしたいのかどうなるのかを強くわかりやすく示さなければ、大きな支持は集まらない。そうした風潮や雰囲気を利用するのは邪道だと考えておられるとしたらそれは違うのではと申し上げたい。政治が専門の人達も同じようなことを指摘している。
 人間は簡単には変われないとしても前に出なければスタジアム登場回数を増やさなければ道は開けないと思う。国民を理解するだけでは不十分で国民に理解されなければ信頼支持は生まれない。
コメント

将棋中継にAI情報は必要か

2021年04月10日 | 趣味
            

 将棋名人戦初戦で渡辺名人が挑戦者の斉藤八段に敗れた。AIの形勢判断によれば終盤以降渡辺名人が有利でしばしば八十対二十程の差があったのだが、斉藤挑戦者が粘り強く頑張ったため、渡辺名人はAIの示す危険を伴う最善手では切り込まず安全策をとってしまった。そうするうち持ち時間がなくなり、緩手の隙を突いて斉藤挑戦者が反撃し逆転されてしまった。人間の解説者は形勢判断はAIに大体似ていたのだが具体的な最善?の差し手示すことができなかった。
 渡辺名人が局後反省していたように、方針が一貫していれば勝てたのだろうが、決め手を与えず粘る斉藤八段の落ち着いた差し回しに蹈鞴を踏んでしまった。
 渡辺名人は現在将棋界の第一人者なのだが、AIの形勢判断と最善手を見ていると渡辺名人がまるでドジを踏んでいるように見える場面がいくつかあった。どうもAIが呆れているように渡辺名人が弱いように見えて興味を削がれた。アマチュアファンにしてみると人間の解説者だけの方が良かったようにも感じられた。
コメント

なぜそこまで叩く

2021年04月09日 | 世の中
           

 人の恋路を邪魔する奴は馬に蹴られてくたばってしまえと言われる。小室圭さんと眞子様のご結婚が中々進まない。報道によれば小室さんの母親とその元婚約者は共に情けない嫌らしい人達らしい(本当のところは知らない)が、菅首相と息子も別人格で逃れているのだから、ここは圭さんも母親とは別人格と言うことで二人の思いを遂げさせてあげたい。
 どうしてそんなに非難するのか、税金が使われるから?そこだけ厳しく言うのは筋違いで、税金のおかしな使われ方は五万とある。皇族であることの大変さを想像すれば一時金は理解できる範囲のことと思う。お二人は減額や辞退の覚悟もあると推測する。家族に問題があるから?、確かに理想から遠いかもしれないが、それはよくあることでお二人は相思相愛で非難と時の試練に耐えられた。人の不幸は蜜の味で叩いている人も多いのではないか。
 もう十分に待たれた、私はお二人が一緒になられることを祝福応援したい。
コメント

知りたくない情報を遮断できないか

2021年04月08日 | 世の中
          

 毎日携帯や自宅のパソコンでネットニュースを見る。そうするとMLBの結果が報道されている。BSのMLBの面白みが半減する。結果を知らない方が何倍も面白いのだ。まあ、コロンボ式に最初に結果がわかっていてそれをどうやってとぼけたようで鋭く抜かりないコロンボがかみさんのアドバイスを参考にしながら犯人を突き止めるかも面白いが、それは例外で試合となると結果がわかっていてはつまらなくなる。 
 パソコンにはネットの成人向け情報をブロックする機能があるようだが、それと同じようにスポーツや囲碁将棋の結果をブロックする仕組みを入れてくれないものか、録画で楽しむ人は重宝すると思う。ついでに芸能人のくっついた離れた情報もブロックできるようにしてほしい。
 その代わり官邸辺りでブロックしている情報、新型コロナワクチンの配布接種状況など、を解除して流してほしい。まだ0.9%にしか接種していないとは知らなかった。医師は0.9%の中に入るはずだが、格差があるらしい。
コメント