駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

トランプ台風の行方

2016年04月29日 | 小考

       

 トランプ旋風がマジの大型台風になりそうな勢いだ。悪いこと?は重なるもので対抗馬のクルーズが全く魅力のない人物で、歯止めが掛からない。トランプが狡賢い自己肥大の人物なのは太平洋を隔てても透けて見えるのに、格差で虐げられたと感じている白人層の熱い支持を受けている。エスタブリッシュメントを叩いてくれるなら、低賃金で働く邪魔なメキシコ人を排除しれくれるなら、破壊工作を行うイスラム教徒を排除してくれるなら、怪しげでも自己中でもいいということらしい。果たしてそれが、支持を得るための口先の戦略だと知っても支持するのだろうか?。毒食わば皿まで、頭に血が上れば、思考力判断力は鈍り、恵まれた階層への憎悪と復讐の感情に火が付くばかりのようだ。

 アメリカさえ良ければいいのだと、守って貰っているのに費用負担をしない(実際には多額を負担している)在日米軍は引き上げる、アメリカ産製品を圧迫するTPPなんてとんでもないなどの主張が受けを狙った口先だけの、巡り巡ってアメリカの為にならない単純過ぎる主張だと言う指摘を、泡沫候補がすかしたことを言うなと内容とは関係ない反論で一蹴する。そのののしりが支持者には大受けだ。一体どうなっているのと思うと同時に、何だかどこか似ているなあとも感じる。

 格差が固定し格差が広がっているのは、大いに問題だが、優秀な人物が支えている側面を見逃してはならない。恨み辛みにつけ込んで創り出した妄想の高揚感の果てに何が待ち受けているか、遂にはトランプはトランプ現象を支えきれなくなるだろう。

コメント

他山の石だらけ

2016年04月28日 | 小験

            

 三菱自動車の不正、客が半減は当然だが、二十五年前からと聞いてあきれる。二十年前にパジェロイオを二年で手放したのは正解だった。形に惚れたが、トラブルの多い車で、F氏に大丈夫なのはエンジンだけじゃないと駄目を押されて、他社に切り替えたのを思い出した。

 それでもあまりに多い車のインチキに、現在の愛車は大丈夫かいなと気になる。係のKは当社は大丈夫ですと太鼓判を押してくれるのだが、セールスマンの知らないところでの不正だからな。

 なぜこういうことが起きるか、それは閉鎖的なこととその場しのぎ感覚が蔓延しているからだ。そしておかしいという人を排除する組織の姿勢だろう。性能や利益へのプレッシャーがあるからは、言い訳にならない。そういうプレッシャーのない会社があれば教えて欲しい。

 強い町工場の秘密、弱くあえぐ町工場も多いと思うが、はその規模にあると思う。社長の目が隅々に行き届き、異論を排さず、その場しのぎが通じないからだと見ている。私も医院の経営者なので、以て他山の石としたい。医院というのは質の良い医療をできるだけ廉価で提供するのが仕事で、それを染み渡らせる努力をしている。人間は弱いので、私に無断では注射薬や消耗品を発注させないようにしている。男が美人に弱いのと同じように女も好男子には弱い。「先生、こうした方が」というアドバイスは話し合って取り入れることも多い。

 残念ながら辞めて戴いた職員が二十六年間に二人ばかりいる。そうした職員に、院長や仲間の悪口は言われても、診療内容ではけちを付けられないと自負しているが?。

コメント

差を認めない料金の不思議

2016年04月27日 | 世の中

         

 手術には上手い下手がある。手術ほど分かり易くはないが、本当は内科系の診察にも上手い下手がある。論文の数とは無関係、論文の内容や質とは少し関係があるかも知れない。

 誰が手術が上手いかは業界の人間は大体分かって居る。勿論、手術にも色々あるから、微妙な所は専門家でないと評価は難しい。多くの場合、手術が必要な症例を見付けてくるのは内科系の医師で、患者の強い希望がなければ自分が評価している外科医に紹介することが多い。普通大学病院や総合病院は院内の外科に患者を回すことが多いのだが、時々外の病院へ送ることもあった。多分、今もあるだろう。

 上手い下手があるといっても、明らかな差が出るのは十例に一例くらいの難しい症例で、殆どは並みの腕で問題はないようだ。ようだというのは私は外科医ではないので、詳しいことは知らないわからないからだ。下手は淘汰されて行くはずだが、希にえっと思うこともある。決して何にも言わないが心の中では納得しにくいことも起きるのだ。

 技術に差があるのは、何の不思議もない。周りを見渡せば直ぐ分かる。時々行く鮨屋は息子より親爺の方が断然旨い。寿司飯とネタを握るだけなのに全然味が違う。一言も言わないのに、この頃は雰囲気を察したか必ず親爺が握ってくれるようになった。改めて書くまでもないと思うが、技術というのは手先の器用さだけではない。大いに脳が関係している。

 微妙な話をざっくりと書いたが、手術料というのは誰が手術しても同じというのが医療保険制度で、この辺りは何だかおかしい。結局は誰がどうやって違いを認めるかで揉めて挫折してしまうのだ。世の中にはこうした判定しにくいから同一認定が多い。一方で才能を過剰評価する世界もある。才能はまあいいが人気となると煽り便乗する人間も多く、何が何だか分からないものもある。

 衆愚と言えば語弊もあり反発もあろうが、衆賢とまでは行かずとも衆知して妥当な判断を導かないと腹膜炎を併発することになる。 

コメント

「タックスヘイブン」を読む

2016年04月26日 | 

                

 パナマ文書漏洩を好機と見て文庫本化されたと思われる「タックスヘイブン、橘玲」を表題に惹かれて、平積みになっているのを買ってしまった。闇資金運用破綻絡みのハードボイルド小説で、面白く読んだが、タックスヘイブンのことは殆ど出てこなかった。パナマのタックスヘイブン漏洩以前に書かれているので、なぜこうした題名にしたのかよく分からない。まさか今回のことを予測していたわけでもないと思うがしかし、ひょっとしてと思わせる著者ではある。

 小説では古波倉という合法違法表裏の境を歩く金融コンサルタントが、政治資金作りの破綻に巻き込まれるというか乗じて利を得ようと暗躍する様が書かれている。どの程度こうしたことが現実にあるのだろうか、まんざら出鱈目でもなさそうな感じもした。

 著者は東南アジアや金融税制に詳しい人のようで、そうした書著もあるようだ。ほんの少し胡散臭い?ところもあるようで、Wikipediaでは著者の本人像がはっきりしない。触れない方がよい事実を書いているために、表に出ない配慮をしているようにも感じる。

 こうした裏闇の世界が大好きの人も居て、同業者や知人との会食で、実はこうなんだという話をよく聞かされる。まさかそこまでとうんざりすることも多いのだが、一体全体どの程度こうした闇に隠れた裏社会が世の中にはあるのだろう。医業はともかく、自分が携わる医療には裏や闇は殆どないので、推し量り兼ねる。

コメント

走ってはならぬ、電車も遅れることがある

2016年04月25日 | 小験

       

 誰も寝てはならぬという無理難題のアリアがある。それで思い出すのが、医者は走ってはならぬという教えだ。もう五十年近い昔のことだが外科のT先生は実習で回ってきた我々に医者は走ってはならないと注意された。患者の急変などで呼ばれ、走ると息も切れ焦る気持ちが生まれ、正しい判断ができず手も震え良い処置が出来なくなるからだ。これは至言で、急いで走ると碌なことはない。別にこれは医者に限らない。仕事をする人全てに言えることだと思う。

 もっと言えばどんな時も急ぐために走るのはよくない。普段運動していない人は血管に破綻をきたすかもしれない。転ぶかも知れない。忘れ物落とし物をするかも知れない。間違った判断をするかも知れない。

 実は先日、東京に出て内科学会の講演を聴いて来た。折角の東京、帰りに旨いカレーを食べようと下町に出たはいいが二十人ほどの行列で時間がかかり、予定の列車に遅れそうになった。タクシーよりも地下鉄が確実と乗った地下鉄がどこかの信号機の異常で遅れてしまった。慌てて電車を降り階段を駆け上がりタクシーを拾ったはいいが息が上がって八重洲口がかすれてしまい、何度も聞き返されてしまった。お釣りはいいと二千円渡して改札まで走ったはいいが、切符を入れていた定期券入れがない。改めて切符を買い予定の電車で帰ってきたのだが、本当に馬鹿を見た。

 教訓二つ。急いでも走ってはならない。

        電車も遅れることがある。

 後日談二つ。T先生に言われ、なるほどそうかと呼ばれたが走ってはいけないかならなと病棟の廊下をゆっくり歩いていたら、Nにお前のような下っ端は走らなくちゃと言われてしまった。  

        失くした定期入れがタクシー会社から届きほっとしていたら受付のMが「日頃の心掛けがいいからですね」とびっくりするようなことを言ってくれた。

コメント (2)

表現は内容と不可分

2016年04月24日 | 小考

            

 既に旧聞に属するのかも知れない。「保育園落ちた、日本死ね」というネットの発言が話題になり、国会でも取り上げられた。個人的には、この言葉遣いには、大人の発言としては違和感を憶える。そのために、取り上げられた問題に丁寧に立ち入ろうとするのをためらってしまう。

 勿論、こう表現したいほどの気持ちがあったのだろうとは想像できる。しかしそれをこう表現すると、怒鳴り合いと馬耳東風の旋風が起きるだけのように思う。又こうした表現だから取り上げられたとしたら、問題を深く粘り強く掘り下げる民力が落ちている現れとも感じる。

 問題を切り取ることは価値があり重要だが、問題を解決するには問題が様々なことと複雑に絡みあっているのを認め理解する必要があると申し上げたくなる。格差への怒りを発散させることなく収束させ、いくらかでも実りあるものにするにはどうしたらよいかを発信されてはどうだろう。

コメント

親子は似ているが、氏より育ち?

2016年04月23日 | 小験

                      

 氏より育ちというけれども、親子はどこかどうしても似てしまう。氏と育ちがどの程度の割合で混合されるか諸説があるようだが、私の印象では平時は育ち乱時は氏が出やすい。勿論、諸に生みの親に育てられれば、どうしてもあちこち似てしまう。

 残念ながら、どうも悪いところが似やすい。どこがどう似ているかには女親の方が気付きやすく、男親は自分を棚に上げて、息子や娘が言い出したら聞かないしょうもない奴だなどとこぼすことがある。それは大変と相槌は打つが、内心あんたそっくりだと笑ってしまうことが多い。

 それに、隔世遺伝というのもあって爺さん婆さんに似ていることもある。まあ、遺伝で決めつけられては敵わないが、大いに参考にはなる。気質だけでなく、外見も似るのでぎょっとすることがある。臨終の席に家族が集まることが多い。以前にも書いたことがあるが、ちょっと鼻筋が通ってはいるが特別二枚目というわけではなかった爺さんを囲んで泣き腫らした眼の娘や孫娘が、みんなぎょっと驚くほどの美人でたじたじとした経験がある。婆さんも今は皺だらけだがどこかに昔美形の面影がある、昔は美男美女のご夫婦だったのだろう。

 面白いことに美女揃いの家の娘は、そうした顔を見慣れているせいか、自分のことをさして美人とは思っていないことが多い。要するに家族の中では並だからだろう。どうも目を見張る美人に先導をされると慣れないのであたふたしてしまう。ごく自然に玄関まで送って戴き深々とお辞儀をされ、なんだか恐縮したのであった。

コメント

水は方円の器に従う

2016年04月22日 | 診療

               

 最前線で働いていると、色々な患者さんが回ってくる。中には大歓迎でもない患者さんも居られる。勿論、患者を差別しては居ないが、物わかりが悪く手の掛かる患者さんをこう表現するのは許されるだろう。なんたって門前払いをする医院もあるのだから。

 Hさん83歳のお婆さん、この頃迷子になるようになり、警察の厄介になったこともある。息子が医者に診て貰うように勧められ、年に一二回風邪腹痛で掛かっている何でも診てくれるS医院(元外科医)に診て貰えるかと電話をしたら他に回すことになると言われ、頭の画像診断に力を入れているM脳神経クリニックに電話をしたら内科に行きなさいと言われ、三番目に十五年前に掛かったことのある当院に電話が掛かってきた。受付が受けますかと聞くから「いいよ」と答えた。つい、電話を切ってから「大歓迎じゃないけどね」と付け足してしまった。気にするなと言われるかも知れないが、最初に電話を戴きたかった、少なくとも二回目には。医者も人間そうした感覚はある。

 一時間ほどして、息子に連れられた婆さんがやってきた。挨拶は出来る、身だしなみはもう一つで清潔な感じはしないが、体格栄養は良好だ。血圧が200ある、左右二度測定したが180以下には下がらない。勿論、何ともないから医者なんかには掛かっていないと宣う。長谷川式は15点で、アルツハイマー型認知症の可能性が高い。心陰影の拡大があり、高血圧を放置していたようだ。

 高血圧症があること認知症があること、幾つか検査をして確認は必要だが、ここで治療して行きますと話すと、息子はにっこりし、来て良かったと帰られた。そう言って戴ければ、こんなに嬉しいことはない。

コメント

井山七冠達成

2016年04月21日 | 趣味

              

 いつかはやれるのではないかと見ていた、今回は出来そうな予感がした。昨日、遂にプロ棋士井山裕太が七冠(全タイトル)同時制覇を達成した。囲碁では前人未踏、将棋では羽生善治が唯一人20年前に達成している。勿論、最強の証明ではあるのだが、何かなければ達成できない偉業でさすがというか凄いというか、特別の人と感じる。

 囲碁将棋というか羽生井山というか、似ている所もあるが、大分違う印象もある。全くの個人的な印象だが、羽生はちょっと恐いというか孤高の天才、井山は親しみやすくどこか優しい天才かもしれない。

 私はNHK杯を観戦していて、石井邦生九段のファンになった。そのご縁で勝手に井山裕太を応援してきた。なんだか人ごとではなくとても嬉しく感じている。石井先生にもおめでとうございますと言いたい。

 本業も忙しく趣味が多すぎて(最近陶芸まで始めた)囲碁まで手が回らない。果たして七十の手習いで有段者になれるだろうか。週一二局では難しそうだ。しかし、どういうものか、解説者のお陰だろう、NHK杯は囲碁将棋とも楽しく見ている。講座の方はかったるくて見ていない、そういう心がけでは強くなれないだろうな。

 しかしながら、全てに通じるものがあるのではと思っている。それは美と楽、尤も人生には辛く苦しいことの方が多いと言われるかも知れない。 

コメント

優しい不親切とぞんざいな親切

2016年04月20日 | 医療

  

 昨日は夏のような暖かさだったが、今朝の風は冷たい。不安定な気温と地震は関係ないのだろうか。こんなことは初めてと驚いてばかりいないで、ちっとは予知できないものかと思ってしまう。

 米原万里さんに「不実 な美女か貞淑な醜女か」という題の本があった。今の世では早世と言える彼女を非常に惜しむ一人であるが、こうした関係は世に多い。

 末期癌の母親を抱えるE氏、在宅での対応は出来ないというので、入院させてくれる病院を当たるようにと三つの病院を教えた。A病院は言葉遣いは丁寧で感じの良い対応であったが、紹介状などを揃えて面接に来なさいとハードルが高そうであった。B病院は事務的で入院できそうだが、経過状況によっては他の施設へ移しますよという返事だった。C病院は言葉遣いが荒く感じは悪かったが、主治医(私)の紹介状があれば受けてくれるということだったという。

 確かにA病院は、一体どういう基準があるのか分からないが、患者側の困窮度ではなく病院側のやりやすさ?で受け入れを決めるようで、何例も門前払いを受けている。B病院は緩和ケア病棟をもっており、病態と本人家族の意思できちんとした基準があり、それに沿った対応をする。C病院は患者が困っていればとにかく何とか対応しようという姿勢なのだが、どういうわけか職員はぞんざいな傾向がある。という日頃の印象通りの対応のようだった。

 勿論、E氏にも問題はあり、共働きで自宅での看取りは難しいのは分かるのだが、どうも腰が引けている印象がある。何とかどこかに頼もうという熱意を少しは介護に向けたらとも思うのだが、弱ってゆく人苦しむ人を看るという能力が乏しいようだ。これはE氏を責めるというのではなく、しばしば男性、希に女性にも認められる一つの性格で、介護看護力が乏しいタイプなのだ。さあ、どうするか。

コメント