駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

如何なる星の下に

2019年03月21日 | スポーツ

              

 

 デビューの時から菊池雄星の存在は知ってはいたが特別注目はしていなかった。色々あって伸び悩んでいたが、ようやく芽を出した矢先、突然私のお気に入りだったBS放送MLBのキャスターの深津留美さんと結婚したのでびっくりした。当初なんだこいつと思ったのだが、純粋な思いを深津さん受け入れたようだったので、彼女を見られなくなったのは残念だが二人を応援するようになった。二人ともMLBへの思いが強く、MLBへいければ良いなあと思っていたのだが、それが実現しマリナーズへ移籍できた。こう書けばとんとん拍子のようだが、そうではなく色々な紆余曲折を二人で乗り越えてきたのだろうと思う。

 久しぶりに深津さんの写真と記事をネットで見ることが出来た。完全に仕事から引退したわけだがそれに対して「仕事が大好きだったので、正直さみしかったです。でも私が全力でサポートして、主人を強くして、無敵の男にしようと決めたので後悔はありません」とのこと、雄星は果報者と思うが決して棚からぼた餅ではなく精進努力の賜にも見える。

 メジャーリーガーの妻として送るアメリカ生活は、不安よりも楽しみの方が強い。

「あちらには婦人会があり、主な活動はチャリティーなんですが、早くそれに参加したいです。私は高校時代から、ボランティアで近くの老人ホームで童謡を歌う活動をしていましたが、チャリティー活動をできるのが今からすごく楽しみです」と書かれている。

 菊池雄星と留美のペアを応援してゆきたい。

 写真はネット記事から拝借

コメント

平成はなぜ失敗したか

2019年03月20日 | 世の中

   

 

 野口悠紀雄さんという経済学者が居る。経済学の範疇を越えて自由にものを言われる。一般にはさほど馴染みはないかもしれないが、私は三十年近く前の超整理法の時から知っており、明るくやや軽い感じはするが分かりやすいので時々読んきた。

 このほど「平成はなぜ失敗したのか」という本を幻冬舎から出された。暑苦しい幻冬舎からというのでちょっと躊躇したが、平成を丸ごと生き半世紀前の総括という拡声器の声が耳に残る世代なので、平成の総括を考えてしまう。その縁に読んでみた。

 薄々気が付いてはいたがそれほど酷かったのかという平成日本の迂闊出遅れを認識させられた。勿論、野口さんの分析総括への異論反論はあるだろうが、今の日本の閉じた出遅れた実態認識にはさほどの差はなかろう。

 野口さんは経済学者で私は市井の臨床医なので、経済に対する理解力分析力には素人と玄人で雲泥の差があるのだが、なんでこうなったかについては人間観察者として、それなりの感想を持った。どうも一見平穏な平成時代は不都合な真実から目を逸らし問題を直視せず皮相で糊塗してやり過ごしたために、気が付いたら世界から取り残され不具合に陥っているようだ。ここに至っても内に籠り視野を狭めて口先の言葉で問題から目を逸らす政権に、考える代わりに異論を叩くことで加担する人達が延る病気に罹っているように診断する。

 確かにおぞましい韓国、怪しげな中国、風前の灯火の北朝鮮を非難すれば相対的に自国の評価は上がるように感ずるけれども、日本が一番と怒鳴る人が日本を二十一番に押し下げているような気がする。何時か来た道との類似を指摘する声にも耳を傾けたい。

コメント

希林さん、呼んだのかね

2019年03月19日 | 人生

       

 

 内田裕也さんが亡くなった。あれついこないだ樹木希林さんが亡くなったばっかりで、元気そうだったのにと驚いた。享年七十九歳、今の時代ではちょっと若いが、十分生きられたのではとも想像する。希林さんが呼んだなと思った人は多いだろう。

 高齢のご夫婦がまるで連れ添ったように亡くなるのは、それほど珍しいことではない。奥さんが亡くなって一か月ほどでご主人が亡くなった夫婦を二例、ご主人が亡くなって二週間で奥さんが亡くなった夫婦を一例経験している。残された方が抜け殻のようになって、あれあれという間に亡くなってしまった。三例とも九十歳前後で年齢の近いご夫婦だった。

 よく言われることだが残されて元気が出ると言うと語弊があるかもしれないが、独りになった人生を謳歌されるのは女性の方に多い。お父さんまだ呼ばないでねと友達とあちこち旅行をされたりしている。男の方は残されてそこそこ生活できても、どことなく寂し気というか元気がもう一つの人が多い。

 これもよく言われることだが、好きな趣味があったり、友達が多かったり、家事ができる男性の方が独りになった時、強いというか逞しく生きられると観測している。しかしまあ、だから趣味を持とう、友達を作ろう、家事をしようとしても簡単ではないし、付け焼刃では効果も少なそうだ。親爺がよく平生往生とよく言っていた。聞き流していたが、年を取ると本当にそうだなと思う。

コメント (2)

何がどうとは分からないのだが、微かに違う

2019年03月18日 | 人生

      

 

 今朝もマラソン爺さんを見かけたのだが、今朝はどうしたことか途中で走るのを止め、歩きながら私とすれ違った。あれあれと顔色を窺ったのだが息が上がったようでちょいと苦しそうで肩を落としていた。大丈夫かなと二度ほど振り返ってしまった。

 羽生九段がNHK杯を制覇し十一度目の前人未到の優勝回数を果たすと同時に棋戦の優勝回数でも大山十五世名人を抜いて単独トップになった。勿論、どんな棋戦タイトル戦でも強いのだが、短時間の一日決選では特に強い。それと運も強いのだ。同年代の強豪と言われる棋士には滅法強く先手となればなおさらで、郷田も強いのだが後手で羽生相手では勝ち目は薄く、振り駒で郷田に動揺があり勝負は決まった。

 三十年前と違って将棋では明らかに先手が有利になっている。タイトル戦の後手番で五分の星が残せれば九割はタイトルを制することが出きる感じがする。おそらくそういうデータが出ていると思うが、問題になるのであまり話題にしていないようだ。そこへ行くと囲碁はコミがあるし、後手番歓迎の棋士も少なからず居そうだ。

 あまり話題にならないが渡辺二冠が今期は破竹の勢いで勝ちまくっている。A級を落ち勝率五割を切り三十半ばで燃料切れかと思われたのだが、何がどう変わったのかB1を 十二連勝のぶっぎりでA級復帰を果たした。フットサルや競馬が好きでブログを書いたりして、何と言うか庶民的で羽生とは一味違う魅力のある人物だ。

 十年一日のようで日月の運行も微かに変わってゆく。高々二センチの段差に躓き、手にしたつもりの郵便物を落とす、年を取った。あと十五分で始業、やがて桜が咲く、古希を過ぎて否古希を過ぎたからこそ新たな気持ちで働かねばと診察室の椅子に座り直している。

コメント

ジムロジャースの見方

2019年03月16日 | 

      

 

 ジムロジャースという人が居る。世界的な投資家らしい。つい一週間前まで知らなかった人だが、BSの真相ニュースで見かけて、核心を突いた言いにくいこと、つまり借金大国少子化の日本の将来は暗い、をはっきり言う人だなと思った。政治だけでなく経済の専門家とされる人もあれこれ違った見方をする。政治が好みと信念そして立場と利害で主張が四十五度から百八十度まであれこれ違うのは理解できるが、データを使い科学の装いのある経済学の専門家の意見が九十度どころか百八十度も違うのはどうもよくわからない。

 早速ミーハーにもジムロジャースの「お金の流れで読む日本と世界の未来」というPHP新書を買ってきた。ジムロジャースは経済学者ではなく投資家なので、その言い分は何処に投資すれば儲かるかという視点に貫かれており、私のような経済学素人には分かりやすい。

 当たっているかもしれないが韓国と北朝鮮の未来が明るく、投資対象だという分析には苦笑せざるを得なかった。日本に多い嫌韓の人は、馬鹿げたことを言うとこれを読んでこの本を屑籠に捨てるだろう。少数の親韓の人達はその通りと思うかもしれない。果たして外務省の見解はどうだろう、韓国が統一されることを現実的と考えているだろうか?。

 ジムロジャース氏は投資的にしかものを見ていないので、ちょっとどうかなと思わされるところも少なくないのだが、逆に国民感情や政治的思惑から自由な分、直截に真実に迫った見方分析があるとも思った。特に日本に関する下りは安倍さんの用心棒や支持者を恐れる必要がないので歯に衣を着せない事が書いてある。読みやすいので、どなたでも短時間で読める。視野を広げるには絶好の読み物とお勧めする。

 What should they know of England who only England know? はそのままJapanにも言えることだ。

コメント

呆けない工夫?

2019年03月15日 | 小考

      

 

 昔、裏番組を見ると頭が痛くなるというテレビ放送があった。実際に頭が痛くなることはなかったと記憶する。しかし今はインターネット情報を読んでいると頭が重くなることがある。それなら読まなければいいと言われそうだがパソコンを立ち上げるとどうしてもあれこれ見出しが眼に入ってきて、つられてクリックすることが多い。見出しが読んでみたくなるように工夫されているからだ。 

 これからはクリックする時は出何処を確認して屑情報を避けたいと思うようなった。幅広く多彩な情報をという心懸けからは外れるが、視野の狭い悪口雑言を読んでいると頭が曇ってくる。続けていると頭が悪くなるような気もする。呆け始めているのにこれ以上頭が悪くなっては仕事が出来なくなる。

 私には紙に印刷された活字とBS放送が向いていると感じている。BSの英語放送には私のように聞き取りが不十分な人間のために何と言ったか文字が出てくるものがある。時々なるほどと聞いている。しかしまあメイ首相は何とも大変な役割を引き受けたものだ。二年で五年分老けた、幸い皺は増えたが美しさの片鱗はちゃんと残っている。

 ブレグジットの難航は混迷というよりは民主的な手続きの実際というものだろうと観測している。これだけ厳しい仕事が遂行できる政治家は少ないだろう、トランプなら間違いなく人のせいにして投げ出している。

 料簡が狭いかもしれないが本当に美味い店というのは親友にしか教えたくないと言う気持ちがある。片山杜秀さんは掘り出し物のつもりでいたが、ちょっと注目されるようになってきた。氏の平成精神史を平成を振り返る一冊に挙げておきたい。

コメント

華の都パリの怖さ?

2019年03月13日 | 

   

 

 ブラタモリのパリ編後半を録画で見た。二千年の古都を大改造した知事が居たのを思い出させて貰った。とは言っても名前も忘れ下水道を整備した人物位にしか憶えて居らず、いやはやオスマンさんは凄い人、爪の垢が残っていないだろうか、あれば日本の知事さん達に飲んでいただきたい。糞尿で汚れた古都パリが如何にして華の都になったか、タモリ林田と一緒に合点した。

 その花の都パリの魅力は実は恐ろしい。幸い私は一寸引きつけられるだけなのだが、魔力に魅せられ日本に帰らず住み着いてしまった人は多い。多くは女性で、私が二人ばかり知っているくらいだから、全国では相当な数になるだろう。一人は患者さんのお嬢さんで、もう呆れたのを通り越し諦めました(これは母の視点)と、もう二十年になるので話題にも上がらなくなった。

 今回タモリを案内した女性もパリの魔力に引きつけられた人と見受けた。なぜ女性が多いかは多分言葉が達者になる確率が男性よりも高いからだろうと思う。林田さんも目を丸くして驚いたり喜んだりしていたが、パリの魔力に気付いただろうか。

 魅力と魔力は紙一重。

コメント (2)

仕事を続けられるのは

2019年03月13日 | 小験

          

 

 自分は医療にしか従事したことはなく、他の職種のことはよく分からないが、長く医師であり続けるのは容易ではないと感じている。外科医に比べれば内科医は十年ほど長く第一線に従事できるが それでも六十半ばからは最新の知識を保つのが難しくなる。医療の進歩というのは分野によって差があり、遅々として予後の改善しない疾患から不治の病が治るまで進歩した病気まで様々だが、全体としては随分進歩しており医師免許を手にした四十七年前とは隔世の感がある。

 そうして今でも何とか現役で仕事が出来ている訳だが、振り返ると卒後五、六年に身に付いたものが大きいと感じる。三十年四十年経っても学びと進歩はあるのだが、何と言っても研修医の頃身に付いたものが土台と核となっている。今ならパワハラとされかねない叱声も、あの頃は当然で何度か頭ごなしに注意されたことがある。落ち込み辛い思いはしたが、自分が至らないわけで恨むようなことはなかった。叱っても外からはかばってくれたし、時には褒めても呉れ、苛めではないと感じたからだろう。勿論、苛めのような扱いや依怙贔屓を目にしたが、それは何時の時代にもあることだ。今の時代にそれが特別酷いということはないような気がする。

 今の自分が特別優れているとは思わないが、八名の雇用を生み出し十分な患者数で仕事が続けられているのは、若かった頃の指導や経験のお陰と感じる。スキーのジャンプも実は空中に出てからよりも滑って飛び出すところが肝腎なのだろうと想像する。

コメント

政治に向いた人とは?

2019年03月12日 | 小考

     

 

 辰巳琢朗さんが自民党の大阪知事選出馬要請に対して、政治は政治に向いた人がやるべきと断られたようだ。政治に向いた人というのはどういう人のことかねと聞き返したくなる。

 一体政治に向いた人とはいかなる人物なのだろうか、安倍首相、枝野さん、玉木さん、志位委員長、小沢さん、二階さんそれに松井前大阪府知事などが政治家に向いた人なのか。政治家を辞めても政治的な発言を繰り出す橋下氏や文筆家とも思えない政治的発言を繰り返す百田さんなどは政治に向いているのだろうか。

 確かにああ言えばこう言う、俺が我こそがという性向や固い信念や権謀術数の凄味を漂わせる人が多いようだが、それが政治に向いているということだろうか。確かにこうした要素は政治に必要かもしれないが、一番大切なものではない気もする。人間の本質は数千年さほど変わっていないようだから、それこそ歴史を紐解いて優れた政治家だった人を捜し政治に向いた人資質とは何かを研究すれば、答えは出てくると思われる、私が知らないだけで既に数多い研究成果が出ているだろう。

 君子豹変もあるし、立場が人を作ることも多いから、ある人が政治に向いているかどうかを判断するのは実はさほど容易ではない。大体、自分のことは自分ではよく分からないことも多いと思う。なりたい人よりもなってもらいたい人という切実な周りの声も聞こえる。次はあいつが好いと慧眼で後継者を指名し企業業績を伸ばす社長も少なくない。

 辰巳さんに府知事が出来ないとは思えない、真意は測りかねるが公よりも私に生きると聞こえた。

 政策にはプロアマが居ても政治にはアマは居ない。社会のありようは全ての人が己に関わるわけで、誰もがプロだ。

 ところで、固辞するだろうが次の東京都知事にはタモリがいい。正体見たり枯れ尾花、小池さんは二階さんが支持しても交代がよろしいようだ。 

コメント

謎の都、大阪

2019年03月11日 | 

    

 

 首都と言えば東京、杜の都は仙台 単に都と言えば京都なのだが、私に謎の都なのが大阪だ。どのくらいの人が私と同じような感想を持たれているか分からないが、食道楽はなるほどと思ってももう一つその笑いには馴染みにくい。えげつないと言うと言い過ぎかもしれないが、もう一つしっくりとこない感じがしている。それが京都神戸となるとまあ理解できる感じがして腑に落ちるから、私の感覚がずれているのかもしれない。

 この馴染まない感じは維新の会に端的に現れている。不思議な辞職をして知事市長入れ替え立候補のダブルクロス選挙はどうもえげつない感じがしてしまう。勿論、二重行政の不合理は問題だが、なぜ今辞職する形でと思ってしまう。自民党が担ごうとした辰巳琢朗さん、この人には大阪の人の感じが薄い。出れば勝てたと思うのだが断られた。大坂愛は人後に落ちなくても、もう一つ大阪人ではなかったのだろうか。

 大阪と聞いて各分野に思い浮かぶ才能あふれる人は枚挙に暇がない。全てを束ねて謎などと言うこと自体が、無茶で行き過ぎたことなのだが、辞職してダブルクロスで選挙をやらかすのをちょっと大阪的と感じて謎などと書いてしまった。

 歴史的に見れば大阪のずれ、意識されない屈折?は大阪の陣辺りから来ているのかもしれない。

 大阪の人はこれを読んで気を悪くされたかもしれない、小野十三郎や開高健のファンですと申し訳をしておこう。

コメント (2)