駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

東京にいつもの元気がなかった

2019年07月22日 | 

           

 

 いつまでも曇天が続く、もうお天気のことは話題にしたくない気になる。宮沢賢治なら何と言うだろうか?。

 気のせいか東京はもう一つ元気がなかった。僅かにラーメン屋の前に行列が出来ていたが、銀座でラーメン屋?と奇妙な気がしたのは私の偏見というか時代感覚のずれだろうか。女房は都会好きなのだが、今回はもう一つ買い物にも力が入らなかったようで、地方で手に入りにくい石鹸を買っただけのようだった。丸善でもお目当ての本が見当たらなかったようで、アマゾンで探すわと、本は手に取ってみなくちゃの原則が崩れたようだ。

 ホテルでも一見日本人風でちょっと違うなと思っていると中国語らしき言葉が出てくる人達が多かった。多分我々夫婦が中国に旅行すればどことなく緊張してすぐ旅行者と見破られると思うが、中国の旅行者は日本でも我が物顔で物おじしておらず態度からは関西の人かなと思う程度で、西も西、海を越えた向こう側まではわからなかった。

 いつも丸の内のビル街を歩くと整然とした大都会を感じ日本は凄い国だと思うのだが、今回は曇天のせいかビル群が小さく見え逆に大丈夫かなと微かな不安を覚えた。色々な世界情報が心証に影響を与えたのだろうと思うが、さっさと自宅に帰りたい気持ちになった。我が家が一番というか我町が一番と感じた、どういうことだろう。

コメント

邯鄲の夢?

2019年05月14日 | 

     

 

 今朝は雨がしとしと降っていた。既に道路は濡れ夜半から雨だったと見える。木々の緑が濡れて一層色濃く目に映った。

 この数日夢をよく見る、五臓が疲れているのだろう。明け方?見た夢は少し憶えている。旧い町並で京都や九分に似ていた。なんとなく祭りの雰囲気が漂っていた。小腹が空いたので昼飯でもと店に入ったのだが一階は何か土産物の売店だけのようで二階上がるとカウンターのようなものあり暖簾がかかり、おっさんがぽつねんと座っている。何の店だろうと不思議な気がしたが、いらっしゃいませという訳でもないので三階に登るとやはり同じような暖簾とちょっと若めの男が所在無げに座って一瞥をくれるだけで、四階に登ると今度はやや派手な暖簾でおばさんが座っておりにやりとした。何かを焼売を茹でているような香りがしてちょっと食指が動いたが、まあ一番上までと五階に上がると饂飩と書いた暖簾がかかりお婆さんが座っていた。さしてお腹は空いていないので饂飩でいいやと入ろうとすると、何か合図したのか若い娘が出てきて奥へ案内してくれた、中は意外に広く七八部屋はありそうな奥行きだった。窓からなだらかな山々が見える六畳ほどの部屋に通された、眼下に広い川がゆったりと流れている。お茶が運ばれ何だか分からぬことを言われた気がする。多分饂飩で良いかと言われたのだろうと頷いたまでは憶えているのだが、その後の記憶がない。何となく日本ではないような気がするが、確か饂飩と書いてあったようだ。

 夢は何かまだまだよくわかっていない?し、過剰な解釈が加えられてきたようにも思う。自分は愛読する野田知祐さんや川本三郎さんのような一人旅はしたことがなく、一体何だったんだろう、何か旨いものを食いはぐれた気分だけが残っている。

コメント

本場の踊りは違う

2019年05月07日 | 

   

 

 折角スペイン(マドリッド)に来たのだからとフラメンコを見た。アンダルシアまでは足を伸ばせなかったので本場の本物とは多少違うかも知れないが、やはり日本で見た物とは違った。迫力があり動きと音圧に圧倒された。百メートルスタートダッシュのような動きが、舞い落ちる花びらのように静かに終息して行く様には感動した。人間の感覚に芸術的感興を湧き起こす作品にはフォルテッシモからピアニッシモまでの波と動きがあるようだ。

 マドリッドはスターバックスやマクドナルドもある近代的な大都会で、噂に聞いたスリや料金誤魔化しは経験せず、タクシーの運ちゃんもまともで親切だった。スペインは何となくドイツフランスイタリアに比して貧しく遅れているような印象を持っていたのだが、最先端の技術力は乏しくてもマイペースで風土に恵まれた基本的に豊かな国に感じた。

コメント

赤ゲットを卒業?

2019年05月06日 | 

              

             

 

 ヨーロッパは地理的にも歴史的にも連続しており、極東の島国育ちには一塊に感じられる。石造りの街角を歩いて、イギリス、ドイツ、イタリア、スペイン・・の何処かを言い当てるのは、数日間七、八回程度のヨーロッパ体験の者には中々難しい。勿論、地元の人や居住体験のある人には微妙だが確固とした違いがわかるのだろう。

 日本から訪れるとどうしてこんなに近接しているのに異なった言語を話し独自の文化を持つ国々になったのだろうかと不思議な気がする。移動手段が限られ、一般の市民が何百キロも移動するのは難しかっただろうが、支配階級、商人、学者、聖職者などは広い範囲を移動していたわけで、しかも共通したキリスト教という宗教を持ち聖職者はラテン語という共通言語を持っていたので、中国のような国家が形成されても良さそうな気がする。勿論、キリスト教感覚やハプスブルグ家支配などがあるからEUという発想が出てきたのだろうし、中国も言語的にはいくつかの言葉があり省ごとに独特な文化を持っているわけで、さほど大きな違いではないのかも知れない。

 しかしまあ、毎回思うのだがヨーロッパは日本とは違う、というか世界の中では日本はユニークな存在なのだと感じた。数多い外国人が様々な形で日本に住み着いている。同じように世界のあらゆる処に日本人が住み着いている。出羽守でも豊前守でもいい、外国体験は貴重だしその見聞が多様な意見としてもっと世論に染み込むと良いと思う。

  我々夫婦はなぜかチャイニーズと間違われることは少なく、フレンドリーに扱われ日本人の印象は悪くないのだと感じることが多かった。

コメント

休むには日本を離れるのが一番

2019年05月05日 | 

  

 

 連休で海外へ行ってきた。日本を離れると本当に休暇を取った感じがする。BBCが生中継してくれたので平成から令和への儀式も見ることが出来た。

 何がどう違うというのは一言では言えないが、とにかく日本とは違う、言葉が分からないせいかもしれないが、煩わしさがなく心の疲れが取れる。ただ、仕事頭に戻すのは大変そうだ。

コメント (2)

骨休み旅を夢見る

2018年12月25日 | 

    

 

 年の暮れの連休明けで今日は忙しくなる。まだ腰が痛いので朝から時間内に数多い患者さんを診切れるか心配だ。おまけにと言っては何だが、今年は重症の往診患者さんが二人いて、年末年始がゆっくりできるか気がかりだ。こうやって働くのはもう限界のような気がする。引退はまだ早いとしても分担後任を確保しなければならない。当てはあるのだが、行動の時期だろう。

 本当にのんびりできるところを捜したい。唯、いつも女房と二人で行動するので選択が難しい。家内は大都会志向でホテルが大好きなので、鄙びた温泉となると一人でゆかねばなるまい。それも良いのだが、情けないことに家内の説得が一苦労しそうで気が重い。妻のトリセツを購入しなければなるまい。

 野田知祐氏や椎名誠さんのような国外一人旅の活力はもうないのでせめて川本三郎さんのような国内小旅行をしてみたい。

 雪の風呂南無阿弥陀仏と沈みけり 世の中に寝るほど楽はなかりけりという 宿に泊まりたい。

コメント

東京に空はなくても

2018年10月22日 | 

な           

 久しぶりに東京へ行ってきた。昔よく利用したホテルに泊まった。十年ぶりくらいになるがさほど変わってはいなかった。家内はここは交通の便が悪いので嫌がるが 、私は一寸繁華街から離れ静かで旧式なところが好きだ。コンシェルジュの女性は落ちついた感じの良い人だったのだが、さすがに変わったようだった。

 何処もそうなのかも知れないが、外人が多くてびっくりした。アンダーの照明とブラウンを基調とした色合いが 欧風なので欧米人が多くても全く違和感がない。昔ある作家がここを定宿にしていた理由がなんとなくわかる。

 今回は都心を離れ東横沿線の中目黒と学芸大学に用があったのだが、私鉄沿線の駅といってもにぎやかな駅前商店街が形成され人通りも多くいつもながら東京のエネルギーを感じた。東京に居ては地方のシャッター商店街は分からないと思った。勿論、通り過ぎただけだから正確なことは分からないのだが、食いしん坊の私はこれだけ多種多様の飲食店がやってゆけるということは、勿論競争は激しいだろうが、活力がある証拠と見た。食べログを参考にイタリアンをたらふく食べた。美味しかったのだが、お値段もそれなりで地方都市でこの値段では客は来ないだろうと思う。食べログの評価が値段を支えているのかもしれない。   

 こうした小旅行と旨いもので幾らか心が潤った。乾いた心からは、優しさや親切というものは生まれない、マニュアルでない気遣いや笑顔を生み出す効果があったかもしれない。

 東京には空はなくても豊かさと贅があった。

           

コメント

貴重な人

2018年09月20日 | 

  

 K君がアメリに行ったことがないというので本当に駆け足だが、アメリカに行ってきた。二年に一回異業種の友人達と短い海外旅行に行くようになって十五、六年になる。G氏が亡くなりF氏の都合が悪く、今回はちょっと寂しいが三人で行ってきた。いつもは目立たないM氏のマイペースに些かうんざりした。F氏やG氏が、貴重な中和剤になっていたのだ。特に律儀で穏やかなG氏が我々のグループで貴重な中和剤と言うか、緩衝効果を持っていたのに気づいた。友人と言うのは不思議な縁なのだが、その綾を巧みに柔らかいハーモニーに変えてくれるキーパーソンが居たのだ。

 アメリカは移民から成っている広く若い国だが、ステレオタイプと多様性がないまぜになって、不思議なパワーを感じる。宿の女主人、聞いたことのないなまり、どこから来たのだろうかと聞いてみたらウクライナと返ってきた。フランス語とロシア語が混ざったのような言葉を息子と話していた。

コメント

一杯のコーヒ

2018年08月26日 | 

 あなたはコーヒー派それとも紅茶派。実際に飲まれている量は日本茶が一番多いと思うが、街中で喫茶と言えばコーヒーが圧倒的に多いだろう。日本茶は店でお金を払って飲むという感覚はなく、和食系統の店では何も言わなくても食事に付いて自然に無料で出てくる。

 原価はコーヒー紅茶の方が高いと思うが、それでも日本茶の数倍程度だと思う。茶葉を選べば日本茶も有料でおかしくないものが出せると思うが、日本茶を喫茶形式で有料で飲ませる店は希有だ。増える様子もなく繁盛しているとも聞かない。日本茶に凝っていて講釈の多い和食店を知っているが、お茶は無料で食事に付随して供される。

 一杯飲んだ時の満足度が違うのだろうか、確かに日本茶だと気軽にゴクゴクと飲んでしまい、ゆっくり味わって飲むという感覚は少ない。

 特にコーヒー派というわけでもないが喫茶というとコーヒーの感じがして、小品シリーズでコーヒーを描いてみた。何だかカップがテーブルの真ん中にないのは、最初テーブルの向こう側に床を描いたのだが、先生に中途半端だと言われ全部テーブルにしたためだ。香り立つコーヒーに見えるだろうか?。まさかこのコーヒーを出す喫茶店が分かる人は居まい。旅先の一杯、東北の店だ。盛岡の人なら分かるかも知れない。

コメント (2)

500マイル

2018年08月15日 | 

 

 500マイル離れてとピーターポールアンドマリーは唱った。もう半世紀以上前の昔だ。マリーはもう居ない。

 テレビやインターネットは500マイルどころか5000マイル彼方のことも瞬時に伝えている。しかしそれは電子メディアを通した情報で生身の現実感は乏しい。馴れて気付かないけれども50m、500m先で起きていることとは違って感じているのだ。旅をすると,500マイルの彼方に様々な人が同時代を生き、生活しているのを実感することが出来る。遠い昔、確かJRにディカバージャパンというキャッチフレーズがあった。発見しろってどういうことと感じたが、旅をして気が付くこと見出すことがありますよという意味合いがあったと思う。

 新幹線は一寸速すぎて旅情には乏しいが、駅を降りればいつもと違う街いつもとちょっと感じの違う人達が居て、薄れてはきたが言葉のなまりや顔かたち体付きに500マイルの距離を感じた。先入観はぬぐいきれないと思うが、どこか濃いけれども直裁でしつこくなく、背は低めで固太りの人が多いような気がした。

コメント