駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

人は見かけでは

2015年03月31日 | 町医者診言

              

 「人は見た目が九割」だかという本があった。立ち読みでパラパラと読んだような気がするが内容は殆ど憶えていない。今ネットで調べたら人の情報は九割が見た目由来で、それによって印象が形作られると言うことらしい。

 私は九割の人が見た目で人を判断していると言い換えたい。私の解釈もそこそこ真実と思う。しかしまあ、誰しも人は見かけだけではないという経験を持っておられるはずだ。特に私の様な人の採用経験がある人間は、人は見かけどころか十五分話してもでも分からないことが多いと学んでいると思う。勿論、三分話してこの人は大丈夫と閃くことも時にある。

 私のボスはよく新顔に会ってから「あいつは結婚しているか」と聞いた。結婚していれば見かけはもう一つでも、まあいいだろうということになる。その心は女という難しい生き物と一緒に暮らしているからには、そこそこの常識や忍耐力があるはずだという理論というか経験論だ。尤も、最近ではこうした発言は差し障りがあるようになってしまった。

 しばしば事件を起こした人が、大人しそうな人だとか穏やかそうな人だとかと近所の人に言われる。どうも見かけではわからにことも多いのに見かけで判断してしまいがちなのだ。そうはいっても親しくなれる人の数は限られているから、見かけに頼るのはやむを得ない。ただ、それは見かけの印象に留めて、決めつけないことが大人の知恵だと思う。 

 長く生きて来た人は気付いておられると思うが、大人しそうというのは実は当てにならない印象で、大人そうな人は隠れているあるいは隠している部分が大きく、とんでもないことをしでかすことがあるので要注意だと申し上げておこう。

 私はもう何万人にもの患者さんを診てきたから、一般の人よりも要注意人物の見分け方には長けているかも知れない。それでも、こういう人と決めつけるのは危険で間違いの元になると心に留め、いつも少し見直す窓を開けておくようにしている。幸い一度も医院に警官を呼んだことはない。

 

  

コメント

困るなあ、私が悪い?

2015年03月30日 | 小験

           

 今日は一転春晴れ(とはいわないか)の中、桜を愛でながら登院してきた。あと数日で散り始め桜吹雪の中を歩くことになるだろう。花冷えとは上手く言ったもので、朝はまだ肌寒い。夜桜見物はアルコールで暖めないと寒そうだ。

 例によって年末なんとかキャンペーンで、昨年特別値引きの喉を見るペンライトを購入した。二十何年使っていた医療用のライトが調子悪くなったからだ。えっこれが二万円六千円という高額だったが使いやすく二十四年も使ったのだから、その値打ちはあったかもしれない。しかしあと二十年も働くわけはなく、今度は安物でもいいかと40%値引きのペンライトを十分の一の価格で購入した。軽くて使い易くこれはいいわいと思っていたら僅か三ヶ月で調子が悪くなった。

 「はい、あーんして」と口を開けさせたはいいが、何回カチカチやっても点灯しない。「ちょっと、待ってください」。と口を閉じさせて更にカチカチやると点灯、もう一度口を開けさせて「随分赤くなっています.これは風邪ですね」と言いながら今度は消そうとすると一度で消えない。なんだか先生安物を使ってと、医者の信用まで怪しくなりそうだ。

 ちょいと安いと飛びついた私が悪いのか、一体キャンペーンというのはいかなるものか。昔、安かろう悪かろうというのがあった。今でもそういう傾向が残っている?。

 廉価だったので修理代の方が高そうだが、取り敢えず聞いてみよう。こうした時、関東人と関西人では対応が違う気がする。間の私は諦めようかと思ったが取り敢えず聞いてみることにした。

コメント

日曜日には雨が降る

2015年03月29日 | 自然

                   

 七日間というのは丁度天気が一巡りする長さなのか、この一ヶ月日曜日に雨が降ることが多く、あんまり嬉しくない。身体を休めるには自宅で過ごすのも良いが、頭というか心は出かけた方が休まる。

 桜が八分咲きになっているが、雨に濡れて早く散ってしまわないかと心配だ。風はさほど吹いていないからまだ大丈夫だろう。桜を観るとああ又一年経ったという気がする。私だけでなく多くの日本人は入学(なかんずく小学校)の時期に重なるせいか、桜を観て子供の頃をを思い出すのではないか。最近は開花が早まり、入学時には散っていることも多いようだが、校庭の桜にはどこか特別な時空を越える風情がある。

 花に嵐と言う。桜は何か大切な忘れてはならないものがあることを思い出させてくれる気がする。

 ところで、海を渡ったポトマック河畔の桜も見事に咲くようだが、米国の人は桜に何を感じるのだろう。桜餅も団子もないし、花の下でチェリーパイやホットドックにかぶりつくのだろうか。

 

コメント

監督(社長)の仕事と手腕

2015年03月28日 | 世の中

         

 ハリルジャパンがチュニジアに快勝した。フォワード出身のハリルだが、守備も改善された。これはトータルでサッカーを見る力を示しており、予想通り優れた監督と確信できた。未だ一試合で手探り状態だと思うが、三ヶ月で何とかハリルサッカーを浸透させ、良い結果を出して欲しい。

 本田、香川、岡崎、長谷部、吉田は外せないね。永井、宇佐見、山口、権田も良さそうだ。ウズベキスタン戦で又新たな選手起用を見たい。

 個人的にはゴールキーパーは権田がいいと思って居る。クレバーで攻撃の起点になれる。

 

 経営方針で揺れる大塚家具の株主総会で社長側が支持されたようだ。親子喧嘩とか骨肉の争いと捉え、同族経営の瑕疵とする報道が多いが、それは本筋の問題点ではない。親子喧嘩のように見えてもこれは経営方針を巡っての鬩ぎ合いで、商売をする人間には考えさせられる参考になる問題と思う。

 家具は一生、時には世代を超えて使う物で、きちんとした商品知識のある店員に一対一で説明案内して貰う方式が廃れるとしたら、非常に残念という意見もある。レクサスとアクアで販売店が違うのは意味があり、知恵のある方法なのだ。大塚家具も見習ったらいい。

 

コメント (4)

MRという仕事

2015年03月27日 | 医療

                          

 街中で内科医院を開業していると数多いMRという薬品メーカーの医療情報担当者と会うことになる。医療情報担当者といっても現実には薬のセールスが第一の仕事で様々な方法で自社製品の売り込みをされる。中には気が合いあれこれとおしゃべりをして友達のようになれ、転勤時には名残り惜しく、記憶に残る人も居る。

 新入りのMRにどのような指導がされるのかよく知らないが、各社それぞれの面会セールスのノウハウを持っていると思う。四十年前には塩野義と藤沢のMRは優秀というか定評があった。今ではMRの仕事内容も変わってきたし、薬品メーカーにも盛衰があるから、塩野義に嘗ての味わいはない。藤沢(合併して現アステラス)にはまだ良い社風が残っている感じがする。

 患者と医者に相性があるようにMRと医師にも相性があるから、これが絶対という法則や方法はないのだが、それでも優劣の差は出てくる。

 どんな申し送りがあったか、高々二三回目の訪問で親しげにサッカーの話を長々としたり、耳にタコができる自社製品の売り込みに最敬礼のお辞儀を連発したり、忙しい時間に用意してきたことを全部話そうとするMR諸氏には、内心うんざりさせられる。

 もう何年も通っているのに買って下さいとしか言えない人も居る。失礼ながらもう少し考えろと言いたくなる。上司の厳しい言葉やノルマもあるだろうし、営業職が不向きだったせいもあるだろうか、若いMRの中には辞められる人も居る。多くはないが転職してMRになったという人も居る。二十五年前には女性MRは皆無と行ってよかったが、最近は三人に一人は女性になった。最初は戸惑ったが最近は女性MRにも慣れ、普通にあれこれ話をしている。

 最後に貴重なアドバイスをしておけば、診察の合間に五分十分会って、旨い物の話や旅の話が出来るようになれば、第一関門は通過し、良い評価を得たと考えておられるかもしれない。勿論、楽しい話が出来るということは大切なのだが、評価の一番のポイントは役に立つ情報を提供してくれるかどうか、信頼できる人物かどうかにある。ちょいと美人でも、楽しい話ができても私の閻魔帳にはせいぜい一重丸しか付かない。本当に役立つ情報をくれて、信頼できるMRには二重丸、時には花丸を付けている。

 

コメント (2)

観る前に予測

2015年03月26日 | スポーツ

             

 伝えられるハリルホジッチ新監督の情報を読む限り、優れた監督で日本に合っている印象を受ける。先ず、選んだ選手は極めて妥当だと思う。予備知識は殆どなかったようなので、短時間で見事に選んだ。遠藤を外したのは年齢もあるだろうが、ハリルが理詰めで緻密な切れ目のないサッカーを意図しているからだと思う。

 言われたことを理解して実行するのは日本人の得意とするところで、予選開始まで三ヶ月は短いけれどもハリル式が浸透して良い結果が出るのではないかと期待している。

 相変わらずの新聞の書き方だが、駄目ダシという見出しはちょっときつく響く、直すべき所を指摘するのは当然で、こうすれば良いと教えていくわけだから、前向きな指導や教育といった表現の方が良いと思う。細かいところだが、マスコミも先ず最初は応援に回って欲しい。

 歴代日本代表監督オフト トルシエ オシム ジーコ 岡田 ザック アギーレの誰とも違う。強いて言えば戦術はオシムに似ているのかも知れないが、チャラクターは一寸違うようで、試合後の発言に注目している。監督には優れた戦術能力と胆力が必要なのだが、胆力もありそうだ。

 ちょっと褒めすぎかもしれないが、良い選択だったと言えるような気がしている。

コメント

春眠、胸に疼きを覚える

2015年03月25日 | 町医者診言

                 

 嫌がっても力づくでという動きを見ていると、極めて単純素朴直截に沖縄は日本かという疑問が頭を持ち上げてくる。勿論、日本ということになっているのだが、正直に申し上げて私には亜とか準とか副とか何かが前に付く感覚もある。それは私のような中部地方に育った人間が持つ九州という日本や東北という日本とも違う、強いて言えば北海道という日本に比較的近い感覚で、端っこで千年の昔平安の記憶が欠落している土地と感じてしまう。

 曾祖父さん曾祖母さんにもない記憶がどれほどのものかと聞かれてもはなはだ心許ないのだがそう感じる。そうした忘却の彼方に由来する微かな違和感を持ちながら、高々七十一年前の記憶喪失に陥っているのが大方の本土人のように思える。

 辛い人生を生きて行くには想像力を失うに限るのだろうか?。赤毛のアンは空想力で生き抜いたようだが、大方の人間には目を逸らせばある物もなくなるという手品と言いくるめるという話芸が有効なのだろうかとも思う。

 会社や工場は何処にでもとは行かないが、サミットが出来たのだから国会は何処でも出来るはずだ。少なくとも閣議や委員会は東京を離れて、例えば浜通や沖縄で、地頭の激突討論をと申し上げたい。

コメント

続きを書いてください

2015年03月24日 | 

                 

 又寒くなった。数日来の温暖な陽気で桜の開花宣言が出た所もある。駅への道すがら校庭の桜が数輪咲いているのを見つけた。あれれ折角咲いたのに、寒いなあと震えているようだった。尤も、三寒四温は例年のことで、桜の遺伝情報にはそうした気温の変化も織り込まれているだろう。

 「言葉と歩く日記」の続編を心待ちにしている。多和田葉子ファンを自認しているが、片手落ちというか、片足付かずというか、どうも本命の小説は苦手だ。折角買った「献灯使」が未だ読めていない。

 数ページ読んだのだが、読書感想文を書くわけでもないしと途中で放り投げてしまった。果たしていつの日にか読み終えることがあるだろうか、はなはだ心許ない。なぜこの年になって小説を読むことがあるかといえば、それは詰まるところ面白いと感じるからだと思う。読んでいない古典や名作は五万とあるが、確かなことはもう読めないということだ。勿論、間違って二、三冊を読むことはあるかも知れないが、その後の人生(残り少なそう)に多大な影響を受けたり、瑞々しい感動を覚えることはなさそうだ。

 青春というものは思い返せば厄介なものではあるが、初めてという感動は青春のもので、還暦を過ぎると喩え初めてのご馳走でも美味しいとは思うけどということになってしまう。

 それはさておき、多和田さんの随筆風な読み物の続きを心待ちにしている。「言葉と歩く日記」を五月から再開して八月まで書いて欲しい。寝しなに「溶ける街透ける路」をパラパラと読み返していたら、行ったことのある街(十カ所)が結構あり、踏む踏むと読ませて貰った。どうもパリをあんまり褒めていないなあ、今度フランスに行く機会があれば、パリから足を伸ばすことにしよう。

 

コメント

行方と書いて

2015年03月23日 | 趣味

           

 今年の将棋NHK杯は森内九段が優勝した。行方(なめかた)八段は準優勝に終わった。行方はどうした縁かは知らないが、大山十五世名人しんがりの弟子でユニークなキャラクターで知られていた。将棋は局所で鋭く全体としては粘り強い印象で、そこそこ優秀な成績を残すがタイトル戦には出場できなかった。このほど名人戦の挑戦者に名乗り出て、遅咲きの花が咲くか注目されている。

 こんな事を言われると行方は不本意だろうかあるいは素直に同意してくれるかよく分からないが、三十半ばを過ぎて沈まずむしろ強くなってきたのには結婚が効いていると見ている。常識的な大人の発言が出来るようになったのが、将棋に常識的効果を与えバランスが良くなり一枚強くなったのではと思う。

 行方ファンには申し訳ないが羽生には勝てないだろう。勿論、二割程度のチャンスはある。NHK杯決勝は肩に力が入って、中盤入り口で踏み込みすぎた。これをいい経験に名人戦を意識せずにのびのび指して欲しい。将棋ファンは接戦が大好きなのだ。

 NHK杯碁の方は20才対17才という初出場同士の異例の対決で20才の伊田が優勝している。伊田は碁の才能が洋服を着ているような印象で、これからが楽しみだ。更に若い一力は老成の優等生の印象だが、これからは傍若無人に伸びていって欲しい。

 

コメント

あれもこれもと十兎を追いかけながら 

2015年03月22日 | 身辺記

                       

 開業医というのは忙しいのだけれども、私のようにあれもこれもと興味の多い人間には有り難い職業で、小回りが許され多少の小遣いがある。二連休を利用して不思議な楽しいコレクションを見て、あれこれおしゃべりをしてきた。

 いくらかでも視野を広げ柔軟で豊かな人間になれれば、仕事にも役立つという屁理屈も成り立つ。「未だ老け込む年ではないでしょう」。と言って戴いたが、どんなもんだろう。あれもこれもと目移りしながらやってきたが、最近耳目の衰えが争えない。十年前に、G氏にSさんの耳は凄いと褒められたのが嘘のように、この頃は聞き取れないこともしばしば、聞き返すのも申し訳なく情けなく曖昧な返事を返すことも多い。いつしか高齢の患者さんに似て同病相憐れむ、不思議な会話を診察室で展開しつつある。

 「水彩画はどうですか?」と言われたが、自分で勝手に向いていないと手を出していない。好きこそ物の上手なれが真実とすれば、やはり向いていないことになるが、自分のことは自分では分からないところもあるので、またいつか先生に聞いてみよう。安野光雅のような風景画が描ければ、再挑戦したいのだが、易しそうに見えるものが実は以外に難しい。

 ブログも趣味?の一つになり、誰かさんに釣られて毎日書くようになった。袖すり合うもではないが、ご縁が重なり世界が広がった。今暫くはと思っている。

 

 

コメント (2)