駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

二つ星で働いていたとしても

2016年02月29日 | 旨い物

        

 雛には希なシェフが二つ星で働いていたことがあるというレストランが近隣に出来た。ミシュランの星をさほど信用していないが、噂を聞いてどんなものかと、わざわざ車で出掛けた。開店二ヶ月ということだが、ほぼ満席でランチタイムのせいか男は二人あとは女性客ばかりだった。

 最近の流行か自分の名前を店名にしている。入り口に修行した店のシェフではなく自分の写真が飾ってある。なんだか勘違いをしているようだ。一番安い3500円のコースを頼んだのだが、先ずお飲み物をというメニューの最低価格が600円(箪なる水)で、要らないとも言いにくく700円のグレープフルーツジュースにした。確かに前菜とメイン料理は趣向を凝らしてあり美味しかったのだが、デザートは小さな焼き菓子とシャーベットで大したことはなかった。二人で一万円で数百円のお釣り、ちょっと高いように感じた。

 多くの料理評論家とかなりの料理雑誌のせいか、時々有名になること本や雑誌に載ることがステイタスで、修行経歴を誇る料理人が居られるようだが、店の雰囲気と料理は一歩店に入り一皿口にすれば分かるわけで、私にはさほどの意味はない。勿論、成る程と思うこともあるのだが、お値段に見合うということで、又来ようと思うかとは別のことだ。

 私の判断基準は単純で又来ようと思うかどうかが全てだ。そうやって、少しづつお気に入りを増やしてきた。ブログで教えて戴いた店も二三ある。

 この新しい店が生き残り、磨きが掛かってゆくか微妙だと思う。一年後、もう一度訪れてみよう。

コメント

医療でのリエゾンの大切さ

2016年02月28日 | 診療

        

 街中に医院を開いてもうすぐ27年目になる。二十年以上続けて診ている患者さんも多い。そうした患者さんの中には通院出来なくなり、やがて寝たきりになって家で亡くなられる方もおられる。

 こうした場合は、高齢でもあるし患者さん家族とも気心が知れているので、自然に在宅で看取ることが出来る。しかし、癌の末期で、つい先日まで総合病院で抗がん剤治療(通院あるいは入院)をしていたのだが、効果がなく弱ってこられ自宅での看取りを希望される場合には、紆余曲折があることも少なからずある。

 先ず抗がん剤が効かなくなり死期が迫っていることを、ご本人は恐らくなんとなく分かっておられるのだろうが、それを家に帰りたいあるいはもう病院は嫌としか表現されないので、結局家族が斟酌してあの時ああ言っていたからとか病院を嫌がるのだからと病院の主治医と相談して、在宅でお願いしますと紹介されてくる。送ってこられる総合病院の医師とは親しい場合が多いし少なくとも顔見知りなので、医学的な受け渡しには問題は少ないのだが、見知らぬ家族や患者さんとの出会いには戸惑うことも多い。

 先ず患者さんは相当弱っておられ、返事は出来るが会話は難しく、歩けなくなっていることが多い。そうした場合一週間もすると食べ物が喉を通らなくなり、帰ってきて十日二週間で亡くなって仕舞う。数回しか往診診察できていないこともあり、家族とさほど親しくなれず、まして患者さんとは碌に話したこともないわけで、どうしても不全感が残る。やはり、一ヶ月ないとこうした終わり方で良かったと見送ることは難しい。

 緩和ケアの医師は別にして、癌と闘っている医師はどうしても死を治療する心構えが不十分で、全く悪気はないのだが、もう打つ手がないのでと店じまいをされてしまう。看取ろうとする医師医療者との間のリエゾンが欠けているのだ。恐らく何とかして一日でも長くと戦う姿勢と、槍や矛を収め静かに見送ろうとする姿勢の共存は難しいのだろうと思う。

市井で患者の生涯と付きあっている臨床医としては、もう少し早く避けられない死を視野に入れた医療をと考えてしまう。今はかなり改善されてきたが、総合病院と街中の医院は対等な関係が築きにくかった事情もある。世の中が変わって来ているので、もう少し積極的に発言しようと考えている。

コメント (2)

立ち読みで覗き見る世界

2016年02月27日 | 

        

 昨夜は勉強会の前に20分ほど時間があったのでこれ幸いと本屋に寄った。

 又吉直樹は芸を見たことはないのだが、トーク番組?で何度かちらっと見たことがあり、その異形と言うべき風貌に強い印象を持っていたので、芥川賞を受賞した時直ぐあの男だと分かった。漫才師で芥川作家というのは不思議な組み合わせの感じがしたが、どちらかというと漫才師であることの方が、芸を見ていないのに言い過ぎかも知れない、合っていないのではないかと思う。

 又吉のはしがきを数ページ読んだだけだが、凄いというか異能というか言葉感覚に優れている人なのが分かった。成る程こうした感覚と読書で蓄積した言語力で作品を生み出したのだろうと納得した。ちなみに作品は一つも読んでいない。名は体を表すと言うが、体に内容が表れるとも言えそうで、異形の外見は秘めた言語能力を表していると腑に落ちた。

 様々な意見はあるだろうが私は編集長が代わった文藝春秋に新たな息吹と活力を感じている。巻頭エッセイに立花隆は微妙だが、象徴的でもある。今月号で立花はジャーナリストの真骨頂を発揮し、日本の政治ははちゃめちゃで面白いと忌憚のない解説をしている。私はこんなに本当のこと?を書いてもいいのかなと思ったのだが、NHKではないので圧力が掛からないらしく、日本国の運転手に大いなる疑問を呈している。尤も、私はジャーナリストではないのでそれが面白いとは感じない。

 いつも沢山本を買っているので二十分ほどの立ち読みは問題ないだろう。荷物になるので本を買うのは我慢した。

コメント

武蔵の言葉を考える

2016年02月26日 | 診療

             

 古今東西、真剣勝負で最も強かったのではないかと言われる剣豪宮本武蔵の言葉に「我事において後悔せず」というのが伝えられている。額面通り素直に後悔することがなかったのから、類推で全力を尽くしたから後悔しないことにしていたまでいろいろな解釈がある。

 ちょっと意地悪くわざわざこうした言葉を残すとは武蔵というのはよほど後悔の多い人だったに違いないというのまである。

 果たしてこの言葉をどう受け取ればよいのだろうか。確かなことは凡人が達人の言葉を解釈するのは容易ではないということだろう。別の言い方をすればあまり参考にならないとも言える。武蔵には吉川武蔵のイメージが付きまとうが、実像はちょっと違った気がする。達人は日常では達人ではないことが多いと思うのだが、その辺りは脚色されやすい。

 なんで後悔などと書いたかというと、何十年患者さんを診ていてもああすれば良かったという後悔があるからだ。反省は力を付けるのに必須で、反省しない医師は上達しないが、後悔というのは反省とは微妙に違う。後悔が臨床医として上達するのに必須がどうか分からないが、並みの医者の臨床には後悔が付きまとう。

 一昨昨日亡くなったHさん、先週末に家族に集まるように言っておけばよかった。

コメント

合流できるか民主維新

2016年02月25日 | 政治経済

          

 まだ各地で雪が降っているようだが、春の息吹は眼に清かで朝の光は春を告げている。今年は逃げる二月に小さな尻尾が付いている。おまけと言っては29日に悪いが、なんかちょっと得した気分もする。

 民主と維新が合流出来そうだとの報道がある。巨大与党の自民党に対抗するには野党が結束するしか方法はないだろう。自民党の内部には色々な意見があったのだが、権力という引力でまとまってきた。自民党は内部に多様な意見を持つことで、エネルギーを蓄え新陳代謝が進み長持ちしてきた政党なのだが、ここに来て実力のない肯き若年議員が増えている。首相が改憲、復古の煙幕にしてきた経済の躓きは明らかで、戦略の綻びが見えてきている。

 野党が結束すれば一矢を報いることが出来る状況だ。民主党は何とか岡田代表がまとめきったように見える。維新の議員が松野党首の意向に従わないとすれば、我が儘な烏合の衆ということになる。

 党名を変えることは戦略的にも極めて重要で、新しい党名に注目している。民主維新などという名前では駄目だ。本当の知恵者が居るだろうか、先ず党名でそれが分かると思う。

 個人的には岡田さんはイメージが暗いがまともで、ひ弱そうな松野さんも芯は丈夫だと見ている。戦略が物を言う政治なので、スタイリストを付けて、明るく力強いイメージを打ち出すことが重要と申し上げたい。

 特別に民主支持というわけではないが、安陪さんの独走を食い止める必要がある。自民支持の人の中にも鶴の一声ばかりで良いのだろうかという懸念の声がある。多様を受け入れ柔軟に動かなければ、不穏な世界を生き抜くことは難しいと歴史は教えている?気がする。

コメント

閏二月の朝に逝く

2016年02月24日 | 診療

                    

 臨床医の仕事でちょっと辛いのは、何時呼ばれるか分からないことだろう。もう何十年もやっているから習い性に成り、そういう仕事と心得ているが、年に何回か真夜中に突然起こされるのが段々堪えるようになってきた。

 自分の甘い方に偏る見通しは何時までも修正できず、週末だろうと予想していたHさんが未明に亡くなった。心配そうな家族の顔を見ると願望が入るせいか余命を長めに予想して仕舞う。教授でありながら超一流の臨床家でもあった恩師は、戦後逗留していた宿で往診を頼まれ、寝込んでいる老婆を後二日と診断し、その通りに亡くなったので村の人が驚き大した名医だと評判になったと聞いている。自分はもう何百枚の死亡診断書を書いてきたが、未だに死期を当てるのは難しい。

 看取る人の多くは天命を全うされた高齢の方が多く、病死と言っても自然死に近く、心の負担は少ない。今では六十代七十代は未だ若い感じがして、そういう患者さんの多くは癌死のため、様々な苦悶もあり、これで良かったのだろうかと心残りに感じることがある。

 それが人間なのかも知れないが全く同じようにしても感謝される家族、そうでもない家族と様々で、割り切るようにしているが、心に波風の立つこともある。月並みに大変なお仕事ですねえと表現できるものではない。多少辛くとも医者は収入で恵まれている。訪問看護師は私が帰った後も黙々と死後の処置をしてくれる。何かが伝えられ、何かが見落とされている。

コメント

つつがない医院

2016年02月23日 | 小考

                  

 校庭に赤い実のなる木があり、鳥が食べに来ている。私が写真を撮ろうと近づくと逃げて行ってしまった。赤い実を食べていても赤くはなく、小鳥というよりは中鳥で、実を食い過ぎたか重そうに飛んでいった。

 時々先生はやさしいとお年寄りの患者に言われる。ちょっと愚痴を聞いて上げただけ、冗談は顔だけにして欲しい。

 三分診療までは行かなくても、冬期の午前中は混むので一人五分では時間内に診きれず、四分診療でやっている。色々訴えるので、平均より僅かに二三分多い時間を割いたからといって、なつかないで欲しい。

 当院には筒がない。頭が痛いといえば筒に入れ、腹が痛いと訴えれば筒に入れて、異常ないと返すことができない。あっちに行って異常がない、そっちに行って異常ない。息子が冷たい、嫁と上手くゆかなくて、娘の所に越してきたんだけど、頭が重くてよく眠れない、胸が重苦しくて飯がまづい。異常がないと言いながら呉れた薬が合わない、田舎の医者の薬の方がよかった。先生は田舎の医者に似て優しいからいい薬を出してくれそう。そうかなあ、当院には筒がないので、取り敢えず、話を聞いているだけですよ。

コメント (2)

MLBが待ち遠しい季節になった

2016年02月22日 | スポーツ

            

 マー君まいさん、良かった。今までにない感動、自分の時代にはそうした習慣がなかったので私は味わうことが出来なかった。子供の名前は公表しないとのこと、それがいい。

 家族や家庭のことの報道は慶事でも最小限でいい。不幸や不祥事はそっとしておくのが、礼儀だろう。

 野茂から始まりマー君まで、上手くゆかなかった選手も多いけれど、長く活躍して名を残した選手はアメリカという国に触発され変化成長しているように思う。野球だけではない何かが彼等に影響を与えているような気がする。短い文章でそれが何かを表現することは難しいし、理解できているかにも自信はないが、MLBというよりもアメリカの文化に鍵がありそうだ。まあ、日本にいては分からないことも多そうだが。

コメント

ドナルドトランプ旋風の中身

2016年02月21日 | 政治経済

             

 アメリカ大統領候補指名選挙で共和党のドナルドトランプ氏が善戦というか旋風を巻き起こしている。まさかここまで頑張ると予想していなかった?評論家も、今ではさまざまな理由を挙げてこの躍進を予想していたかのように説明している。そしてマスコミは日本にこんな人は居ないと感心したように書いている。

 そうかなと考える。トランプ氏は言葉遊びと言っては言い過ぎかも知れないが、言葉を操ることでアメリカ大衆の不満を吸収し支持を集めている。そこそこ頑張っているし自分は白人なので優遇されて良いはずなのに、どうも恵まれないと感じている人達に、悪いのは彼奴等だ、けしからんのは奴等だ。そんな連中は閉め出すに限る。アメリカを守ろうとしない奴等に金を使うことはない、面倒見ることなど止めてしまえ・・・。なるほど、そうだと聞こえる言葉を繰り出してくる。それは不満のはけ口を求める人達の心を掴むが、詰まるところ排除と悪口に過ぎず、建設的ではなく成算も少ないと見られる。

 ただ、トランプ氏は言葉遣いの才能に恵まれているので、どのような批判も切り返しはぐらかし、「儂は正しい」路線を外れることはないだろう。勿論、言葉遣いが優れているだけでなく、計算策略にも長けているので、権力に近づけば実際には言っていることとは違う八方睨みで現実味を帯びた判断をし行動して行くだろう。マスコミは日本にこうした人は居ないなどと、とろいことを書いているが、同根同才の政治家は何人も居ると申し上げておきたい。

 ことほどさように、政治というかたぶん多くの仕事も、策略が極めて大きな意味を持つことに今頃気が付いている。政治家が本心で何を狙っているかどのような人物かを、時々立ち止まって考えないと策略で動かされてしまう。民主主義を謳いながら、民主主義の弱点を利用するのが、当然かも知れないが有能な政治家のようだ。

コメント

世の中色々、患者も色々

2016年02月20日 | 世の中

       

  問題発言かも知れないが、地方色にも色々あると実感する。今でも医局に入った医師は地方病院に出張させられる。まあ、させられるという表現が適当かどうか分からないが、とにかく自分の望まない病院にも行かされる。そうして、あちこち回り、最終的に当地に辿りついたというか定着した医師に聞かされる台詞に、ここは良いところですねというのがある。食べものが旨いのか美人が多い?のか、どうしてですかと聞くと、怒鳴る患者が居ないと言われる。確かに皆無ではないが怒鳴る患者さんというのは一年に一人いるかどうか、まあ二年に一人くらいのものだろう。

 それが例えば大阪東南当たりだと、殆ど毎日のように怒鳴る患者さんが居て、うんざりするそうだ。まあ、それも文化かも知れないが、確かに嫌だろうなと思う。

 先日、近くの道路工事現場に大阪から仕事に来たおっさんが風邪っぽいとやってきた。診察した時点では37Cの微熱でちょっと咽頭に発赤を認めるが、関節痛や倦怠感も乏しく、今インフルエンザの検査しても陽性にはでないので、咽頭炎と思いますと軽めの鎮痛解熱剤を渡して返した。 

 ところが翌日受付で「何やこの薬、何にも効かへんやないか、夜熱が出て眠れえへんかった」と大声がする。看護師が受け付けさんが大変ですと呼びに来た。しょうがないので、私が対応に出て、みっともないことに怒鳴りあいになった。なんとか納まり検査をしたところ、インフルエンザであった。説明をしてタミフルを出してお引き取り願った。他の患者さんに耳元で「先生も大変ですね」とエールを戴いた。職員からは、大阪の人に悪いが、もう大阪弁は聞きたくないという感想が出た。ちなみに地元の患者さんであれば、ごめんなさい、最初は区別が難しいものですからで納得して戴ける。 

 これは極端な例かも知れないし、そうした地方では騒ぎ立てるほどのことではないかも知れないが、慣れていない私は楽しくない思いをした。

コメント (2)