駅前糸脈

町医者をしながら世の中最前線の動きを感知、駅前から所見を発信。

医療の進歩は斑で微妙に進む

2019年07月31日 | 町医者診言

            

 

 医学は万病が対象だから、進歩と言っても均一でなく斑なのだが、日進月歩で進んでいる。何とか遅れないように、毎日少しだが勉強している。と言っても難病は守備範囲ではないので、高血圧症、糖尿病、認知症などの慢性の内科疾患が対象である。勿論、難病もとっかかりは診ることがあるので見逃さないように最低限の知識を仕入れている。風邪や腹下し膀胱炎などの軽症急性疾患ではさほどの進歩はなく、むしろ変化と言った方が良いような視点の改革がある。これはこの三十年ほどで日本の医学会が臨床にも力を入れ始めた影響だと思われる。こうした動きはアメリカ留学体験のある医師がアメリカ式の診療を持ち込んできたためと思われる。日本医学の流れを調べたわけではないが間違いない事実だと思う。

 医学の進歩といっても素人にはどう違うのといった微妙なものが多いのだが、僅かだが研究経験のある者にはなるほど凄いと思わせられる知見があり、その一端を聞くのは存外楽しいものだ。そうした実験的研究の他に最近際立つのが統計的な治験による新知見だ。日本の医学研究はほぼ一流なのだが、この臨床治験ではまだ遅れをとっている。日本で優れた臨床治験が少ないのは大げさに言えば日本の風土と企業力が関係している。厚労省には何か工夫をお願いしたい。まだまだお役所には進取の精神が乏しく、医学の進歩の後押しが足りないと思う。

 風土と言えば各国それぞれに歴史と事情がある。今、隣国とあれこれ摩擦が起きている。それは微妙だが根深く、とても考察を端折って結論に飛びつけるような問題ではない。医者が外交官に忠告するのは筋違いかもしれないが、外交の問題は微妙で根深いもので、簡単にこぶしを振り上げるものではないはずで、他国と同様に自国の病理にも目を向けるべきではないかと申し上げたい。ついては頭を冷やす氷枕を処方したい。頭に血が上っているのは我々ではないと言われるかもしれないが?。

コメント

先生は何と言われるだろうか

2019年07月30日 | 町医者診言

       


 人によって先生と呼べる人呼びたい人は様々だろうが、私には一番の先生は小学校の時のT先生だ。中学高校大学社会人になってからと様々な教師や先生との出会いがあった。先生居なければどうなっていただろうと感謝したい先生が何人も居られるが、自分の基本的な骨格構成にはT先生の影響が多きいような気がしている。

 T先生は21世紀を見ることなく亡くなられた。先生が今のネットニュースの紙面を見て何と言われるだろうと時々考える。驚かれるだろうかあるいはある程度こうしたことを予想しておられただろうか。

 退廃混乱は世界でも日本でもしばしば時代の終わりに見られ、混沌とした情勢は初めてのものではない気がするが、今の浅薄下司な非難の溢れる時代はあまりなかったではないかと思う。この辺りについては歴史の碩学に表に出てきてもらい、二十時間のほどの集中講義をしてもらいたい。NHKをどうのこうのという手の内を隠して、NHK嫌いで掬い取る正体不明の党が出てきたようだが、こうした講義はNHKなら圧力を跳ね返してできるように思う。

 銃乱射で滅茶苦茶な国に見えるアメリカが成立し力があるのは少数でも有能優等公正公平な人が認められて活躍する場を与えられているからだろうと思う。日本が曲がりなりにも平和でとりあえず恵まれているのは黙々と地道に真っ当な仕事をしている人が数多くいるからだろうと思う。これは門外漢浅学菲才の私の診断に過ぎないが、果たして浅薄下司な人を貶すばかりで中身がない勢力が世の中を動かすようになったらどうなるだろうと心配になる。自分がもういない将来を憂うのは滑稽かもしれないが、これはあながち杞憂ではないと思う。何が優れているかは簡単には判定できない難しい問題だが、優れた人が居るのは確かでそうした人が上に立つ選択をするのは凡人の務めと感じている。

コメント

生まれ変われるものなら

2019年07月27日 | 町医者診言

                   

 

 台風の影響か青空から大粒の雨が降ってくる。季節外れ?の台風のおかげで梅雨明けが遅れたようだ。

 誰しも生まれ変わりたいと思ったことは一度や二度あるだろう。不運が重なり挫折し、ご破算にして生まれかわりたいと真っ暗闇の中で願ったことのある人は多いと思う。有難く手を貸してくれる人が居ても結局最後は自分の足で何とかして立ち上がらなくてはならない。残念ながら本当に生まれ変わることはできないからだ。尤も、遠い将来可能になるかもしれない、それがどんな世界かはSF小説にお任せしたい。

 国民民主党の玉木代表が生まれ変わったと言っているようだ、玉木さんは好漢で伸びてほしい政治家と思っているが、簡単に生まれ変わったなどと言い出すのでは政治家としてひ弱いと感じてしまう。変節と取られるのが嫌で生まれ変わったと言ったのかもしれないが、フィリップマーロウの言葉を思い出して欲しい。野党はレトリックで安倍陣営に大きく後れを取っていると申し上げる。

コメント

忘れてはならないものに向き合う

2019年06月29日 | 町医者診言

              


 ものを忘れる ものを落とす 同じものをまた買って来てしまう。これは脳の老化の始まりですが、ああ俺もかああ私もかと愕然とする内は未だ認知症まで進行していないでしょう。一人で医院まで来れ、会計を済まして、お薬が持って帰れる人は大丈夫ですね。僅か1cmに躓く、何かに掴まらないと立てない、杖を勧められるようになった。これは要注意ですね。身体の老化が進んでいます。

 百年安心などというのは日本の政治家が得意な言葉によるまやかしですね。老化と病死が後ろにずれただけで軽くなったわけでも無くなった訳でもありません。日本語にはモータルに当たる言葉がないようですが、分かっていることはわざわざ言わないのか、言葉が無いと不安も減ると言う理屈なのかどちらでしょう。忌み嫌い遠ざければ気にならなくなるという大和流忍術でしょうか。

 私のように一つの場所で何十年も内科臨床をやっていると、人間には抗えないものがあると感じますね。勿論、現代版不老長寿を目指すアンチエイジングという若さを保とうという研究もされており、某かの成果もあるようですが、保険適応になるようなものは出てきていません。もっぱら商業ベースの商品が売り込まれているようです。しかし、何だか皺を増やさないために生きるのが目的のような人生は言葉はきついのですが倒錯しているように感じます。年を取って徐々に衰えるのは多少の個体差はあっても自然の摂理でこれには逆らえません。欲が無いと生きられませんが程々が良いようです。年金、憲法改定、格差・・など不都合な問題にも言葉でごまかさず正面から向き合わないと碌なことにはならんと、老化を自覚する者から携帯人間にお伝えしたい。大阪入りしたG20の各国首脳、誰もにやにやとは笑っていません、当然わかっておられるようです。

コメント

共生はわかるけれども簡単ではない

2019年06月20日 | 町医者診言

     

 

 クリムト展を見に行ったら車椅子の見学者に邪魔だと殴られ、美術館の人に訴えたらああいう人でときちんとした対応をしてくれず、涙が出たという記事を読んだ。「こんな夜更けにバナナかよ」ではないが、朝の五時から牛乳を届けてくれとコンビニに何度も電話する婆さんが居た。泥棒が入ったも空騒ぎで、四回目になると警察も来てくれなかったようだ。失礼だが盗んでゆくものもなく泥棒が入るわけがない。可哀そうに子供に捨てられたお婆さんで、子供の言い草が物凄いというか滅茶苦茶で、可愛がってくれなかったから母親と思っていないと言い放った。病気ではないのに、何かというと医院に来て往生した記憶がある。

 先日、別口の婆さんから未明の四時半に「**医院?**子は行っていませんか」と電話があった、「何時だと思っているんですか、寝てたんですよ」。「あらそう、うちの時計は七時半よ、狂ってるのかしら」狂っていますね、七時半だって早すぎるのに、「八時半になったら電話してください」と電話を切る。腹が立ったのでもう眠れない。ちょっと起きた女房はもう寝ている。太い神経の持ち主だ。起きることにして明るくなり始めた庭に出て、新聞を取ろうとするとまだ来ていない。NHKニュースで林田さんがまじめくさってニュースを読んでいた。笑顔が見れず残念だったが、イラついた腹の虫は治まった。

 認知症に予防と共生だそうだが、これは難題だ。言葉というのはしばしば風呂敷のように問題を覆い隠してしまう。共生と予防が一番の方法なのはわかるがではどうやってとなると中々難しい。やさしさと柔軟性そして余裕がないと認知症の問題行動と共生するのは容易でない。果たして今の日本はそれに満ちているだろか?。予防のための診断法、新薬や生活法が模索されているが決め手を欠き、まだまだ高血圧症や糖尿病のようにはゆかない。まだ少なくとも十年、十五年はかかるだろう。薬がないのに診断が先行するのも恐ろしい。ラブミー牧場から深沢七郎のギターが聞こえてくる。

コメント

年金問題の勘違い

2019年06月16日 | 町医者診言

   


 マスコミと野党が年金だけでは老後暮らせないと大騒ぎをしているのはおかしいという人が居る。それはこの問題から目を逸らさせる効果があることを知っての発信だろうか。そんなことは俺は昔から知っていたというのは自慢なのか国民を愚かとあざけっているのか政府の不周知を咎めているのか、妙な火消し隊だ。

 具体的な金額はよく知らなくても年金だけで老後暮らせると思っている人は一部で、多くの人は年金だけでは暮らせないと思っているから、余計な支出を慎み貯金をしているのだ。確かに百歳まで生きると計画していた人二千万円必要とはっきりした額を想定していた人は少ないかもしれない。しかしだからといって二千万円は不正確誇張となかったことにしようとする麻生大臣を始めとする自民党の対応を帳消しにする説明にはならない。

 不手際と謝れば済む問題でもない、国民に都合の悪いことを歪曲隠蔽し、言葉だけの謝罪でうやむやにする現政権の体質こそが一番の問題なのだが、朝三暮四で誤魔化されてしまう人が多い?ように見える。由らしむべし知らしむべからずの精神が安倍政治にはこびり付いている。そうして、巧言令色に長け、問題から目を逸らさせる才能は天才的だ。どうしてそうした政権が長らえるのか、民主党政権の後遺症と言い募られるが、本当だろうか。たとえば年金が不公平な制度でずさんに運営されてきたのを国民は知らないのか忘れたのだろうか。年金を見ていると、公務員の公務員による公務員のための政策という気がしてくる。そしてそれを批判するよりも、背後には一番羨ましい職業は国家公務員という国民の心性が横たわっている。

 香港の人達は凄い、あの強大ごり押しで恐ろしい中国共産党に徒手空拳で逆らっている。取り敢えず明日明後日が良ければいい。二年三年後のことなんてわからない。まして五年後十年後の心配は考えなければ消えてしまうのだろうか。しかし寄らば大樹はいざとなればかばってはくれないと思う。麻生さんは飲んでも丸山議員のような醜態はさらされないようだが、生活保護など過保護と思っているような節がある?。

 政府は政策の基となるデータと問題点を第三者によって分かりやすく公開して国会で討論して欲しい。党首討論を最低月一回、4時間程度を掛けてやるのは義務と思う。それを地上波も含めたテレビで再放送して欲しい。理解しない方が悪いとは思えない。不消化な理解で過激単純なことを書いたが、そう感じている人は多い?と思う。

コメント

バイデンに疑問、八十歳には無理

2019年05月24日 | 町医者診言

     

 

 アメリカ民主党の大統領候補に名乗りを上げた人は両手では足りない。本命視されているバイデンも名乗りを上げ、足の指を参加させても足りない数になった。要するに混迷している、はっきり言えば滅茶苦茶。これですんなり一人に収束するだろうか、大いに疑問だ。これは世界の現状を映している。つまり独裁と混迷だ。独裁を避けようとするとあれもこれも猫も杓子もで収拾がつかなくなる。決められないからと決められる体制にすると阿保なことを決めて私は決められると威張り出す。

 どうも民主主義に余計なウが付いて民衆主義となってきた。民衆主義の行き着くところは混迷と独裁なのかもしれない。独裁でなく混迷を抜けだす能力と方策は何処に誰がと模索している人は多いと思うが、何となく答えは見えても辿り着くのは容易ではなさそうだ。

 バイデンがどんな人か詳しくは知らないが、どうしても年齢が気になる。老化には個体差があると言っても任期中に八十歳になる人に重責は困難と思う。八十歳の大統領は危険だ。いつ病気で倒れるかしれないし、判断力はまずまずでも体力脳力はどうしても低下する。昔から長老という立場がある。八十歳には長老が相応しい。

 八十歳の問題は日本の政治に顕著だ。融通無碍過ぎる二階さんに老害の兆候がある。失礼ながら面相に問題が出てきている。すぐ怒る活舌が悪い、これは老化の表れで任せておくのは危険だと申し上げたい。勿論、私も自分の老化に気付いており、着々と引退への手を打ち始めた。寂しいけれどもやむを得ない。

コメント

謙虚真摯に反省できれば

2019年05月19日 | 町医者診言

                 

 

 国会論戦ではしばしば聞かれたこととすれ違う答弁がされる。まともに答えると不利だからはぐらかすのだろう。常識あるいは道徳で正しいことと勝負や利害は必ずしも一致しないし、本音と建て前を使い分ける日本ではこうした現象が起こりやすいのかもしれない。勿論、答弁する政治家の性格もおおいに関係する。

 こうした論点ずらしが政治家の得意技?としても、丸山穂高議員が言論の自由を持ち出したのには呆れる。勿論、言論は自由でなくてはならず戦争で北方領土を取り返せと居酒屋でおっさんが言うのは自由だが、国会議員が言えば国益を損ね責任が問われる。それだけの話だ。責任が問われると言うよりは幼稚で国会議員の資格が疑われるといった方が良いかもしれない。議員辞職勧告決議案が所属する維新から出るのは奇妙に感ずるが、元々問題児と思われていたかもしれない。

 政治家にとって言葉がいかに大切なものかが分かっていない。国会議員という立場と仕事を理解していない。何で俺だけ、AだってBだってと言い張る人は、良い臨床医にはなれない。医者に限らないだろう、自分の間違いと責任を転嫁する人に良い仕事はできない。

   丸山穂高議員はまだ若い、どうもこの決議案方式には違和感を覚えるが、自分の至らなさを認めて謙虚真摯に反省すれば、出直すことが出来ると申し上げたい。人間は変わるのは難しいけれども、変われないわけではない、学んで成長することが出来る。

コメント

忘れず科学的に対策を

2019年05月11日 | 町医者診言

              

 

 このところ歩行者を巻き込む暴走事故が多発している。痛ましい犠牲者と遺族の方の為にも、何とかしてこれを教訓に事故防止対策を立てねばならない。忘れるのが得意なのは時には好都合のことはあっても、しばしば教訓を生かせないで終わるのは問題で、この痛みと苦しみを三年風化させないでマスコミが繰り返し取り上げてくれれば、いくつかの付け焼刃でない改善ができると思う。

 右折に問題があるのは運転する人であれば誰もが気付いているはずだ。交差点によって時差式、右折信号式、黄色信号のみとさまざまで、地元の人でないと迷ってしまう。迷っていると後ろから早く動けとクラクションを鳴らされて、不快な目に会ったりする。どうやって右折方式を決めているのか知らないが、あまり科学的ではないのではと推測する。とにかくわかりやすいこと合理的であることが一番で、三人寄れば文殊の知恵と思う。道路交通法の決め方をよく知らないが、おそらく一つの役所で決めているだろう。口うるさい一般人や、科学者は入っていないと推測する。

 認知症の運転も問題で、いつか書いたかもしれないが、この人にはもう運転は無理ですと意見書を提出したら逆恨みで嫌がらせの電話が入ったことがある。警察に困るじゃないかと電話したら、若い婦警が出て「今度あったら連絡してください。対処しますから」と請け合ってくれたが、何だか調子がよく安請け合いの感じがした。患者さんにはいろいろな人が居るから、こういうことがあると駄目出しをするのに慎重になる。無理と思っても判断が付かないからと専門医に回して、折角受けた専門医の負担を減らすための一般医研修が生きなくなってしまう。

 こういう時には世論後押しに効果があると思う。

コメント

何かを忘れているような気がする

2019年04月26日 | 町医者診言

    


 ゴーンと白鳳へのマスコミの対応に微かな違和感を感じる。日産の救世主で最高責任者であったこと、相撲を盛り立て空前の優勝回数を残した横綱であることが忘れられている。最高責任者と言っても一流企業なら秘密裏に巨大資金を私用に使えるはずがなく、それが出来たとしたら、それを許した組織の担当者には大きな責任があるし、組織に欠陥があることになる。その責任を不問にゴーンだけを悪玉扱いするのはどこか片手落ちに感じる。白鳳は最初から横綱であったわけではなく、部屋に入門し親方が居るわけだから、相撲だけでなく作法常識を教える機会と責任はあったはずだ。それを棚に上げて、協会幹部がけしからんと言うのは筋違い。きちんと教育指導が出来ず申し訳ありませんというのが筋というものだろう。

 経緯と業績を捨象して、手の平を返したように極悪人あるいは不作法人とよってたかって叩くのは、フェアな感じがしない。人間を使い捨てにしている。フランスとモンゴルから、やっぱり日本人でないからだと勘ぐられても仕方ない気もする。人の不幸は蜜の味、売れればいいんだ路線で辿り着くのは地獄の一丁目かもしれない。

 初診では必ず詳しく病歴を聞く、人間は経緯のある厚み持つ存在だからだ。

コメント